2018年03月06日

パソコンが届く日

■■ 2018年3月6日(火) 午前9時05分
 
 今朝は寒い。昨日は強い雨が降っていたのだが、風も強く、台風並み。瞬間風速18メートル。台風が接近し、近くを通過しても、予報とは裏腹にこれほど強くなかったりする。それでも台風だともの凄く丁寧な警戒情報が出る。ところが、昨日など、そんな警報は出ない。台風のように低気圧が移動していたのだろうが、雨が降ることは分かっていても、強い風までは分からないのだろう。それよりも落雷。こちらは表示されている。台風ではないので、風速や、その暴風圏などは特定しにくいためだろう。それが荒れる。荒れ模様程度。しかし、北の方での大雪などの予報では強風も表示される。強風というより、台風並みの暴風だ。雪も怖いが風で煽られるのも怖い。雪は見えるが、風は見えないし、一瞬に来る。
 というのは、喫茶店へ行くとき、雨は小雨だったが、風が強くて傘が差せない。後で調べると、この時間帯は10メートルを超え、瞬間的には18メートル。風が強いはずだ。
 それで嵐は去ったのだが、ぐっとまた冬の気温に戻り、寒くなった。今朝はそれを警戒して真冬の服装。分厚いコート類では暑苦しく感じた日は、やはり異常な気温だったのだろう。そのまま春に至らない。
 真冬の終わりがけに買った偽ムートンの偽皮オーバーの賞味期限が延びた。これはそれほど暖かくないが風には強い。ダウンジャケット系よりも生地が分厚いため。しかし偽皮なので軽い。ダブッとしたものを羽織る感じで、敢えて大きい目のサイズにした。
 季節的に、今朝のような気温のほうが逆に過ごしやすい。暖かい目の服装で、部屋では暖房。頭はそちらの方がキリッとする。暑いとそれだけで疲れたりする。季節外れの気温というのは体が付いていかないのだろう。
 今朝は比較的早く起きてしまった。ノートパソコンが届く日のためかもしれない。ずっとこの日を待っていたのだが、一週間ほどのことなので、それほど長くはないが、結構間が開く感じで、買ったときの気持ちが中断した。だから結局邪魔臭いことをまた始めないといけない感じに戻っている。インストールしたりとか。
 まあ、届いて現物を見れば、さっと気持ちが戻るだろう。買ったあとしばらく間があると、あれを選んで本当によかったのだろうかと、疑うこともある。
 それで、もう一度確認すると、中身ではなく、ガワの問題が大きいことが分かる。大きなガワではなく、ガワの小ささが最大ポイントだったような。
 喫茶店でしか使わないモバイルノートなので、小さい方がいい。
 10インチや11インチのノートパソコンは分離式のタブレットにもなるタイプばかりになってしまった。だから蝶番式のベーシックな10インチノートがいい。今回は11インチノートだが、大きさは10インチ。これが効いている。その新製品、春モデルは12インチになり、少し大きくなった。だから敢えて旧機を選んでいる。
 今朝のお供のノートパソコンはASUSの10インチ。これよりもモニターが大きくなり、本体はほぼ同じで、重さは100グラムほど重くなる。しかし、衝立式で組み立てなくてもいい。
 どちらにしても、実際に使ってみないと分からないので、今日、それが届き、正体が分かる。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。