2017年11月30日

ソニーα6000

■■ 2017年11月30日(木) 午前8時09分
 
 今朝は曇っている。雨も降っていたようだ。そのためか夜は10度以上あり、朝も変わらず。雨の日は一日の気温が安定している。差が少ない。そして気温が高い目になる。
 最低気温が10度あたりだと平年並か、それよりも少し暖かいかもしれない。これは雨が降っているので、当てはまらないかもしれないが。そのため、昨夜は電気毛布なしで寝た。朝方少し寒く感じたが、これはそんなものだ。
 寝起きの喫茶店へ行くとき、ひんやりとした空気で、気温のわりにはそれほど暖かくはない。真冬の服装で充分。しかし湿気がありそうで、少しむしっとする。冬場は空気が乾燥しているはずなので、湿気は合わない。雨なので、当然湿気るが。
 暑いのか寒いのかよく分からないし、気温の数値がそのまま反映しない。風はなく、穏やかだが、空は真っ白で、また降り出すかもしれない。
 今朝は少し早い目に起きてきたので余裕。朝の喫茶店の開店直後に入る理想的なタイム。先日から寝る時間を後退させたためだろう。それで十分な睡眠が取れるはずだが、もう一段後退させると早く起きすぎになりそうだが、充分すぎる時間眠れる。二度寝か三度寝までできそうだが、これは眠れるときで、それ以上眠れないときは、朝の喫茶店までの時間がありすぎて、時間を持て余す。
 
 11月は今日で終わり、明日から12月。12月といえばクリスマスで、クリスマスは無条件でカメラを買ってもいい。そういう決まりは世間にはないが。
 先日買ったニコンの旅カメラはコンパクト系のダメ押しで、これでもう充分望遠域を含むコンパクトカメラ路線は充実した。だから無理に探さないと、次のカメラが出てこないのだが、こういうときは中古カメラ屋周りをすると、偶然の発見があり、こんなカメラがあったのかと思うところだが、実際にはめぼしいカメラとはもう遭遇しない。中古でどんなカメラがあるのかは分かっており、初めて知るようなカメラがデジカメの場合、もう見付からない。これがフィルム時代のカメラなら、謎が多い。それはまだ生まれていない頃に出たようなカメラや、海外製もあるためだ。しかし、デジカメ時代になると、話が違ってくる。それは機械ではなく、デジタル処理で決まる箇所が多いためだ。だから新しいほどレベルが上がっているのだが、見た目では分からない。
 カメラを買い換えるのは、中のエンジン部を買い換えるようなもので、機械的には殆ど同じなのだが、新しいほど早かったりする。そのため、機械式だけのカメラのように長くは使えないことになる。つまりデジモノは寿命が短いのだ。見た目の変化は少なくても、中身がごろっと違い、別のカメラになっていたりする。ただ、写りが段違いということはなく、昔のデジカメで写したものを今見ると、意外と写っていたりする。ただ液晶が見えにくかったり、一枚写したあとの二枚目を写すとき、かなり待たされたりする。感度が低く、上げると、暗い場所はノイズだらけになったりする。
 しかし、カメラがいくらよくても、写すものとの兼ね合いがある。用途だ。1キロを超えるようなカメラを毎日鞄に入れて日常を写せないだろう。最初はいいが、そのうちくたびれてくる。撮影に行くのならいいが、日常のちょい写し程度では持ち出す頻度が落ちる。だから用途とカメラとが合わない。このミスマッチを楽しむ方法もあるが。
 今年はもう充分カメラを買ったので、買いすぎの反省をしないといけない。その後使っていないカメラがあるためだ。これは気分的に買いやすいカメラに多い。特に安いカメラ。
 先日はキヤノンのX7という世界最小最軽量の一眼レフ、レジまで迫り、財布から札を出したのに買う直前で在庫切れだと分かり、これは縁が無かったのだと思うしかないが、それ以上追わなかった。取り寄せの手もあったのだ。ネット最安値の値が上がっており、タイミングを逸している。買うべきチャンスはいくらでもあったのだが、全て未遂に終わっている。これは値段が高い目のコンパクトデジカメと変わらないほど下がっていたためだろう。それと、一眼レフ系ではこの小ささ軽さがましな方。大きく重いと持ち出せない。しかし、望遠を付けるとかなり大きく重くなる。これでぞっとするので、なかなか追い込めないのだろう。標準ズーム付きだけなら軽くて軽快なのだが。
 といっても一眼レフの形をしているため、日常の中で気楽に振り回せるタイプではない。写しに行ったときは快適なのだが、滅多に行かない。
 日々の用事での移動先も同じ場所の移動なので、用事で知らない町へ行くと言うことは最近ない。また用事があるとき、そちらに気を取られるだろう。
 撮影用途や、その他諸々の事情を無視してでも欲しいと思うカメラは滅多にない。
 ただ、そこを強引に掘り返すと出てくるカメラがある。これは毎回最後の最後に出てくるカメラ。それはソニーのα6000だ。
 このクラスで、この小ささ、この軽さがポイントだ。標準ズームだけを付けた場合、ポケットに入ってしまうのが味噌。クリスマス、買うとすればこれで、これは三年越しだ。毎年買えないでいる。
 
posted by 川崎ゆきお at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。