2019年08月28日

パナソニックTZ95購入

■■ 2019年8月28日 水曜日 午前9時38分
 
 今朝は雨。これは分かっているのでいい。十日間ほど傘マークが出ていたので。しかし、一日中降っているわけではない。今朝はその間隙を縫って喫茶店へ行く。狙ったわけではなく、偶然降っていない時間帯だった。目が覚めたときは雨音が激しく、これは面倒と思い、多い目に寝ていた。寝待ちだ。
 雨の降る日は起きたくない。真夏は暑いので例外だが、それでも真夏の雨は少ない。それこそ台風程度。そして、いつもよりも雨の日は気温が低めなので、熱帯夜でも少しはまし。だから寝やすいから寝ることもある。
 今朝などはもの凄く寝やすい。気温は低い目で、ちょうどいい感じ。
 雨の日の喫茶店の冷房が倍ほど冷える。梅雨頃の冷房のきつさを思い出し、今朝は上にペラッとしたパーカーを羽織る。これは流石に真夏は羽織れなかった。雨が降っても。濡れるより蒸れて暑苦しいほうが苦しいため。どちらをとるかだ。まあ、傘を差しているので、ずぶ濡れになることはないが。
 このパーカーを羽織ることでこれはもう秋仕様となる。雨の日、大袈裟な厚着に見えないのは、カッパのようなパーカーのためだろう。自転車移動なので、本物の合羽を着ている人も結構いるので、長袖のジャンパーのようなものを羽織っていても不自然さがない。雨なので、雨具のようなもの。しかし、このパーカー、水を弾く程度で、しばらくすると、染みこんでくるが、結構持つ。水滴となって落ちる間は大丈夫。
 それで、間隙を縫って出たので、雨には遭わないで喫茶店へ辿り着く。だからただの防寒着だ。
 この時期、薄いジャケットがいい。ジャンパー風だと防水性があるというより、生地が化繊だと、結構雨に強いし、風にも強い。暖かさはそれほど求めていない。それを求めるのなら、綿入りになるが、これは流石に秋の初めからではやり過ぎだろう。
 折角夏の勢いが去ったのだが、連日雨では何ともならない。まあ部屋の中で座っているだけで暑い頃に比べれば室内は快適。雨の湿気よりも、ベースの気温が低いほうがいい。ただ、低気圧で苦しいときもある。これは息苦しい。
 昨夜も掛け布団の暖かみが程良く、これはいい感じだ。いずれ寒く感じるようになるのだが、今は掛け布団が使えるというのが新鮮だったりする。当然夏布団だが。
 夏の次は梅雨ではないが、雨が多いと、そう感じてしまう。だから真夏になる手前の本物の梅雨時だと思えばいい。着るものも戻していけばいい。夏になって暑いと思い、脱いだものを、引っ張りだしてくればいい。
 昨日の夕食は簡単に済まそうとしていたが、雨でスーパーへ行くのも面倒。近所のコンビニで適当なものを買えばいいのだが、コンビニ弁当やうどんやそばやラーメンやスパゲティなどはもう飽きた。それに割高。
 以前あるアルミ鍋に入った天麩羅うどんがあり、それが良かった。天麩羅と言ってもかき揚げだ。小エビの殻が少しだけ色味で確認できる態度だが、ベースは野菜を揚げたもので、まあ、かき上げうどんだろう。ただ天かすだけの天麩羅よりもボリュームがある。分厚い。これとうどんとの相性が良く、それなりに油っこいが。
 それが数年前からなくなっており、アルミ鍋物は冷凍品しかない。キンレイだ。
 そのかき上げうどんに近いのは、かき揚げそば。同じかき揚げだと思えるが、アルミ鍋ではないし、出汁も入っていない。いずれもジェリー状になっているのだろう。最初からジェリーではなく、これは食べ残すと、そうなる。これが気持ち悪い。
 温めれば汁が出て来る仕掛けだ。しかし、そばでは駄目で、ここはうどんがいい。また、コンビニのそばとの相性が悪い。全部同じそばで、このそばはあまり好みではない。
 それで、以前美味しかった百均などに置いてあるアルミ系うどんを買いに行く。これは常温保存。うどんは入っているが、固まっているような感じ。出汁は粉末か、濃縮。スーパーのうどんやそばのような原液ではない。
 しかし、時期がまだ早いのか、カップ系しか置いていない。もう少し涼しくなると、積んであるはず。冬場よく見かけた。この百均は段ボールごと置いていたりする。
 それでチェルメラというインスタントラーメンがあったので、それを買う。結構昔からあるラーメンだ。
 だが、天麩羅うどんへの未練がまだあったので、天かすを固めた丸いものを買う。三つ入っている。メーカーはマルちゃん。これで天麩羅うどんができるのだが、うどんは買わなかった。ラーメンに入れるため。しかしこれは合わない。ラーメンの出汁そのものがしつこい。だから油気は最初からあるので、必要ではなかった。
 さて、それで、早速作り、野菜の煮物が残っていたので、それを付け加え、そして天麩羅も入れて食べたのだが、全部食べきれない。
 これは味覚の問題だろうか。インスタントラーメン臭さというか、それが少しだけ胸にきた。インスタントラーメンをたまに食べると、そうなる。何故か胸が悪くなる。これはインスタント焼きそばもそうだ。UFOとか。だからカップヌードルも同じ。
 このラーメン、昔食べた頃よりも麺がよくなっており、本物に近い食感。しかし、生麺に近いが、食べるうちに、これは違うと舌が感じたのかもしれない。それと粉末スープ。それが原因かもしれない。
 インスタント臭い頃のラーメンのほうがよかったような気がする。
 
