2019年04月23日

パナソニックFT7撮影編

■■ 2019年4月23日 火曜日 午前8時52分
 
 今朝も晴れている。最近晴れが続き、そして暑くなってきている。昨日の昼間など、瞬間的な最高気温は30度近くあったようだ。その時間帯、自転車で移動していたのだが、ダウンジャケットを脱いだ。まだそんなものを着ているのかという話だが、これはライトダウンジャケットで、アンコは入っているが薄い。そして鞄の中にねじ込めるので、普通のジャンパーよりも軽い。もっと薄いペラッとしたジャンパーもあるが、そうなると防水性が厳しくなる。このライトダウンジャケットも雨に強いわけではないが、少しはまし。
 部屋に戻り、今年初めて窓を開ける。そうでないと、熱中症になりそうなほどなので。この暑さは夕方には引き、夜になると、暖房を付けた。寒暖差が少しある。まあ、昼間は夏に近かった。風邪を引いたり、体調を崩すのは、こういう時期だ。
 最近雨が降っていない。始終降っていたことを思うと、菜種梅雨は終わったのだろうか。そういえば菜の花もそろそろ終わる頃。まだ咲いているが、自然に散っていくが、その前に抜いてしまうようだ。地面そのものをひっくり返す。つまり水田にするため、畑の畝を平らにするのだろう。そのとき一緒に菜の花も消える。春の長雨は春になろうとしているとき、空気が入れ替わる時期なので、空気がぶつかり合い、雨になるのだろうか。そのへんはよく分からないが、初夏も季節の変わり目。ここはモロに梅雨時。
 大型連休、ゴールデンウイークだが、この頃、暑かったことを思い出す。また寒かったことも。その割合は暑かったことの方。しかし、寒かったこともあり、分厚い目の上着を着ていたことを思い出す。
 昨日などはレインコート風なものを着ている人は暑かっただろう。このレインコート、いつ着るのだろう。まあ、雨の日に着ればいいのだが、それならカッパを着た方が雨には強い。ズボンも付いてくるので。
 昨日のような初夏の序の口で、既にレインコートは暑くて着てられないはず。しかし、冬はレインコートでは寒い。
 春らしくなってきた頃、分厚いダウンジャケットを脱いで、レインコート風のマウンテンパーカーを着たのだが、これが寒い。まだ早かった。
 梅雨時、レインコートが似合いそうだ。季節はもっと先で、夏に近いのだが、雨で寒く感じる頃なので、やはりここで着るしかない。だが、街ゆく人が半袖では、レインコートは怪しいだろう。
 それと、雨で湿気ているとき、レインコートは蒸れる。ここは粗い麻がよかったりする。
 
 昨日は餃子を買う。暑いおりは餃子が食べたくなる。春になり、田んぼを耕しているときの匂いが餃子に似ている。
 二人前買うと、半分ほどは残すのだが、昨日は食べきってしまった。当然ご飯で食べたのだが。それでいつもなら、朝は餃子の残りがあるのだが、今朝はない。
 だから、どうなんだ、ということだが。
 
パナソニックFT7撮影編
 水中カメラだが日常の中で使っている。まあ普通のカメラとして。
 レンズがボディーの中程にないのが特徴で、カメラの前面は板のようなもの。レンズは向かって右肩の上。カメラを両手で持ったとき、元来レンズがある箇所を左手であてがう感じになる。本来立ち入れない箇所。触れない箇所だ。それで右手はグリップ部などに伸ばすので、結局カメラの上半分しか見えていないことになる。だから横に細長いカメラのような感じで、下半分は指で隠しているようなもの。レンズよりも、カメラ前面に貼られている板の方が目立つ。オレンジ色を買ったので、それがプレートのようにもの凄く反射する。これは水中カメラとしてふさわしくない。水面で反射するためだ。光を受けると、モロにオレンジ色の照り返しがある。
 だからレンズよりも、前面のオレンジ板の方が目立つのではないかと思える。
 このカメラ、黒とオレンジがあり、ベースは黒。オレンジは前面のレンズの下側に貼り付けられているため。グリップも前面にあるので、面積的には近い。だからあとは全部ブツブツの入った黒。背面もそうだ。
 だからオレンジは金属板。プレートのようなもので、これがカメラらしくない。レンズは丸の中にある四角い箇所。丸窓は保護ガラス。だから四角な目玉のような見えてしまうが、非常に口径は小さい。大きく見えるのは保護ガラスの丸いカバーのためだろう。
 こういうカメラ、何処かで見たと思っていたら、ソニーのマビカだろうか。名前はうるおぼえだが、フロッピーを入れて撮影するカメラ。だからフロッピードライブのように四角い。そしてレンズは上にある。そこそこ望遠も効いた。
 要するに板に目玉が付いているカメラ。このスタイルがカメラカメラしないので、意外と出しやすい。
 前面は頑丈な板で、これは真田丸のように堅牢。100キロの重さに耐えるのだが、子供が踏んだらパリッと割れたりしそうだが。
 カメラらしからぬ形のカメラが新鮮。これこそデジカメだろう。初代カシオのように、どちらが裏か表かがよく分からないような形ではない。カシオはレンズが回転するので、レンズが向いている方が正面のように見えた。初代から自撮りできたのだ。
 このカメラにはそう言う機能はないが、顔認識するので、構図は適当だが、自撮りはできる。
 
