2018年09月13日

秋支度

■■ 2018年9月13日 木曜日 午前9時03分
 
 今朝は雨は降っていないが、曇っている。かなり前の一週間予報通り、曇りが一週間ほど続く感じ。そして昨日だけが晴れとなっていた。これはかなり前の一週間予報。それから一週間近く経っているので、変わっているかもしれない。一週間後のことは、日が近付くと予報も変わる。まあ、曇りにしておけば無難だろう。
 気温は昨日と同じなので、ペラペラのパーカーを羽織って丁度ぐらいだが、朝の喫茶店に入ると、蒸し暑い。いつものように冷房が強くないのだ。まさか暖房になったわけではないが、換気だけなのかもしれない。
 しかし、相変わらず鬱陶しい天気が続く。すっきりとした秋晴れは貴重なものになるのだろうか。
 だが、そんなに晴れが続く秋は、あまり記憶にない。夏にはそれがある。真夏、晴れが続くとうんざりする。逆に雨が降って欲しいと期待する。
 涼しくなってくるとホームゴタツのスイッチを入れないといけないが、故障したようだ。ホームゴタツは梅雨頃までつけることがある。最後につけたとき、つかなかった。もう古いので、そんなものだろう。
 もう一つあるので、それと交換する必要があるが、ホームゴタツの上に重いものがいろいろ乗っている。それを片付けないといけないので、面倒。
 正月明けに買った電気ストーブは結局片付けないで、そのままにしていた。夏前に仕舞い込もうと思っていたまま。だから扇風機とストーブが並んでいたりする。二つとも、前のが古くなったので、今年買い換えている。ホームゴタツは予備があるので、買い換える必要はないが、寿命があるのだろう。それが同時に来た感じ。
 ホームゴタツは故障していても、電気あんかなどを入れると、何とかなるが、あんかに足が接していないと、暖かくない。まあ、布団の中に入れるものだろう。小型の櫓ゴタツもある。小さな箱だ。当然足は入れられない。
 涼しくなってきたので、徐々に冬仕様にしないといけない。これはあっという間に冬になるはず。秋も深まると冬だ。秋の中頃でも冬のように寒い日がある。まだ浅い冬だが、それでも夏からの延長で見ると、寒いと感じる。
 昨日スーパーへ行くと野菜がまた値上がりしている。まあ百円ほど高いだけだが、他の食材に比べ、値段が変わりやすい。それでいつもの値段より高いと、高いと感じる。
 昨日は牛肉が特価だったので、それを買う。そのまま冷凍にしてもいいが、使うとき、くっついているので、剥がしにくい。冷凍にするのなら、分離しやすいように並べ替えたりする必要がある。まあ、水を掛ければ剥がれるが。
 鮮度のある内に冷凍にした方がいいだろう。野菜よりも牛肉の方が安かったりする。食べきれないほどの量がある。これですき焼きができそうだ。肉じゃがでもいいし、カレーでもいい。
 昨日はご飯が切れていたので、弁当を買うが、いつものスーパーのいつもの弁当なので、飽きたので、おむすびセットを買う。二つ入っており、おかずも付いている。これは温めなくてもいい弁当。
 それだけでは少ないかもしれないと思い、おはぎに手を出す。二つ入っていた。流石に二つ食べきれないで、一つだけ。それで一つ残った。食べるとすれば朝だが、朝からおはぎはしんどい。
 おはぎや饅頭などの甘い物はスーパーのレジ前によく置かれている。並んでいるとき、危険だ。関所。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。