2017年10月05日

パナソニックTZ90

■■ 2017年10月5日(木) 午前8時53分
 
 今朝は曇っており、寒い。15度を切るのが普通になっている。夜中のことだが。そういう夜はたまにあったが、それが続くのだろう。意外と最低気温が夜中になっている。明け方が一番寒いはずなのだが、そうではなかった。しかし、喫茶店へ行く時間になっても気温は上がらず。ここが少し違う。秋の深まりだ。
 今朝はダウンジャケットが欲しいところだが、それは我慢する。裏地に毛が生えているタイプとか、ボアが入っているタイプとか。流石にそれはまだ早いのだが、軽い目のジャンパーを着ている人が多くなっている。
 襟の所に毛が見えているタイプはバレてしまうが、普通のジャンパーで裏地が毛のタイプなら分からない。襟は普通。袖も普通。裏地に暖が仕込まれているタイプは、膨らみが分からない。ダウンジャケットは餅を一杯貼り付けているようで、すぐに分かってしまう。
 昨日は衣料品店で特価台が出ていたので覗いたのだが、運動着メーカーの高いのが特価でずらりと吊されていた。値段を見ると驚く。ただのジャージの上のようなものだが、生地とかが違うのだろう。
 夕食後、徒歩散歩で出たときなど、そういうのを羽織っている人がいる。街中でもよく見かける。その値段はユニクロのウインドブレーカーと互角の勝負だが、種類が多い。そればかり作っているメーカーのためだろうか。肌触りなどで差が付く。流石に餅屋は餅屋だ。今のこの季節、丁度だが、薄い。すぐに寒々しく感じてしまうだろう。
 それを無視し、他の品を見学。千円台のハーフコートのようなものがもうすぐずらりと並ぶのだが、今はまだない。裏地に絨毯の薄いのを敷いただけの貧乏臭いタイプで、これはこれなりに暖かい。今なら。
 それが1900円あたりでずらりと並んでいるはずなのだが、今年はどうか。
 定番ものは吊されている。防寒、防水、蒸れ防止、軽い、柔らかい。と明記されている。薄い目のダウンジャケットで、ユニクロのウルトラライトのようなもの。袋が付いており、その中に折りたためるということだ。当然ユニクロよりも安い。
 この季節なので、まだゴツイダウンジャケット、アンコ入りはまだ数は少ない。これは真冬の大物だろう。初詣に着ていくような大袈裟なタイプだ。もの凄く着ぶくれになる。
 今朝は流石に寒いので、真夏向けの薄いズボンから、普通の綿のしっかりとしたズボンに履き替える。これは一年中履けるのだが、夏は暑苦しいし、冬はこれでは頼りない。しかし、その差は20パーセント程度で、極端な違いがあるわけではない。夏向けのズボンでも冬前まで履けたりする。靴などは同じものを年中履ける。
 そして、気が付けば昼間でもホームゴタツのスイッチを入れていた。流石に電気ストーブはまだだ。このままこの冷え込みが続くと、秋がなくなってしまう。どんどん冬の印象になっていく。
 
 パナソニックのコンパクト旅カメラのTZ70からTZ90へ買い換える。これは今年出たばかりなので、まだ早いので、型落ちで安くなっていない。
 このカメラは毎年出ているような気がするが、二年置きかもしれない。流石に毎年は無理なので、買い換えるのは大きな変化のあったとき。
 今回の変化は背面液晶が回転するようになったことと、タッチパネルも加わっている。これはこのクラス最強だ。つまり回転だけとか、タッチパネルだけとかはあるが、両方というのはない。ただ、そう言う機能はもう何年も前からあり、付けようと思えば付けられる機能だが、それをするとコンパクト性が損なわれたりする。
 しかし、タッチパネルは小さく軽いカメラの方が有効だ。
 大きな変化としては大きくなったこと。数値的には僅か差だが、小さくもなく大きくもなく、軽くもなく、重くもないというタイプ。小さすぎず大きすぎないので、手にしっくりと馴染む。これはカメラを持ったとき、シャッターボタンに手がかかったときに分かる。人差し指の腹ですんなりと沈むようにシャッターが落ちるのだ。指を立てなくてもいい。これは高さが少しあるためだろ。そしてボディーの厚みが増えたため。グリップが飛び出たグリップカメラではないが、引っかかりが良い。そしてシャッターボタンの高さが丁度いい。中身のスペックよりも、このガワの方が大事だったりする。これで随分と取り回しがよくなり、構えやすくなる。これも写りがどうのの話の手前側の話。当然電源ボタンの位置もよく、軽く押すと軽く起動する。これも撮影以前の話だ。
 そこまで考えて作ったわけではなく、大きくなったので、偶然そうなったのかもしれないが、これは歓迎だ。ただ、大きくなったので、ポケットが窮屈になるが。
 このカメラはコピーライカで、写し方もそれに準ずるような雰囲気になる。小さいが左肩の上にファインダーが付く。あるとないとでは大きな差だ。コンパクトデジカメは背面液晶で充分なのだが、覗ける方がいい。明るいところなどではよく見えないからだ。しかしそれほど解像力はなく、また小さなファインダーなので、ピントがよく見えるわけではない。ただの覗き穴に近いのだが、至近距離や望遠ではピントはそれなりに分かる。ここがライカ式のファインダーとは違うところなのだが、ピントが掴めるほどの解像力がない電子ファインダーが逆にライカ的だったりする。決して実像ではないが。
 前機までのようなクラシカルなデザインではなく、結構素っ気ない。しかしメタルの質感が充分ある。素っ気ないデザインでゴチャゴチャしていない。
 
