2020年03月24日

自転車整備不良

■■ 2020年3月24日 火曜日 午前9時46分
 
 今朝は晴れているが、少しひんやりする。しかし、薄い目のダウンジャケットを着て朝の喫茶店へ。
 最近、皮が一枚薄くなり、アンコも減ったが、真冬の寒さではないので、これでいいだろう。
 今朝は自転車が軽い。軽快だ。
 甲高い音がして、それがかなり大きいので、昨日は朝の喫茶店の近くにある個人でやっている自転車屋へ行く。こういう店は五月蠅い親父がやっている場合が多い。その店はたまに通る。スキンヘッドの親父がやっているので、癖がありそうだ。しかし、そこが喫茶店から一番近い。選択肢はない。ずっとブレーキ音を立てながら走っているようなものだ。
 これはその前日チェーン店でチェーンを閉めて貰ったあとに起こった。前輪タイヤも交換したので、どちらかが原因だ。
 それで、恐る恐るスキンヘッドの自転車屋の前で止まり、自転車から降りる。中に海坊主がいる。そして出てきた。
 症状を言うと、調べますかと聞いてきた。すぐに修理をしない。まずは聞く。するかどうか。はいと答えると、自転車を修理台に乗せ、チェーンカバーを外すが、後部の小さなカバーのみ。それでチェーンの端と歯車が見えた。
 ペダルを回し、音を確認。またクランクを逆に回したり、色々とやっているが、急に台から降ろし、自転車を外に出し、店の隙間の路地で乗っている。表通りは人や車が多い。
 路地というか余地だが、そこから戻ってきて、答えが出たようで、それは整備不良。整備しますかと聞く。しないという選択を残してくれる。
 その態度物腰は紳士的で、話し方も穏やか。汚い大阪弁ではない。大阪弁の穏やかで優しい敬語。
 怪物だと思っていたが、いい人だ。初老の紳士だった。
 ペダルを回しながら、開けたカバーの中のチェーンに油を注いでいる。チェーンに付着した油が前方の接触部に行き渡るように。
 そして、ペダル側の何処かに油を注入。その他、あらゆるところに油を入れている。
 工具はドライバーだけ。
 それで終わり。
 その間、狭い店内だが椅子と灰皿がある。この灰皿が気に入った。吸わなかったが。
 これで千円。
 まあ、買ったチェーン店の自転車屋でも、半年の一回の定期点検の整備があり、二回ほど無料だった。それも千円。最近整備してもらわなかった。
 油を差せばいいのかという話。たまに差していたが、カバーがあるので、チェーンに直接油を含ませ、ができない。きっと油差し用の穴があるのだろう。ツボのようなものだ。
 油を差せばいいのかと聞くと、たまでいいらしい。それこそ半年に一度ぐらいで、始終差さなくてもいいとか。
 それで戻り道、新車になっていた。音がしないどころか、引っかかりがない。上手く力を伝えている。結構色々な音がしていたのだが、全部消えている。
 次に自転車を買うのなら、この店だろう。
 
 桜はちらほら咲きになっている。週末は花見になりそうだ。別に出掛けなくても、移動中に花見はできる。咲いてしまえば終わりで、咲くまでがいい。
 桜の写真はモミジの写真と同じで、見飽きてしまう。当然写し飽きてしまう。桜プラス何かがいる。
 その写真を写していると、おばさんが後ろにいた。笑いながらスマホで写している。普段、入り込まないような場所。咲いている枝の真下。他の枝はまだ蕾。だから僅かに咲いた桜。それを写しに来たのだろう。しかしそこは駐輪場。だからついでに立ち入ったのだろう。
 スマホで撮り、それを証拠写真とするのだろうか。ほら、もう咲いていると。
 正しいカメラの使い方だ。
 昨日はパナソニックのFZ300を持ち出す。ライト級のネオ一眼。望遠は大したことはなく600ミリまで。しかし全域F2.8と明るい。P950よりはるかに軽いので、ライトクラスのネオ一眼になる。受光素子の大きさは同じ。
 それで桜などを写すが、すぐに飽きた。
 真上を写すとき片手で写すと楽だ。それが分かった程度。
 今朝は晴れているし、遅起きではなかったので、喫茶店からの戻り道、ウロウロしてもいい。まあ、桜を見にウロウロしたり、桜を写している限り、普通だろう。変なものを写しているわけではない。先ほどのおばさんと同じなので。
 何をしているのかが明快。
 まあ、今年も無事、桜の花を見ることができただけでいいのだろう。そのための時間があり、移動もできる状態。これだけでもよしとする。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。