2019年09月08日

ユニクロの帽子

■■ 2019年9月8日 日曜日 午前9時34分
 
 今朝も暑くて晴れている。台風が来ているのだが、関東方面へ行くコース。そのためか温かい空気が入り込み、今日の最高予報気温は36度と、真夏並み。だから、夏が戻ってきたようなもの。これが去ると、本来の例年通りの今頃の気温になるだろう。台風が来る前はそうだった。掛け布団が必要な秋に。
 しかし、秋の深まった頃の台風と違い、まだ夏の気配を残す九月の初めなので、暖かいと言うよりも暑い。そしてこの前までの暑い日からそれほどたっていないので、夏がまだ続いているように見えても不思議ではない。
 涼しくなったあたりで夏の疲れが出て、夏バテ症状がこの時期に出るらしいが、夏に戻ったのだから、夏バテも引っ込むかもしれない。暑さが消え、ほっとしたところに夏の疲れがどっと出る。しかし、まだ終わっていないのなら、ほっとできないので、夏バテも引っ込むという話。
 ついこの間までは秋物の、少しボリュームのあるものを探し出していたのだが、今は滅相もない話で、夏向けでいい。しかし今から夏物を買う気はしないが、最終バーゲンをやっているので、薄いカッターシャツ程度なら買ってもいい。
 最近の夏向けのカッターシャツはよくできており、まとわりつかず、さらっとしており、結構いい。
 暑いので、また頭がぼおっとし、だらっとした感じになっている。シャープな秋の頭とはほど遠い。だから夏のだらけた状態となり、これは悪くない。まだ夏が残っているという意味でも。
 先日買った帽子がフェルトで、これが暑い、頭が温まる。これは夏帽ではなく、冬帽ではないかと思われる。寒さ除けの帽子で、保温性のいい。
 ワゴンの中に雑多に入っていた中の一つに、それがあったのだが、何か売れ残りものをかき集めていたのだろうか。定価は2000円を超え、3千円近いが、その値札は消され1500円。しかも、そこから三割引。今年の夏の帽子ではなく、今年の冬頃売られていた帽子かもしれない。しかし、冬帽にしては薄くて貧弱、ここが紛らわしい。見た目分からない。
 それで、昨日はユニクロで買い直す。こちらは一種類しかない。サイズもMしかない。この帽子、かなり昔からあるのではないかと思える。一度か二度買った覚えがある。いずれも風で飛ばされて取れないところに落ちたりして、なくしている。なくなったわけではなく、見えているのだが、取れないだけだが。
 まあ、同じ形のものをずっと出し続けているのがユニクロブランドだろうが、それなりに改良されていたりして、同じものではない。作る側も変わるだろうし。
 前日、それを見たのだが、少しツバが広い。そしてクニャクニャ。やはり綿で糸で補強して固くなっている鍔がいい。
 しかし、そのタイプはもうなくなったのか、紳士物売り場とか、鞄と帽子の店などへ行かないと、このタイプの丸帽はない。昔の商店街なら、靴屋の横に必ず帽子屋があった。
 しかし、その帽子を被っている人は結構いる。どこで買ってくるのかと不思議に思うのだが、ゴルフ用品屋とか、そういうところに、ポツンと置いているのかもしれない。
 それで、ユニクロの丸帽を被ると、すっきりとした。しかしMで、所謂フリーサーズ。まあ、サイズはこれしかないというだけだが、少し緩い。風が吹くと飛びそうだが、頭を締め付けないのでいい。
 この前まで被っていた帽子は冬物だったのかもしれない。生地は綿だ。しかし破れた。
 ユニクロのは表地がナイロンで、裏地がポリエステル。だから軽い。まあ、冬も夏もないのだろう。
 それで、フェルトの帽子は寒くなり出した頃から被ればいい。
 ユニクロのは緑だが、フェルトのほうは黒地に星のように青い点がついている。見た目、黒だが。一寸した紳士帽だ。
 まあ、両方さらに比べて、馴染みやすいほうを被れば良いのだが、ユニクロの帽子は、なくしても、すぐに同じものが手に入るので、そちらのほうが違和感がないかもしれない。帽子選びの手間が省ける。
 どちらにしても今日は夏が行くではなく、夏が来るになっている。夏帽はいるだろう。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。