 バッテリーは換えてきている。だから前機のバッテリーが使えないが、1インチネオ一眼と同じバッテリーなので、メインとサブで使い分けるときは互換性がある。ボディーが大きくなったので、大きい目のバッテリーを入れたのだろうか。大きいので長持ちする。
 また、USBの先のタイプが一般的なタイプになっている。だからこのカメラ専用のものでなくてもいけるようになった。ソニーや普通のタブレットやノートパソコンと同じタイプだ。
 充電用のコンセントもあるが、パソコンで画像を取り込むとき、それが終われば電源を落とせば充電になる。この方式のカメラは電池切れは先ずない。
 4k動画を利用したピント位置を撮影後に選択できるモードとか、機能は盛りだくさんだが、殆ど使わないだろう。それよりも基本ベースが良い。長くパナソニックのデジカメを使っているのは、インターフェースが良いからだ。中には例外もあるが、使い回しが良い。凝ったことをするよりも、フルオート撮影で充分。
 露出補正はフルオートでは弄る必要はないのだが、このモードに入っていても、露出補正ができる。背景が暗いところで咲いている白い花などは真っ白に飛んでしまうのが分かっているので、そんなときに使えばいい。液晶でそれが分かるので、勘ではなく、見れば分かるので、分かりやすい。露出が反映する液晶のおかげだ。敷かし、露出補正をしなくてもいい場合の方が多い。
 そして電子ファインダーだが、小さく、解像力ないのだが、前機よりも綺麗になっている。スペック的には同じもののはずなのだが、改善している。暗いところだと絵が荒れて見えていたのだが、その荒れ方が滑らかになっていた。粒子が見えてしまうが、線上ではなく、点状なので、自然な感じでの荒れなので、納得できる。決して綺麗なファインダーではないが、これは屋外なら充分綺麗だ。スペックは同じだが、改良されている。これは映像エンジンが上がったためかもしれない。ビーナスエンジンだ。
 タッチパネルは、背面液晶撮影だけではなく、電子ファインダーを覗きながらでも操作出来る。当然目と液晶が近すぎて、液晶など見えないが、指ぐらいは差し込める。液晶は当然消えているのだが、指を当てるとピント枠が出る。それを指で動かせば好きなところにピントを持って行ける。電子ファインダーを覗きながらできる。これはキヤノンにもあるので、珍しい機能ではないが。キヤノンの旅カメラにはそれは付いていない。
 フルオートだと、ピントも勝手に合ってしまうので、違うところに合うこともある。そんなときは便利だ。こういう使い回しが、普通のフルオート撮影でもできるのがいい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

アルミ鍋焼きうどん

■■ 2017年10月4日(水) 午前8時52分
 
 今朝は陽射しがあるが、当てにならない。朝、晴れていると思っていても、昼は曇っていたりする。朝だけ雲が少ないような。また、朝だけ曇っていることもある。朝夕と昼とでは天気が違っていたりする。一日単位にするほど持たなかったりする。晴れも持たないし、雨も持たない。雲も。その雲などは始終動いているようで、変化し続けている。夜中になると、これは見ていないので天気は分からないが、夜中寒くなったとか、雨音がするとかで、それなりに天気は分かるのだが、ずっと起きているわけではない。
 窓のないところで昼間ずっといると、天気の移り変わりなど分からなかったりする。晴れていると思い、外に出たり、外を見たとき、違っていたりする。観察ではなく、何か刺激が来ないと、気付かないものだ。
 今朝はひんやりとしているのか、道行く人は本格的な秋の服装になっている。いつもより一枚多い人がいる。半袖から長袖へのレベルではなく、長袖の上に何を着るかになっている。肌寒いというのは感覚で分かる。それだけではなく、何かを羽織っている人が多いのを目で見ることでダメ押しになる。この二つが揃えば、今朝は寒いのだと。
 目の粗いセーター系では風がスカスカ入って来て、意外と寒い。見た感じは暖かそうなのだが。だから目の詰まった物が良いのだろう。これがツルッとしたものだと今度は肌触りが冷たく感じる。風を取るか暖を取るかだ。風で暖が損なわれるのなら、風を取る。しかし風よけタイプはあまり着心地はよくない。それと風を通さないタイプは、蒸れたりする。ずっと寒い状態で、風があるときはいいが、そうでないときは、必要のない機能だったりする。
 秋は毛糸やニット系が似合うのだが、風に弱い。まだそれほど寒くなければ、着心地は良い。そして次の段階が、その上に風を通さないコート類になるのだろう。しかし、綿の密度の高いタイプは、結構風を遠さなかったりする。それでいて、着心地も良い。部屋着に近いものが着心地が良いのだろう。ダブッとしていて柔らかく、伸び縮みする。だからこれはジャージになる。
 しかし、ジャージで外に出ると、風でスカスカして暖が失われる。
 
