2019年05月24日

都はるみの長崎は今日も雨だった

■■ 2019年5月24日 金曜日 午前9時03分
 
 今朝も晴れている。昨日ほどのすっきりとした澄んだ青空ではないが、贅沢は言えない。しかしこれは望んでもできないことなので、質素な天気も贅沢な天気もないのだが。
 まだ、五月。梅雨には早いが、南の方は既に梅雨入りしているところがあるが、そんな南へは行くことはない。大阪の南さえ年内に行く機会があるかどうか分からないほど。ただ、伊丹から尼崎へは行く。南下だ。だから南だが、気温はほぼ同じ。
 梅雨入りしたとかの単位は、複数県を跨いだ地域まで離れないといけない。近畿とか、北陸とか。しかし中国は長い。九州も長い。だからもう少しだけ区切らないといけないだろう。四国も太平洋側と日本海側とでは違うだろうし、大阪側と九州側でも違うだろう。それで結局四つになったりする。
 しかし、そんな厳密に考える以前に、梅雨入りしたのに、梅雨らしくなかったりし、梅雨入りしていないのではないかというのもある。天気に関しては手に負えないところがあるが、年々精度が上がっているのは確か。
 地理とか、理科の生物とか、日本史とかは日常の何処かと繋がっている。見かけることが多い。また、会話の中に出てきたり、何処かで聞いたことのあることがある。人名もそうだろうし、草花もそうだし、地名もそうだし、特産物もそう。近所に住む一家が何処の出身かで、言葉が少し違うし、その出身地の様子などを又聞きしたりする。噂話とかも。所謂お国の話だ。
 旅行などで、長距離を移動するときは、山の形などが徐々に変わっていくのがありありと分かる。帯のように伸びていた山脈が途切れたりする。また山と山の隙間から別の山々が遠くに見えていたりする。当然広い場所から狭い場所に出たり、海が見えてきたり、その向こうに島影があったりとか。地図では真上から見ていたのを横から覗き込むように眺めることになる。
 大きな平野に入ると、ここは石高が高く、動員できる兵も多いだろうとか。田んぼではなく畑ばかりが続いていると、水田には適していない場所なのかと思ったりもする。ただ、米を作るよりも、儲かるものを栽培しているのかもしれないが。
 まあ、そういう思惑と、現実とは違っていたりすることも多いのだが。
 その思惑とは違うことが分かったときの意外さ。これがいい。それにはまずは思惑を持っていないと効果はない。
 
 都はるみの長崎は今日も雨だったを聴く。動画だが、音だけ。
 これは何か妙な感じで、内山田洋とクールファイブの歌だが、歌っているのは前川清だが、まったく別のジャンルの歌になっていた。
 妙にカラッとし、明るいのだ。前川清は低く唸るような歌い方とは違い、都はるみが歌うと切れが良く、テンポが良くなり、軽快になり、明るく元気になってしまう。
 以前コンサートでそのことを都はるみが語っていたことを思い出す。このことかと。つまり、哀しい歌でも、どこか明るいのだ。さっぱりとしており、何となく子供っぽい。だから、なよっとした色っぽい歌は私の持ち歌は少ないとかも。実際にはそういうことはなく、涙の連絡船などはそんな明るさのない泣き歌だが。
 だから、人の歌を歌うとき、それが出るのかもしれない。
 北の宿からは何故か女々しい女心の歌のように取られてしまったと本にはある。実際にそのようにして聴き、それで大ヒットしたのだが、そういう気持ちを突き放したような強さがあり、開き直って相手を責めているような面もあるはず。そして怒っているのだ。
 古い名曲で、「女の階段」がある。これは結構テンポの有る曲なので、都はるみに合っているのだが、女々しくないどころか、途中で唸っている。ここで唸ってはいけないだろうというところで、唸る。唸るというよりも濁った声で気張るのだ。確かにこれを加えると女っぽさがさっと散ってしまう。
 そうかと思えば、何処からそんな可愛い声が出るのかと思うほど別人になるのが「決心」。チェリッシュが歌っていた「品川止まりの山手線」の歌。
 森昌子はものまね名人で、定評があるが、都はるみも実際にはものまねも上手かったのではないかと思える。どんな歌でもさらっと歌いこなしているように聞こえるためだ。
 歌唱力というのは表現力。これはソフトなもので、結構曖昧。都はるみはその中では個性があるタイプ。だから分かりやすい。そしていつもの都はるみらしい歌い方を期待して聴く。
 そして、都はるみは持ち歌でも毎回歌い方が違っていたりする。ここに何かあるような気がする。
 さて、長崎は今日も雨だったが、こんな軽快で明るい歌い方は珍しい。クールファイブなので、後ろでウーウーだけをいっている人達がいる。それを女性達が甲高い声でやっている。情緒も何もない。だからもう別の歌になっている。気っぷのいい歌い方、威勢の良さ、何故か男っぽいのだ。
 しかし、それは若い頃で、その後は情感を絞り出すような演歌本流の曲も多くなる。紅白でも演歌一筋とか、演歌は私の青春です。などの前振りで登場することが多い。演歌を背負わされている。
 だから今風なファッションで今風な歌や歌手が出る「夜のヒットスタジオ」で、一人着物姿で出てきて演歌を唸る都はるみは異色に見えた。そこで歌う「さよなら海峡」の叫びなどは、今風な歌に対する当てつけのようにも聞こえる。一人演歌を唸りきって気持ちが良かったのではないかと思える。少しやり過ぎたのか、歌ったあと、笑っていた。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。