2020年09月13日

宇都宮丸餃子

■■ 2020年9月13日 日曜日 午前10時46分
 
 今朝は曇っている。雨が降りそうだ。気温はまずまずだが、昨日は暑かった。夏が戻ってきた感じで、夏の雲が湧いていた。夜も暑く、扇風機が必要。寝るときも回していないと暑いほど。もういらないかと思ったが、甘かった。ただ、夜中寒くなり、切ったが。
 熱帯夜から解放されていたのだが、またもや熱帯夜。つまり25度以上ある。30度近かったりするのが昨夜。
 流石に朝は、曇っていることもあり、気温は下がっている。暑さはないが、代わりに雨が来る感じ。予報では曇りマークのままで、傘マークにはなっていないが、どう見ても降りそうだ。
 昨夜は夜更かしでも早寝でもなかったので、今朝は普通のありふれた時間帯に目が覚めた。これが標準起床時間だろう。起きるとは限らないが、一応目が覚める。しかし、案の定二度寝。ただ、この二度寝は浅く、それほど時間は経過していない。しかし、何故か眠い。気温が下がり、過ごしやすくなると、寝やすいのだろうか。しかし、寝やすいどころか、眠い。
 そのため、昼寝もやりやすくなる。夏場は暑くて昼寝は厳しかったし、眠れない昼寝も多かった。これは少しだけうとっとする程度でいいのだ。うとっとすれば、切り替わる。
 先日は夕寝をしたが、これはミンチカツを食べて胸焼けしたため。夕寝すると、起きたとき、逆にしんどい。これも横になる程度がいい。本当に寝てしまうと、起きたとき、いい感じではない。そのまま本寝してもいいのだが、それではもの凄く早い時間に起きることになるので、それは避けたい。
 夕寝よりも昼寝だ。こちらはいくら寝ても、本寝には関係しないし、遅くまで起きてられる。それで夜更かしになるので、危険だが。
 それよりも、夕食後、これはほとんどが晩ご飯だが、そのあと、寝るまで過ごすとき、元気な方がいい。この元気というのは、へたっていない程度でいい。だから、元気というより、普通だ。
 今朝はいつものファスト系喫茶店ではなく、個人喫茶。日程的には丁度いい。起きた時間も、その個人喫茶がすいている時間と一致する。ファスト系でもいいのだが、煙草が吸えないのが難。
 昨日は部屋で履く薄い目のズボンを見に行く。ジャージの下でいいが、最近のスポーツものは高い。特価でもかなりの値段。これはメーカー品のためだろう。美津濃とか。それらが特価で吊されていたのだが、何ともならない。
 先日も部屋着のズボンを買ったのだが、間違って、外で履くリラックスズボンを買ってしまった。千円台なので、きっと部屋着だろうと思ったのだ。色も鼠色だし。これを寝間着代わりに履くのは、ふさわしくない。前のファスナーがあるし、後ろにカバー付きのポケットもある。
 それで、昨日は探したのだが、ない。千円台で上下組みのがよくあったのだが、それがない、上は着ないが、下のズボンが薄くていい。パジャマだ。
 しかし、根気よく探すと、見付かった。1000円を切っている。スパッツとなっていた。タイツだ。だからパッチだ。少し短い。最初から短いが、ステテコのように短くはない。足首近くまで行く。これが薄くていい。
 パジャマの下でもいいのだが、上はいらないのならもったいない。しかしパジャマセットというのが売っていた。上下だけではなく、その上に羽織るものとか、下に着るシャツと込みでぶら下がっていた。特価だ。都合四着組みではないか。しかし、残っているのは、その一組だけ。
 まあ、部屋で寛いでいるときにはいいだろう。ただ暑いときは、いらない。一寸肌寒くなってきてからだ。
 真夏用の半ズボンの部屋着はあるが、それでは寒く感じるようになるはず。冬用の防寒部屋着ならいくらでもあるが、それを履くにはまだ暑い。ボア入りなので、蒸れる。
 昨日は屋台が出ており、宇都宮餃子があったので、それを買う。餃子が珍しいわけではない。だがまん丸い餃子で、ネギニラ餃子。小さな饅頭のような感じ。これを夕食で食べようとしたのだが、焼いていないようで、焼き方の紙が入っていた。まあ、蒸してもいい。蒸すとシュウマイになるわけではないが、ここはこの宇都宮餃子の正式な焼き方で焼いて食べた方が好ましい。焼いてあるものだと思っていたのは、屋台で焼いているのを見たから。
 餃子はたまに買う。焼き餃子だが、少し待たないといけない。焼けるまでの時間。
 部屋では餃子は焼かないので、丁度のフライパンがなかったりする。大きいのはあるが、蓋がない。これはお好み焼き用。
 中ぐらいのフライパンがあったのだが、汚れたので、捨てたのかもしれない。小さい目のフライパンは卵焼き器があればいい。これで、少量なら丸くて小さな餃子なら焼けるだろう。しかし、中ぐらいのフライパンも欲しいところ。あまり使わない場合、放置してしまう。
 