 昨日はスーパーで鍋焼きうどんアルミ鍋を買った。鍋焼きとアルミ鍋が重なっているが、鍋焼きうどんというのは鍋のまま食べる。鍋を食べるのではないし、また鍋だけを焼くわけではないが、鍋のままの方が温かいからだ。器に入れると、すぐに冷めるわけではないが。
 普通のうどんは煮込まない。さっと湯に入れるだけ。蕎麦は絶対に煮込まない。
 スーパーでのうどんや蕎麦のランクがある。一番安いのはうどんと出汁のみ。そこに油揚げか天麩羅が付く。次のランクはアルミ鍋にそれを入れたもの。その次は一回り大きなアルミ鍋に入ったもので、値段は倍以上するが、温泉卵や本物の海老の天ぷらが入っていたり、餅が入っていたりする。薬味もそれなりに入っている。
 いつもならそのコーナー、冷やし中華やぶっかけうどんなどが並んでいたのだが、鍋焼きものに替わっていた。100円の一番安いランクのものは年中あるが。
 だから真夏に鍋焼きうどんが並んでいるのを見たことがない。探せばあるが、これは冷凍食品である程度。これが一番高かったりする。
 昨日はおかずだけを買いに行ったのだが、大アルミ鍋鍋焼きうどんを見て、それも買ってしまった。翌日の夕食になるだろう。メインが取れる。
 秋も深まり、温かい物を欲しがる季節に入っている。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

パナソニック TZ90

■■ 2017年10月3日(火) 午前8時53分
 
 今朝は雨は上がっているが、曇っている。長く晴れが続いていたので、そんなものだろう。晴れが続くよりも雨が続く方が短いが、曇りの日と言うのが結構ある。これは雨の日ではないが、晴れているとはいえないので、晴れの日ではない。だから曇り日だ。しかし、今にも雨が降りそうな曇りの日もある。曇っているだけで、降らないこともある。
 この雨のせいか、蒸し暑い。そのため寒くはないのだが、用心してジャンパーを羽織って寝起きの喫茶店へ行く。少し暑苦しい。
 一度着込むと脱げない。季節的には寒くなっていくはずなので、それでいいのだろう。
 今朝は早い目に目を覚ましたのだが、二度寝が長くなり、結局遅起きになってしまった。よくあることだ。この程度の遅れは、喫茶店の戻り道の大回り散歩をやめれば何とかなる。曇っているし、雨も降りそうなので、今朝は行く気がしないので、丁度いい。
 しかし、しばらくそのコースを回っていないと、風景が変わっているときがある。一変するわけではないが、柿の実が目立ったり、少し紅葉が入っていたりする。これは毎日のように見ていると、変化は徐々なので、繋がりが分かるが、それでも、ある日突然咲いている花などがある。
 残り少なくなってしまったが、田んぼでは既に稲刈りが終わっている田もある。これは散歩に出なくても、日常移動中に見ることができる。ここが一番変化が大きい。面積が広いためだろう。
 
