2019年08月14日

お盆台風

■■ 2019年8月14日 水曜日 午前9時01分
 
 今朝は晴れているが、風が強い。台風が近付いて来ているようだが、上陸は明日だろう。しかし、この台風、徐々に近付いて来ているので、昨日もその影響で風が強く、そして空気が生温かい。台風接近のときによくあることだが、それが今日もまた続く。特に夜が寝苦しい。扇風機を付けていても、以前ほどの効果がない。夜でも30度あるのだから、熱帯夜など遙かに超えている。
 扇風機を付けていても汗ばむという状態は、この夏初めて。時期的には途中で止めないと寒くなる頃なのだが、台風が連れてきた空気がきついのだろう。
 当然昼間はもっと暑いので、昼寝も難しい。うとっとする程度。意識がある状態で、完全に寝入っていない。だから、意識の繋がりがあるまま起きる。そして僅かな時間だ。ただ、寝転んでじっとしているためか、少しは奥へ入るのか、意識が少しだけ切り替わるようだ。段差がある。底近くから出てきたような。まあ、目をしばらく閉じているとそんなものだが。
 それよりもお盆に入っているようだが、迎え火がいつ、送り火がいつ、かなどは忘れている。見れば分かるという感じだが、近所で焚く人が減ったので、分かりにくい。家の前で家族で花火をしているのは見かけるが。昔のように家の前の道というのは道路になり、車道。そこで焚き火などはできないだろう。それと狭い道路なら色々と車が入り込むので、邪魔な物を置けない。もっと昔なら、そこを洗濯干し場にしていたりした。
 お盆になると暑さはましになるという感じだったが、今年は台風で例年通りにはならない。逆に南の風でも入り込むのか、この夏一番の暑さ。気温ではなく、空気が暑い。まあ、この台風が去れば、涼しくなるだろう。例年通りお盆を過ぎれば熱さは引っ込むというパターンに。
 昨日はご飯はあるがおかずがなかったので、コンビニで金のビーフカレーを買う。しかし、通り道にあるコンビニでは売り切れになっていたので買えない。しかし1リットル入りの珈琲牛乳が切れかかっているので、それを買う必要がある。しかしコーヒー牛乳は御馳走ではない。メインではない。頭の中はビーフカレー。売り切れておれば買わなくてもいいのだが、金のハンバーグを買う。これは冷凍物ではないが、冷蔵庫に保存しないといけない。金のビーフカレーや金のビーフシチューなどと同じタイプ。高いタイプ。だから金だ。
 それで家に戻る寸前で、一番近いいつものコンビニへそのまま寄る。そこは必ずおいてあると言うより、棚関係がしっかりしており、売り切れれば補充が早い。
 それで、やっと金のビーフカレーを買う。
 以前買ったとき、当たり外れがあった。肉の。固くて筋の入ったものが混ざっていた。しかも二切れも。この肉はサイコロ型でかなり一つが大きい。
 それでもう買うまいと思ったのだが、今回は合格。よく煮こんだ柔らかい肉と言うより、いいところを使っているのだろう。ここばかりは同じ品質というわけには行かないようだ。固くて筋のあるのもたまに入っているということだろう。
 夕食としてはもの凄く簡単。野菜の煮物も食べきっていたので、このカレーだけ。トマトとか、何か添えるものも一切なし。
 夕食だったが、暑くて面倒なので、適当なものに傾くようだ。暑苦しいときにジャガイモの皮を剥き、玉葱を切り、等々でカレーを作ることもできるが、これは作るのはいいが、それでもう食欲がなくなったりする。特にカレーなどはしつこい。これが味噌汁程度なら大丈夫なのだが。腹ではなく、胸が一杯になる。
 この台風が来る前、朝飲む味噌汁とのときの汗の出方が減っていたのだが、台風が接近し始めてからは大汗が出るようになった。それだけ空気が違うのだろう。
 朝の喫茶店からの戻り道散歩というのをたまにやっているが、最近は距離が短いというより、少し周辺を回る程度。そこからもう少し奥へ行きたいのだが、暑くて何ともならない。
 暑い中でも、出掛ける決心があれば、覚悟がつき、サバイバル的な楽しさもあるのだが、できるだけダメージを受けまいと考え出すと、余計に暑苦しくなる。気力の前に体が付いてこない。嫌がる。この気力、余程美味しいものでもないと出ないようだ。
 まあ、夏場は猫も通りには出ていない。まるで冬眠しているように、何処かの日影でじっとしているのだろう。
 蝉がボトボトと落ち、断末魔をやっている。蝉など網やトリモチでとるより、落ちているのを拾うほうが早かったりする。蝉拾いだ。
 炎天下、老婆が歩いているのだが、すっとしゃがみ、何かを手にした。すれ違うとき、見ると、その手に蝉をぶら下げていた。羽根のところだけ掴み、お持ち帰り。これは老婆でも捕れる蝉捕り、いや、蝉拾いだ。羽根が綺麗なタイプなので、持ち帰ったのだろう。孫の夏休みの宿題で、昆虫の標本などを作る手伝いかもしれない。
 蝉よりも、豪華な標本箱で誤魔化せるかもしれない。
 そういえば夏休みもそろそろ終わりがけ。そろそろ宿題が気になる頃だろう。子供の世界から、また世間に戻らないといけない。宿題は切符。これがないと、閻魔さんが地獄へ落とす。
 お盆を過ぎたあたり、夏休みはもう残り少なく、淋しくなる頃。ここで早くも人生を感じる小学生もいるだろう。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。