 最近のお供のカメラはキャノンのSX70。ネオ一眼。これが結構色目が綺麗だ。家族写真とか、綺麗な写真はキヤノンがいいのだろう。このカメラの写りはライバルのネオ一眼よりのやや劣るが、色目がいい。色だけは満足。ただ、写りは淡い。まあ、優しい写真になるので、家族向けだろう。またはポートレート向け。
 それと観光地向け。絵はがきのような写真になる。キヤノンの一眼レフも持っているが、それよりも、こちらのコンパクト系の方が、さらにそれを引き出しているようだ。
 特に特殊な合成はないが、そこそこ階調が広く、白飛び、黒つぶれがしにくい。だから眠い写真になりやすいが。
 スナップではシャッターが落ちるのが早いので、さっと写せる。シャッターが切れたのかどうか不安なほど軽くて浅い。
 しかし、半押し維持が結構できる。他のカメラではそれが難しいのだが、このカメラだけは簡単に半押し維持が可能。これができるとピントと露出は固定のままなので、合わせ直す必要がない。半押し維持のまま数枚写せる。グリップが効いており、持ちやすいので、できるのだろうか。要するにさっさと写せるカメラで、ドライなカメラ。
 ネオ一眼なので、一眼レフよりも当然軽く小さい。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

コロッケ詰め合わせ

■■ 2020年9月12日 土曜日 午前11時14分
 
 今朝は晴れている。久しぶりかどうかは分からないが、青空があり、陽射しがある。しかし、雲が多く、すぐに陰る。まさか雨は降らないだろう。
 気温は高い目で、寝起き行く喫茶店までが暑い。この暑さは久しぶり。陽射しがなかったためだろう。日中はまだ夏が残っており、陽射しがあると、それなりに暑い。
 暑さ寒さも彼岸までというが、それには下旬まで待たないといけないが、流石にその頃には勝負は付くだろう。夏は消える。
 今朝はそれなりに遅起き。夜更かしをしたわけではないが、二度寝が効いた。長すぎる二度寝だった。しかも二度寝する気はなかった。最初に目が覚めたとき、いい感じの時間だったので、起きるつもりだったのだが、ついつい瞼の重さでシャッターが閉まったようだ。
 昨日は比較的早く起き、夕方行く喫茶店も早かったのだが、早すぎて時間を持て余した。今日はギリギリコースになるはずなので、足りないぐらいで、余るようなことはないだろう。過不足気味の方がよかったりする。時間的余裕があると、暇なので、余計なことをしてしまう。まあ、本当に必要な用事ならいいのだが。
 夕食に海老フライを買おうとしたが、小さい。もっと大きかったように思うのだが、日によって違うのだろうか。またはスーパーで見た海老フライと見間違えたのか。
 それで海老フライを諦め、コロッケにする。ガタンと落ちるが、大きくて量が多い。コロッケの詰め合わせパックだ。
 しかし、中にジャガイモから成るコロッケが入っているわけではなく、ミンチカツや、豆腐系揚げ物や、春巻きなどが入っている。全部で四つか五つだろう。売れ残りをパックしたもので、さらに百円引き。すると200円台になる。
 これを夕食で食べたのだが、一撃で胸焼け。ミンチカツが効いたのだろう。あれは胸焼けしやすい。脂身の多い安いミンチ肉が入っているためだろう。
 それで、夕食後、夕寝する。その時間寝ると、本寝に影響しそうだが、うとっとする程度なので、問題はない。
 今朝はいつものファスト系喫茶。個人喫茶へ行ってもいいかと考えたが、時間が遅いので、ファスト系にさっさと入り、さっさと帰ることにする。
 ファスト系は昼が近いので、混み始める頃。その手前なので、まだすいている。
 個人喫茶の場合、よく分からない。しかし、ランチ後のコーヒーを飲みに来る団体さんがいる。近くで働いているのだろう。土日は来ないはず。今日は土曜。そういうことを考えていると、ファスト系の方が分かりやすい、昼時以外、決して混むことはないので。そしていつもの席は必ず空いているどころか、その元喫煙室はいつも無人。
 朝の喫茶店からの戻り道散歩に出やすくなる気候になっている。そろそろ長い目の散歩もできる頃だ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

にぎり寿司

■■ 2020年9月11日 金曜日 午前10時30分
 
 今朝は曇っている。雨が降りそうではなかったので、傘を持って出なかったが、空が暗くなり始めている。これは降るかもしれない。ここ数日天気が悪い。十日間予報通り。晴れのマークが見える日は少し遠い。
 流石に涼しいが、昼間陽射しがあると、やはり、まだ暑い。しかし30度を切っているので、問題はない。
 昼間は暑いのを食べるときは、まだ扇風機が必要。夜はいらない。しかし、涼しさに慣れていないので、ひんやりしているという感覚が分からなかったりする。暑いのか寒いのか、どちらか分にくいことはたまにある。まあ状態を見れば分かるだろう。
 昨夜は早い目に寝た。しかし何度かトイレに立つ。冷えるのだろう。早寝の効果はあまりなかったが、まずまずの時間に起きてこられた。効果があったとすれば一度起き。二度寝がなかった。一度で起きた。これはやはり睡眠時間が足りているためだろうか。しかしそれほどの早寝ではなかったが。
 今朝はいつものようにファスト系喫茶店へ。チケットが切れていたので買う。これでコーヒー代がそれなりに安くなる。レジで切符を渡すようなものなので、手間がかからない。
 相変わらず旧喫煙席は無人。一般席だったところも人がいない。昨日行った個人喫茶の方が客が多い。高いのに。
 昨日の夕食はご飯が切れていたので、弁当類。にぎり寿司が簡単でいいので、夕方行く喫茶店の戻りに買う。100円引きだった。スーパーなら半額になる。
 ここの寿司ネタは新鮮。流石鮮魚屋という感じ。その違いはイカ。スーパーの寿司はイカが固くて噛み切れない。やはりその場でさばいているためだろう。
 涼しくなり過ごしやすくなったのだが、天気が悪い。晴れていれば逆にまだ暑いかもしれないので、陽射しがないほうがいいのかもしれないが。
 夕方の喫茶店からの戻り道が楽。暑苦しさが消えたためだろう。移動するだけでも汗ばんだ。
 当然日が落ちるのが早くなり、最近は暗くなっている。夜道になっている。これからさらに時間が早まるだろう。
 