 パナソニックの旅カメラをそろそろ買い換えても良い時期になっている。最近は同じパナソニックの1インチネオ一眼を使っているのだが、少し大きく重い。ファインダーも大きく綺麗で、じっくりと写すときは気持ちがいい。しかし街中で取り出すとき少し大袈裟なカメラとなる。小さくても大きくても、カメラに変わりはないので、似たようなものだが、本人は大層なカメラを出していると感じてしまう。モロに一眼レフスタイルとなるためだろう。
 それでサブカメラとして、ポケットに入るコンパクト系を持ち出すのだが、実際には二台も持ち出さない。何処かへ撮影にでも行くのなら別だが、鞄に入れているだけで一枚も写さないことの方が多いのだ。だから二台もいらない。
 小さなカメラを持ち出せば、そのカメラの世界になる。そのカメラの視点になり、頭になってしまう。そう言う目で風景を見ている。これで、何を切り取るのかが決まったりする。良いカメラだと、良い風景を写したいと思うのか、そういう風景ばかり探している。
 それで、パナソニックの旅カメラなのだが、大きく重くなっているが、店頭で触ると、快い。300グラムほどあるので、このクラスでは重いのだが、今の旅カメラとしては平均的だろう。ファインダーが付き、液晶が回転して、この重さで済んでいるのだから。
 これはもうコンパクトとは呼べないレベルだ。しかし、かえってその方が持ちやすい。手にしたときのしっくり感がある。安定している。ボディーが分厚くなったのか、その流線型の分厚さが、手に馴染む。これはコピーライカ路線だろう。
 その前機まではポケットカメラ的で、軽く小さいコンパクトカメラのイメージだが、新製品は貫禄がある。この大きさだと、片手撮影がしやすい。両手が使えないときがあり、そのときは片手でもそれなりに安定している。
 電源ボタンの位置は、パナソニック系が一番いい。特に旅カメラの電源ボタンは右肩近くにあり、ボタンだ。以前はレバー式だったが、それが横長のボタンに変わり、今は丸いボタンになっているが、押しやすいし軽い。つまり親指で押すタイプなので、親指の力が強いので、軽く感じる。また、片手でカメラを構えるとき、片手で電源を押せる。中央部だと両手が必要だったりする。
 この立ち上がりの良さが、素早く軽快。そして背面液晶が頼りないほど薄いのだが、もの凄く柔らかい。これは片手で持ったまま指で上げられるのではないかと思えるほどだ。つまり、カメラそのもののスペックではなく、そういう使い回しがいい。電源ボタン周辺には何もないので、親指の腹がそのまま乗る。だから、目を瞑っていても、ボディーの右肩近くを押せば電源を落としたりできる。こういうデザインというか、無理のない操作系がいい。これは前機でも同じだ。
 ファインダーは小さいので、構図が取りやすい。その変わり、ピントがよく見えなかったりするが、これは当てにならない。合っているように見えることがよくある。そして広角側では分からないだろう。
 コピーライカ的だと思うのは、このファインダーだ。電子ファインダーだが、何とか見えているだけで、レンジファインダー機に近い。レンジファインダー機は二重像合致式とかでピントを取りに行くタイプで、ぼけ具合で見るタイプではない。距離だけを取りに行くタイプだ。この旅カメラのファインダーはそれに近い。
 だから、このカメラ、コピーライカ機に近い。ライカに近いのではなく、コピーライカ機に近いのだ。コピーライカに本物はない。その人のイメージだ。
 少し大きく重いがズボンのポケットには入る。液晶回転式にしたぐらいで、ここまで大きくならないはずなのだが、持ったときの感触は前機よりはるかにいい。ポケットカメラからコピーライカ機に変身したのだろう。一寸大きい目に作ればいいだけの話なのだ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

秋物衣料

■■ 2017年10月2日(月) 午前8時32分
 
 朝から雨。しかも週明け。月初めは昨日だったが、週明けの月曜の方が印象が強いのは、月曜のためだろう。休みが終わった翌日ということで。
 しかし気温は昨日よりも高く、夜は20度台をキープしており、温かい目の朝になっているのだが、日差しがないためか、気温は伸びない。雨の日は朝も昼も同じような気温なので、昼間伸びない分、寒いかもしれない。
 昨日から寒いので、薄い目のジャンパーを着ている。生地は綿ではないので、綿ジャンではないがゆったりとしており、首元まで襟が上がるので、こちらの方が着心地がいい。綿ジャンは丈が短いので、脇のポケットがなかったりする。その分、損だ。だからもの凄く分厚いカッターシャツのようなものだろうが、襟が開いているところに違いがある。こういうのも色々と変形があり、定番物過ぎると逆にクラシックとなる。ただ、その型はいつまでも生き残るだろう。
 昨日はユニクロで例のウインドブレイカーを試着するが、その前に自分よりも年上の夫婦がおり、年取ったお父さんが試着していた。値段は6000円。その価格は蒸れない加工とかそのあたりにあるのだろう。ただのナイロンの生地ならもっと安いだろう。
 それでその夫婦は気に入らないらしく、買わなかった。その後、試着すると、少し軽すぎて、右腕を通した後、左腕を通そうとすると、逃げる。このタイプ、襟がないので、フードを掴んだりする。くにゃっとしており軽く、逃げる。そして両腕を通して、前のファスナーを閉めようとすると、するっと外れた。結構ちゃちで、これでは1600円ほどの品だ。普通の生地のレインコートのしなやかさがない。ファスナーが上がらなかったが、着てみると、皺が出ない。張りがある。まるでロボットだ。確かにその方が水の流れはいいだろうが、ポタポタと一気に流れ、ズボンを濡らしそうだ。合羽の上だけを着ているとき、よくある。合羽の中は無事だが、触ると濡れてしまう。
 それなら生地に吸い込むタイプの方がよかったりする。それで、これはどう見ても合羽の上。コンビニで500円で売っているのと同じようなもの。蒸れないだけ高いのかもしれない。それと体にフィットしすぎるのもいけない。ユニクロの品はスリムすぎて、着心地が悪い。遊びがないのだ。
 しかし、奥に安いタイプが吊されているので、それを見ると、ゆったりとしたジャンパーもあった。襟は丸首だが、腕はに二本入るほど幅がある。よくオッサンが着ているあれだ。つまりほぼ作業着に近いタイプ。流石に中綿はないが、いかにもジャンパーという感じで、脇のポケットも深い。ファスナーで止めていないので、ポケットに手を入れる度に、ファスナーで噛まれることはない。またポケットの蓋がマジックテープだと、開けるたびに棘が刺さるような感じになる。
 先ほどの夫婦が買わなかったのは、何やら頼りなさげな固まりだったためかもしれない。
 この日は気に入っても買うつもりはない。土日、ユニクロは混んでおり、レジ前に行列ができる。並んでまでは買わない。
 同じ6000円も出すのなら、もう少し季節が進んでからでも着られるタイプがいい。近くのスーパー二階にあるいつもの衣料品売り場で新作で出ていたものの方がいい。偽皮のジャンパーだが、フードが付いている。下にフード付きを着たとき、そのフードを出すのだが、そう言う風な仕掛けだ。要するに襟の汚れを、このフードが犠牲になって何とかしてくれる。だから、このジャンパーの襟は汚れないというもの。そのフードだけ綿で、まるで下に何かを着ているような感じだ。そのフードだけを取り外せる。だから、それだけを洗濯すれば、いいのだ。まあ、首にタオルを巻いているようなものだ。
 ユニクロではユニクロで作ったものしかないが、スーパー二階の普通の衣料品売り場では、色々なメーカーの品が並んでいるので、選択肢が広くなる。これとこれの間。とか、これにあれをなくしたもの、とか、あれを加えたものとか、統一した品ばかりではないので、バラエティーだ。それをもっと進めると古着屋になる。こちらは時代が加わる。
 綿入りではないジャンパー系は、ゆったりとしたタイプでないと、下にセーター類を着込めない。綿入りだと、真冬まではセーターはいらないだろう。
 秋が深まりだし、涼しいから寒いに変わりつつある。そして十月は衣替えの季節。秋へ向かうのではなく冬に向かっている。秋も十月は中頃ということになる。既に三分の一は過ぎているのだ。
 スーパーで賞味期限間近台があり、そこで豪華アルミ鍋焼きうどんを買っていた。昼に食べようと思ったがもったいないので、夕食に回した。
 海老と温泉卵が入っている。後はワカメと薄揚げ。海老は幅広で鍋一杯の長さ。しかし値段を考えなさいという話しになる。そして芯のない天麩羅を揚げる技術力を。
 確かに海老は入っていたが、箸で天麩羅が簡単に切れる。何処までも切れる。最後は小指ほどの痩せた海老が出てきた。だから天かすうどんなのだ。衣の中身は殆どが小麦粉。うどんも小麦粉。だからうどんをご飯にうどんをおかずにして食べているようなものだ。しかし欲しいのは油だろう。だからそれなりに充実するが、海老に関しては期待してはいけない。値段を考えなさい。値段を。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

