2020年01月15日

ひかりTV

■■ 2020年1月15日 水曜日 午前10時46分
 
 今朝は曇っている。青空も覗いているが、面積が狭い。そのため、陽射しもない。それと雨が降っていた形跡がある。気温はそれほど低くはないが、ひんやりしている。氷点下になっていても不思議ではない時期だが、最低気温は意外と高い目。年末の頃の方が低かったりする。
 今朝は遅起きで、まだ寝ていたいほどだった。遅起き分よく寝ていたはずなのだが、時間が長いだけだったのかもしれない。しかし、一度目が覚めただけで、よく寝ていたようだ。
 昼に行く喫茶店が工事中なので、昆陽の喫茶店へ行く。たまに行っているが、月に一度ぐらいだろうか。寒い時期は殆ど行かない店。
 距離的にはそれほど違わないが、遠く感じる。いつもの道よりも、馴染みがあるはずだが、通る頻度で馴染みが変わる。
 それで、しばらくは昆陽の喫茶店に行くことになる。ついでに昆陽寺に寄る。夕方から門が閉まり、通り抜けできなくなっているので、最近は寄っても境内までは入らなかった。昼間なら開いている。寺の敷地の広さはこのあたりでは最大だろう。平野部にあるのに、これだけ広い。その境内を横切る近道があり、夜中でも入り込める。その門を閉めたのだろう。
 近くに千僧があり、自衛隊があるが、千人の僧がいたのだろう。
 ここは来る度に写真を写しているので、もう珍しいものはなく、初めて見るものもないが、同じものでも違うカメラで写すと、少しは新鮮。構図なども、少しだけ違う。
 カメラの試写にはちょうどで、街中と違い、好き放題にカメラを向けることができる。
 まだ、一人では来られない頃から、来ていたようだが、あまり覚えていない。仁王さんが怖かった程度。どの寺よりも、馴染みのある寺。
 寺なので、それほど変化はない。変化したのは本人かもしれない。まあ、その間、お堂を建て替えたりしているので、少しは変化はあるが。
 
 昨日は宅配便が来ていた。カメラではない。時間指定していないし、日も十日ほどで届くとなっていたが、早く届いた。チューナーだ。NTTから送られてきた。
 これは電話勧誘に、まんまと引っかかった感じだが、NTTからではない。インターネットのいつもの朝日ネットからだ。
 所謂ひかりTV。そのお試し版。しかし、試すにはチューナーがいる。これはレンタルだ。しかし二ヶ月間は無料とか。その間に解約すればいい。その場合、一円もかからないが、チューナーを送り返さないといけないが。結構面倒だ。
 パソコンのモニターでも見られるのかと聞くと、線で繋げも見られるとか。
 パソコンテレビとは違うようだ。パソコンでテレビを見るときもチューナーがいる。そのチューナーにアンテナから来ている線を繋ぐ。太い線だ。針金だらけの。
 届いたチューナーは説明書や、コード類などを見ていると、やはり普通のテレビに映すのが基本のようだ。チューナ側にリモコンがある。
 チューナーと、いつものネットのモデムをLANコードで結ぶ。無線ではない。まあ、モデムにも有線接続の穴があるので、問題はない。その距離を朝日の人が聞いていた。8メートルほどモデムとテレビの間にあるかどうかと聞いてきた。遠いとランケーブルが届かないわけではないが。それで同梱されていたLANコードは非常に長い。一メートルもあればいい。
 テレビ側には接続用の同じ穴が二つある。音声関係の端子も。よく使うのは、映像も音も一つでできる穴だろう。このサイズが、テレビ向けなので、パソコンについているミにサイズとは違うので、変換する必要があるだろう。または一方が大きく、一方が小さいタイプのコードに。
 それで、確認したのは、そこまでで、全体の配線だけ。
 しかし、テレビはほとんど見ていない間に、見えにくい位置になってしまった。大きい目のモニター一体型のパソコンがでんと目の前にあるので、液晶テレビが半分しか見えない。以前は両方見ることができたのは、パソコンモニターの位置が違うことと、大きいことだろう。
 それでパソコンは動かせないので、テレビを動かすことにする。少し横に移動させればいいが、台からはみ出る。既に一杯一杯。この台は家具なので、動かせない。
 そこで、テレビ台を買うことにする。これはTVの足箇所だけの台で十分だが、よく通る日曜雑貨屋で木のテーブルが売られていて、いくつか持っている。500円ぐらいだ。風呂場で座る椅子程度のものだが、お膳にもなる。
 それを思い出し、昨日はそれの長いタイプを買いに行く。雨が降っているためか、いつも外に出していたのが消えている。
 店内に入り、それを出してもらう。千円までだろうと思っていると1700円。ポケットには千円札一枚。万札を出すと、釣り銭がないような店。
 以前買ったものよりも、木が分厚く、表面が綺麗。そして倍近い長さがあるので高いのだろうか。
 この木の台、作っている場所を知っている。刑務所ではない。その近くに、もう一軒金物屋があり、そこで組み立てていた。それと同じものだが、そこでは売っていなかった。
 だから500円だった。その金物屋の自家製木製台の家が取り壊されている。古いし、主も亡くなったのかもしれないが。
 だから違うところから仕入れてきたものだ。だから元々高いのだ。小さくても、大きくても。
 小雨だが、それを包む袋がないようで、紐を巻いてくれるようだが、自転車なので、手提げは必要ではないので、そのまま自転車の後ろの籠に突っ込んだ。幅はそんなものだ。テープもレシートもない。ただ、店の前まで来て、大丈夫ですかと、見送ってくれた。
 接続する前に、まずは置き場所を確保から。こういうのは上手く接続できなければ、嫌なものだ。
 難しいものではないが、繋がる保証はない。LANコードも古くはないはず。
 その前にTVを横へ持って行くだけでも掃除をしないといけない。台を買っただけではすまない。
 ひかりTVで何を見るのかは二の次。だから、そちらの方はまったく分からない状態のまま。
 普通のネット配信のものと、ひかりTVのものとはどう違うのか、等々、疑問点も多い。そして、いいのは課金されるのだろう。無料で見られるものは、普通のネットでも見放題であったりしそうだ。まあ、そちらも新しいものは有料だが。
 そのため、古いもので、いいのがあるかもしれない。
 最近テレビを見ていないので、いい機会だ。
 TVは地上波だけで、見るのはNHKだけなので、多チャンネルをどう見るかだ。
 テレビは見ていないと言いながら、YouTubeなどで、結構見ていたりする。古い番組の一部だが。
 ネット時代のテレビ。どうなるのだろう。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。