2017年11月28日

ニコンA900とパナソニックTZ90比較

■■ 2017年11月28日(火) 午前8時12分
 
 今朝は寒くなっている。寝る前は電気毛布はオフにしたが、朝近くに寒くて目が覚め、スイッチを入れる。12月から一応は冬。11月までは一応秋。これは目安だ。正確なものではないが、11月から冬にすると、春は2月から。これは一番寒いときなので、それでは困るだろう。1月を冬にすると4月から春で、丁度いいかもしれない。春は4月5月6月となる。しかし6月は梅雨。既に初夏がかかっているので、都合が悪いかもしれない。夏は7月8月9月。確かに9月に入っても暑い日があるが。そして秋は10月11月12月になる。12月の暮れ、つまり大晦日、それを秋だとは言えないだろう。クリスマスを秋と言いにくい。雪が降っていたりするので、やはり無理が出る。だから12月からが冬の方がいいのだが、今年の冬が二回できてしまうところに問題がある。今年の冬は明日からだが、今年の初めに既に今年の冬は体験している。今年の冬が二回あるとややこしい。冬がやってくるのだが、既にやってきた。そして12月なので、年はまだ明けていないので、来年の冬とは言えない。そこで今冬という言葉ある。今の冬で、その前の冬ではないという分け方。これはよくできている。
 今季もあり、季節名は言わなくても、分かるだろうということだ。今シーズンでもいい。
 
 昨日はユニクロに寄ると、冬物コート類が新価格になっていた。冬物シーズンが始まった直後に飾ってあったものが奥へ行き、安くなっている。本格的な真冬ものが前面に出たためもある。1割とから2割程度安い。2割だと普通の店と同じ。それがレジにて半額とまでいかないと、バーゲンらしくない。しかしバーゲンはすぐに終わるが二割引とかはずっと続くので、いつでも買える。
 少し丈のあるオーバーが1万円近くしていたのだが、7千円台に落ちていた。中綿はない。このダウンジャケット版が今一番前に飾られており15000円。長い目のダウンジャケットだが、フードが付いているのが気に入らない。それよりも、そんな値段のものなど買えない。ダウンジャケットは汚れやすい。毎日着ていると、一年ほどで厳しくなる。たまに羽織るのなら問題はないが。
 そのオーバーを試着したが、やや窮屈。ダウンジャケットのようなフワッとした柔軟性がない。それと表生地は分厚いのだが、生地が気にいらない。ウール風なのだが、毛羽立ちがない。そしてSサイズで丁度なのだが、袖が短い。やはりMでないと手の指まで隠れない。これは自転車に乗ったとき、手袋代わりにするため。そして、このオーバー、柔軟性がなく、伸びない。だから腕が曲がらないほど窮屈ではないが、引っ張られる感覚がある。肩や背中側から引っ張られているような。これはハンドルを握ったとき、妙な引力を感じたりして、あまりよくない。
 もう一つの特価ものはスタジャン風の冬物。これも中綿はないが、表生地がフワッとしている。そして手首のところに絞りがある。これなら大きい目を買った場合も手が出る。絞りで止められるためだ。ただ襟が頼りない。ただの丸首。だから襟は立たないので、マフフラーが必要。
 試着した感じでは体にフィット。しかし窮屈ではない。下にセーターを着ての試着なので、着込んだ状態でもいけることを確認。自転車に乗る場合は、このスタジャンタイプがいいだろう。その偽皮タイプや、表地がナイロンタイプもある。これのいいやつは米空軍のパイロットが着ているタイプになる。高いところを飛ぶため、寒いのだ。だからスタジャン風は運動性を考慮されている。腕に負荷がかからないように。
 買うなら、これだろう。そして値段が下がったので、いいタイミングだ。値段はオーバーよりもうんと安い。真冬でもいけそうだ。子供の頃は、このタイプのジャンパーで真冬を越したので。そしてダウンジャケットは飽きた。
 
 ニコンA900とパナソニックTZ90を比べてみる。どちらも9ナンバーまで進んでいる旅カメラトップクラスのシリーズ機。トップクラスとは、同タイプではそれ以上の機種はない最上位機という意味で、クラスとはズーム比と受光素子の大きさ。
 大きさは似たようなもので、横幅はほぼ同じで、TZ90がやや分厚い程度。
 気になるのは、電源を入れてから、さっと構え、液晶を見たとき、A900は露出がまだ決定していないのか、暗い。これはニコンのネオ一眼も同じで、立ち上がりが薄暗いので、被写体がよく見えない。それとオートだとストロボを上げてくださいと白い文字が表示されるので、それが目隠しになり、被写体がすぐに見えない。望遠でサーとすぐに寄りたいのにターゲットが見にくいのが少し難だが、慣れれば問題はない。しかしすぐにズームは動くし素早い。起動もズームもTZ90よりも若干早い。TZ90はたまにズームが引っかかることがある。これは故障ではなく、起動しきっていないのだろう。これはたまにそうなることがある程度。両機とも急がないで写せば問題は何もない。
 A900はシンプルなので設定もシンプルなものだが、TZ90はものすごい多機能機で、設定が迷路のようになっている。機能のオプションが多く、選択肢が非常に多い。これはフルオートなら、弄らなくてもいいが。
 重さはニコンの方が少し軽い。しかし、パナソニックの方が貫禄がある。
 一番の違いは、ファインダーのあるなし。猫の顔だと思ってアップで写すと足の付け根だったりする。そういう模様のある猫のためだが、頭と足を間違えるのは液晶ではよく見えないためだ。こういうとき小さくてもファインダーがあると便利だ。これが値段の違いの最大のものだろう。4k動画とか4kフォトで写したあとからピントが選べる機能はおまけのようなもので、そういうシーンは滅多にない。
 どちらのカメラもそれなりに大きいので、しっかりと写せる。小さいカメラほどズームレバーが硬く、シャッターボタンも硬くなることが多い。両機ともシャッターは軽く、ズームレバーも軽快だ。
 まあ、値段の違いがあるので、パナソニック旅カメラの方が比べると有利だが、液晶の回転ではニコンの方が優れており、ハイアングルに対応している。少し引っ張り出さないといけないが、真上から写しやすい。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。