2018年09月10日

ポテトサラダの作り方

■■ 2018年9月10日 月曜日 午前11時08分
 
 今朝も雨。春雨前線の停滞らしい。まあ、秋のツユのようなもの。夜中も雨音がしていたのだが、朝、目が覚めたときも雨音。もう少し寝待ちしようとまた寝るが、次に起きたときもまだ雨音。さらに寝待ちをし、次に起きたときもまだ雨音。しかしこれ以上眠れないので、時計を見ると大きく針が回っている。長針ではなく、短針の角度が厳しい。
 寝待ちでやんでから出ようとしたのだが、ずっと降っていたようなので、最初に目が覚めたときに起きても同じようなものだったのかもしれない。
 結局雨の中、寝起きに行く喫茶店へ。その前に煙草が切れているので、コンビニ経由。傘を差し、前籠に入れている鞄を出すとき、カバーを外すのだが、これが面倒。片手なので。
 その近所のコンビニから喫茶店が見えている。たまに入ることがあるのだが、この時間は気が乗らない。いつ行っても客がいないし雰囲気が暗い。
 それでいつものように伊丹モスまで行く。客のピークが過ぎたのか、がら空き。その手前の時間だと満席で座れないこともあるほど。
 結局かなり遅い時間帯に起きて、遅い時間帯に喫茶店に入ったということになる。別に支障は出ないが、損をしたわけではない。その分よく寝たので。
 暑い夏が終わり、秋へとチェンジしているはずなのだが、台風や長雨で連続性が分からなくなっている。夏が終われば雨期に入るわけではないが、残暑がまだある九月の上旬のイメージとは違う。
 今年の梅雨時でも、こんなに降っていなかったように思える。空梅雨だったのだろう。その分、秋の長雨が増分になったのかもしれない。
 暑さの次は台風や雨。また台風が発生しているようだが、かなり遠いので、来るかどうかは分からない。
 涼しくなってきたので、大きい目の鍋で野菜などの煮物を作る。これは四日ほど持つ。ジャガイモが残っていたので、ポテトサラダ風にする。ジャガイモと卵を蒸せばいい。ジャガイモは半分に切った方が早くやわらかくなる。皮は剥かないでいい。蒸かし終えると簡単に指で皮だけを剥くことができる。人間の爪は他の動物に比べ武器としては弱いが、皮むきには向いている。
 そのジャガイモと卵を小皿に移し、そこでスプーンで割る。割り続け、細かくなったところで、スプーンの背で押しつぶす。その前にマヨネーズを入れる。要するにマヨネーズ和え。入れないとカサカサになる。調味料はそれだけ。食べるときもそのまま。
 こういうのをスーパーで買うと結構高い。まあ、手間賃だろう。
 
 今日のお供のカメラは今年の誕生日に買ったオリンパスのミラーレスの中級機。28から300までのズーム付きキット。この組み合わせで雨で濡れても大丈夫な仕様。雨の日なので、防水カメラが似合うようなものだが、ポケットに入らないので、逆に鞄から取り出すのが面倒だが。
 28ミリは広角としては今では弱いし、望遠は300ミリと、中途半端。しかし、標準ズームとしては高倍率。50ミリの標準レンズだけを付けていることを思えば万能レンズ。しかし、万能性はそれほどない。最短撮影距離は全域で50センチと、望遠での寄りは便利だが、広角で50センチとなると、テーブルの上のものを写すときは体を反らないと無理。
 ピントのオート性は低く、自動認識は当てにならない。しかし、中央一点にしておくと、余計な動きはしないので、カメラに振り回されることはない。
 まあ、フィルム時代のズームから見れば28から300まで一本ですむことを思えば、凄いことなのだが。
 ズームリングは軽く、これはよくできている。非常に精巧な印象がボディーにはあり、精密機械としてのメタルカメラの趣がある。要するに昔のOM1や2と同じ手応え。しかし、どこか貧乏臭い。まあ、オリンパスのカメラは頭が低いのだろう。
 OM1などが出たときは、これはモロにライカの一眼レフ版。小型カメラの世界。
 プログラムモードにしたままだと、前後ダイヤルがすぐに回るので、気が付かない間に露出補正やプログラムシフトが掛かっていたりする。電源を入れ、構えるとき、擦ってしまうのだろう。戻すには補正が0になるまで回さないといけない。
 まあ、露出補正を多用する人なら、重宝する機能で、ダイヤルも軽く、しかもシャッターボタン近くにあるので、さっとできる。
 それよりも、ダイヤルやボタンが多くて、瘤だらけ。それらを全てカスタマイズでき、入れ替えたりできる。
 実際には何もしていないので、折角の機能もあまり使わないが。
 まあ、地味なカメラなので、飽きにくいカメラだろう。確実に写し取りたいときは、信頼できる。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。