2018年10月02日

吸血鬼ゴケミドロ

■■ 2018年10月2日 火曜日 午前8時44分
 
 今朝はぐっと涼しくなり、寒いほど。しかし、昨日に続き、朝は晴れている。台風は低気圧に変わったようだが、所謂フェーン現象で30度越えしているところが多かったらしい。北の方だ。しかも10月としては高温記録を塗り替えた場所もあるらしい。
 しかしそれが去ると、何処とも涼しくなっているはず。秋の深まりで、冬が顔を覗かせている。そのため、冬の上着が欲しいと思うほどだが、半袖で歩いている人もいるので、ここで個体差が大きく出る。その中には着替えるのを忘れている人もいるかもしれないが、気温どころではない人もいる。
 朝夕は涼しいが、晴れており陽射しがあるため、昼間は半袖で行けるはず。しかしスーツ姿が目立ち、分厚い目のジャンパーを羽織っている人が流石に目立つようになった。
 朝、寝起きの喫茶店へ行くとき、少し耳が冷たい。もうすぐ耳まで隠れるニット帽の出番だが、まだ早い。まあ年中軽いニット帽を被っている人もいるが、流石に真夏の炎天下では厳しいのか、それは見かけない。
 夜中は15度を切るので、これは完全に電気毛布がいる。20度を切ると、暖房が必要。昨日はストーブはつけなかったが、結構冷えた。そのため、カーデガンを部屋の中で羽織っていた。
 台風の接近中や、そのあとは暖かかったのだが、そこから急激だ。
 昨日はユーチューブに「吸血鬼ゴケミドロ」が上がっていたので、それを見る。ノーカット版で、いろいろとおまけの映像が入っている。製作の話とか、吸血鬼役の俳優とかが出ていた。既に高齢で、つるんとした大きな顔が小さくなっていた。額を割られた顔が印象的だが、グロにならないようにファンター的要素で入れたとか。また傷口が分かりやすいように、額の上を剃ったとか。これは何処かの映画会でゴケミドロを見るイベントのときの映像だろうか。
 吸血鬼ゴケミドロと同時に「吸血鬼轆轤船」だったと思うが、それもアップされていた。ユーチューブでのタイトルは「吸血」になっているが、「吸血鬼」だろうか。FC2動画で映画などがかなり上がっていたときは、タイトルを見ても分からなかった。
 和製吸血鬼映画なら「血を吸う眼」だろうか。こういうのは毎年お盆の頃に封切られていた時代がある。岸田森だったかどうかは忘れが、印象深い。早く亡くなられたようだ。
 ゴケミドロは吉田輝雄が主人公の旅客機パイロット。この人はわりと大人物の映画に出ていたように思う。大奥ものとか。ゴケミドロではよくある勇敢な青年だが、特技はなく、強くもない。普通だ。
 スチュワーデス役の佐藤友美が怖いものを見て驚く表情などがいい。気絶するほど怖いものを見ている。
 旅客機が墜落するのだが、乗客の一人一人にキャラ性がある。国会議員や企業の人。ただ宇宙人実在説を唱える東大教授はやり過ぎた。まあ、その人がいないと、飛行機が墜落した理由や、乗客が吸血鬼になったことの説明をする人がいないので、これは必要。ゴジラが出たときは、ジュラ紀云々と言い出す学者が必要なように。
 他国の大使を暗殺したゴルゴ13のような男が、最初の吸血鬼になる。ただ、感染はしない。血を吸うだけ。それで死んでしまう。
 ベトナム戦争などを絡め、いつまでもそう言うことばかりしていると、そこがエイリアンの狙い目となり、地球人丸殺しの隙を与えるという話で、吸血鬼ものというより、エイリアンもの。円盤はオレンジ色の光体で、質感は分からないが、インベーダーゲームのあの円盤に近い。アダムスキー型だろうか。
 旅客機の中に爆弾が持ち込まれたと言うことで、羽田ではなく、伊丹に引き返すのか、そこは分からないが、伊丹を目指す。そこにゴルゴ13ばりの男に乗っ取られ、旋回後すぐに円盤に襲われ、墜落する。場所は何処だか分からないが、岩場が多い禿げた渓谷。伊丹の近くだと宝塚から有馬へ向かうときに蓬莱峡がある。そのあたりかもしれない。しかし、そこは架空の場所。
 墜落後は醜い争いが続くが、一人、また一人と、噛みつかれ、減っていく。
 エイリアンはエクタプラズマかドロドロの粘体生物で顔も何もない。RPGゲームなら一番最初に出てくるスライム。これは一番弱い。それが人間の額を割り、そこから入り込む。CGのなかった時代なので、照明や、お面の顔での特撮。
 地球征服ではなく、地球人丸殺しに来たエイリアンとしては手間の掛かることをしている。
 つまり、三つほどのジャンルを一本の映画として合成しているようなもの。
 あとはよくあるゾンビもののラストシーンのようなラストシーンで終わる。
 パイロットとスチュワーデスは生き残るのだが、人間らしい心を忘れ醜い争いに明け暮れていると、エイリアンに地球ごとやられる、それに気付くのが遅かった、という話。かなりの風呂敷だが、実際には墜落した旅客機内と、その周辺の砂地の多いところでの密室劇。
 この吸血木ゴケミドロは劇場で見たのか、テレビで見たのかは忘れたが、何故か印象に残る映画だった。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。