 今日のお供のカメラはキヤノンのネオ一眼。ここ数日は、これを鞄に入れている。
 ペンタックスの高倍率ズームをずっと狙っていたのだが、28から400程度。キヤノンネオ一眼SX70なら21から1400近くまで。
 28は広角だが、21ミリは超広角。この差は結構ある。そして最短撮影距離0センチと50センチの違いは大きい。テーブルの手前のものは50センチや40センチでは写せない。
 400ミリと1000ミリ越えの差は、普通の風景ではそれほどなく200ミリあたりでも十分だが、遠くを行く人などを写すときは長い方がいい。それと近寄れないところにある小さなものなど。
 しかし、ペンタックなどの光学式一眼レフで写すと、何故か落ち着く。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

一日で秋

■■ 2020年9月10日 木曜日 午前10時42分
 
 今朝は雨。昨日はどうだったのか、忘れてしまった。涼しさのためだろう。急に涼しくなり、記憶が途切れたような感じ。雨よりも、涼しさの方が目立つ。一日で一気に秋になった感じで、これはよくある。季節は一日で変わる。昨日は夏で、今日は秋のように。昨日は秋で、今朝は冬や、昨日は冬で今日は春とかも、当然春から夏にかけても。それで一番目立つのが夏から秋。
 タオルケットでは寒いのか、冷える。それで、夏布団を夜中に取り出す。寝入りばなだ。窓も閉める。昨日まで冷房がどうのと言っていたように思うが、扇風機など部屋の中では邪魔なだけの存在になりつつある。電気ストーブへとリレーしないといけないが、まだそこまで寒くはない。ガクンと寒くなったが、日中暑い日がまだあるだろう。
 今朝が涼しいのは雨が降っているためかもしれない。暑い日でも雨が降ると少し気温は下がる。ただ湿気があるので、蒸し暑かったりするが。
 起きたとき、雨が降っているのは知らなかった。出るとき分かったのだが、もうやんでいるようだ。幸いだ。昨日使った傘がそのまま自転車のハンドルにぶら下がっている。夕方に行った喫茶店からの戻りに雨が降ったのだろうか。傘は紐で止めていない。だから傘を閉じて、そのまま引っかけたのだろう。それが雨の痕跡。
 寝起き行く喫茶店の道では降らなかった。陽射しが少し出てきた。雨は上がったのかもしれないが、長期予報では雨や曇りが続く。秋の長雨かもしれない。春雨前線とか、秋雨前線とかがあるはず。秋の低気圧が居座っているのかもしれない。天気図など見ていないが、この時期南からではなく、北からの冷たい空気が入って来るはず。台風が去ったので、これが日本海側から降りてきたのかもしれない。ここで押し合いだ。そして北が勝ち、冬へといく。
 今朝はいつものファスト系ではなく、個人喫茶へ。別に意味はない。高いが居心地がいい。しかし高い。そのため、続けては行けない。こちらに都替えしてもいいのだが、高いのが問題。昔からある喫茶店仕様。二十歳代にも来ていた店。
 ファスト系も煙草が吸えればいいのだが、そうなると、客が増え。いつもの無人の元喫煙室に人が増える。吸えなくなってから来なくなった人が多い。常連さんもがた落ちで、いつも喫煙室は一人で使っている。そこが何か淋しい。
 今朝は寒いので、分厚い目のネルシャツを着る。薄い夏用では寒い。その上にパーカー類を羽織ってもいいほど。もう夏の服装では寒い。
 去年の今頃買ったユニクロパーカーが活躍しそうだ。これは秋物だが、見た目冬物のように見える。詰め物がないだけの冬服のように。だから買った後なかなか着る機会がなかった。それほど寒くなかったし。それでも雨の日だけは着ることができた。レインコートとして。防水性があるので、いい感じだ。
 部屋の中で履くズボンを買いにいったのだが、間違って外で履くズボンを買ってしまう。上下で1400円とかで、よくあったのだが、それがない。パジャマのようなセットものだ。安いので、生地が薄い。この時期、その薄さが丁度いい。真冬もののボア入りのはまだ早い。流石に暑苦しい。
 それで、間違ったのは色。どう見ても鼠色で、部屋着タイプ。しかし、実際に履いてみると、前にファスナーがあるし、後ろポケットにはカバーさえある。また前のポケットにも小銭入れの袋が内蔵されていたりする。これは部屋着ではない。
 ベルト通しはなく、紐。サイズは三種類。値段は千円台後半だが、ほぼ2000円。だから上下組みの値段よりも高い。これが売れ残っていたのは、色だろう。そういえば色違いもあった。
 裾は絞りのゴムが入っている。だから裾直しはいらないというよりできない。これの分厚いのを持っているが、真冬ものだ。
 リラックスズボンとなっているだけあって、感触もいい。薄いので、今なら履けるし、真夏でも履けただろう。
 真夏向けのペラッとしたズボンもあるが、それよりも履きやすい。
 
