2020年03月17日

老眼鏡

■■ 2020年3月17日 火曜日 午前10時50分
 
 今朝は寒く、朝方氷点下近かった。5時頃だろうか。これが以前長期予報で見た寒い日。今朝のことだった。ただ寝ていたのでわからなかったが、夜は寒く、寝るときも冬そのもの。よく冷えており、掛け布団でしっかりと隙間なく包んで寝た。包み寝だ。簀巻きのように。これは肩とかに隙間が空くためだろう。
 予報を見るとまだそういう日があり、氷点下2度となっている。あさってぐらいだろうか。これはずれたりするし、日も覚えるほどのことではないので、忘れてしまうが。
 その日は明け方は寒いが、昼間の最高気温は結構高い。最高気温だけ見ていると、暖かい日のように思えるのだが、夜が寒い日のようだ。
 今日も昼間の気温は高い目なので、春らしい日差しとなるはず。少し雲が多いのが気になるが、雨が降っているよりはまし。
 今日は火曜なので、いつもの喫茶店は休み。それでその近くの個人喫茶へ行く。これは先週も同じことを言っていた。今週はしっかりと覚えていた。今日が火曜だということを。
 それは昨日はゴミを出す日で、それが月曜。その翌日なので、火曜ということになる。月曜かもしれないと勘違いしても、ゴミを出したことを思い出せば日曜日は出す日ではないので、月曜を通過したことが分かる。月曜の次は火曜。水曜ではない。これは実際のイメージを思い出さなくてもいい。1の次は2で5の次は6というのは暗記しているためだろう。だから思い出す必要はない。
 それで間違いなく別の喫茶店に入ったのだが、その前に老眼鏡を忘れていることに気づいていた。自転車に乗り、少し行ったところで気がついた。引き返すかどうかと迷った。
 昨夜、鞄の中に老眼鏡をしまおうとしたとき、鞘がない。ケースだ。それが見つからない。探さないで、そのまま寝てしまった。だから鞄の中に入れていない。眼鏡は分かりやすいところに置いていた。だが、朝、出るとき、すっかり忘れている。
 それに今朝は8インチのノートパソコン。裸眼では苦しい。
 その喫茶店の並びに眼鏡屋がある。昔からある。生まれたときからあるだろう。しかも道を挟んで二軒。こういう商店街は年寄りが多いので、眼鏡屋は残っているのだろう。
 親がそこで買っていたようだが、高いので、驚いていた。普通の眼鏡だが恐ろしいほど高く、しかも作ってもらったのに、よく見えないとかいっていたので、どちらの店か分からないが、二軒の中の一軒。しかし、別の店かもしれない。
 いつもはチェーン店で買っている。郊外の大型店。3000円しない。屋台だと1000円から1500円。
 その古い眼鏡屋、5000円だと言われても、買うことになる。見学はできないだろう。値段の確認をして、さっと出るというのも、できない。しかし、そこで買えば、その店の晩のおかずが豊かになるかもしれない。
 度数も分かっている。だからさっと買える。おそらく老眼鏡なので、男女二タイプしかないはず。普通の眼鏡の方が当然多い。
 まあ、古い商店街にはトラップがあるので、ここは避けた。
 それで、今朝は裸眼で8インチモニターの小さな文字を見ながらタイプしている。この日誌だ。
 文字が見えないわけではない。しっかりとは見えないが、判別できる。
 やはり、いつもの眼鏡屋で買うべきだろう。一つだと鞄の中に入れ忘れるので。
 
 桜の芽が赤くなり、花びららしきものが出ているのを見る。まだ先だけで、開いていないが。最近寒いのだが、桜は関係なく、咲くのだろうか。気温の影響を受けるはずだ。それと日照時間。
 開花宣言はもう少し先だが、その頃にはちらほら咲きになっているはず。今は花びららしき先の方だけがわずかに見える程度。しかも一つ。他のつぼみはそのままだが、緑がかっている。そして口を開け赤いのが出てくる。
 毎年、同じ桜の木を見ており、カメラで写しているが、複数のカメラで、日替わり撮影。それでピントの合いやすいカメラが分かる。
 写りは地味だが、ペンタックスのピントがいい。やはり一眼レフの方がミラーレスよりも合いやすいのだろうか。それとニコンp950もすっとくるし、背景の持って行かれにくい。
 コンパクト系で、背面液晶だけだと、よく見えないので、ピントが来ているかどうかは写してからでないと分からない。
 まあ、今年もそういう時期になっている。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。