2019年01月04日

正月三が日

■■ 2019年1月4日 金曜日 午前10時39分
 
 正月三が日。ここまでが正月だろう。今日は四日。もう神社は平常に戻る。屋台も出ていなかったりする。
 寝起き行く喫茶店も四日目になると、開くのが早くなるが、まだ全開ではなく、少し遅い目。しかし、その時間ならまだ寝ているので問題はない。三が日は起きてもまだ開いていなかった。
 今朝はよく晴れ、雲がない。晴天だ。元旦よりも今朝の方が新年らしい。その理由は天気。元旦が晴れるかどうかは、そこまでお膳立てはできない。
 朝の喫茶店は正月の飾り付けがなかった。カボチャ祭りはあったし、クリスマスもあった。それが終わるとすぐに賀正とかの飾り付けに変わるはずなのだが、それがない。ただ、別の店では窓硝子にまだトナカイとソリを貼り付けてある。
 普通の喫茶店や、飲食街では琴の音がしていることが多かったのだが、まだやっているところもあるが、正月用の和風な琴の音は減った。飲食街で琴の音を聞くと、正月料金の警告音に聞こえた。
 最近飲食店に入ることはあるが、ほとんどがチェーン店。そういうところでは正月料金にはならない。初詣客で賑わう参道の食べ物屋なら、正月料金かもしれない。
 いつも百円で売っているスーパーの蒲鉾が数倍の値段になっているのを、今年は見ていない。その間、百円の蒲鉾は隠している。
 元旦からスーパーが開いていたのだが、行かなかった。レジが混んでいるためだ。
 昨日は野菜が切れたので、買いに行ったのだが、閉まっている。三日のことだ。定休日でもない。それで、もう一つ先にあるスーパーまで夜に自転車を走らせたのだが、そこも閉まっている。これは入荷がないのためだろうか。初荷待ちとか。
 仕方なくコンビニ入る。野菜はそれなりにあるが、ホウレン草が欲しい。白ネギや白菜ではなく。
 弁当類は平常通り。だから正月から弁当を作っているのだ。ただ、あまり売れていない。サンドイッチ類も、いろいろバリエーションが増えている。いつもなら売り切れて、ないため、初めて見るようなのもあった。
 パンになソーセージやチーズなどを挟んだ物が新鮮。ホットドッグもある。ピザトーストも。それらを適当に買って夕食とした。既に夜だが。
 一応今日から起きる時間なども平常通りでよくなる。今朝は相変わらず遅い目に目が覚めたが、去年の続きだ。朝まで一度も目が覚めなかったので、目が覚めたとき、既に遅い目の時間。これがおそらく必要な睡眠時間だろう。
 正月は特に変化はなく、年末までと同じような一日を過ごしていた。
 今日から平日のはずだが、仕事始めはいつだろうか。週末が掛かっているので、正月が抜けるのは月曜からだろう。つまり、七日。計算すると、一週間ほど休みだ。年末年始の休み。学校の冬休みもそのあたりで終わるはずだが、最近遅起きなので、登校風景と遭遇しないので、分からない。ただ学校の前を通るとき、運動場で分かる。体操の授業をやっているためだ。
 年末に買った餅を毎朝雑煮にして食べている。つきたてで柔らかかったのだが、既に硬い。一つ一つ真空パックになっていないので、早く食べないといけない。それで安かったのかもしれない。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。