 昨日の夕食のおかずは白身魚のフライ。いつもの魚屋で買ったのだが、まだ早かったため、特価にはなっていなかった。百円ほどだが、定価のままなので140円。中味はタラのはず。アジもあったが、それは次回。また海老フライもある。これがかなり大きい。これも次回。ちくわの天麩羅もあったが、それは避けた。
 イカの天麩羅や、その他の天麩羅やフライにできそうな魚類はほぼあるが、日によって違うようだ。鮮魚屋でもあるので、ネタが多い。古くなればフライにして売るというのが頭にあるが、まあ、気にしない。
 朝の喫茶店からの戻り道散歩に行きやすくなった。まだ昼に行く長距離散歩へは出ていない。夏場はお休み。そろそろ行ける気候になっている。
 
 今朝のお供のカメラはキャノンのネオ一眼。このカメラの性能はネオ一眼でも一番だろう。大きさ重さも程良い。
 ただ、写りが今一つで、さらにAFがドタバタするタイプ。運がよければ、狙っていたものにピタリとピントが来る。そして動いているもなら掴んで離さない。だが、関係のないものを掴んだままのときがある。危ないときは中央部一点にしている。
 ファインダーが明るく大きく鮮明。ピントが早いので、カメラを向ければ、最初からピントの合った鮮明な画面になるので、被写体を追いかけやすい。
 このカメラがあれば、キヤノン系のカメラは、これ一台で済む。21から1400ミリ近くまであるので、一眼レフやミラーレスでは真似のできない範囲を一台でこなしてくれる。
 ただ、暗いところには強くない。夜景とかだ。フルオートだと、シャッタースピードがそれ以上落ちないので、露出不足になる。感度はそれほど上がらない。最初から高感度がない。しかし夜景の光程度は写せる。感度が上がらないので、無理をしていないことと、ブレないように低速側に入らないので、無難な写真になる。
 広角端での最短撮影距離は0センチ。中望遠でもかなり寄れる。自転車の上から小さな花などを写すとき、重宝する。ただ、写りは見事というわけではない。写りは被写体次第。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

秋が来た

■■ 2020年9月9日 水曜日 午前10時21分
 
 今朝は涼しい。タオルケットでは寒いほど。しかし、寝やすい。熱帯夜から完全に解放され、涼しすぎるほど。
 だが、雨のようで、これで、涼しいのかもしれない。長期予報を見ると、天気はあまりよくない。
 台風一過の翌日は晴天で、日本晴れ。しかし、翌日の今日は雨。ただ、ザーザー降っているわけではなく、寝起きの喫茶店へ行く時間帯はやんでいた。
 布団から出ると寒いので、外も涼しいと思い、ペラッとしたパーカーを羽織って出た。これはよく着ているユニクロの秋物ではなく、もっと薄いタイプで、丈も短いので、ジャンパーデザイン。すっきりとしている。ただ、ユニクロパーカーと違い防水性はない。まあ、夏の薄いカッターシャツよりはましだろう。合羽代わりに着るわけではない。傘を差していても濡れるので、少しだけ防水性が欲しいだけ。
 このパーカーは薄いので袖を捲ればすぐに半袖になる。裏地は網。滑り止めか、汗除けなのかは分からないが、これがあるとないとでは違う。肌触りなどが。
 防水性はないが、防風性はあるかもしれない。これも喫茶店の冷房の風除け程度でいい。まだ外は冷たい風が吹くような季節ではないので。
 幸いまだ雨は降っていないが、外は薄暗い。青空らしきものが僅かに見えるので、これが救い。しかし、このあと降るだろう。冷たい雨が。
 これで、季節は一気に夏から離れた感じだ。
 昨日は夏の疲れが出たのか、気怠いので、大人しくしていた。それで早寝したのだが、寝る前は元気だった。そのおかげで早起きしたわけではないが、最初に目が覚めたとき、それを無視した。このとき、目を開け、時計を見れば、時間が分かっただろう。早寝効果が確認できたはず。しかし、二度寝したので、まずまずの時間になってしまった。決して早くはないが、遅くはない。
 タオルケットでは寒いので、先日洗濯した夏布団とカバーを早速使える。この夏布団、冬にも使っている。その上に分厚い毛布を掛ければ、冬布団はいらない。当然電気毛布を敷いている。この電気毛布も洗わなかったが、よく拭いた。スポンジに水を付けて。電気毛布はまだ早いが、軽い夏布団はすぐにいるだろう。今夜から。
 昨日はご飯が切れていたので、寿司を買いに寄ったのだが、その寿司屋にウナギ弁当があったので、それにする。季節の変わり目で、怠いので、これで元気を出すため。その寿司屋は魚屋でもある。
 そして食べてみると、腐っているのではないかと思うほど、くたびれたウナギ。溶けそうな。寿司ネタのウナギなのか、単体で売っているウナギのあまりなのかは分からないが、どちらにしても売れ残りだろう。賞味期限が危ないのを弁当にする。あることだ。しかし量は多い。そしてウナギの切り方がぶつ切りではなく、斜め切り。これは寿司ネタだろう。薄い。
 それで、にぎり寿司の一番安いタイプよりも安く済んだ。ご飯はこちらの方が多いだろう。玉子焼きも少しだけ入っていた。当然タレも。だからうな重だ。当然値引きされている。遅い目なので。
 この涼しさで、自転車散歩が楽になる。暑さが少しましになればいいと思っていたのだが、涼しすぎるほど。
 最近は暑さがましになったので、朝の喫茶店からの戻り道散歩を少しだけしているが、昨日は暑くなってきたので、引き返している。今朝は涼しいので、いい感じだが、あとは体調と、気分の問題。
 季節は変わった。
 