都はるみとかしまし娘

■■ 2017年10月1日(日) 午前8時42分
 
 今朝はよく晴れている。秋晴れだ。これを日本晴れと昔はいっていたように思う。この日本晴れはそれほど古い言葉ではないのだろう。
 気温は低く、夜中の最低気温12度。これは瞬間最低気温のようだ。起きたときは18度あったが、それでもひんやりとしている。そのため、出るとき、いつものペラッとしたパーカーでは寒そうなので、普通のジャンパーを羽織る。中綿は流石に入っていないが、春の終わり頃から着るような感じで、かなり暖かくなってきたときに着たものだ。春先はまだ真冬の格好をしているので、このジャンパーは薄着だった。それが今なら丁度間に合う。しかし、Tシャツで短パンの人はまだいる。これから出掛ける人ではなく、家の前で何かをしている人だ。寝ているときの服装と同じではないかと思える。そのまま表に出たのだろうが、寒いだろう。しかし18度あるので、それほどでもないのかもしれない。
 普通に出掛ける人、自転車に乗っている人はジャンパー系が多くなっている。カッターシャツ一枚の人が減っている。当然半袖の人は探すのが難しいほど。バイクに乗っている人は既にダウンジャケットを着ている。綿入りだ。これは真冬とかわらないだろう。バイクは風を受けるので、歩いているよりも寒いので、当然だろう。
 先日ユニクロで見たペラッとしたウインドウブレイカーでは寒いのではないかと思える。この前までは、これを買ってもまだ暑苦しそうですぐには着られないと思っていたのだが、今朝などはこれでは頼りないと感じるのだから、それほど季節が動いたのだろう。しかし、薄くてもいいので、防水性のあるタイプはレインコートになるので、雨の日は丁度かもしれないが、防水を取るか暖を取るかだ。気温が下がると防水よりも暖を取る。傘を差せば防水も糞もないのだから。
 しかし、風邪を通さない生地は意外と暖かいかもしれない。暖かそうな上着でもスカスカだと寒い。これは風のある日だ。
 着心地は綿のふっくらとした生地のものがいい。その生地そのものが温かそう。だから綿ジャンがそれなのだが、細いタイプが多く、窮屈。その点、融通が利くのが化繊だ。どのような形や肌触りにもなりそうな。
 最低気温が12度になっているのだから、これは冬と変わらない。真冬の昼間と変わらないのではないか。
 ただ、まだ昼間陽射しがあるときは25度を超えているのだから、これは冬ではない。
 
