2017年11月27日

デジカメ売上げベスト

■■ 2017年11月27日(月) 午前8時11分
 
 昨夜は雨で暖かかったが、雨が去ったためか朝の一番寒い時間よりも、日が出てからの方が気温が下がっていた。本来なら、夜明け前が一番寒く、そこから上がり出すのだが、下りだしている。これは昨日の雨で暖かすぎたのだろう。そのため、寝るとき、電気毛布を付けると暑かった。
 今朝は晴れており、雨の気配はない。しかし昼間の気温は昨日ほどには上がらないだろう。平年並かと思われる。月曜なので、週明け。晴れている方が仕事へ行く人はいいだろう。これが月曜から雨なら厳しいかもしれない。
 今朝は二度寝したが、寝過ごすことなく、起きてきた。朝、もう起きる時間にいきなり起きると、これは淋しい。目がしっかりとさえ、もう寝たくないのなら別だが。
 だから予定の時間よりも早く目が覚めた方がいい。その時間なら起きる必要がない。堂々と二度寝できる。しかしこれが曲者で、これで寝過ごすことが多い。
 早寝というほどではないが、早い目に寝るようにしている。朝、頑張って起きるより、早く寝ると頑張る必要がない。夜更かしすると睡眠時間が減るため、いつもの時間に起きるのがしんどくなるためだろう。そのまま寝たいだけ寝ると、夜更かし分ズレる。
 
 デジカメニュースを見ていると、情報が遅いのだが、売上げベストテンが始終出ている。一番売れているカメラがこれで分かるのだが、今回は意外なカメラがトップになっていた。パナソニックの型落ちのミラーレスだ。これは二年か三年前の発売。まあ、型落ちなので、安いので、買う人が多いと言うことだが、キヤノンのX7やソニーのα6000がそのタイプ。このあたりのカメラで充分なのではないかというのが先ずある。つまりその後出た新製品とそれほど違わない。新製品としての売りがそれなりに追加されているのだが、値段との折り合いが悪い。そして新製品ほど大きく重くなっていたりする。
 パナソニックのそれはファインダーのないミラーレスで、液晶が回転する。ここで断層があり、それより古いタイプだと回転しないはず。自撮りが流行っていた時期だ。自撮りをしなくても、ファインダーのないタイプは背面液晶だけが頼りなので、回転する方が好ましい。そしてタッチパネル式。
 このパナソニックの旧機が売上げトップになった。一度もトップになったことはなく、ベスト10に入っていない時期もあったはず。前回もベストテンの下の方にいたのだが、いきなりトップに躍り出た。これは不思議だ。
 レンズは24から70あたりの沈胴機械式。だからズームは沈胴だがパワーズームではない。普通に手で回すタイプ。ダブルズームキットのもう一つは望遠ズームだが80から200ほどで大人しい。このタイプなら80から300だろう。200しかないが、その分短く軽い。昔のフィルム時代の80から200は定番中の定番だったが、それに比べると小さく軽い。ハーフサイズのためもあるが、可能な限り軽く小さくしたのだろう。
 この時期、同じハーフサイズのミラーレスはオリンパスでも同じようなものが出ているが、そちらは沈んでしまったのは電子ファインダー付きが出たためだろう。
 このカメラ、コンパクトデジカメの高い目よりも安い。こういうのが中古で転がっていると、手を出しやすい。
 いつもトップ近くで安定して上位にいたキヤノンのX7は品薄になったのか、後退している。最新機が反省したのか、少し軽くなったためだろうか。
 X7の最安値は49000円。それが上がりだし、結構高いものになっていた。今は5200円あたりで落ち着いている。この前エディオンで六万近くなるが、買いに行ったのだが在庫なしで、危ないところだったが、一時の高値から落ちているので、エディオンで高いのを買う必要はなかった。上新では消えていた。
 このカメラは結局は昔懐かしいベーシックな一眼レフと言うことだろう。そして一番軽くて小さい。
 電子ファインダーの優位性や、その見やすさなどはあるが、光学ファインダーのトロンとした見え方の方が写真を写しているような気がする。このクラスでは視野率が低く、四隅は見えていないし、ファインダーも小さい。ハイビジョンの映画を液晶テレビで見ているのと、昔のフィルム時代の映画を見ているほどの差がある。そのファインダーで覗いた絵通りには実際には写っていないのだが。ピント合わせなどはシンプルで、単純な機械として扱いやすい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。