 
  
posted by 川崎ゆきお at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

台風一過

■■ 2020年9月8日 火曜日 午前11時10分
 
 今朝は晴れている。台風は去ったようなので、所謂台風一過の晴れだろうか。あれほど多かった雲が少ない。真上を見ると一つもない。見事な秋晴れ。しかし、暑い。夏がまだ残っている。
 外に出ると目を開けてられないほど眩しい。寝起きのためだろう。
 夜などの気温は低くなっているので、朝も低い目なので、暑くて寝てられなくて目を覚ます、ということもない。タオルケットをしっかり使っている。暑ければ外すだろう。
 当然扇風機なしで寝ることができた。ここに違いがある。真夏との。
 今朝はいつものファスト系の喫茶店が定休日なので、その近くの個人喫茶へ。これは毎週そんなことをいっている。あれから一週間経ったのだろう。
 そういう日に入っていた煙草の吸えない個人喫茶が潰れてしばらく経つが、テナント募集の貼り紙が消えている。決まったのだろうか。まさか喫茶店が入るわけではないと思うが。
 気温や天気などが急激に変わるので、体が付いてこなかったりする。暑かったり寒かったり、雨とか、風とか。いずれも台風が二つ続けてきて、乱しているのだ。平常の季節の移り変わりなら滑らか。
 まあ、台風はこの時期毎年来ているので、それ込みでの移り変わりなのかもしれない。今朝は秋晴れという感じだが、一日で来る。中間がない。徐々にがない。一夜明ければ、の世界。これもまた自然な動きに入るのだろう。
 昨夜は早寝気味だったので朝はいい感じの時間に目が覚めたが、その時間起きると個人喫茶はまだ閉まっているので、堂々と二度寝する。すると、少し寝すぎた。寝やすいのだろう。
 最近は早寝したいと思うようになる。早く寝たいということで、早寝。これは疲れているのだろう。夏の疲れかもしれないが、毎年涼しくなると、そうなる。これは暑いはずなのに寒い。寒いとまではいかないが、涼しい。上に一枚着ないと、寒い。とかがこの時期ある。掛け布団もそうだ。扇風機も付けっぱなしのはずなのに、止めないと寒い。いつもと違うということだ。
 
