2018年10月01日

台風通過

■■ 2018年10月1日 月曜日 午前9時02分
 
 朝は台風も去って、東北あたりにいる。今回の台風、予報では大阪ストライクコースだったが、外れた。上陸地点は和歌山。これで大阪は台風の左側、西側になり、これが結構まし。前回は神戸だったので、まとも。近いし、それに東側、右側になるので、もの凄くきつかった。この台風は特別だろう。そういう強い台風が続けてきている。
 通過地点の南の島では、この二十年間体験したことのない強い台風だったとニュースであったので、強いことは強かったのだろう。
 前回の台風でまだ屋根瓦の上のシートを被せている家がところどころある。まともに来ていれば、飛ばされるだろう。そして雨漏り。
 まあ、今回の台風は大したことなかった。ただ、大したことになってしまうコースにいる人はきつかったはずだが。それを言い出すと、世の中きついことが一杯ある。
 台風が近付いて来ても雨が強くなる程度で、風は大したことはない。唸り声を上げるようなあれがない。それでいつの間にかメリハリのないまま去ったように思ったのだが、通過後の風が一番強かった。しかし、伊丹空港での最大瞬間風速は20メートル程度。これは台風ではない日でも、たまにある。
 そのため、店屋などは営業できたのではないかと思える。これは来てみるまで分からないので、休みにした方があとのことを考えると、妥当。
 昨日の朝は喫茶店は開いていたが、昼を過ぎると、もう無理だろうと思いながらも、近所のチェーン喫茶コメダを見に行くが、閉まっていた。これは遠くからでも分かる。駐車場に一台も車がない。その向こうの大型薬局は開いているのだが。
 このコメダ。この前の台風で柵が倒れた。棒を何本か立てた網フェンス。これが風で倒れたまま、まだ修理していない。だから、前回の被害がまだ残っているところに来た台風なので、これは続くと厄介。
 まあ、同じコースで、上陸する可能性は、どの程度あるのかは分からないが、予報ではずっと大阪が進路の中にあった。
 ここからが大阪方面だけが幸いという意味で、いいズレ方をした。直前にズレだし、実際には大きくズレて通過したので、大阪では大したことはなかったとなる。
 しかし、台風は大したことはなくても、ちょっとした突風で、そこだけ、大被害もある。家の何かが壊れたりすると、あとが面倒だ。
 コンビニなどは開いているので、大したことはないと、パンでも買いに行ったとき、転倒した、ということもある。強すぎると、出ないが、弱いと出られるので。
 昨日は昼過ぎにその喫茶店の前で引き返したあたりから雨が降ってきて、いよいよというあたりだが、コンビニでパンを買う。品はかなり残っていた。本来なら消えているはずのパンや飲み物などが普段通り残っている。ただ、いつもの雪印の1リットル入りの珈琲牛乳はなかったが、これはよく品切れになる。その代わり500CCのは残っている。それを二つ買うと割高。
 台風の雨や風よりも、低気圧の通過で、結構しんどい。こういう日は寝ているに限る。どうせ外には出られないし、喫茶店も閉まっているので、今日という日を捨てるしかない。それで、台風休みで、全休とした。
 今朝は台風が来る前晴れていたので、その晴れに戻り、雲がほとんどない晴天。気温は台風接近中は暖かい目だったが、これからはもっと涼しくなるだろう。
 しかし、今回の台風の後ろ側から同じように付いてきている台風がある。こういうのが曲者で、エゲツナイ奴かもしれない。
 台風が去り、一夜明けると月曜日。区切りがいい。そして気が付けば10月に入っていた。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。