2020年05月31日

HP社ノート

■■ 2020年5月31日 日曜日 午後0時01分
 
 今朝は雨、夜から雨が降っていたのだろうか。寝ているとき、雨音を聞いた。そのせいではないが、非常に遅起きになった。雨では張り切って起きてきても仕方がないと思ったためもあるが、夜更かしをしたので、寝ていた方がいいと思ったため。
 いい感じの時間に目が覚めていたのだが、眠い。これは睡眠不足になると思い、寝たのだが、この二度寝のおかげで、遅いが、元気に起きてこられた。眠さはない。雨が降っているとき、眠気がまだあるのに傘を差して自転車に乗るのは今一つ。
 しかし、遅起きの効果があったのか、出るときは雨はやんでいた。小雨でもない。やんでいるとみていいほど。
 そして起きるとき、少しひんやりしていたので、パーカーを着る。これは防水性があるタイプ。雨だろうと思い、羽織ることにした。これが正解だったようで、気温が下がっている。ここ数日の暑い日とは違って。
 だから、このパーカーで、丁度ぐらい。湿気はあるようだが、蒸し暑さはないし、パーカーを羽織っていても蒸れは感じなかった。
 六月一日が雨という予報が長い間からある。その前倒しなのかもしれない。今日は晴れているか、曇りのはずだが。
 雨の降る日の喫茶店の冷房が厳しい。だから、この防風防水性のあるパーカーは効く。効いて快適になるのではなく、寒さが緩和する程度。なんのためにクーラーで冷やしているのか、分からないが。晴れて暑い日はいいが、雨の日のクーラーは厳しい。
 今朝はかなりの遅起きで、もう昼に近いが、日曜日だ。子供の頃、日曜日は昼頃まで寝ていたように記憶している。だからその頃の記憶があるので、それで普通だったりする。ただし日曜日に限られるが。ところが毎日が日曜日のような夏休みなどは、そこそこ早い目に毎朝起きていたように思われる。これは暑いので、寝てられないためだろう。
 ただ、子供の頃は翌日日曜だといっても夜更かしはしなかったように思われる。夜更かしするようなネタがなかったためだろう。
 今朝の気温は見ていないが、ここ数日の暑さから比べれば嘘のように低い。この感触は梅雨時の寒さへと繋がる。五月より六月の方が寒いのだ。そういう日が五月よりも暑いはずの六月にある。雨とか湿気とかの関係だろうか。日照時間が雨や曇りで短い。当然水冷効果も効いている。
 梅雨時、ホームゴタツを使っていた記憶がある。寒い日があるのだ。
 今朝は昨日から持ち出しているHP社の13インチノート。間違って鞄に入れていた。いつもは誕生日に買ったNECの10インチノート。
 外に持ち出すのは久しぶりだったが、意外とキーボードが打ちやすい。それほど快適なものではなかったのだが、かなり間を置いてから使うと、受け取り方も違うのだろうか。特に優れたキーボードではないが、作りがしっかりとしている。13インチだとキーボードの幅が広すぎるのではないかと、思われたのだが。HP社のキーボードは特殊なレイアウトいうか、昔から形がある。右端の確定キーがなく、ページダウンやホームやエンドなどというジャンプ系キーが、右端に並んでいるのだ。そのため、英字キーの幅がそれで狭くなる。それで、間延びのした広いキー間隔にならないで済んでいる。13インチだが、指をそれほど伸ばさなくてもキーに届く。
 こうしてたまに持ち出すと、今まで感じなかった良さや手応えや手触りが分かったりする。
 このノート。HP社で買ったのではなく、上新が盛りに盛ったハイスペック機。だから、部屋のデスクトップ機よりも高速で、しかも記憶容量も大きい。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。