2018年09月23日

ニコンP900購入

■■ 2018年9月23日 日曜日 午前9時06分
 
 今朝は晴れ、うろこ雲が出ているが、太陽にかかり、おぼろ。その雲から間違いなく秋だと分かる。曇りや雨の多い日が続いているので、このあたりで少し長い目の晴れを期待したい。まあ、そういう日は期待とは関係なく、勝手にやってきて、去るものだが。
 九月の下旬に入り、十月はもうお隣にいる。十月なると十一月がお隣にいる。そのため、あと数日で十一月が見えてくる。これが八月の下旬だと、まだ学校は夏休み。秋が見えてくる程度が、ひと月の違いだが冬が見えてくる。
 そのうち春が見えてくるのだが、冬からの繋がりが弱い。冬で切れてしまうような感じ。真夏や真冬はそんなものだろう。
 春が見えてくるのは冬のかなり終わりがけ。しかし、春そのものがまだまだ寒かったりするので、冬の延長に近い。桜の花が咲く頃、真冬の服装だったりするので。
 今日は日曜だが、月曜の感じがしてしまう。錯覚だが、何処でこれが生まれるのだろう。月曜だと思うのは昨日が日曜だったと思うため。昨日は土曜日。休みの日が二日続くので、勘違いするのだろう。
 また「日」と「月」は似ている。「水」と「木」も似ているが、今日は日曜だと思い込んでいるときは、月が日に見える。
 土日だと、休みのところや、混雑するところがある。寝起き行く喫茶店は土日はすいている。これは仕事前に入る人が多いためだろう。その常連客が抜けるので、すいている。
 それとは関係はないが「入」と「人」も似ている。
 昨日は気温が高かったのか、上に羽織るものはいらなかった。一方的に涼しくなるのではなく、戻りも多いのだろう。ただ夜は流石に涼しいので、掛け布団は必要。だが、たまに暑苦しい夜もある。気温的にはそれほど高くないのだが。
 
 昨日は速攻でニコンP900を買う。今回はグズグズしないで、さっさと買った。このタイミングでしか買えないためだろう。
 アマゾンで残り一台。となっていたが、次の日は三台になり、昨日は残り一台にまた下がっていた。残り一台でも、入荷予定ありとなっている。在庫がないときは届くまでが遅い。だからこのカメラ、P1000の出現で、動きが速いのだろう。
 上新で見ると、アマゾンよりも少しだけ高いが、このカメラが売られていると言うだけでも珍しかったりする。近所の家電店などでは目にすることのないカメラ。だから、実物は見ていない。
 上新との差額でフィルターを一緒に買うことができた。上新はフィルターが届くのが遅い。アマゾンでは同じ日になる。レンズキャップをしないので、フィルターは必要。小さなレンズならいいが、2000ミリあるので、レンズの口径が大きいため、指で触ってしまうことがある。フィルターはニコン純正のようだが、それほど高くはなかった。
 昨日申し込んだのだが、午前中になってしまう。8時から12時までじっと部屋にいるわけには行かない。一時間何分以内に買った場合となっているので、時間をおいて、また見ると、翌日出荷に変わっていた。日曜を挟むためだろう。上手くいけば翌日の午後に間に合うのだが。
 それで、日が明けて今日になったが、今日出荷なので、明日届く。
 ボディーは少し大きくなるが、中身は弟分のP610と同じのようなので、カメラそのものに新鮮味はない。
 P610がBシリーズになったのだが、写りはP610の方がシャープ。ニコンのホームページを見るとそのBは消えていた。残っているBは乾電池式で1000ミリまで。ただしファインダーがないので小さい。しかしキヤノンの同タイプほどには小さくはない。これはB500。22ミリ少しの超広角が入っているので、24ミリよりも広い。
 だからニコンのネオ一眼はP1000の3000ミリ。P900の2000ミリ。そしてB500の1000ミリだけになった。1400ミリタイプは消えたことになる。
 ニコンのネオ一眼はパソコンに取り込むとき、USBコードを差し込むのだが、それだけでいい。あとは取り込みソフトが起動し、終われば充電になる。何も操作しなくてもいい。カメラ側のメニューや操作はない。だから、小まめに取り込んでいると、いつもバッテリーは満タン。取り込むんだあとUSBを抜くのを忘れるが、忘れてもいい。充電に切り替わるため。
 USB端子は一般的なもので、専用ではない。パナソニックやソニーやカシオ、キヤノンのコンパクト系の一部と共通。
 しかし、何もしなくてもいいのはニコンだけ。
 P610の写りはシャープそのもので、階調の豊かさはないが、明快な写真が撮れる。P900は望遠が伸びただけと言われているが、果たして同じ写りなのかどうかは分からない。おそらくそうだろうと予測できるので、買ったようなもの。
 そうしてみていると、P610がもの凄くコンパクトなカメラに見えてくるので不思議だ。
 
 
  
posted by 川崎ゆきお at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。