 昨日は都はるみの古い動画をユーチューブで探していると、まだ見ていなかったのが出てきた。
 NHKの公開番組だろうか。タイトルは分からない。そこにかしまし娘がゲストで出ていた。ゲストはこのひと組だけ。番組全体はホールでのコンサートのようなもの。ワンマンショーのような。
 かしまし娘がまだ現役でいた頃。その会話から、「北の宿から」の話が出て来る。だから時期が分かる。都はるみの髪型はショートで、これは「北の宿から」のレコードジャケットでもそうなので、その当時のものだろう。
 かしまし娘の次女、照江さんだろうか。朝ドラに出ると言っていた。うどん屋のオバハンで、オバハンの役しか回ってこないとぼやいていた。これも調べれば、どの朝ドラかは分かるだろう。
 まだまだ多くの人が普通にテレビを見ていた時代で、テレビからの映像が、過去の時代の記憶と繋がる。あのテレビをやっていた頃、何をしていた頃だろうとか。
 花江さんが好きになった人を歌っていた。花江さんの歌は漫才の中でもよく聞く。都はるみの歌を結構歌っていたのだろう。あまり記憶にないが。いつもはギターと三味線だけだが、後ろにオーケストラが入っているので、鳴らす必要はないといわれて、ギターなどを置いて歌だけを歌っていた。これは珍しい映像だ。オーケストラで歌うかしまし娘。しかし、そこは漫才師、使わな損と。
 都はるみは、オーケストラではなく、かしまし娘のように自分で楽器を鳴らして歌うことが夢だと語る。「北の宿から」後、演歌以外の歌へと広げていた時期だ。まだ「大阪しぐれ」は出ていなかった頃だが。
 珍しいのは四人で漫才をやっていることだ。都はるみそのものが陽気で明るい。
 また、河内音頭を都はるみが歌う。コンサートなどでも歌っているが、それは歌謡曲風にアレンジしたもので、本物ではないとか。
 歌江さんは歌謡曲以前の古い歌をよく知っている。当然河内音頭も知っているのだが、それはレコードで覚えたらしい。その私道四人で歌っていた。テロップでは河内音頭鉄砲何とかとなっていた。河内音頭を有名にした人で、テレビにもよく出ていた。
 そして最後の歌は「涙の連絡船」。これで、幕。いつもなら明るく「好きになった人」がエンディングになるのだが、それは照江さんと一緒に歌っているので、使えなかったのだろうか。
 コンサート風の長めの動画で、若い頃の映像はあまりない。テレビでよく見ていた頃の都はるみとイメージは同じ。引退直前の映像は結構残っているのだ、髪の毛を伸ばしている。これでぐっと美人になった印象だ。紅白で「大阪しぐれ」を歌っていた映像があるが、そのときも長い。
 引退公演後、色々な人が加わり一冊の本になっている。都はるみファンの著名人たちだ。そのタイトルに「演歌の終焉」の文字がある。
 都はるみが消えることで、演歌の時代を自ら消したというような意味だろうか。既に時代は演歌の時代ではなくなっていたのかもしれない。
 この時期、美空ひばりはまだ生きている。そして数年後、都はるみは復活するのだが、美空ひばりの死も関係しているかもしれない。
 そのまま普通のおばさんになっていた方がよかったかどうかは分からない。しかし、こんなに歌の上手い普通のおばさんではいられなかったはず。
 引退後、プロデューサーになっている都はるみのテレビ番組を見た覚えがある。人に色々と言っているより、歌ってみたくなったのだろうか。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

本能寺ホテル

■■ 2017年9月30日(土) 午前8時23分
 
 今朝は晴れている。しばらくは晴れているようだが、曇ったりもするのだろう。気温は平年並かもしれない。これは流れだ。ベースの気温に近いはず。このベースも変化するが、その変化のテンポ。暖かい目の日があったり、寒い目の日があったりするのを差し引いた変化。
 北の方では雪が降ったりしそうだ。高い山なら降っているだろう。そしてもう紅葉が始まっているはず。大阪方面でも結構色づいた葉が所々にあったり、落ち葉もある。夏の終わり頃からそれはあるのだが、枯れているのか、ただの紅葉なのかは分からない。全部の葉がそうなれば紅葉で、木が自動的に葉を落とす準備をしているのだろう。青いままでは落ちないので。
 また年中葉のある木も、葉は落ちる。それがどのタイミングかは分からない。全部落ちないだけで、古い葉から順に落ちていくのだろう。知らない間に入れ替わっていたりする。
 今朝は土曜で小学校は休みのはずなのに、立ち番がいる。学校の前を通ると運動会のようだ。そして正門が開いている。ここは普段閉まっている。児童は裏口から入る。正門から入った方が早い子もいるのだが、わざわざ回り込んで裏口から。
 正門には校長の許可がなければ入れないと書かれている。校長がいないときは、どうするのだろう。しかし、この正門、行事のときは開いている。入学式や卒業式だ。そして運動会。しかし、それを見に来た親たちは許可はどうするのだろうか。
 昔の学校は何処からでも入れた。完璧な塀ではなく、垣根程度なら隙間がいくらでもあった。
 
