2018年09月14日

ユニクロ防水パーカー

■■ 2018年9月14日 金曜日 午前9時46分
 
 今朝は雨。微雨以下で雨の形が見えない。水溜まりに波紋もない。水滴が見えないのだが、濡れている。ほとんど霧吹き状態。当然傘はいらないが、衣服はそれなりに濡れる。秋から着ているペラッとしたパーカーには防水性はない。少しは水は浮くが、すぐに染み込む。防水性、防水加工がされていると、水滴のまま。そのうち流れ出す。
 昨日は百均に寄ったついでに百円のレインコートを買ったが、コンビニの500円のとあまり変わらない。以前の百均レインコートは着るとき破れ、脱ぐときまた破れた。しかし、それを改良したのか、ざらっとした生地になっており、これなら破れない。安いのは収納袋などはなく、フードの全面に透明な箇所がない程度。ボタンなどは同じ。そしてタイプは子供用と大人用のみ。男女兼用。
 それを買ったとき着たのだが、朝、着る気がしない。面倒なためだろう。もっと降りがきついときにはその気になるだろうが。
 レインコート言ってもカッパ。だから喫茶店などにそのままは入れない。半透明で、すぐに分かるし、水滴が付いているだろう。
 やはりここは短い目のレインコートがいい。普通の上着のように見えるような。
 そうなると、水を弾く程度のレインコートになり、カッパの完璧な防水性にはならない。
 婦人用の合羽の上だけというのはよく見かけるし、売られているところも知っている。これが好ましいのだが、男性向けとなるとマウンテンパーカーあたりだろうか。山行きのカッパのようなもの。しかし、街着でもあるので、やはりカッパの持つ完全防水性には及ばない。
 ユニクロで夏にも売っていたパーカーがある。結構高いのだが、ハイテク製品で、塗りの防水性だが、大袈裟な感じではないスタンダードなデザイン。つまりよく見かけるフード付きのペラッとしたパーカー。しかし生地が違う。こういうのはスポーツ用もあるはずだが、生地が硬かったりする。そしてトレーニングシャツのようにラインが入っていたりする。こういうのはゴミの日にウロウロしている人がよく着ている。
 このユニクロのパーカー。真夏でも売っていたのだが、流石に暑いときに、そんなものは着る気もしないし、着ている人もいないはず。しかし秋口になり、先日から上に羽織り出したので、丁度いいタイミングが。このパーカー、二タイプあり。高いのと安いのがある。高い方は生地が張っている。少し分厚い。張っているとは、張りがあり、皺が寄らない。ボックス型のように。安い方はペラッとしている。
 安い方は袖口はゴム。こちらの方がまくり上げやすい。
 これを買おうかと決めても、まだ売っているだろうか。真夏にも引っ込めないで売っていたのだから、今なら旬でいいタイミングなので、引っ込めはしないだろう。
 
 昨日は蒸かした状態で保存していた野菜類の残りをジャガイモを煮たとき、一緒に入れる。そして北海道産の特価一日のみの牛肉を入れ、肉じゃが風にして食べた。肉は全て赤い。脂身がない。これを冷蔵庫の中に入れると、黒くなり出す。だから残りは冷凍室に入れた。
 肉は丸く平たい皿に盛ってある。使った分、空きができるので、残りを広げて、間隔を広くする。これで冷凍しても、ポキッと折ればいい。
 肉じゃがだがすき焼きのようなもの。すき焼きにはジャガイモを入れない。しかし豆腐を入れると、おいしい。すき焼きなら白ネギだろう。玉葱ではなく。白ネギに肉汁が浸みておいしい。白菜はただのかさ上げ。量が多く見える。
 八宝菜など、やたらと白菜が多い。具が沢山入っているように見えるが、中身は白菜だったりする。
 昨日は雨空のためか、何かよく分からないが、しんどい日だった。季節の変わり目だろう。風邪に似たしんどさ。低気圧のせいだろう。それと少し寒くなってきたことで、体がどうすればいいのかと迷い、スイッチを入れ間違うこともある。
 朝、目を覚ますと、雨なので、気も陰になる。雨も悪くないのだが、雨具とかが面倒。
 天気予報は見ていないが、見ると朝の楽しみがない。雨だと予報されていると、雨だろうと思う。知らないと晴れているかもしれないと思うだろう。晴れが必ずしもいいとは限らないのは、まだ少しは夏の気配が残っており、晴れると結構まだ暑いのではないかと思える。特に昼間、陽射しのあるところを移動しているとき。
 いずれにしても季節は冬へと向かっている。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。