2020年03月26日

NEC軽量ノート

■■ 2020年3月26日 木曜日 午前9時48分
 
 今朝は晴れており、暖かいようだ。しかし、布団から出たとき、それほどでもない。寒いほど。
 これは晴れている日ほど室内は寒いためだろう。外に出ると、暖かいとは思いながら、用心して真冬の格好。いつもの服装だ。
 春先暖かくなったので、下に着ていたボア入りなどを脱いだのだが、まだ早かったようで、冷えた。暖かいはずの日なのだが、寒い。これは損だ。だからいつもの服装で暑苦しくなる方が暖かい分、得をした感じ。暑いのは得ではないが、比べやすい。そして暑いと春が来ていることが分かりやすい。着込まなければ冬に戻るほど寒く感じたのを覚えている。先日のことだ。それで、今朝は暑苦しい格好をしているのだが、同じような人が結構いる。真冬ではないかと思える服装だ。
 昼間はいいが、朝夕はやはりまだ冬。早朝は知らないが、ここが一番寒いはず。そして夕方から夜にかけてが寒い。これは夕方前の喫茶店からの戻り道に何度も覚えがある。これは寒いと。
 特に晴れている日ほど気温差があるようだ。
 今日の昼間は20度越えするかもしれない。しかしこういう日ほど最低気温が低い目になる。
 桜はよく咲いており、週末は花見だろう。出掛けるには丁度。しかし、近所しかウロウロしないので、花見の名所へは行かないが。
 近所でも少し足を伸ばせば花見で賑わう場所がある。自転車では少し遠いが夙川とか。これは電車だろう。駅から降りればすぐに花見だ。こういう場所が阪急京都線の京都近くの駅にもある。
 近所でも宝塚線沿いもいい。ここは山裾なので、狭苦しいが。ウロウロしていると山側に入り込むので、坂が大変。乗って上れないので、歩いて登ったりする。電動アシスト自転車ならスイスイ登れるのだが。
 いずれにしても、そこまで遠出しないだろう。気が向けば行くが、これは行かないと言っているようなもの。行く気がなかったりする。
 年々出不精になる。出武将ならいいのだが。
 
 昨日は軽い目の老眼鏡を買いに行ったのだが、定休日だったようだ。その前にいつも行く昼の喫茶店の近くに二店眼鏡屋があるので、そこへ寄るのだが、覗いた感じ、老眼鏡がない。どの眼鏡も1万とか2万している。そんな高い老眼鏡はないので、値段を見て探すが、ない。千円台だ。二千円から五千円程までだ。屋台の眼鏡屋なら千円台。眼鏡のチェーン店なら3000円まで。
 そのチェーン店は郊外型で、いつもそこで買っているので、夕方の喫茶店からの戻りに買いに寄ったのだが、かなり遠回り。しかし、定休日なのか、真っ暗。遅かったのかと思ったが、定休日だった。その前を通ることはそれなりにあるのだが、いつも開いている。しかし買いに行った日に限って定休日。何とも言えない。
 さらにその前にも老眼鏡を買いにいっている。それは上新。家電店で老眼鏡がある。まあ、タオルも売っているので、雑貨屋のような感じもあるが。
 本当の棚ではなく、そういう眼鏡置きの台に飾られている。屋台のようなものだろう。1万円する。度数の調整ができる眼鏡で、ブルーライトカット付き。度数に幅がある。一番軽いのがいいので、そのカードを持ち、レジへ行くが、ない。
 意外と早く売れたのだろう。電化製品ではないので、取り寄せますかとは聞いてこなかった。
 軽い目の老眼鏡は一つしかない。だから部屋と外共同。そのため、持ち出すのを忘れたりする。裸眼でもパソコンのモニターは見られるので、問題はないが、やはりしっかりと明快には文字が見えない。判別できる程度。
 古い眼鏡を探し出せば、度数が軽いのが見付かるはずなのだが、大概は壊れて捨てている。掛けるところの結合部が折れたり、くにゃくにゃになったり、フレームがズレてレンズが填まらなくなったりしたので捨てたはず。
 探せば出てくるだろうが、小さすぎたり、百均ものだったりする。これはレンジの前に置いていたりする。温め時間の表示文字を見るためだろう。それが一つ残っているのだが、度が強すぎて、もう見えない。これが百均ものだとはすぐに分かる。
 それでいつも買うチェーン店へ行ったのだが、ここも数年後に行くと、老眼鏡のデザインが変わっていたりする。種類は少ないが、置いている。
 また、屋台の眼鏡で買うことがよくある。1000円と2000円があり、富山から来ているとか。
 こういうのは始終見かけるのだが、欲しいときには見かけない。そんなものだ。最後に見たのは数ヶ月前。そのとき買っておけばよかったのだが、買ったとしても度の強いタイプになっていたはず。今は低い目でないと見えない。
 ユニクロにも置いていたので、近くによるとサングラスだった。
 
