2019年07月02日

婦人向けトートバッグ

■■ 2019年7月2日 火曜日 午前9時20分
 
 今朝は雨は降っていないが、空が暗い。見事な梅雨空で、この時期らしさがある。湿気が強いようで、カッターシャツが湿っぽい。洗濯物の生乾きを着ているようなものだが、実際に雨で濡れていたりする。着ているうちに乾いてくるのだが、それが遅いのか、服がじとっとしていると嫌なものだ。特に襟元にボリュームのあるネルシャツは、そこに水分が溜まっているのではないかと思えるほど。さらっとした化繊ものの方がいいのかもしれない。
 襟のあるタイプは、夏場は厳しいのかもしれない。首回りの汚れなどが付くし。
 天気予報の十日間予測などを見ていると、傘マークがずらり。雲マークと傘マークが一緒のもあるが、晴れマークは一つもない。こういうときは曇りでもいいので、雨が降らないことを期待する。晴れなど贅沢。
 今朝は曇天だが、風がない。だから結構穏やかな日。空が荒れているというのは風がメインかもしれない。大雨の日でも、風がないと助かる。あまり濡れない。真上からしか来ないので。まあ大雨の日は風もあるだろう。だから無理な注文だが。
 たまに強い降りでも風がないときがある。このときは楽だ。
 梅雨に入り、強い目の雨の日もあるが、まだびしょ濡れ状態になる機会がない。これはいい機会ではないが。強すぎるときは外に出ないで、弱まるのを待ってから出るためだろう。
 雨との遭遇。日常的によるある話で、梅雨時など、それは日常化し、普通になるのだが。
 しかし、湿気で蒸し暑いというのは雨に降られるよりも厳しい面があったりする。気温的にはそれほど高くないのだが、暑苦しく感じる。要するに単に蒸し暑いというだけのことだが。
 
 昨日は東急ハンズ屋台で婦人用のトートバッグを買う。見た目、女性用には見えないが、前に二つ並んでいるポケットに丸みがある。ハート型はしていないが。この丸さが女性っぽい。他は女性向けというような具体的なところはない。あるとすればポケット類が多いことだろう。男性用のトートバッグはポケットなどなかったりする。まあ、二本紐の肩掛の短い目という程度のジャンルわけだろうか。
 こういうのはハンドバッグの肩掛に近い。それの大きなもの。そしてよりシンプルにすると買い物バッグになる。レジ袋のかわりに持ち歩いているような。この場合はただの手提げだろう。
 ものは上等そうで生地も滑らかでいい感じ。ポリエステル臭さがないので、ナイロン生地だろう。傘の生地に似ていたりするし、またナイロンの風呂敷のような感触。だから生地が薄く軽く滑らかで軽い。その淵を皮で囲んでいるが、これが禿げそうだ。
 買ったとき、軽いと感じた。二つに折って袋に入れてもらったのだが、意外と嵩が低い。
 鞄に芯がないのだろう。骨が入っていないような。ナイロン生地の端にある偽皮が骨のようなもので、これで形をかろうじて保っている感じ。パソコン入れもないので、クッションもない。このクッションだけでも形ができるのだが、それがないので、二つに折ったりできるのだろう。
 縦型のトートの場合、上部を折るタイプもある。
 よい点は鞄そのものが軽いので、その分だけでも軽い。トート系では少ないポケットが多いタイプなので、普通のショルダー並みに使える。
 いま、持っている鞄の中では一番小さいかもしれない。もっと小さな鞄はあるが、使う機会がない。
 ノートパソコンとネオ一眼程度が入らないと何ともならないので。
 二つの前ポケットの一方はポケットが前面に付き、これはファスナーなし。ここが一番アクセスしやすいだろう。もう一つのポケットは縦型のファスナー付きポケットがある。襠はない。これはスマホ入れだろう。嵩の低い小物などを入れることができる。落としてはいけないものとか。
 背面に小さなポケットが一つある。鞄の背一杯の大きさではなく、小さいが、ここもアクセスがいい。
 大きい目の前ポケット二つはどちらもファスナー式で襠があり、メインから独立しているので、メインを圧迫しない。そしてファスナーがかなり底の方から来ており、ポケットをほぼ半周する。上面二箇所のコーナーを回らないといけないので、そのため、丸みを帯びたデザインにした、と解釈すれば、分かりやすい。
 このファスナーが女性らしい。樹脂製で白く、小粒の数珠を繋げたような。これで女性向けだと分かってしまうのだが。この樹脂製ファスナーレールが宝石のような光り物になっている。男性向けだと黒いだろう。
 また、前面のにこのポケットの上に大きい目のポケットがあり、鞄の横幅近くの長さがあり、深さも底まで貫いている。無理をすればパソコンが入りそうな大きさだ。ここはコンパクトデジカメが入りそうだ。ごろっとしたカメラなら前ポケットの方が好ましいのだが、意外と出し入れは口が大きいタイプがよかったりする。
 または細々としたものをここに突っ込んでおいてもいい。
 ポケットが意外と多い、しかも何に使うのかが見えるようなポケット類で、実用性が高い。
 メインポケットはそれほど厚みはないが、薄型でもない。バケツのようなトートバッグから見ると薄い目という程度。
 ここにもポケットは前側に二つ、後ろ側に一つあるが、昔のケータイ入れ。または小さな端末などが入れられるが、まあペン差しのようなものだろう。ここに硬い物を入れると、メインポケットを圧縮するし、出し入れのときに引っかかる。
 メインポケット内部のポケットにはファスナーはない。中は種も仕掛けもない。
 ノートパソコンの小さい目だと横に入る。だからそこそこ幅はある。まあ、縦に入れた方が、鞄が安定する。当然そこに一眼やネオ一眼とかを入れると、ぶつかり合うので、パソコン入れが必要。仕切りがないので。
 実際の話、メインポケットのカメラとパソコン、これだけを入れる袋があれば、それで用は足りる。無理をすれば他の小物は服のポケットなどに入れることもできる。
 もっと小さいなショルダーに詰め込めば、カメラもノートパソコンも、端末も入るのだが、それでは取り出しにくい。そして小さな鞄ほど、重く感じる。
 この女性用トート、結構安かった。しかし、値札以外に何も表示がなく、メーカーも生地の表記や水を弾くがどうのの記載もないし、お手入れ方法もない。東急ハンズ屋台。普通の出店の品でも、一応それは付いているのに、不思議な話だ。無印よりも無印だ。印そのものがない。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。