2018年02月12日

キスの天麩羅

■■ 2018年2月12日(月) 午前9時17分
 
 今朝は昨日よりも寒くなっている。昨日の昼頃から寒くなり出し、夕方などは風が強く、これはかなり厳しかった。今朝は風はあるが、晴れている。
 一週間予報を見ると、大阪は雨や雪はなく、晴れか曇り。だから天気は悪くはない。意外と冬は天気がよかったりする。冬の長雨というのはあまり聞かない。大阪で雪が降ることは希なので、降れば雨。しかし来る日も来る日も雨が降っているような冬は知らない。厳しいのは日本海側だろう。
 今朝はまずまずの時間に起きてきた。決して理想的な時間ではない。一時間ほど遅い。この差がなかなか縮まらない。やはり寝る時間をもう一時間ほど早めることだろう。しかし、なかなか早い目の一時間は難しい。ただ半時間ならいけそうだ。全部は駄目だが半分ならいけるというやつだ。
 眠くなるから寝るのではなく、時間が来たから寝るようだ。アナログ時計の二つの針の角度を見て、そろそろ寝る時間だと思う。
 以前は眠くなってから寝ていた。そうすると寝る時間がどんどん遅くなり、起きるのもどんどん遅くなっていき、昼夜逆転を繰り返していた。だから自然に眠くなるまで待つと大変なことになる。遅く寝ると早く起きられないので自然な目覚めもズレていく。
 起きる時間が遅くなったのは寒さのせいかもしれない。日照時間も関係する。冬場は寒いので、布団から出たくない。それでいい時間に目が覚めても二度寝をしてしまう。ここで起きておれば問題はない。夏場は起きやすい。その差だろうか。または日照時間。これは昼間ではなく、朝。外の明るさだ。寝ているので分からないはずだが、朝の日差しが遅い。
 コントロールできるとすれば、早い目に寝ることだろう。朝の二度寝は仕方がない。しかし今朝はすっきりと起きることができたので、常に二度寝、三度寝をしているわけではない。
 
 一太郎2018のアップ版を入れたのだが、あまり変化はない。ATOKも。
 しかし、ATOKの詳細を見ていると、新たにできた項目があるようだ。そんなところは滅多に見に行かないが、予測変換が鬱陶しいので、消しに行った。これがオンだと入力文字が遅いパソコンだとちらつく。チラチラして、目にうるさい。
 その他の項目は覗いていないが、かなり細かいところまで弄れるようだ。しかし、意味が分からなかったりする。
 一太郎本体も、文字を打っているだけでは変化はない。打っているときはATOKだけが気になる。ワープロとしての一太郎のエディタ部しか使っていないので、何処が新しくなったのかまでは見ていない。使わない機能はそんなものだろう。必要としないので。
 
 昨日は寿司屋のフライコーナーでキスの天麩羅を買う。前回は白身魚のフライ。これが120円。キスの天麩羅は100円。小さいためだろうか。白身魚はタラ。キスはあっさりとしている。そして小さい。それが100円。二つ買った。ついでにカニクリームコロッケも。寿司屋でコロッケ。だから肉のコロッケではなく、カニが入っている。どちらにしてもクリームコロッケはまろやかでいい。野菜の煮たものは作り置きがあるので、これで夕食は決まり。スーパーのフライものコーナーの品よりも安くネタも大きい。それにキスのフライや天麩羅などスーパーでは滅多に出ない。アジが多い。
 ちなみに、キスはフライと天麩羅の両方おいてあった。生の魚を切っただけのものを食べたければ寿司を買えばいい。この寿司屋、刺身はおいていない。下手に焼き魚を買うよりも、刺身の方が身が多かったりする。身だけなのが刺身なので。
 刺身で得なのがカツオのたたき。量が多い。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。