NEC軽量ノート
 久しぶりに古いNECのノートを取り出してみる。新素材を使った紙のように軽い軽量ノートパソコンの走りで、12インチなのに10インチノートよりもはるかに軽いというもの。700グラム台だろうか。それの一番初めの頃のZEROシリーズ。NECがトップを切っていた時代。もう数年前だ。数年後富士通にトップの座を譲ったが、いくら年月が過ぎてもそれ以上軽くならないようだ。
 放置して久しいが、電源を入れてみると、起動する。当然バッテリーは切れているが、電源コードで動く。電源コードを突き刺しても、バッテリーに溜まらないと動かないタイプもある。
 しかし、見たことのない画面が出てきた。ビットキー。それを入力する画面だ。ウインドウズ10になってからできたのだろうか。聞いたことがないが、放置時間が長いとウインドウズが使えないのだろうか。この関所で止まってしまうが、ビットキーを調べるには別の端末でネットへ繋がないといけない。マイクロソフトのサイト内にそれがあるようで、そのアドレスが書かれている。
 それを打ち込み、マイクロソフトに行くと、教えてやるから、本人確認用にメールを送れとなる。そこに呪文が書かれているので、それをタイプすれば、ビットキーの在処を教えると。
 その通りにすると、ビットキー一覧が出た。しかし、どのパソコンのものなのかが分からない。年代とパソコンの名前が書かれているが、どのパソコンなのかが分からない。
 その中にNECとあったので、その並びに書かれている数字、これがキーだ。それを、元のパソコンに戻って、打ち込むが、違う。キーは全て数字。
 三つか四つほどある。いずれも数年前。一番上から順番に打つことにする。パソコン名で思い当たるものはないので、順番だ。全部やれば当たるだろう。
 だが、最初のが当たっていたようで、四年ほど前だろうか。NECと書かれてものは、その前に買ったNECのノートだろう。10インチノートを買っている。その時期だ。
 それで、呪文が正解したようで、正しいキーですと、表示され、ウインドウズが起動した。
 このあとが怖いはずだ。まあ、中古パソコンと同じで、更新が溜まっているはず。
 だが、一気には来ないようで、一太郎関係が列を連ねて更新に来ていた。一太郎は2018。するとそれほど古くはない。今は2021が出たばかり。
 ATOKの辞書に日本国語大辞典が入っていた。岩波国語辞典、広辞苑も入っている。
 日本語大辞典はどのバージョンのものか分からない。プレミア版のおまけだ。古い一太郎は残しているので、そこから取り出せばいいだろう。だが数年前の一太郎でも、今の一太郎でも殆ど同じ。画面も変わっていない。
 12インチで700グラム台。8インチのGPDは700グラム近い。これは何だろう。殆ど重さは変わらないではないか。ただ12インチで、ガワが大きいが。大きいだけに軽く感じる。そして薄い。
 ただ、このパソコン、一番スペックの低いのを買っている。量販店モデルで、かなり落としたものなので安い。しかも当時でも少し古かった。今はそんな売り方をしていない。
 薄くて軽いので、キーボードが浅く、ポンポンと音がする。打ち切った感じはするが、何か浅はかなキー。しかし、キーの質感は悪くない。塗装がいいのだろう。ここだけは軽い素材を使っていないようだ。
 この古い軽量ノート、また使ってみる気になったのは、大きいが軽いためだろうか。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。