2019年04月22日

パナソニックFT7購入

■■ 2019年4月22日 月曜日 午前9時54分
 
 今朝も晴れている。晴天ではないが、陽射しがあり、まずまずの日和。風は少しあるが、強くはない。気温は高い目だろう。耳まで隠れるニット帽が厳しくなったので、帽子を代える。丸いつばのある帽子で、庇は浅い。野球帽のような嘴が出ていないので、前方に太陽があると、眩しいが。
 スポーツなどしないのに、野球帽風なスタイルの帽子は被らない。それとあれは側頭部と後頭部のガードが悪い。庇がない。ぐるっと庇が出ているタイプは耳とかのガードにもなる。隠れないが耳の真上に来ているので、雨が降っても耳は濡れない。
 また後頭部から首の付け根あたりに対する日除けにはならない。だから園児などは南方での旧日本兵のような幕を後ろに垂らしている。
 気候は暖かくなったから暑くなったに変わりつつある。ゴールデンウイークあたりになると、毎年そんな感じで、自転車移動が怠くなる。
 そしてコート類やジャンパー類はいらなくなるのだが、そうすると喫茶店に入ったときの冷房でやられる。
 昼間薄着で出掛け、夕方ぐっと気温が下がり、寒く感じたりするもの。
 寝起き入る喫茶店は自転車置き場が一杯。少し敷地内からはみ出して止める。
 ところで連休は始まっているのだろうか。今日は月曜。平日のはずだが、ノートパソコンのカレンダーには日本の祭日や祝日は出ない。また、もう平成は終わったのだろうか。令和になったはずだ。一太郎のATOKも、すぐにアップされ、令和が出るようになっている。しかし、ATOKの日時表示はまで平成表記。
 年号が変わるのは新鮮かもしれない。何らかの区切りだ。70年代がどうの、80年がどうの区切り方が一般的で、数えやすいので、そちらの方を使っているが、年号での区切り方も印象が残りやすい。まあ、明治が何年まであったのか、大正や昭和も何年あったのかは覚えていないが。大正時代は短かった。
 新しい年号は、その人にとっては新たな時代に入るようなもの。これでフォーマットされるように。まあ、年号は世の中が厳しくなったり、悪いことが続きすぎたときなどにも、昔は変えたようだ。
 
パナソニックFT7
 昆陽のイズミヤ内に新装開店したヤマダ電機で見たパナソニックの水中カメラFT7を買いに行く。
 場所がいい。馴染みのある土地。それほど遠くはないので、これは行きやすい。
 晴れて暖かい日で、暑いほど。それで夕方前に行ったのだが、それでもまだ暑い。コート類やジャンパー類はいらないほど。
 新装開店なので、バーゲン中のようなもので、値段はそこそこ。
 早速店員を呼ぶが、接客で忙しいらしい。この人が店長だろう。指揮を執っている。それで、カメラ担当を呼びしてくれた。
 買うことは分かっているので、在庫を確認してもらう。注文カードはないようだ。だからカメラの前で直接店員に言わないといけない。
 しばらくして担当が来て、タブレットで在庫を確認していたが、手打ちだ。
 色はオレンジと黒。オレンジを調べてもらったのだが、在庫あり。
 そのまま店員はカメラを探しにウロウロいている。レジ近くを探していたが、ないようで、それで倉庫に行ったのだろう。すぐに元箱を持って現れ、一緒にレジへ。
 カードがあればポイントが付くらしいが、面倒。しかし、その場で書くのではなく、あとで書いて渡せばいいらしい。既にそのカードにポイントを入れたようだ。
 先日富士の水中カメラを買ったのだが、安く買えたので、余裕があり、もう一台欲しかったのだが、パナソニックのそれは結構高かった。まあ、この機種は水中カメラというより、標準ズーム付きの頑丈のコンパクトデジカメだと思えばいいのだろう。
 前日と同じ場所に同じ時間にいる感じだが、ピザトートスト食べた喫茶店はパスし、昆陽寺を少し撮して、同じ昆陽の地名のコメダへ行く。ここは夕方前によく来ている。雨の日などは、近いので、こちらに来ている。だから、コメダに寄るのは日常コースに合流することに近い。時間的には少し早いが。
 
 早速コメダに入り、日課を果たし、カメラを取り出す。バッテリーを入れると、残があるので、それで初期設定で写すが、ストロボが付く。自動発光。暗いとオートで付くようだ。これをオフにする。学習するはずなので、今後点かないだろう。
 時計などを合わせ、まずは一枚。
 やはりシャッターボタンが高い位置にあるので、指掛かりがいいので軽く感じる。そして大きく、ギザギザが仕込まれている。電源ボタンは重くて固いが、そんなものだろう。
 ボディーは大きく、大柄。1インチの高級コンパクトデジカメよりも遙かに大きい。しかし、カメラが大きいので、ズシリとくる重さがない。300グラム少しあるので、重い方だが。
 だから、ゆったりとしたカメラで、片手だけでも写せるようにグリップもしっかりしている。電源ボタンも片手で押せるが、指を立てる必要がある。そちらの方が力はいらない。冬場など、手袋をはめたままでも写せるように、ゆったりしているのだろう。
 
