2019年05月19日

ニコンB700の写り

■■ 2019年5月19日 日曜日 午前9時24分
 
 今朝は晴れている。下り坂になると思っていたが、そうでもないようだが、それほどしっかりとした晴れ方ではない。だから天気はまずまずという感じ。陽射しがあると晴れているように見えるが、空を見ないと実際は分からない。もの凄く雲が多かったりする。偶然日を遮っていないだけ。
 気温は高くなく、そのためペラッとしたジャンパー系を着ていても暑くはない。いい感じだ。季節が進みすすぎて、夏のように暑い日があったが、これで戻ったのだろう。梅雨時の肌寒い頃はまだ先。つまり、これから雨が降り、結構肌寒い日があるのだ。夏仕様は梅雨が明けてから。
 昨日の夕方は雨が降りそうだったのだが、実際にぽつりときていたのかもしれない。微雨なので記憶も微妙。まあ、暑くはなく、やはり肌寒かったことだけは記憶している。
 今朝はパーカーではなく、ジャケットふう。まあカッターシャツのようなものだが、薄いのでそう感じるのだろう。裏地はなく、一枚のペラッとしたもの。生地は綿だが詰まっており、化繊のように見える。だから綿なので雨に降られると一発。そして風もよく通す。だから蒸れにくい。濡れるが蒸れにくい。両立は難しい。まあ、傘を差しておれば上は濡れない。濡れるのはズボンの方だが。
 だが、傘からの滴が背中に落ちたとき、染みこんできたりする。横からの雨では肩や腕は濡れるので、防水性のある方が好ましい。ただ、水を弾くタイプはいつまでも水滴がまとわりついて、モロに水がそこにある。染みこまないためだ。
 この季節や梅雨に掛けて、麻のペラッとしたジャケットふうなのが良かったりする。綿より麻の方が高い。しかし、日焼けして色が変わったりする。背中だけ色が違うとか。
 自転車に傘を立て、顔にシールドをした女性が着ている日除けパーカーが効果的かもしれない。重武装の戦車のような自転車に乗っている一団とたまに遭遇する。コサック騎兵だ。敵う相手ではない。
 昨日の夕食は面倒なので、ミートスパをコンビニで買って食べる。野菜がない。
 野菜の煮物から蒸かしたものに変えた方がいい。蒸し器を買っているので、簡単にできる。ソーメンとかざる蕎麦の出汁を付けて食べるか、ぶっ掛ければ、それで味付けはいらない。ポン酢でもいい。酸っぱいのが入っている方が食は進む。
 
 昨日の朝持ち出したニコンのネオ一眼で、昼間も写していたのだが、やはり写りに切れがある。B700だ。2000ミリまでのP900と同じ感じの写り。
 ファインダーはキヤノンやパナソニックの方がいいのだが、写りは一番ニコンがいい。
 特に望遠端の写りがいい。広角側はどのカメラも似たようなもの。ただニコンのコンパクト系はキヤノンほどには中望遠での寄りが弱い。まあ、以前よりも寄れるようになったが。
 こういうコンパクト系が苦手とするのが晴れていない日での画質。晴れていればどのカメラで写しても綺麗。差が分からない。差が出るのは曇っている日とか、少し暗いとき。線がほどけたようになる。広角では分からないが、望遠では目だつ。
 それと1000ミリ以上で遠方の奥行きがあり、空気も揺れているような複雑なものを写すと塗り絵になる。まあ、解像できないためだろう。こういうとき普通の一眼レフなら解像するが、400ミリ程度なので、その程度ならネオ一眼でもしっかりと写っている。
 一般的な風景や画角でこういうカメラがよく写るのは、内部処理だろう。レンズの長さや受光素子の大きさ、レンズの暗さなどを考えれば、もっとガタガタになるはずだが、その処理が上手いのだろう。
 それとレンズ性能も当然高い。ニコンのネオ一眼はいいレンズを使っている。キヤノンの新製品ネオ一眼も、いいのを入れるはずだったが、やめたらしい。レンズの中に、高いレンズが混ざっている。収差系だろう。それにいいのを使っている。この差が鮮明さで出るのだろう。特に望遠端で写したときの解像感が凄い。
 2000ミリまでのP900ばかり使っていたので、B700の出番は少なかったが、軽くて小さいので、何となくカメラに入れてしまうことがある。とりあえずカメラを持ち出すとき。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。