 晴れて暑いほどの日だったが、ヤマツツジが咲いているので、それを写す。咲いていることを知らなかった。普通のツツジではなく、色がオレンジ。まさにこのカメラの色だ。
 広角端28ミリと120ミリの切り返しで、何とか写すことができた。よく考えると、この28から120少しの画角はパナソニックミラーレスの正統派G系の最近付いてくるキットレンズに近い。そちらは24ミリスタートだが。以前は28から28が付いていたように思うが、G8あたりから変わったのだろう。標準ズームより、少しだけ広く、少しだけ望遠が伸びている程度。だから小さく軽い。
 だから標準ズームよりも望遠側が少しだけ伸びたFT7は、これだけでも結構こなせるようだ。逆に望遠を気にしないで、写せるので、いいかもしれない。
 ツツジを写しているとき、蝦蟇か、食用蛙か、ウシガエルかは分からないが、そういうのが、まだ生き残っているのだろう。それがいた。流石に120ミリでは届かないので、鞄に入れていたカシオで300ミリで写した。やはりこれぐらいの望遠は最低限必要なのだが、蛙との距離が近かったので300ミリで何とかなったのだが、やはり最低600ミリ以上は欲しいところ。まあ、蛙なので、そこそこ寄れるが、近付けないところにいた。
 それで、少し写した程度だが、カメラ操作にも慣れてきた。何かおっとりとしたカメラで、さっと出してさっと撮す感じではなく、ゆったりと出してきて、ゆっくりと写すような雰囲気がある。それなりにもったいぶって。よくいえば堂々と。
 それはコンパクトデジカメにしては大柄で、持ったときのがっちり感が非常にいい。ゆっくりな感じになるのは、電源ボタンをしっかり押さないと起動しないし、ズームボタンも軽くはない。だから確実にボタン類を押すため、そのテンポになるのだろう。まあ、それで被写体が逃げてしまうかもしれないが。
 ツツジはそれなりに写っていた。良くも悪くはない。普通に写っている。昼間ならピントは外れないし、露出もしっかりしている。ほぼ百発百中で写る。まあ28から120までのレンズなので、ブレたり、ピントが来ていなかったりと、超望遠ばかりで写していると、楽なものだ。
 水中カメラなのだが、水中で使うわけではない。そのガワが欲しかったのだ。鎧だ。
 そのがっちり感でひ弱な精密機械のイメージがなくなる。そして、何処を触ってもいいし、何処を持ってもいいカメラ。この物理的頑丈さを気に入っている。
 スナップ性は富士の方が強く。動作も速く、液晶もパナソニックよりも明るい。しかし、写しているときの充実感がいい。まあ、ファインダーが付くので、当然だが。
 しかし、このファインダー、小さいので、電子ファインダーと言うよりも、覗き穴に近い。ミラーレス系の光学ファインダーよりも鮮明に見えるというタイプではない。
 液晶では見えにくいとき、こちらでどうぞ、程度のものだが。
 画質は富士もそうだが、よく写っている。結構よく解像しており、これは映像エンジンなどの進歩だろう。それと画素数の多さが貢献しているのかもしれない。階調よりも解像力を取るタイプだろう。2000万画素を超えているが、普段使うのは800万画素だ。4K動画を使った連写は凄まじい。ピントを合わせ続けての秒間枚数が嘘のように多い。実際には4K動画で回し、800万画素で書き出している。
 まあ、4K動画をするには、SDカードを早いタイプにしないと、遅いタイプでは少し時間がかかるが、使えないわけではない。
 
 レンズが飛び出さないタイプ。屈折系何とかというタイプだが、周辺光量の低下とか、周辺部の像が流れるとか色々と言われているが、その心配はない。それは昔のことで、しっかりと写っている。
 逆にそういう写りを期待していたのだが、残念ながら、普通に写っている。
 
 液晶とファインダーとの切り替えは手動。センサーは入っていない。切り替えボタンは左側にあるので、空いている左手で押しやすい位置。センサー式だと指を近付けたり、身体に近付けると、切り替わってしまう。
 液晶は回転しないが、斜め上からもよく見え、しかも板状で大きい目なので、ウエストレベルでの撮影もできる。
 カメラを面と向かって突き出すより、胸か腹のところで構えて写す方が良い場所もある。
 煙突の上にどっかりとある大きい目のシャッターボタンが頼もしい。レンズが飛び出していない板状のカメラなので、角度などが把握しやすい。カード型の小さなカメラよりも、大きい目のこのカメラの方が板性が高い。それほど薄くはないが。
 要するにラフに写すときは、ある程度の大きさ重さがあった方が振り回すとき、安定する。一番ブレやすいシャッターを押し込むときも。
 どちらにしても、よりコンパクトデジカメらしさのあるカメラ。それが水中カメラジャンルで生き残っているのだろう。水中を写したいわけではないし、そんなことをする機会はないと思うが。この筐体と手触りがいい。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。