2019年09月05日

自転車散歩

■■ 2019年9月5日 木曜日 午前9時18分
 
 今朝は曇っているのか晴れているのか、分かりにくい日だが、陽射しがあったりするので、半ば晴れという感じだろうか。ただ、空は意外と暗い。
 そして、陽射しが出ているときも、それほど暑くはない。それでも最高気温予測は高く34度前後、明日になると35度となっている。これは瞬間最大気温で、ずっとではないが。
 そして雨になる可能性が高い。この時期夕立が多い。夏の終わり、秋の初め、それが多い。しかも、かなり強く降る。夏の夕立よりも。
 昨夜は寝る前までは扇風機を使っていたが、寝るときはいらなかった。そして夜中寒くなってきて、蒲団を使った。結構冷えたように思ったのだが、その時間帯の気温を見ると、それほど低くはなかった。これは湿気と関係しているのかもしれない。
 少し前の十日間予報では最高気温は30度を切っている日が多いのだが、このところ十日分全て30度越えで暑い。季節が夏に向かっているのではないかと思えるほど。
 台風の接近で、また南から暖かい空気を運んでくるのかもしれない。季節の移り変わりよりも、この台風が曲者で、紛らわしい気候になる。台風で、それまでの季節の進み具合を変えてしまったりする。台風が通過している間は季節の歩みもストップ。そして台風が去ると、季節は戻るのだが、休んでいた間は体験していないので、連続性が掴みにくかったりする。
 別の見方をすれば、台風が季節を動かしているのかもしれないが。
 秋として安定するのは10月頃だろうか。秋の半ばのためだ。夏の気配はほぼ消えているが、暑い日があると、まだ夏が残っているように感じたりするが、滅多にない。10月にもの凄い暑い日もあるが、ときたまだ。流石に11月になると夏の気配は消えている。そして徐々に冬が入り出す。
 どちらにしても気温は高い目だが、それほど暑くはない。焼け付くような暑さでなければ、何とかなる。そして暑い日は、まだ夏の開放的なものが残っているので、悪くはない。
 といってもまだ暑いので、呑気に自転車散歩でうろうろするというところまではいかない。少し遠い目のところへ行きたいのだが、暑いと気が失せる。そしていい気候になればなったで、意外と行かないものだ。
 いい気候のときは、朝の喫茶店からの戻り道遠回り散歩をする。近くをウロウロするだけだが、これをやると、本腰を入れての散歩に出る気がなくなる。すでに自転車散歩を済ませたようなものなので、その日は遠出する気になれないのだろう。
 年々出不精になっているのは、既に知っているものが多くなっているためだろう。だから新鮮さや驚きがない。相変わらずのものが相変わらずあるようなもので、一度見た映画をまた見るようなものだ。
 日常移動で、通り道を見ていると小さな変化が楽しめる。全体は同じなので、細部に目がいくのだろう。またはなかったものとか。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。