2019年08月09日

真夏中

■■ 2019年8月9日 金曜日 午前9時00分
 
 今朝も相変わらず晴れていて暑いが、昨日よりもましなようだ。そうであってくれないと困る。一日一日涼しくなっていくはず。暑さが少しだけ和らぐ程度で、よく分からないほどだが、そういうアナログ的な右肩下がりのグラフを連想する。気温は滑らかではないが、徐々に気温は下がっていくはず。
 そういうベースと関係なく台風が来ると、一変する。ベースが見えなくなるほど気象状態が変わってしまう。去れば以前のベースに戻るのだが。
 昨夜は寝苦しく、蒸し暑い夜だった。扇風機を付けっぱなしにしていたので、風は来ており、それが涼しく感じられることもあったので、助かる。室温は32度か3度以上は上がらないようだ。真昼でもそうなので、これは日影と同じようなものなので、そんなものだろう。当然外は40度を超えていたりしそうだ。これは直射日光が当たっているところ。そうでないと、皮膚が焼けるような暑さにはならない。
 自転車だと腕を出すので、モロに陽射しを受ける角度になる。長袖を着ているのは、日除け。ジリジリ焼ける熱さより、長袖の暑さのほうがまし。
 ジャンパー風の薄くて透けるようなタイプだが、これがまといつかないし、通風性も高いので、今年はこれで長袖状態でも何とかなっている。普通のカッターシャツ系では腕が汗ばんだりする。それ以前に暑くてまくり上げるだろう。幅が広くフワッとしており、くっつかないタイプがいい。当然首元の襟もゆったりしており、首筋にピタリとこないので、これも夏向けだ。
 一応夏用のシャツコーナーで買ったのだが、一種類だけジャンパータイプがあった。ポケットが脇にあることと、前はボタンではなくファスナーというだけのことで、生地は似ていたりする。
 坊さんがお盆にスクーターで走っているときの、網の訪問着のようなもの。
 台風が二つほど来ており、一つは去ったが、もう一つがじわじわと近付いて来ており、お盆ぐらいに影響するだろうと言われている。近くまで来るとすれば、雨のお盆になる。だから少しは気温は下がる。ベースが下がるのではなく、台風で下がる。
 まあ冬でも北からの台風のような寒波で気温がぐっと下がるので、ベースにはない規模の気圧の変化が大事なのかもしれない。普通の高気圧低気圧がベースのようなもの。それが高すぎたり、低すぎたりすると、気温が大きく変わる。
 そう言えば最近雨が降っていない。夕立のようなものが多くあってもおかしくないのだが、それはお盆過ぎの夏の終わり頃に多いのだろう。北からの冷たい空気、秋の空気が入り込んでくるので、それとぶつかるのだろう。ぶつかると空が荒れる。
 八月の半ば、そろそろ今年の夏も終わりかけている。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。