2019年08月15日

お盆と台風

■■ 2019年8月15日 木曜日 午前10時42分
 
 今朝は台風のはずだが、結構静か。それよりも昨日は雨が降り出し、そのため、気温が少し下がり、連日続いていた暑さから解放された。このほうが有り難い。
 昨日は風が強く、そのため、今朝起きると、台風がさらに近くまで来ているので、さらに、と思ったが、雨も降っていないし、風も昨日程度。日にちを間違えたのではないかと思うほど、台風が遅い。その影響が出だしてから数日経つ。それがまだ通過しない。予報図では何日の何時頃、ここに来ているはずと言うので分かるのだが、結構遠い。
 上陸しても四国の西。ただ暴風圏が西側は僅かで、ほとんどないのだが、東側に異常なほど延びている。伸びすぎだ。だから、この広い暴風圏が大阪方面にかかる可能性が高い。そのままでは暴風圏内の東端にかかるだろう。それほど大きな台風。
 それで、接近するのは今日なので、喫茶店などは閉まっているのではないかと心配したのだが、目が覚めると台風の気配がない。静か。
 これは逸れたのではないかと思い、天気図を見るが、コースは変わっていない。要するに遠いのだ。
 しかし、まだ最接近していない。してもかなり遠いが、問題は暴風圏が大きいということだろう。だから広い範囲に影響が出る。
 そして今日はお盆真っ只中。お盆というだけで、盆休みで閉まっている店もある。
 自転車で朝の喫茶店まで向かうのだが、昨夜雨が降っていた形跡がある程度。風は向かい風になる方向だが、昨日のほうが風は強かった。しかし、昨日は朝方はよく晴れていたが、今朝は曇っている。しかし、ザーザーとは降らない雲のようだ。
 蒸し暑さはあるものの、気温は昨日よりも低いので、これはありがたい。まあ、曇っているので炎天下にはならず、と言う程度だが、かなりまし。
 それよりも昨夜は気温が低い目なので、夜になってからの独自の暑さはなく、寝る前も扇風機がいらないのではないかと思い、切って寝たが、やはりむっとする暑さはあるのか、再び付けた。そして朝までぐっすりと寝て仕舞えた。これは珍しい。寝苦しい夜ではなく、寝やすい夜になっていたのだろう。
 それでいい感じの時間に目が覚めたのだが、もっと寝たい。それに台風だし、喫茶店は休みかもしれないと思い、二度寝する。これが結構長かったようで、遅い目に起きてしまう。
 どちらにしても過ごしやすくなったという印象が強い。この台風が去れば秋というわけではないが。
 それに台風はまだ上陸していないのではないかと思える。
 台風のとき四国や淡路島などにいると、大阪に戻れなかったりする。フェリーは欠航、長距離バスも橋が渡れなかったりする。橋は台風では倒れないが、車は根が生えていないので、倒されるだろう。しかも海峡の風の強いところでしかも高いところなので、もの凄い風だろう。
 比較的フェリーが動いていたりする。しかし、橋ができたので、フェリー乗り場がなかったりする。
 こういうときは漁船。誰か出してくれないかとなる。当然客船ではない。時代劇でよくある話だ。
 漁師ほど海の怖さを知っている者はいないので、これは出さないだろう。
 どちらにしても台風の影響はほとんどなく、傘も差さないで、普通に朝の喫茶店まで行けたので、午前中は大成功。何かで成功したわけではない。偶然台風の影響がまだ出ていないと言うだけのことだ。まあ、成功のほとんどは運だろう。天運。
 しかし、台風の影響で、送り火などができなかったりしそうだ。中止。するとご先祖様の霊は帰れないのではないかと思われる。送り火を下に見ながら戻るのだが、それが見えなければ方向が分からないはず。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。