2019年04月15日

富士水中カメラの続き

■■ 2019年4月15日 月曜日 午前9時48分
 
 今朝は晴れている。しかし、まだ寒い。そのため、真冬の服装で寝起きの喫茶店まで行く。陽射しがあり、いい感じだ。ポカポカを楽しめる。これは程良く暖かい。寒さから暖かさに変わる瞬間がいい。陽射しがあるところだけで、影に入ると、また寒くなるが。
 陰から陽への切り替えがこの時期なのか、行ったり来たり、出たり入ったりしている。境界線という感じだ。
 風が少しあり、これがなければ、もう一段軽い冬服でもいけそうだ。このところ昼間の気温が高くない。雨が降っていたためだろうか。夜中の気温は低くはない。寝るときは10度ほどあるので、これは暖かい。
 土日がいつの間にか終わっており、今日は月曜。この月曜を週明けと言っている。この数え方では日曜日が週の終わり。日曜が週明けなら、スタートから休み。
 月曜から平日。だから閉まっている店も開く。郵便局や銀行なども。電車は日曜は休みではないが、ダイヤが違う。本数が減っているはず。
 逆に土日しか走っていない路線バスがあったりしそうだ。観光客しか乗らないような路線。というより、そのためにできた路線かもしれない。
 行楽客向けのケーブルカーなども土日しか動いていなかったり、また冬場は客が少ないので、止まっていたりしそうだ。
 いずれも人がウロウロしてなんぼの世界。何ぼとは、いくら、値段を聞くときの言葉。いくらなんでも、とかもあるが、まあ、言葉はそういった交渉事に多く使われる。市場から起こったのだろう。
 
富士水中カメラの続き
 買った翌日は雨だった。水中カメラなので、何ともないのだが、傘を差していると、実際にはカメラは濡れない。
 だが、傘を差しながら自転車の上から写すとき、ポケットから取り出しやすい。カメラの何処を触っても問題がないし、小さいので、するっと出せる。
 撮影後はカメラを指で挟むようにして電源ボタンを押せるので、カメラを握る感じで電源が切れる。これは小さなカメラの良さだが、電源ボタンの位置がそれなりにいいのだろう。シャッターボタンよりも電源ボタンの方が軽い。遮るものがないので、何処からでも押せる。
 だから雨の日、傘を差しながら自転車の上から写すときは軽快だが、防水だから軽快なのではない。カメラの形のためだろう。
 スナップカメラとしてみた場合も、この素早さは軽快。
 あいにくの雨なので、昼間の撮影をしたが、条件はよくない。こういう日はどんなカメラで写しても冴えないものだ。
 しかし、花などは雨に濡れていい感じだ。ここは富士の色が楽しめるはずなのだが、あまりそれは出ないようだ。色目の設定はまったくできない。あるにはあるが、スタンダートとモノクロ程度。セピアとか、モノクロコピーのような文字写しとか。
 フィルムをシミュレートした色目はない。まあ、そんなものを期待するカメラではないのだろう。あっても使わないが。
 草花は、マクロが弱いし、望遠も弱いので、作画の幅が限られている。それと、ピントが意外と深い。寄れないので、アップは無理。望遠で抜くのも無理。よく使っているネオ一眼のようなわけにはいかない。よく考えると、ほぼ標準系で写しているようなものなので。140ミリは望遠レンズとしては広角になる。広々とした望遠に。まあ、それで他のものが写り込むので、構図を考えないといけない。花びらだけなら、日の丸構図でいけるのだが。
 夕方前、まだ雨が降っている中、近所の喫茶店まで行く。雨の日は、近所の店に行くようにしている。
 写すものは何もないが、雨に濡れたベンチがあったので望遠端で狙うが、抜けない。やはり広々としてしまう。構図を考えないとベンチ以外のものが入り込むので、面倒臭いが。
 無駄な空間ができるので、そのスペースの何処に置くかを考える必要がある。これはいいことだ。そのままではベンチが小さすぎて、別の写真になるためだ。主人公が小さく、目立たない。それよりもどれが主人公なのかが分からない。
 このあたりは絵を書くときの構図になる。画力ではなく、構図は画力がなくても作れる。
 喫茶店内でもいつものように写すが、これが意外とよく写っているので、不思議だ。レンズが暗いので、感度が上がる。厳しいが、それ以外の対処方法はない。その組み合わせはカメラ任せ。一応ブレないような組み合わせで凌いでいるようだ。そこが、けなげ。貧しい食材でも、何とかしようと。
 夕方で雨なので、外では暗いので感度は1600まで上がっていた。ブレないように少しでもシャッターを稼ごうとしていたのだろう。
 店内をマクロ気味に写すが、結構写っている。だから意外と暗い場所が苦手なカメラではないようだ。さらに暗い夜景でも、何とか写し取れているので、低いスペックでもできるのだ。
 このカメラ、写す前に画角が分かっているとき、電源ボタンを押したあと、スーとズームボタンを押す。長押しすると端の140ミリで止まる。デジタルズームを切っている場合だが。これで、構えたときは既に望遠になっている。この段取りが非常に素早くできるので、快適。またズームボタンを押す長さで、中間も何とか分かる。28ミリでは広すぎると思うとき、一寸だけ押せば35ミリあたりにすっとくる。28ミリは広角なので、路面が入り込みすぎるので、何を写した写真かが分かりにくいため。
 要するにこのタイプのカメラは軽快だ。日常生活範囲での出し入れがよく、取り出しやすく、仕舞いやすい。始末のいいカメラだ。
 
