2019年12月05日

富士のカメラ物色

■■ 2019年12月5日 木曜日 午前8時59分
 
 今朝は寒い。雨はやんでいるようだ。昨日も降っていたのか降っていなかったのかよく分からない小雨。しかし、傘が必要だった。山は雪ではないかと思える。
 天気の移り変わりが早い。朝、晴れていてもすぐに曇り、雨になっていたりするし、朝、どんより曇っていたのに、昼頃から晴れていたりする。つまり朝の天気が一日の天気ではない。朝夕昼と独自の変化はあるが、主に温度だろう。
 流石に昨夜から寒いので、外に出るとき、中に一枚着込んでいる。これは真冬の格好だ。中に着込んでいるのは秋の少し寒くなり出したときに羽織っていたもので、その薄いタイプ。裏地に暖かいのが仕込まれている。インナーではない。それなりの上着だ。その上着はこの時期なら中に着込むセーター代わりになる。前は開くので、着やすいし。
 寒くなったとき買った安物のダウンジャケット風の綿入りだが、これが薄いので、寒いのだ。綿、アンコの補給のように、中に一枚詰め物を敷いた感じだ。
 昨日は偶然衣料品売り場へもう少し暖かそうなのを見に行った。今のでも中に着込めば間に合うが、一着で済まないかという話。先日買ったのはフワッとしており、ゆったりしているので、中に着込んでも大丈夫なのだが。
 もう少ししまりのいいジャンパー系がないものかと探す。ダブッとしているとスカスカした感じになる。それならコート系ではなく、ジャンパー系だろう。
 しかし、それは持っていた。だが、あまり暖かくなかったのを思い出す。
 だが、物色していると、モコモコがあった。これは裏地に使われているのと同じタイプだが、それが表に出ている。上着を脱いだとき、裏返ったような感じだ。これはどういう効果があるのかと考えた。
 裏地のモコモコが表に来ているのだから、誰が暖かいのだろう。外側ではないか。見た人が暖かい。
 このモコモコは羊だ。これが入口にドンと並んでいる。見た感じ暖かそうだが、本人はどうなのか。それに雨に降られると、全部染みこんで吸収しそうだ。そういう掃除用品がある。雑巾は汚れるが、このタイプはあまり汚れない。しかし、水の吸収力がかなりあり、全部吸い込んでしまう。だからそれを洗うとき、絞れば、綺麗になる。雑巾は汚れの色が残る。綿の雑巾だが。
 このモコモコ上着、果たしてただの冗談なのか、それとも本当に暖かいのか、試したいところだ。
 これはアンチダウンジャケット系だろう。
 雨に降られると、体重が増えそうだが。絞ればいいのだ。
 展示されているものに、既に毛玉のようなのがくっついている。そのモコモコからの毛玉ではなく、他のものがくっついたのだろう。やはりこれはダスキンだ。ダスキンを着ているようなもので、全身で掃除をするようなものかもしれない。
 しかし、すっかり寒くなった。例年この時期は真冬のように寒い日があり、驚かせるが、初っぱなだけで、それほど続かない。
 昨夜は夜更かしだったが、今朝は早い目に目が覚めた。もの凄く早くはないので、そのまま起きた。きっと昼間は眠いはずなので、たっぷり昼寝をすればいい。最近遅起きなので、たまには一日ゆっくり過ごせる早起きがいい。だが、昼寝が長引くと同じことになるが。
 睡眠不足気味で一日眠かった場合、早寝になるはず。
 
 カメラ方面は富士のファインダーのある一番安いT100が気に入っているのだが、その上位機のT30にも目がいく。しかし、デザイン的にはT100の方がすっきりとしており、往年のフィルムカメラ時代の雰囲気がある。ニコンFMやFEやペンタックスMXやLXなど。LXは別だが、所謂中級機で、プロ用ではない。比較的小振りで軽い。板状の本体にレンズだけが飛び出ているタイプ。グリップはない。
 だが、それだけで、結局実用性はどうなのかとなると、キットもので買うと、標準ズームと望遠ズームに分かれてしまい、道端でレンズ交換もしないので、結構不便なのだ。富士にも高倍率標準ズームがあるが、大きく重く、そして高い。下位クラスのT100にはそのキットはない。まあ、富士のカメラで写す人は単焦点で使う人が多いのだろう。
 だから広角から望遠までいけるネオ一眼の方が実際には使いやすい。
 しかし、このT100が醸し出す世界というのがあり、もの凄く一眼レフを象徴している。しかも全盛時代のメタル一眼時代を。
 しかし、レンズ交換式カメラの轍があり、この轍をまた踏んでしまいそうになる。
 それならファインダーのないタイプのA7でもいいのではないかと思ったりする。なぜならキットレンズは標準ズームだけなので。そこから動かなければいい。
 最近富士に目がいったのは、このA7だった。最近出たものなので、ニュース性があったのだろう。ネット上で見かけた。
 実はこちらの方が高い。レンズ一本だけなのに。中身はT100とそれほど変わらない。レベル的にはA5にファイダーを付けたのがT100のような感じで、スペック的にはほぼ同じタイプ。
 だからデザインも似ている。ただ、液晶が横開きになってしまったのが残念だが、T100よりもシンプル。このレンズ一本だけというのがいい。それで世界ができてしまう。24から70ぐらいのレンズだ。望遠ズームが付いているキットものは望遠しか使わないで、標準ズームは眠っていたりする。
 ただ、ミラーレスの望遠ズームはあまり実用性がない。結局望遠不足で、猫や鳥は難しい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。