2020年06月01日

GF10見学

■■ 2020年6月1日 月曜日 午前9時46分
 
 今日は六月一日。十日間予報で、十日前に雨の予報だったが、曇っている。十日前は六月に入ってから雨が多くなっていたのだが、今朝見ると、それほどでもない。十日前の予報と、今の予報とでは、これだけ違うが、かろうじて六月一日は雨になる可能性が高いが、まだ曇っている。まあ、その方がいいのだが。
 今朝は暑いのかどうかが分かりにくいので、ジャケットを羽織って出た。途中、少し暑いかもしれないと思うものの、喫茶店に入ると、冷房が来ているので、羽織っていて丁度ぐらい。これは真夏まで必要だろう。真夏は流石に暑いので、羽織るものはいらない。
 曇りかと思っていたが、陽射しが出てきている。晴れるかもしれない。しかし、十日前からずっと記憶にあった予報。それは雨。だから六月一日は雨が降るものと思い込んでいた。まあ、逆に晴れている方がいいのだが。
 思い込みというわけではなく、またそういう天気予報の思い込みなど、大した影響はないが、先行するイメージというがある。描いている未来のようなものだ。まだ、それが現実化していないところの。むしろ現実化されたとき、何とも思わなかったりしそうだが。
 まあ、思っていた現実と違うというのはよくあることで、これは日常化している。想像と現実との齟齬ということだ。この齟齬というのは歯がギシギシしていているが。歯ぎしりに近いのだろうか。
 どちらにしても今日は天気がいいのか悪いのかが分かりにくい。自転車散歩には丁度かもしれない。晴れっぱなしでは陽射しがずっとあって暑いので、たまに陰る方がいい。今日はそんな日だ。しかし、最近暑い中、自転車散歩で尼崎を攻めているので、あまり続くと身体がえらい。偉人ではないが。
 伊丹から見て南ばかり攻めていたので、次は180度変えて北を攻めてもいい。北はすぐに山に突き当たる。山際にはそれほど美味しいものはない。ギリギリまで家が建ち、里山的な風景はない。山の中腹まで家が建っていたりする。その麓の道は狭苦しい。そして結構坂が多い。その山際に中山さん清洲荒神などがある。七福神めぐりができるようだ。
 これも一度行ったことがある。山が迫り、その境界あたりなので、長閑な風景を想像するが、山の雰囲気はない。里山はやはり農村部とくっついていないと、風情がない。田畑は当然その近くにはない。それで、あまり行きたくないのだろう。北側は。
 
 昨日は上新へパナソニックのコンパクトミラーレスを見に行った。GF10で、出てから少し立つ。G系ではG9プロ。G99などが出ている。それよりも一つ型番が大きい。当然GF9もある。GF10とどう違うのかをネットでさっと調べると、映像エンジンが違うことと、箸置きのようなグリップが付いた程度らしい。これだけで値段は2万から3万違う。GF9も当然売られている。その差額で中古カメラを一台買える。
 G9からパナソニックの絵柄が少し変わったとされており、かなり大きな変化だと言われていたらしい。要するに上品になったらしい。今まで下品だったのかというと、そうでもないが、何となく写真ぽくなっているのは分かる。それはその映像エンジンが乗っている旅カメラで分かる。それと写す間隔が早くなったり、動作が早い。これも映像エンジンの変化だ。
 そういうことを思いながら、実物を弄っていたのだが、以前欠点だったシャッターボタンへの指のかかりがましになった。シャッターボタン手前に撮影ダイヤルがあり、これが山になり、人差し指がその山を越えるとき、邪魔をする。それがましになっていた。
 パナソニックとしては珍しいシャッターボタン受け皿同軸に電源レバーがある。こちらの方が一般的なのだが、パナソニックは手前側にあり親指を使うタイプ。これが窮屈なところがある。だから、このカメラ、小さいが、電源は入れやすい。片手だけで電源が入る。
 そういうのを見ていたのだが、少し高い。だが、リアル店なので、すぐに持ち帰られる。だが、レジを見ると行列がでている。日曜のためだろう。こういうのを買うのは平日がいい。誰も並んでいなかったりするので。
 先日尼崎中古屋へ行ったときに見たのはGF5。惜しい。これは既に持っている。欲しいのはGF6以上。ここから液晶が回転するためだ。中古屋ででているのはGF5までが多く、6は見たことはない。当然7や8や9も。
 GF5時代は電動ズーム。沈胴式で、小さい。ズーム操作が厳しい。ただ、望遠ズームの電動は使いやすかった。これはもう何年も前に中古で買っている。これはまだ使える。
 電子ファインダーのないミラーレス。だから液晶が昼間でも見やすいタイプがいい。これは新しいほど良いだろう。古いデジカメはそこが弱い。
 いずれにしてもこのタイプのカメラは本格的に撮そうという気迫に欠けるカメラなので、それがいい。やる気満々の本格的なカメラだと逆に気恥ずかしかったりする。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。