2018年02月04日

ビルダーで作るワードプレス

■■ 2018年02月04日 日曜 午前9時17分
 
 立春のようだが、真冬ではないか。今朝は特別寒いわけではなく、天気予報では全国的に平年並み。大阪の最高気温が7度とか8度が平年らしい。10度に届かない。これが大阪方面の真冬で、最高気温が5度を切ると、かなり寒いと感じる。最低気温は氷点下3度程まで下がるが、それ以下には滅多に下がらない。いずれも瞬間最大値。一時間も続かなかったりする。
 今朝はいつもの二度寝による遅起きにはならず、目が覚めたときに、起きた。二度寝にならなかったのはそれよりも早い目の、起きる時間ではないほど早い時間に一度目が覚めたため。ここからが二度寝なのかもしれない。だから充分二度寝をしたので、得心して起きたのだろうか。不思議と二度寝をしたいという気が起こらなかった。
 もう少しだけ早い目に寝れば、寝足りることで二度寝にならないかもしれない。これは頭ではなく、身体側の話だろうか。身体が起きようとしないので、起きる気持ちが、起きない気持ちに変わる。
 それでもまだ起きるのが遅い。そのため最近は小学校と高校の通学風景を見ていない。今朝は日曜なので、それはないが、平日でもこの時間は既に終わっている。
 二月の声を聞いたのだが、寒さの本番は一月中頃から、だからまだ半月も立っていない。その半ばにさえ来ていないので、寒さは当分続く。冬は結構長い。これは温度だけのことだが。去年の末からずっと寒い。
 昨日は一太郎が出る日だと思い、上新へ寄る。パッケージは並んでいるが2017。その箱に2018版の貼り紙がある。9日と書いてあったようだ。ちらっと見ただけなので、曖昧だが。これは毎日のようにジャストから広告メールが来るので、その中に一太郎発売セールの通販割引云々のメールも入っているのだが、開けて見ていない。
 最近はポメラを使っているので、ノートパソコンを持ち出さないと一太郎を使う機会がない。部屋のパソコンにも一太郎は当然入っているが、部屋の中でテキストを打つことは少ない。ほとんど喫茶店でテキスト打ちしている。ポメラにもATOKが入っているが、特化した別注ATOKなので、更新もバージョンアップもない。しかし、パソコン版ATOKとほぼ同じ感じだ。余計な表示が出ないので、静かでいい。
 そのついでにデジカメを見ると、キャノンの旅カメラが特価。店じまいセールらしいが、これは商品の入れ替えをするだけ。一日ほど休みになるのだろうか。しかし、カメラ方面はこのキャノンの旅カメラしか特価となっていない。上新での特価なので、いうほど安くはないが、以前よりも値は下がっている。これは次のが出るのだろう。
 望遠端は950ミリあり、この小さなボディーに良くも入るものだと思うほど。その前に見たキャノンミラーレスのM6と高倍率ズームセットの小ささ軽さを思えば、頷ける。小さくできるのだ。
 このキャノン旅カメラから液晶が回転するようになる。小さく丸っこいカメラで、石けんのよう。
 今、メインのコンパクト系旅カメラはニコン。キャノンよりは遙かに安い。スペックはほぼ同じだが、電源ボタンはキャノンの方が押しやすい。ニコンはフルオートではストロボを出してくださいとかの文字が起動すると出て、それが邪魔で被写体を隠してしまう。違いはその程度で、ニコンの欠点だった中望遠での最短撮影距離も伸びているので、ほぼ互角だが、キャノンの方が中望遠での距離はさらに短い。といっても望遠端にすると最短撮影距離は2メートル。まあ950ミリなので、そんなものだが、これのネオ一眼タイプは1メートル近くまで寄れる。1400ミリ近くある。
 しかし、ポケットにつるっと入る丸みのあるキャノン旅カメラは、日常の中でも取り出しやすく構えやすい。このタイプ、液晶が回転することで、ウェストレベル撮影ができるので、カメラをもろに向けなくてもいい。顔にカメラがかかると、写していることが丸わかりだ。
 最近はニコンの一番安い一眼レフを使っているが、これは撮影を楽しむもので、写真ぽい写真が写せる。しかし日常の中でちまちまとしたものを写すには、コンパクト系の方が合っている。
 