 昨日はアマゾンビデオで「本能寺ホテル」を見た。有料だ。400円か500円で、ダウンロード式のレンタル。日が立てば消えてしまう。プライム会員なら無料の映画も結構あるが、これも消えてしまうのがある。ある期間だけアップされているのだろうか。
 本能寺ホテルはかなり新しいので、無料にはなっていない。
 先ず映画会社のマークがなく、いきなり始まる。途中から本能寺ホテルというタイトルがやっと入る。
 本能寺は、今の本能寺とは別のところにあったらしい。ホテルは本能寺の変のあった頃の本能寺の敷地内にあるのだろうか。このホテルが先ず嘘だというようなほど古い。京都の町の路地の奥に聳えている。七階建てだろうか。洋式の格式のあるようなホテルで、その支配人が風間杜夫。年を取ってしまったので、誰だか分からなかった。顎の尖った主人公の女性はそこで泊まるのだが、予約していたはずのホテルが付きが違っていたようだ。また本能寺ホテルを知ったのは、チラシ配りの妙な青年から。
 そのホテルのエレベーターと本能寺が繋がっているのだが、何らかの偶然でそうなる。それが宣教師が持ってきた信長時代のオルゴールだったりするのだが、それは故障して動かないらしい。また信長も食べたという金平糖も関係する。これは主人公が女性なので、そういう土産物を偶然買っている。かなり昔からあるなめて食べる金平糖ではなく、噛んで食べるタイプとか。この破裂音も関係する。
 さて、本能寺。変の二日前とかその前夜あたりに、主人公は出たり入ったりする。
 エレベーターが開くと、そこは客室が続く廊下ではなく、本能寺の廊下。しかしそこが何処だか主人公は分からない。廊下をしばらく歩くと森蘭丸がいるが、美少年ではなく、イメージが違うとあとで漏らす。しかし、初対面では蘭丸だとは気付かない。親方様という人が、ここに滞在しているらしく、その家来がいる。茶会に招かれた公家や商人も。そこで茶道具などを披露したりしているのだろうか。主人公は異国の人として、客のように、蘭丸の計らいでそこに混ざる。
 そして親方様というのが信長だとはまだ気付かない。それよりも、ここは城だと思っている。
 主人公にも事情があり、その事情のポイントが「やりたいこと」の有無。そのときの主人公にはそれがない。会社が倒産し、無職になり、永久就職へ向かう途中。
 信長の天下統一。このやりたいことの規模は大きい。しかし、やりたいことに大小はないと信長はいう。
 それよりもお寺の中が広い。本道がポツンとある程度ではなく、大きな屋敷なのだ。そこが信長時代の本能寺であることを知った主人公は、京都での信長の宿泊先なので、本能寺ホテルのようなものだというと、ホテルという言葉を信長は知らないようだ。
 そして信長と仲良くなり、信長は身分を隠して主人公と京の都の賑やかなところを散歩する。信長はこういう異国の人が好きというより、興味を示す人だったはず。
 主人公は本能寺の変を知っているわけなので、それを教えることになるのだが、そうすれば信長は逃げるだろう。だから歴史が変わってしまう。
 婚約者がおり、しかもその父親は大きな料理屋の主人。これが近藤正臣?。ところが、この婚約者の父親は料理屋を閉めるという。本当にやりたかったのは大衆食堂だったと。ここでも「やりたいこと」が入る。そして主人公にはないが、明日それができるかも、と謎めいたことをいう。明日とは、このお父さんの金婚式のパーティーの日でもあり、婚約者が婚約指輪を、主人公に渡す日であり、そして本能寺の変、当日。
 未来から来た主人公のいうことを信長はそれなりに信じる。地球が丸いことをこの前知ったとか、また信長の知らないものが世の中には色々あることを知っているだけに、未来から人が来ても不思議ではないと思ったらしい。
 信長が本能寺で果てなくても、何かの都合で、さっと死ぬかもしれない。もし明日死ねばどうなるかと蘭丸に聞く。
 蘭丸は柴田勝家が信忠の後見人になるだろうという。長男信忠も京で死ぬのだが、そこまでは蘭丸は分からない。そしてそれで上手く行くかどうか分からないらしく、丹羽や滝川などが別の息子を担ぐかもしれないと。蘭丸から見ると、秀吉は論外だったようだ。
 本能寺は明け方の話、その夜、信長は手紙を書く。蘭丸はそれを届けさせるわけだが、北陸の柴田ではなく、中国筋にいる秀吉にだった。
 本能寺ホテルの支配人風間杜夫はそのことに関して、命よりも大事なやりたいことが信長にあったのではと、語らす。それは天下統一の後継者は勝家ではなく、秀吉。だから変が起こる前にその一報、しかも信長直筆の手紙が秀吉に届く。中国大返しの速さは、それではないかというのが、この映画の映画的話で、何となく辻褄が合うように思えるのは主人公の心情や、盛り上げ方の伏線が丁寧なためだ。
 そして主人公は「やりたいこと」が見付かったのだろうか。ここまで盛り上げておきながら、見付からなかったでは話しにならないが。
 本能寺の変後、主人公は本能寺ホテルから旅立つ。その本能寺ホテルそのものが怪しげな存在なのだが、信長と過ごした時間、主人公は何かを得たようだ。そして現代の京都市外が出てくるのだが、そこを歩いている人は昔の人だったりする。まるで時代祭だ。そういう切り替えが何度もあり、そのシーンが結構絵になる。そして鴨川では横に信長が座っていたりする。
 光秀の謀反、それを知っていた信長は何をしたか、そして主人公の「やりたいこと」とはなんだったのか。その答えは非常に映画的二重構造の中に出る。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