 28ミリから120少しの大人しいズーム機。レンズも明るくはないし、最短撮影距離も、極端なマクロ機能もない。平凡なものだ。
 レバー類はなく、全てボタン。ズームもレバーではなく、シーソー式。ここは親指の腹でも大丈夫だが、十字キー周辺のボタンは爪になる。

 ヤマダ電機カメラ売り場で思ったのだが、安いコンパクトデジカメが全滅している。受光素子の小さなタイプだ。限られた売り場面積で、それらを並べても売上げは大したことはない。それにコンパクト系は少なくなってきているので、生き残るのは水中カメラだけではないかと思えるほど。
 普通のコンパクト系は消えていたが、水中カメラは数機種並んでいる。生き残っているのだ。ここにしか活路が見出せないように。
 だからコンパクト系の旅カメラもない。コンパクト系のネオ一眼もない。いずれもミラーレスか、1インチタイプの高級コンパクト系がいい場所を占めている。
 逆にいえば、フルサイズミラーレスなど影も形もない。当然普通の一眼レフの中級機さえない。ニコンやキャノンのエントリーモデルがあるだけ。あとはミラーレス。
 だがミラーレスでもオリンパスやパナソニックも中級機はない。エントリークラスだけ。
 上と下をちょん切って、中間の幅広い層がメインとなっている。実際、その方が効率がいい。高級機を一台買ってそのままの人より、出るたびにエントリー機を買う人の方が、よかったりする。それでもそこそこの値段はするが。
 最近注目している水中、防水、タフなカメラ。ここがコンパクト系の砦になっているのではないかと思って興味がいったのではなく、水回り以外では初心者タイプのコンパクトデジカメと同等。だからもう作られなくなり、そしてそれらのカメラよりも素朴。写りはギリギリ。
 ズーム比に走らず、レンズの明るさにも走らない。オリンパスは走っているが。
 そして確実にどの店でも置いてあるのが富士。安いし小さいし簡単。ボタン類などは結構軽いので、普通のコンパクトデジカメと変わらない。だからこれは売れるのだろう。
 普通のコンパクトデジカメの安いのはヤマダ電化では売られていないが、富士は売られている。この一機種しか富士は出していないが。防水どころか水中カメラなのだが、写りはコンパクトデジカメのそれで、値段もそれ。だから売れると思われる。
 それとは別に、パナソニックの1インチの旅カメラを買ってもいいところなのだが、敢えて水中カメラにしたのは、スペック的な素朴さだろうか。
 ここにコンパクト系カメラの源流があったりしそうだ。それと、コンパクト系らしさが残っているように思える。
 
 それで、いつものように室内での試写。これは簡単に済ませる。写っていればOKという感じなので。
 薄暗いところは苦手なはずなのだが、手持ち夜景というモードに自動的に入り、複数枚撮影での合成で逃げ切るようだ。ただし二分の一以下のスローシャッターでは流石に間隔が開きすぎて、ズレるようだ。これはブレるためだ。
 あとはいつものカメラと同じように写っている。富士も合成があるのだが、そのモードに入れないといけない。しかし、入れても結果は変わらなかったので、そのあたりはパナソニックの合成は上手い。
 富士も、もっと前のましなカメラなら、合成で上手くいっていたのだが。
 写りに関しては富士と大差はない。どちらがどちらかは分からないほどで、お互いに画質には自信がないのだろう。だから最低線を維持している程度の競い合い。あとは味がどう出るかだろう。それとカメラの取り回し。
 まあ、それ以前に写っているだけで御の字だと思うしかない。
 カメラの大きさ、安定性。構えやすさで、パナソニックの方がブレには強いかしれない。これはシャッター位置の高さと指掛かりに関係してくる。明るいところなら、多少のブレは、シャッタースピードが早くなるので、分かりにくいが。
 まあ、ブレていたりピントを外していたりとかがあってもおかしくないカメラ。何とか写っているだけで十分、という甘いところに位置するのは、水中カメラという免罪符のおかげ。この御札が効く。護符だ。
 
 かなり暗い夜の通りなどは、そのまま写すと手持ち夜景モードに入るのだが、このとき、ピントは大きな箱になる。もうピントを合わせる気がないのか、夜景なので、遠くということにでもなるのか、合焦マークが付く。LEDの補助光で近くなら、それでピントが合う。赤外線の補助光よりも強いが、逆に一瞬懐中電灯を付けたようなものなので、目立つが。
 それで写っているものは露出はしっかりと合い、暗いところに光が入るのだが、ブレている。しかし、それとなく分かるし、露出がいい。かろうじて写し取った感じ。これが高級機なら、文句が出そうな画質だが、水中カメラのレベルで写しているので、そこは問わない。
 非常に明るいレンズと超高感度と、ノイズの少ない大型受光素子の逆側から攻めている。
 富士もそうだが、結構暗い道なども写せるので不思議だ。
 