 昨日はハードデスクを買いに行く。4テラで1万円少し。安くなったものだ。電源のいるタイプ。SSDでも良かったのだが、500ギガまで。それは以前買っている。USB経由で他のパソコンのデータをコピーするよりも早い。
 4テラものを買ったのはバックアップも兼ねて。4テラもあれば多すぎるほど。3テラとの値段差はほとんどない。
 ついでにノートパソコンなども見る。久しぶりだ。富士通のノートを注目。ブルーのノート。家族向けらしい。ビジネス向けではない。富士通の量販店モデルに、上新がスペックアップした仕様で売っている。上がったのはSSDの容量だろうか。倍の500ギガになっている。メモリも8ある。元々8あったのかもしれない。それよりも、キーボードがいい。柔らかく深い。
 以前から注目している富士通ノートは世界最軽量タイプ。しかし、それはなかった。以前はあったのに。まあ、デザインが変わって、分からないのかもしれないが。それと20万とかするノートは見ていない。値段を見てスルーするので、そこにあったのかもしれない。
 いずれも13インチタイプ。モバイルノートだ。700グラム台とかなら楽に持ち歩けるだろう。その倍ほどのノートを持ち歩いていたのだから、楽な話。
 1キロを切ると軽く感じる。900グラムあたりでも、結構軽く思う。1キロを超えると、ずしり感が少し来る。これはカメラも同じだ。重さを感じる閾値があるようだ。個人によって。
 昨日見た富士通のは、少し重い。だからキーボードもよかったのだろう。薄くはない。
 次はカメラ。
 相変わらずの品で、変化はない。ニコンのミラーレスなども見たかったのだが、置いていない。キヤノンのミラーレスは置いてある。
 コンパクト系にも変化はない。動きがない。新製品のペースが遅くなったのだろうか。新製品というより、後継機だ。
 そちらではなく、最近はペンタックスのレンズで止まっている。安いものだが、なかなか踏み込めない。
 それで、今朝は思い出したように、キヤノンのネオ一眼を持ち出す。これが結論的なカメラで。結局は、これが一番理にかなっていたりする。
 これは二年前の冬に出たばかりの頃に買っている。バッテリーが変わったのか、旧製品のが使えないので、予備がない。まあ、それで困ることはないが、しばらく放置していると、充電からやり直さないといけない。昨日それをやったので、夕方行く喫茶店のとき、持ち出し、今朝も持ち出した。
 21ミリから1400ミリ近くの望遠まで。つまり超広角から超望遠までいけるカメラ。文句なしだろう。特にネオ一眼で21ミリスタートは、パナソニックに例があるのみ。そちらは20ミリスタート。ただ、カメラの出来はキヤノンの方がいい。
 最大の特徴は、早いこと。これは望遠側での話で、遠くの被写体に一気に寄るとき、他のネオ一眼では休憩が入る。途中でピントが合わなくなる。ニコンなどは露出が付いてこなかったりし、画面が暗くなったりする。
 このキヤノンのSX70は一気に寄れるので、途中でシャッター半押しでピントを合わせ直す必要がない。やはりピントが早いのだろう。基本ベースの恩恵かもしれない。
 だから、望遠での一気寄りでは、このカメラが一番いい。素早い。
 まあ、超望遠側でさっと撮すという機会はそれほど多くはないので、他のネオ一眼でも、問題はないが。
 それと1400ミリまでのカメラなので、小さい。重さは標準的。このクラスではニコンが一番軽い。
 写りは特徴がなく、癖がない。AFは至近距離の小さなものを写すとき、ピントは後ろに持って行かれるというパターンが多い。ソニーなら合うのに、という感じだ。
 MFは使いにくい。よく分からない。目測で合わすような感じ。
 しかし、散歩で持ち出すとき、何でも写せて軽くて小さく、ファインダーも大きく鮮明なので、優等生カメラ。
 久しぶりに使うと、サクサク感が気持ちいい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

遠くの台風の影響

■■ 2020年9月7日 月曜日 午前11時11分
 
 今朝は台風。雨と風。前回の台風のように遠くだし、それに去って行くところだが、強風圏内に入っているようで、その影響で風が強い。
 風だけならいいが、雨も降っているので、これは厄介。
 非常に大きな台風のようで、その圏内が広い。九州から名古屋までの距離が入ってしまう。遠いところにいるのだが、もろに台風の雨風を大阪方面でも受ける。
 外に出ようとしたが風が強く雨も降っている。もろに台風だ。遠いのに。
 それで諦め、待機。
 しばらくするとゴーゴーという風の音がやみ、カーテンの揺れも小さくなった。台風は来てもまだ遠いと思い、窓を開けたまま寝ていた。
 音が静まったので、これなら出られると思い、また準備をし、自転車に乗る。朝の日課だ。寝起き行く喫茶店。
 幸い雨も大したことはなく、傘がいらないかと思えるほどだったが、途中で少し降ってきた。強い雨ではない。
 風も強風と言うほどではないが、いつ突風が来るかも分からないので、傘では危ない。風が来れば閉じることだ。差していると危ない。
 それで、何とか今朝も無事、寝起きの喫茶店へ入ることができた。雨風は出るときと変わらない。既に去って行くのが分かっているのだが、強風圏内が広いので、その中に引っかかっている。ここからはなかなか抜けないだろう。そして、どの程度の強風なのかは曖昧。今朝などは台風が接近中ではないかと思えるほど、風が強かった。
 要するに傘を差して自転車に乗れるかどうかだ。ここだけが問題で、これが可能なら、外に出られる。雨はかなりきつくても問題はない。真上からの雨なら傘で何とかなる。問題は風。こちらの方が厳しい。台風とは傘を差して自転車に乗れないことを意味している。それが最大の問題だったりする。
 今朝は傘も差せたし、煙草を吸いながら走ることもできた。
 問題は帰り道。台風が近くを通過した直後、その吹き戻しがある。今回は遠すぎて、そこが曖昧。その吹き返し時間が長い場合があり、いつまでも風が強かったことを覚えている。数年前の台風だ。もう通過したと思い、喫茶店へ行ったのだが、喫茶店は台風で閉まっていた。大きなチェーン店だが、店員が出勤できないのだろう。
 さて、今回の台風。人ごとのように思っていたのだが、影響を受けてしまった。
 まさか台風の風だとは思わなかった。
 それよりも昨夜は気温がガクッと下がり、非常に涼しくなった。扇風機がいらない。付けてると寒い。真夏の格好では寒い。
 秋がいよいよ来たようだ。秋か夏か、分かりにくくしていている台風も、すぐに去るだろうから、そのあとの空を早く見たいもの。そして昨夜の寒さが本物なら、秋になるだろう。
 この台風が去った後、空気が変わるかもしれない。秋風が吹いてもおかしくない時期。
 昨夜は早寝と言うほどではないが、わりと早く寝たつもり。しかし、起きると遅い。かなり遅い目の目覚め。途中で夜中に何度か目が覚めている。冷えるのだろう。
 この遅起きのおかげで台風通過待ちの時間を稼げた。これが早起きなら、風が強いままで、長く待機しないといけなかったはず。寝坊のおかげで、待ち時間が短くなった。
 遅起きのうえ、風待ちを少しやったので、さらに遅くなったが、もの凄く遅いわけではない。もっと遅い時間に起きてきたこともあるので。
 朝の喫茶店はファスト系だが、昼時は混む。それまでには間に合ったのだから。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

