2019年04月24日

スーパーでの買い物

■■ 2019年4月24日 水曜日 午前9時55分
 
 今朝は曇っている。久しぶりだ。風もあり、これは雨になるかもしれない。そろそろ降ってもおかしくない頃だ。しかし、昨夜降っていたのかもしれない。寝る前、何となく今降っているのではないかと思うような音がしていた。まあ、寝ている間の雨なので、傘を差す必要はない。当然雨漏りでもしていない限り、濡れない。
 気温は高い目で、湿気があるのか、蒸し暑そうだ。しかし、雨で濡れることを警戒し、ライトダウンジャケットを羽織る。寒いからではない。雨具になるため。
 昨日は朝の喫茶店からの戻り道の大回り散歩したのだが、今朝は雨が降りそうなので、ウロウロできない。
 春の野らしいところを偶然通ったのだが、小さな川の土手道。未舗装でチマチマした草が生えている。地面から十センチも出ていないだろう。芝生のようなものだ。クローバーなどが白い花を付けている。その横に舗装された車道があるが、これが狭い。しかし、その道のおかげで土手道は昔のまま。田んぼの畦道で、広いタイプは舗装されているので、草の道ではない。
 そろそろ暑くなってきているので、春の野とは少し違うが、これが夏の道になっていくのだろう。その頃は暑くて、そんなところまで行く気は起こらないが。
 今はまだまだ、外に出やすい頃で、梅雨までには間がある。ゴールデンウイークはその意味で一番季候の良い頃だ。行楽にもってこいだが、やや暑苦しくなる頃。だが夏の暑さではないので、まだまだ序の口。
 その戻り道、阪急のスーパーがあったので、食材を買う。伊丹駅近くにある店と同じ造り。二階建てだが薬局とくっついている。二階に医院とかは入っていないがトイレや事務所がある。この事務所が、広すぎるので、空き部屋かもしれない。
 そのトイレへ行くと、これがホテル並みに綺麗。床が板の間なのだ。そして手洗いが広い。まあ、全体にゆったりとしており、そこは関西スーパーのトイレとは違うのだろう。その板の間や壁の板などは阪急カラー。これは偶然だろうが、茶色い。
 ここは二階にあるので、トイレだけを使いにいけるので、散歩中、寄りやすいかもしれない。
 そのすぐ近くにコープがある。レジ袋をくれないし、レジでの精算は機械。店員は楽かもしれないが。レジ機がある場所に、その機械。
 この前、偶然前を通ったので、食材を買ったのだが、買い物袋などは持ってきていない。それで、籠から出して袋に入れるための台、そこにあるトイレットペーパー式のロール状の薄いビニール袋に詰め込む。水の付いた葉物などを入れる袋だ。それをレジ袋として使うという情けなさ。しかも持つところがない。これは結構惨めな思いだ。それで安いのかというと、高い。
 レジ袋がないので、そのビニール袋が大量に使われているのではないかと思われる。レジ袋分、ここで使われていたりしそうだ。
 その近くに安売りのスーパーがある。倉庫に近い。そこもレジ袋は出ないが、レジ前に袋が吊されている。それを千切って籠に置けばいい。五円だ。しかしこれは値打ちのある分厚く大きいレジ袋で、もったいないので、捨てないで残している。安い店なので、五円出しても元が取れる。
 それで結局、白菜と大根と玉葱を買った。いずれも野菜の煮物の具。人参が切れていたのだが、それは買い忘れた。ジャガイモも切れていたが、これはカボチャがあるときは入れなくてもいい。
 こういうのを作ると三日ほど持つが、そろそろ冷蔵庫に鍋ごと入れないと腐りやすくなる季節だ。
 それと卵を買うのを忘れていた。おかずがないとき、卵があると何とかなる。それと練り物を買っていた。さつま揚げのようなものだ。一応魚のすり身が入っているはず。これが野菜鍋のメイン。ちくわでもいい。ウインナーでもいいが、魚肉ソーセージは合わない。
 厚揚げを入れるのが一番充実するのだが、朝の味噌汁にいつも豆腐を入れるので、重なる。だから薄揚げでもいいのだが、似たようなものだ。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。