 昼間の明るいところでの液晶も見やすい。買ってから雨や曇りだったので、明るいところを苦手とする液晶だけに、ここは大事。これが陽炎のように薄くなってしまう液晶は、どんなにいいカメラでも、その後使う気がしなくなる。まあ、実際には使うが、運が悪かったと諦めるしかない。店頭では確認できない。
 薄くなり、よく見えない状態でも、構図が取れる程度の視認性があればいい。
 電源ボタンやシャッターボタンの固さは使うほどに慣れてくるようで、柔らかくなってくる。これは意識的に強く押すようになるためだろう。それと指が学習するようだ。
 思ったほど画質は悪くないのだが、特徴を見出すのが逆に難しかったりする。個性というのは欠点。そこに味が潜んでいる。今のところ、取り出しやすく、写しやすいという、写りとは関係のないところの特徴は見えてきた。
 意外といいのはプレビュー画面。写した写真を見るときの情報がいい。シャッタースピードや絞りを見るのだが、同時に感度も見たい。それが全部表示される。詳細表示にしないと見られないカメラもあるし、また感度表示がないカメラもある。
 このカメラはそれらが出るので、出るので助かる。しかも文字が大きい。切り替えると、画像だけの画面になる。またお気に入りという画面もある。後でそれだけを見るためだろうか。もの凄い枚数を写す人向けか、誰かに見せるための仕掛けかもしれない。レジャー仕様のカメラなので、仲間に見せるためだろうか。
 水中カメラはそれなりに需要があるが、キヤノンからは出ていないようだ。ソニーはカード型のサイバーショットが防水だったと思う。
 一番力を入れているのはオリンパスだろうか。コンパクトデジカメが普及しだした頃は、オリンパスが強かった。その名残ではないが、水中カメラだが、結構スペックが高い。二タイプ出しているので、力の入れ方が分かる。
 ニコンはニコノスの昔からあるのだが、コンパクト系はパナソニックに近い。四角い箱。ペンタックスも当然出しているがシャッターが固い。かなり前の機種で、結構いいのがあったので、ポケットに常駐させていたことがある。カメラは小さいのだが、力のいるカメラだった。それでよくブレた。形は今のオリンパスに近いが、普通の形で、見た感じは水中カメラだとは分からない。レンズが飛び出していないカメラだがレンズはボディーのど真ん中にある。これが今のオリンパスと似ている。
 久しぶりの水中カメラ、これはコンパクト系の穴だ。高級コンパクト系に比べ、ラフに扱える。道具としては、そちらの方が使いやすい。
 富士のXP130が型落ちで、しかも展示品特価で、しかもそこからさらに値引きがあったので、かなり安く買えた。安すぎたので、もう一台買えそうな雰囲気だ。
 XP130に決めるとき、ニコンの展示品もあったので、見比べていた。富士は流線型で手に馴染みやすいが、ニコンは四角な箱。電源ボタンが固いし、シャッターも固いが、何処かで見たデザインだ。
 フィルム時代のニコンのコンパクト系にあった。35ミリ専用機だったが、これが四角い箱。
 もう一台買うとすれば、これだろう。オリンパスの方が色々とできるが、このタイプのカメラは色々とやりたくない。
 ニコンの水中カメラは、作られた時期などを考えると、写りは分かる。だから、どんな写りをするのかは何となく分かっている。ただ、レンズタイプが違うので、普通のニコンのコンパクト系よりは多少落ちるはずだが。これが二年前のカメラで、新製品は今月出るが、色違いでお茶を濁している。ブラックボディーというだけで、中身は同じだろう。
 ニコンの水中カメラがいいのは気圧計が付くこと。これに温度計と湿度計が付けばいうことはないのだが。気圧系だけでも天気は分かるし、湿気具合も分かる。低気圧、高気圧。それが結構身体に影響する。平地での話で、高山ではないが。
 ついでに血圧計も付いていればいいのだが。
 それとコンパスが付いている。磁石だ。デジタル物だが、角度が細かい。自転車でウロウロしているとき、役立つだろう。位置情報もあるが、こういうのを使っていると、バッテリー切れが早い。経度と緯度が分かるので、写した場所の位置が分かる。まあ、スマホがあればできることだろう。
 まあ、見知らぬ場所へ自転車で突っ込む場合、地図など一切見ないほうがいい。目で探す。あとは偶然入り込む小径などがいい。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。