 ホームページビルダー21をせっかく買ったのに、ドリームが結局は一番良かったとなると、何ともならない。
 しかし、これは従来のホームページ、自分が作っていたホームページの更新などをやると、ビルダーは重くて何ともならないが、分かりやすいソフトだ。
 そしてビルダーの目玉は、HTMLによるホームページ作成ではなく、スタイルシートを駆使したページがメインになっている。しかしそれもまた古くなり、最新版は別の独立したソフトと二本立て。つまりビルダーは二つからできている。最新ビルダーの目玉はビルダーSP。従来型はビルダークラッシックとなっている。
 目玉のSPとはブログのことだ。これも結構普及しているブログで、自分でブログサイトを立ち上げるタイプ。だから、ブログサービスのシーサーとか、そういったとろろを使わないで、自分が借りたレンタルサーバー上にファイルを置く。
 これが流行りだしたとき、一度サーバー側で設定までやったのだが、そのまま放置した。
 だから、ブログのデザインよりも、設置の方が難しかったりするので、ビルダー側で用意してくれている。これはジャストシステムのレンタルサーバー。だから、すぐに開設できるようになっているらしい。ただしレンタル料がいる。
 このブログのようなホームページは、ウェブ上でブログのように更新できる。それをローカルでもやろうというのが、このビルダーSPらしい。これがまず目玉で、ホームページビルダーというソフトの凄いところだろう。重い遅いと文句を言っているが、本来は、ここが勝負所なのかもしれない。
 そして、ビルダークラッシックからでも、これができるのか、そのメニューがある。
 そしていつものビルダーでは古典のHTML式とは別に、スタイルシートテンプレートからのホームページも作れる。しかし、好みのデザインがなかったりするし、これを修正するのは大変だろう。
 そして、それとは別に、スタイルシートでデザインされたということが一目で分かる肝のようなものを、別に作っている。それは枠から作るというもので、フレームだ。そのフレームのテンプレート集から新規ファイルを作るというもの。
 以前ビルダーから電話がかかってきたとき、白紙で始まるスタイルシートが良いと言ったことがあるのだが、それが実現したのだろうか。 フレームの分割だけがある。表ではない。三分割とか四分割とかのテンプレートから好きな枠割りを選ぶ。このフレームの幅や高さは融通が利き、マウスで引っ張れば伸び縮みする。フレームの中は白紙。
 これはスタイルシートテンプレート集のように、タイトル文字はこう、本文の文字はこう、というような外部スタイルシートで固定してしまった定食ものではなく、ここにスタイルを作っても良いし、HTMLで普通に指定してもかまわない。
 最初に一番難しそうなフレームを作ってくれたと言うところに値打ちがある。
 このやり方を押す進めたのがソフトネクスト社のホームページというソフト。スタイルシートを一切知らなくても作れるという凄いソフトだ。ただ、大きなサイトは無理だ。
 だから、せっかく買ったビルダーを活かすには、ホームページを作り替えるしかない。4万を超えるファイルでは、流石にビルダーは重くて何ともならないらしい。だから分割するのではなく、サイトを一から作る必要がある。
 サイトへの取り込みではなく、新しい場に中身をコピーすればいい。新規ファイル上に。
 ビルダーSPのブログの中身はよく知られているワードプレス。
 当然、最近ではスマホの小さな画面向けのもある。以前はケータイ向けに変換できたが、そこは触っていない。これは一からビルダーの定食を食べないと、うまく変換できないはず。これは同時に作ってくれる。スマホでPC晩にアクセスしたとき、自動的に切り替わるとか。
 だから、ビルダーの本命は結構進歩しており、一太郎と同じように時代のニーズに合わせているのだろう。
 だから、本当はものすごいソフトで、初心者に優しく、分かりやすく作られている。途中で英語が出てきて、意味が分からなくなるようなメニューではない。
 ただし、それができるのはフルスタイルシートテンプレートから作った場合。
 またブログ風を作るビルダーSPは別のプログラムだが、ワードプレス向け。しかし、ワードプレスを使わないで、普通のホームページとしても作れる。その違いが書かれているが、ワードプレスのガジェットが使えないことと、ウェブ上で記事の投稿や修正はできないこと。それでいいのではないかと思ったりする。
 このブログ風テンプレート。まさにブログ。ブログサービスのブログにもテンプレートがあるが、それと同じようなもの。それをブログサイトではなく、普通のホームページとして作れるというもの。
 ただし、スタイルシートを使っていないと、スマホにうまくフィットしなくなるらしい。
 そういう風に、建て増しや増築で、一口にビルダーといっても使う用途により、入り口が違っていたりする。
 しかし、SNS時代、離れ小島のブログを作っても、孤島の鬼。
 まあ、こういうのは作るのが趣味の人なら、組み立てを楽しむのならいいのかもしれない。
 そして、そういうブログ風サイトを作るとき用のレンタルサーバーをジャストが用意している。狙いはこれかい、というほど高く、容量も小さい。月額から計算すると、一番安いタイプでも、一太郎を買う値段はする。一太郎の新バージョンは買わなくても良いし、ビルダーもそうだ。しかしレンタルサーバーには毎月払わないと、公開が止まってしまう。
 しかし、一からホームページを作り、さっさと立ち上げたいときは、その罠に乗るのが良いのだろう。
 当然他のレンタルサーバーにもアップできるようになっているが、ワードプレスの設置は自分でやってくださいということなので、決して罠ではないのだが。
 
posted by 川崎ゆきお at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。