 夏の初め頃最初に挙がった候補のパナソニックコンパクトデジカメを買う。夏カメラだ。もう夏が終わろうとしているので、ギリギリだ。いや、もう夏は終わったのかもしれない。
 夏の光を光学ファインダーで覗きたいというのがそのあと来て、これも以前から狙っていたペンタックスK70が候補に挙がったがキットレンズと組み合わせると1キロを超えるのではないかと思える。その重さはやはり暑苦しい。しかしファインダーは涼しげだ。
 その前に買った同じパナソニックのネオ一眼がかなりいい。これで一眼系は、これでやっていけるのではないかと思えるほど。
 また、ペンタックスK70よりも軽いパナソニックミラーレススタンダードのG8が候補に挙がった。24から120のズームが付いている。だが、望遠が頼りない。
 ペンタックスK70が駄目ならキヤノンイオスキッスX9やX9i系なら軽い。しかし、ダブルズームキットで、レンズ交換が面倒。また、このあたりはニコンを既に持っている。
 ファインダーも光学式だ。だからニコンからキヤノンへ行くだけの話。中身はほぼ同じようなものなので。
 それで、夏カメラから大きく逸れて、暑苦しいミラーレスや一眼レフに行ってしまいそうなので、元に戻して、ポケットに入るコンパクト系に戻る。
 それで候補に挙がったのは1インチタイプのコンパクトで、望遠が結構来るパナソニック系。360ミリあたりまであるのだろうか。しかし、ネオ一眼の1400ミリなどから比べると、厳しい。せめて600ミリなければ。
 しかし1インチ系で600ミリ越えになると、大きく重いネオ一眼になってしまい、普通の一眼レフより重かったりする。
 それで振り出しに戻り、この夏第一印象で、すっと来たパナソニック旅カメラの再考。
 これは旨味がないのは、前機と新製品との差がほとんどないことだ。使い方も同じだろう。だから、前機でもあるTZ90を使うのと同じ。
 それで、最近はたまに持ちだして撮していたのだが、結構写りはいいと言うより、安定している。
 特に露出がいい。フルオートでは花などを撮ると、白い花などは飛んでしまうが、露出補正なしでも飛んでいない。また暗い目に露出が合うと、背景まで暗くなる。そのバランスがパナソニックがいい。特に階調拡大とかで連写しているわけではなく、素で撮しても階調が意外と広いのだ。
 受光素子が大きいほど階調も広いはずなのだが、オリンパスのミラーレスで写すと、白飛びしてしまうし、露出補正すれば背景が暗くて、重苦しい写真になる。このカメラは階調拡大の連写機能があり、それを使うと、何とかなるが、作ったような絵になる。それに白飛びするものはやはり飛んでしまう。
 そういうのが小さな受光素子で、反則の連写とかなしで、そこそこ写っているので、これは何だろうかと思うほど。当然数年前のカメラであるネオ一眼でも、同じ傾向で、露出バランスがいい。まあ、露出補正をしなくてもいいので、楽といえば楽。
 ただ、逆光のとき、二枚写しの連写に勝手に入ることはあるが、それは背景が白いときに多い。
 ただ、ファインダーがしんどい。小さいし、解像力も低いためだ。以前に比べれば倍ほど高くなっているのだが、そのときはファインダー付いただけで満足だった。
 新製品だと、それが少しだけ改善される。ミラーレスほどには大きくはないが。
 だから、このカメラ、ファインダーが苦しいので、手かざしで写すことが多い。まあ、コンパクト系の普通の使い方だろう。
 そして、このカメラの特徴は静かなこと。それほど動きが速いわけではないが、作動音が静かで、高級車の乗り心地。早くはないが、滑らかなのだ。
 シャッターが軽く、ショックもない。だからすっとシャッターが落ちている。これは望遠のときに効果がある。ブレにくいのだ。ここは機械的な仕掛けで、シャッターボタンとシャッターボタン受け皿とグリップや、その位置との関係で、シャッターを押したときほとんど動かない。ミラーレスや一眼に比べ小さく軽いカメラなのに。ここが結構よくできている。そして品がある。ただ、このカメラ、高級機ではない。
 まあ、コンパクト系は数が減り、パナソニックでも残っているのは、このTZ80や90系だけではないかと思える。水中カメラはあるが。このTZ90の下位機がなかったりする。だから古いのがまだ店頭にある。値段が安いためだ。下位機に求めているのは値段だから、型落ちで安く売っているようなもの。
 スマホでコンパクト系は駄目になったが、700ミリ超えの旅カメラは聖域。ここはスマホではできない。
 旧機のTZ90で写したものと、ミラーレスや1インチや一眼で写したものとの差がほとんどない。画質へのこだわりよりも700ミリまで写せるというほうが役に立つ。望遠は600ミリあれば何とかなる。
 さてリアル店では置いていないので、アマゾンで買ったのが、今日届く。しかし雨だ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。