熱帯夜からの解放

■■ 2020年9月6日 日曜日 午前10時34分
 
 今朝は涼しい。暑さが減っている。曇っているが、陽射しがある。その陽射しを受けても、それほど暑くはない。前日までとは大いに違う。
 昨夜は扇風機なしで寝た。最初は付けていたのだが、すぐに消した。昨日は付けていた。
 さらにタオルケットが必要だったのか、起きるとタオルケットを巻き付けていた。段階が荒い。そのうちコタツが必要だろう。その前に窓を閉めて寝ないと寒いとかが来るはず。
 台風の影響か風が強いが、生暖かい風ではない。ややこしい雲がかなり出ているが、青空があり、陽射しもある。当然陽射しが消えることの方が多い。
 しかし、晴れといえば晴れ。それなりに清々しさがある。曇っているときは曇りだが、陽射しがあるときは晴れ。青空があるので、そう言える。ただの曇り日なら青空はないだろう。
 何故かいい朝で、目覚めもいい。朝までぐっすり寝たようで、一度も起きなかった。いいことだ。しかも少しだけ早寝した。最初に目が覚めたとき、起きてもよかったし、睡眠時間としてもまずまずだが二度寝した。
 起きるとまずまずの遅さ。最近ではこれでも早い方かもしれない。やはり早寝の押し込みが効いているのだろう。だが、熱帯夜から解放されたので、そちらの影響の方が大きいかもしれない。
 昨日は夏の最後のような入道雲が湧き出ていたが、夕方あたりに雷。幸い夕立はなかったが、音のない稲光。
 今朝は別の雲が来ているが、気温がまた上がると入道雲も湧き出すだろう。しかし夏空に陰りが出てきたのは確か。もう九月で、中頃になろうとしている手前なので、暦の押し込みの方が強いのだろう。妥当な気温と空模様ということだが、その徐々の変化も台風で中断されるだろう。
 十日間予報には晴れマークが一つもない。台風を考慮しての予報だが、そんなに長く影響するとは思えない。だから秋の雨が降る時期を考慮してのことだろうか。
 どちらにしても暑さが減る。暑くなくなるだけでも助かるのではないか。雨が降っても問題はない。涼しいほうが過ごしやすいので。
 それで、昨日はまだまだ暑かったが、朝の喫茶店からの戻り道散歩に出た。これはフライングで、まだ暑かった。しかし、真夏の暑さではない。何とかなる暑さ。
 僅かな距離だが、コースがある。一番短いコースで、それを選ぶ。これは自分だけが決めた道順。特に何もなければ、そのコースになる。元気なときはそこからさらに振る。大きく振ると、遠くまで行ってしまうのだが、まだまだ圏内。コース内だ。たまに入り込む道筋で、こなれた道。
 それで、少しだけ遅くなったのだが、そのついでにスーパーへ寄り、おかずなどを買う。これは冷房の効いたところに入りたかったためかもしれない。そして用事も兼ねている。朝のおかずがない。
 惣菜ではなく、野菜の煮付けの野菜類がない。また味噌汁に入れるホウレン草もない。スーパーへは毎日行くわけではないが、サボると食材が減る。行き過ぎると食材が増えすぎて、腐ったり枯らしたり、賞味期限が切れてしまう。冷凍できるものならいいが、そうでないものは強引に食べるしかない。
 
 今朝のお供のノートパソコンはHP社の高いノートだ。普段は部屋でサブとして使っている。だから放置ノートパソコンではないので、いつでも持ち出せる。これはかなりの高速機。そして13インチなので大きい。薄くて軽い方らしいが、やはり1キロを切る13インチノートが色々と他のメーカーからも出ているので、重く感じる。このノートの後継機が既に出ており、そちらは大きさは同じだが、かなり軽くなっている。
 しかし、喫茶店などで出すとき、テーブルからはみ出すことがある。そんなとき重い方が安定感がある。
 富士通から世界最軽量の13インチノートが出ている。ずっと前からNECとやり合いながら出し続けているのだが、富士通の勝ち。軽くて持ち出しやすいが、果たして使い心地はどうだろう。
 カメラも最近よく重いペンタックスの一眼レフを鞄に入れている。構えたときの安定感が違う。今朝もペンタックスを持ち出している。
 キットレンズの最短撮影距離が長い目なので、テーブルものは苦手。だから喫茶店のテーブルの上にあるノートパソコンを写そうと思うと、身体をかなり引かないといけない。
 13インチなのでキーボードの幅もあり、窮屈さがない。ラフにタイプできる。
 今朝は大きい目のノートと、重い目のカメラを鞄の中に入れている。差はそれほどない。ある程度の重さを超えると、似たようなものになる。
 そのペンタックスのレンズ、400ミリ程まで写せる高倍率レンズを狙っているのだが、実行できないまま。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