 重くて固い電源ボタンも、すぐに慣れるし、押し方のコツが分かると、わりといける。そしてシャッターボタンが非常にいい。特にアイレベルで構えたとき、安定している。これはやはり手かざしではなく、電子ファインダーで写すカメラなのかもしれない。そのときが一番カメラを持ちやすく、構えやすい。
 電子ファインダーは一つ前の旅カメラのレベルで、周辺がやや見えにくい。スペックは同じでも、接眼レンズによるのだろう。角度によって見えにくくならないタイプに、最近はなっているが、このカメラはその前のタイプだろう。まあ実際には真ん中しか見ていない場合があるし、ファインダーを覗くのは一瞬。構図とピントが確認できればそれでいい。
 ファインダーが付いている現役水中カメラ。これは付いている方が珍しいだろう。まあ、水中で使うわけではなく、陸で写すので、液晶が見えにくい場所では活躍するだろう。普通のファインダー付きカメラとして使えるというのが何よりだ。
 
 カメラそのものはいつものパナソニックと同じようなメニューが並んでいるが、あまり凝った作画をしないタイプのためか、撮影モードの中に絞り優先とかシャッター優先とかはない。フルオート撮影とプログラム撮影で、初期設定はプログラム撮影となっている。また絞りとシャッターと感度を自分で決めて撮すマニュアル撮影もある。これが一番使いそうにない機能なのだが、これさえあればどんな設定でもできるので、文句が出ないのかもしれない。
 設定メニューは一段下のレベルで、簡易化されており、細かな設定はできない。パナソニックの旅カメラはフルオートでも露出補正ができるが、このカメラはできない。まあ、爪を立てて面倒なところを押すとなると、操作性が悪いので、あっても使う気にならないだろう。フルオートの露出にまかせる方がいい。特に何か作画意図でもない限り。
 
 AFはパナソニックに多い自動被写体選択を弱めたタイプなので、勝手にピンポイントAFで、被写体を追いかけるとかにはならないので、神経を使わなくてもいい。ただ顔認識は効くので、人がいればそれに合うが。
 AFとしては近いところに合うようだ。仕掛けが単純なので、分かりやすい。また、あとでピントが選べる仕掛けがある。これは4K動画を使ったもので、ピントに迷ったときには効きそうだが、結構面倒だ。画面上を細かく区切り、全部の箱でピントを取るのだろう。一度試したが、ピント違いを複数写せばいいだけだろう。しかし数十枚分のピント違いが一度のシャッターでできる。動画を利用しているようだ。
 これはパナソニックの4Kつきデジカメなら、絶対に付いているおまけなので、単に盛り込んだだけで、このカメラの趣旨とはかなり違うが、そういうシーンに出くわすかもしれない。ただ、それだけのために独立したボタンがあり、少しもったいないが。
 ただし、AFが合わない場合は、何ともならない。
 
 パナソニックの水中カメラは我が道を行くかのように、大きく重くなっている。詰め物が多いためかもしれないが、それほど高機能なものを積んでいるわけではない。普及機コンパクト系としてなら、もっと小さく軽いのがある。水中カメラなので、がっちりした体格が欲しかったのかどうかは分からないが、それが幸いしてか持ちやすくなっている。グリップもいいしシャッターの位置もいいので結構ラフに振り回せる。だから性能に比べ、物が大きい。
 700ミリ超えの旅カメラも、結構大きくなってしまったのだが、それよりも大きいのだ。特に背が高い。グリップも高く、シャッターボタンも高い位置にある。滑らかさや操作性の良さでは劣るが、トラックのように頑丈そうなのがいい印象だ。
 
 今朝は喫茶店までの道を少し写す。明るいところで液晶を見るのは初めて。それほど明るくはない。富士の方が明るく見やすい。電子ファインダーがあるので、ここは頑張らなかったようだが、そこそこ見えるので、問題はない。
 喫茶店内で、いつものようにノートパソコンを写すが、完全な逆光。室内と外との明暗差が厳しい。だが、パナソニックのカメラは逆光補正が入るので、ここで合成機能が勝手に動く。階調拡大ではなく、強引に合成による力技だ。これで、いつもは飛んでいた店外の風景が真っ白ではなくなった。これもこのクラスのカメラだから、そういうことをしても許せるようなところがある。写っていないより、写っている方がいいためだ。
 
 ズームは背面にあるシーソー式。だからボタンのように押すタイプ。しかも親指で、それで最初は位置を指がまだ分からないので、見ないと駄目だが、慣れてくるとさっと指が覚えるだろう。ただ、ズームは遅い。富士の方が早い。
 図体がでかいので、動作はそれほど機敏ではなく、動きもおっとりしているわけではないが、キビキビとは動かないので、逆にゆっくりと写せる。鎧を着込んで重いいのかもしれないと思うほど。
 少しおっとりし、鈍そうな印象だが、30メートルの水圧に耐えられるボディーをしている。落下も2メートル。陸では写りとは関係しないが、丈夫な印象は伝わってくる。
 よく考えると、十年ほど前になるが、パナソニックや富士の防水カメラを持っていたのだ。どちらも非常に小さく、軽かった。今の富士やパナソニックほどの大きさが使いやすい。小さすぎたのだろう。
 これで水軍が充実した。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。