2018年03月28日

ミラーレス一眼

■■ 2018年03月28日 水曜 午前8時14分
 
 今朝は晴れているが、少しひんやりとしている。気温は決して低くないのだが。それよりも今朝は理想的な時間に起きてきた。これは自然の目覚めでそうなった。寝た時間は決して早くはなく、早起きを目論んで早寝したわけではない。
 しかし最近昼寝時間が短いことと、うとっとなるあたりで起きてしまうことがある。これでも寝ていることになるが、それでも短い。そのため夜更かしになりにくいわけではない。
 暖かくなり、季候は良くなったのだが、身体がだるい。既に夏ばてをしているわけではないが、ぐっと気候が変わったためだろうか。
 それでも今朝はまだ真冬の服装をしている。ただ、中に着込んでいた薄いカーデガンは抜いた。朝夕はまだ少し寒いが昼間は中綿入りやボアや毛羽立ったものを着ると暑く感じるほど。
 桜も満開を迎え、あっという間に散り、桜の季節もすぐに過ぎ去る。しかし、同じ桜の木でも早い目に咲いたり遅い目に咲いたりするため、二週間ほど花見はできる。そのあと、別の品種の桜が咲くのだが、あまり桜らしい感じはしない。やはりソメイヨシノが桜のイメージとして定着したためだろう。結構白っぽい。花と花との間隔がある程度ある。枝に花びらが多くて枝が見えないほど盛りの多い品種もある。まるで花団子のように。
 季候が良くなったので、昼間なら外に出ても寒くはなくなったので、自転車で遠出ができる状態になっているが、出不精になったようで、普段とは違うところへ出掛けるのが億劫になった。これは気分の問題で、その気になればさっと出掛けるのだが、散歩に出るのは気晴らしが多い。ということは気が晴れていると散歩に出る必要がなかったりすることになる。
 天気と人気は違い、気象と気性も違うが、この「気」がポイントだろう。これは顕れてくるものだ。
 誕生日カメラはいよいよ大詰め。今年は出足は早かったが、買うのが遅い。
 まず第一に、買って晴れ晴れするような楽しさがないと、ただの実用品や旧機種の買い換えでは刺激がない。少し方向が変わるようなものの方が好ましい。
 春カメラとして一番ふさわしいのは、誕生日手前で出た新製品。これは縁起がいいし、分かりやすい。
 それで時期的に、話題になることも多いのがキャノンのミラーレス。イオスキッスのミラーレス版というのが新味がある。ただよく考えると、いつものイオスMの新製品にキッスという名を付けただけのことかもしれないが、型番に数字がない。1とか2とか、ターボとか。通称キスエムと呼ばれているらしい。
 イオスMでも同じような電子ファインダー内蔵のカメラがあり、それとほとんど重なってしまう。イオスM5だ。それの簡易版のような感じだが、ものが新しいだけに最新エンジンを載せ、液晶も横開きになっている。Mシリーズにはないタイプ。イオス一眼レフや、少し本格的な高級コンパクト系は横開きだが。
 横開きは面倒くさいが、前方横にあるものを腕を伸ばして撮すとき、液晶をこちらに向かせることができる。角度が自在なためだ。だから、カメラの横からでも液晶が見える。まあ、背面液晶で斜め横からだけでも何とか分かるのだが。
 イオスM5を見たとき、これはオリンパスに近かった。軍艦部がごちゃごちゃしていることも。
 だからイオスキッスMはより初心者向け。ダイヤルやボタン類が少ない。ここがあっさりとしていていい。電子ダイヤルやファンクションボタンなどが多いデジカメでも実際には使っていない。
 カメラだけの印象でいえば、キャノンキッスMの高倍率標準ズームキットがいいのだが、そのときの重さは700グラム弱だろうか。このレンズを付けた状態で展示されていたM5を触ったことがあるが、小さいので、ずしり感は少しある。キッスMの方が少し軽いのだが、似たようなものだろう。
 よく持ち出しているキャノンのネオ一眼は600グラム前後だったと思う。鞄の中に入れても負担になるかどうかのぎりぎりの重さ。しかし、これも邪魔なので、ポケットに入る旅カメラを持ち出すことが多い。
 昨日はキャノンのネオ一眼を持ち出し、立ち回り先の桜を写したのだが、21ミリで全体を撮し、1400ミリ近くで、遙か彼方あるピンポイント構図ものを撮した。こういうカメラを持ち歩いていると、先ほどのイオスキッスMの29ミリから250ミリほどのズームが頼りなく感じる。超広角と超望遠が撮れない。広角は21ミリだが、それでもまだ狭く感じ、望遠も1400ミリ近くあるのだが、それもまだ小足りないと感じたりするほど。
 だからイオスキッスMでは程々に広く、程々に狭く撮せる程度で、これが物足りない。高くていいカメラだが撮す範囲が狭くなる。これがネックで、足止めになっている。不便なものを手に入れるようなもの。
 だから、このカメラで何を写すのかという話になる。両端を抑え気味にした普通の散歩写真だろう。まあ、望遠は望遠率が高くなるほど写りが悪くなるが。
 最近キャノンのデジカメをよく買っている。それで連合艦隊が組めるほど。だからイオスキッスMを買うと、これが旗艦になるだろう。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。