秋空か夏空か

■■ 2020年9月5日 土曜日 午前11時14分
 
 今朝は晴れている。さて季節はいつだろう。空を見ると小さな雲がポツンポツンとある。地平線側には入道雲で、これは夏だろう。やっと晴れたのだが、台風が来ているようなので、その後は分からない。一日だけの晴れもあるし、午前中だけの晴れもある。午前と午後が違っていたりすると、今日は晴れとは言えない。だが、今日は晴れのち曇りでは、正確すぎる。曇っていたのに、また晴れ間が出たとなると、さらに面倒。起きたときの天気なら、問題はない。
 そして今朝は夏がまだ続いているのが分かる。しかし陽射しは衰えている。勢いがない。
 といっても夏は夏。秋の涼しさはないが、秋は果たして涼しいのだろうか。暑い秋もある。
 今朝も早い目に目が覚めたのだが、まだ寝たいので、そのまま二度寝、三度寝までいった。三度寝は起きるつもりだったがうとっとしてしまった。そしてすぐに目が覚めたのか、時計の針はそれほど進んでいなかった。ここで長く寝るとかなりの遅起きになる。幸いそれはなかったが、それでも遅い方。まあ、寝ている方がいいことがあるので、身体を休めるためにも、二度寝三度寝は推奨だったりする。
 昨夜は夜更かしではないが、それに近い。早く寝るつもりだったので、そう感じたのだろう。そして最近は早い目に眠くなるようだ。だから眠くて寝るという良いパターン。
 昨日は曇っていたので、陽射しがなく、気温も高くなかったので、喫茶店の戻り道散歩を試みる。僅かな時間だし、先日も行ったばかり、その日は暑かったが、昨日はかなりまし。暑さが問題にはならなくなっていた。
 それで、喫茶店からの戻り道、寄り道した感じなので、当然戻りが遅く、その影響で夕方行く喫茶店も遅くなり、その戻りは暗くなっていた。日が落ちるのが早いのだ。
 遅い早いはあっても一日の中味は似たようなもの。
 最近は夕方に行く近所のスーパーへ行っていない。なぜだか分からない。行くスーパーが朝の喫茶店の戻り道に変わったためだろうか。別に何処でもいいのだが、レジがすいている店がいいし、寄りやすい店がいい。それとスーパーへ行くタイミングだ。そのタイミングから近所のスーパーは外れてしまった。これは時間帯だろう。
 
 ペンタックスのレンズが欲しいと思いながら、そのままになっている。ペンタックスの一眼レフは昼に持ち出すことが多い。200ミリまでの望遠が400ミリになるだけの話だが、最短撮影距離が少しだけ遠くなり、少しだけ重くなり、大きくなる。デメリットもあるので、動きにくい。
 このカメラ、K70だが、写真を写している気分になれる。ここが大事。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

台風の影響

■■ 2020年9月4日 金曜日 午前11時35分
 
 今朝は曇っており、夏のように暑くはないのだが、蒸し暑さがある。湿気が強いためだろう。雨が降る可能性が高いようだ。清々しさはないが、暑さがやわらいだだけまし。
 低気圧の影響か、あまりいい気分ではない。寝起き行く喫茶店までの道は暑さがないので助かるが、雨が気になる。それで今朝は傘を持ち出している。ハンドルに引っかけるだけ。これが一番楽。
 この前まで入道雲を見ながら、朝の喫茶店へ向かっていたのだが、もうその気配はない。夏の雲も、もう終わったのではないかと思えるほど。雨が降りそうな雨空なので、どの季節でも、似たようなものだが、これが晴れたとき、夏はどうなっているのかだ。
 九月に入っているので、夏空を期待する方が無理。
 台風がまた来ているようで、その影響でか十日間予報でも傘マークや曇りマークが続く。さらに最高気温は大したことはなく、猛暑はもう来ないような感じ。飛び抜けて暑い日がない。最低気温はまだそれほど下がっていないが、九月いっぱいはまだ夏仕様でいいだろう。
 秋の気候になってきているというより、台風の影響で雨が多く、気温が低くなっている。秋に入る前に、この時期は台風が多いので、台風付きで秋へと行くのだろう。
 今朝は久しぶりに喫茶店の冷房を寒く感じる。雨の降る日の冷房はきついのだが、まだ降っていない状態から寒い。気温が低くなっているためだろう。真夏での冷房とは違う。梅雨頃の冷房に近い。
 今朝はいつものファスト系喫茶店。煙草の吸える喫茶店という選択もあったが、忘れていた。
 今朝は遅起き。少し夜更かしはしたが、大したことはない。起きる時間に目が覚めたが、時計も見ないで二度寝したためだろう。だからその気になれば起きられた。遅起きになっても寝ている方がいいと思ったのだろう。そういう日は結構ある。
 扇風機を付けて寝たのだが、温度的にはそれでは涼しすぎるはず。しかし蒸し暑いので、付けないと暑い。
 昨日は雨が降っていたのか降っていなかったのか、分かりにくい日だった。傘を差していたように思えるが、すぐに閉じたりした。
 そして何か怠い一日だったように記憶している。低気圧の影響だろうか。
 暑い日が続いたあとは、何が来るのだろうか。台風だろう。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする