2019年06月03日

梅雨入り前

■■ 2019年6月3日 月曜日 午前9時50分
 
 今朝は久しぶりに晴れているような気がする。気のせいではなく、実際に空は青いし、雲も少ないので、間違いなく具体的に晴れているが。
 しかし、曖昧なのは、天気は変わりやすい。梅雨前の晴れ。これは信用できない。この時期は曇っていたり雨が降っている方が信用できる。
 どうせ梅雨になり天気が悪い日が続くのだと思うと、晴れていても、冷やかしのようなもの。
 しかし、まだ梅雨入り宣言はないし、雨が続くような日もない。曇り空が多い程度なら、梅雨とは関係ない。どの季節でもあること。
 梅雨前の暑さがまた戻ってくる方が厳しい。真夏のような日が先日続いたが、最近は涼しい。寒いほどの日もある。雨の降っている日だ。
 今朝は陽射しもあり、それなりに気温は上がりそうだ。昼過ぎまで、この天気が持てばの話だが。
 それで、化繊の密度の高いパーカーを羽織っていると、流石に暑く感じることがある。まだ朝なのでいいが、昼になると、着てられなくなるはず。それでもこういう日は喫茶店の冷房もきついので、それでちょうど。道中、多少暑いが我慢できる程度。日陰に入るとひんやりするので、夏そのものではまだない。
 久しぶりにすっきりと晴れているので、自転車散歩にはもってこいの日だが、気温が高いと、散歩に出て少し走っただけで戻ることが多い。長距離は無理。これは覚悟がいる。その気で出ないと、暑さに負ける。冬もそうで、気楽に出られない。寒さの覚悟がいる。
 その覚悟をつけるには決心がいる。これが面倒。決心などしないでできることがいい。それにただの散歩なのだから。
 梅雨はまだだが、じわじわと夏が近付いて来ている。既に暦の上では夏だが、これから徐々に暑くなっていることは確か。これから寒くなっていくよりも暑くなっていく方が盛り上がる。熱も上がる。勢いがいい。陽射しの勢いもいい。
 何もイベントはなくても、こういう季節の移り変わりがある。変化といえば変化。それが徐々に来るので、いきなりではないので、何とかついて行けるのだろう。普段見ているものが徐々に変わっていく。そのものが変わるのではなく、光線状態などの演出が変わる。また眩しくて風景など見てられなかったりする。
 今朝は早い目に目が覚めたのだが、これは少し早いと思い、二度寝すると、少し遅い目に起きてしまったが、まだ早い方だろう。もっと遅く起きてくることも多いので、まずまずの時間。
 今日は月曜日、これは区切りがいい。ここから一週間分がある。時の流れは月曜とか火曜とか、そういうので区切られている。日にちではなく、日にちに名前が付いているのだが、同じ名だ。まあ日にちも同じ名の繰り返しだが、組み合わせが違う。年などが入るためだ。
 数字よりも、木とか金とかのほうが分かりやすい。数字のイメージよりも具体性があるためだろう。水曜なら、水のイメージがある。数字にはそういう色味が少ない。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。