2019年07月14日

梅雨らしい日

■■ 2019年7月14日 日曜日 午前9時16分
 
 今朝は雨。予報では曇り。数時間単位の予測なので、精度がいいはずだが、雨。曇りでも雨になる確率が高いのだろう。雨を表している傘マークのときに雨が降らなかったりするが、これも確率。つまり曇りと雨は確率の高さだけのことになる。まあ晴れマークの日でも雨は降る。しかし一時間後の天気ならかなり分かるはずなのだが、そういうわけにはいかないようだ。
 それで寝起きすぐにいくに喫茶店へ出るときは傘なしで途中から雨になってきた。小雨。傘を差すまでもないのだが、濡れることは濡れる。
 小学校の前を通ると祭りらしい。夏祭りだろうか。まあ、盆踊りにしては早いが、運動会をやるわけではなく、踊るのだろう。櫓を確認しなかったが。模擬店などのテントもあるが、無人。用意だけしているのだろう。盆踊りなら夕方から夜になるはず。朝っぱらからやっていないだろう。
 梅雨時盆踊り。これは中止になることが多いはず。何故この時期なのかは分からないが、まだ夏休みにはなっていないはず。
 最近は小学校の登校風景が見られる時間帯はまだ寝ているので、学校が休みかどうかは分からない。その前を通ったとき、運動場などを見て、何となく分かる程度。体操の授業などをしているため。
 今朝は晴れないことが分かっているので、気温は低い目のままだと思い、雨も心配なので、化繊のパーカーをネルシャツの上から羽織る。一枚多い。まあ、カッパだと思えばいい。上着ではなく、雨具だ。
 それが効いたのか、途中から雨が降ってきても傘を差さなかった。多少は水を弾くので、何とかなるが、降り方が強くなってくると、無理。
 雨よりも、暖を考えてのジャンパー。雨の降る日の喫茶店の冷房はかなり厳しいためもある。
 鞄は以前使っていた綿のトート系。一番使いやすい鞄で長い間愛用している。これは防水性がない。綿生地が分厚いが、染みてくる。しかし小雨程度なら何とかなるので、カバーは付けなかった。
 鞄は結局、この綿のトートが一番馴染んでいるのか、使いやすい。ただほつれてきた。破れていないが。
 馴染みやすいのは綿の感触のためかもしれない。手触りが違う。
 防水性のある鞄でも結局は濡れて、中まで染みこむので、完全防水の鞄でないと駄目。だから自転車の場合、やはりカバーで防ぐしかない。
 曇り日で雨付きで、空も暗い日曜日。そして肌寒い。夏祭りの雰囲気ではない。
 今朝は雨が降りそうなのは分かっていたが、重武装。パソコンも13インチの重く大きいタイプ。カメラもポケットに入る水中カメラではなく、防水性のあるネオ一眼。雨程度ではいけるが、水の中には入れられない。
 まあ、重装備なのだが、目的があってのことではない。重いが使用感がいい。それだけかもしれない。だから運ぶ労はあるが使うときは楽。
 13インチは文字が大きく、キーボードに余裕があるので、打つのが楽。カメラはネオ一眼なのでグリップがあり、掴みやすいので構えやすく、安定感があり、写すときの取り回しが楽なので、さっと取り出してさっと撮すときでもストレスがない。ある程度の大きさ重さがあったほうが構えやすく写しやすい。
 今朝は雨だが、梅雨っぽさがある。降ったり降らなかったりだが風がなく、雨もしとしと。そしてジメジメ。低温でも蒸し暑い。暑いことはないが、蒸れる。
 まあ、季節の中にそういうのが含まれており、日々変化している。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。