寝過ごし

■■ 2017年9月29日(金) 午前9時13分
 
 今朝はよく晴れている。そして予報通りガクンと気温は下がり目。夜は20度を切っているが、この寒さはこの前にもあったので、それまでが暖かすぎたのだろう。
 低気圧が北上し、それが去ったあたりで北から冷たい空気が入ってきたのだろう。北風だ。これが冬の風だろう。大阪方面では日本海側からの寒気となる。まだそこまで冷たくないが、徐々にそれが来るのだろう。
 秋が深まるというのは冬が来ていると言うこと。これは毎年あることなので、特に変わった現象ではない。この前まで暑かったのに、急に寒くなってきた、これはどうなるのだろうと、心配する人はいないだろう。今年生まれた猫や犬はどう思っているのかは分からないが。今年生まれた人間の赤ちゃんは、そんなことは考えないだろう。寒くなれば震える程度で、これは一体何か、などと深く考えない。
 理解していると知っているとでは違うが、理解している人でも、本当に理解できているのかというとそうでもなさそうだ。分かっていたことが実は違うこともある。知っている程度なら無難かもしれない。何となく知っている程度で、それ以上のものではないので。そういうものが世の中にある程度の知識。これは知っているものと実際とは違うかもしれないが、知らないよりは多少は便利かもしれない。
 知っているものが間違いであったとしても、最初から知らない状態だと、何が間違いだったのかも分からない。定説を知らないと、その逆転も楽しめなかったりする。
 今朝は遅く起きてきた。いつもより早い目に目が覚め、そのまま起きれば余裕の朝になるはずだったのだが、逆に一時間以上遅く起きてしまい、余裕の貯金どころから、借金ができたようなものだ。ほんの一寸したことで逆転する。まだもう少し寝ていても大丈夫、というのがいけない。
 今朝は一応ペラッとしたパーカーを羽織ってきたが、それほど寒くはなかった。早朝の寒さはもう終わっていたためかもしれない。
 季候もよくなり、自転車で遠出もしやすくなるのだが、不思議とそのタイミングがない。行けそうな日は曇っていたり、雨。また用事があったりする。
 遠くまで行かなくても、近所の散歩も最近はしていない。夏場は移動するだけで精一杯で、暑い中ウロウロする気がしなかった。
 夏場と違い日が落ちるのが早くなっているので、戻り道が暗くなりそうだ。
 近所もあまりウロウロしていなかったので、そこからがスタートだろう。それほど遠くまで足を伸ばさなくても、中距離程度の場所で、長く行っていないところが増えている。
 しかし、朝の喫茶店からの戻り道大回り散歩が効いている。僅かな時間だが、このショート散歩は毎日できるが、今朝のように遅く起きてきたときはその限りではない。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

雨の日のデジカメ

■■ 2017年9月28日(木) 午前8時38分
 
 今朝は雨。強くはないが、長く降ってそうだ。気温はまずまずで、それほど寒くはなく、暑くもないが、暖かい目の雨だろうか。
 こういう日は喫茶店の冷房が厳しいのだが、今朝は冷房を切っているのか、いい感じだ。この季節冷暖房はいらない。しかし、窓のない店もある。壁が硝子になっているだけで、窓ではないので、開けられない。壁でもいいのだが、それでは暗い感じがするので、硝子板にしたのだろう。これは開かなかったりする。そのためエアコンがいるのだろう。
 昨日も雨だったので、雨が二日続くことになる。秋の長雨というのは聞いたことがあるが、これは台風ではない。普通に降る雨で、降っている期間が長いこともあるのだろう。秋晴れがある。そして秋の長雨もあるので、どっちだろうと思ったりする。晴れが続くのは夏かもしれない。夕立はあるものの、暑いとき雨が欲しいのに、滅多に降らなかったことがある。待っているものはなかなか来ないが、待っていないものは多く来る。
 先日ユニクロで見た防水性のあるパーカーが、今日のような雨の日に欲しいものだ。ペラペラなので、冬服には見えないし、デザインもあっさりとしている。小雨程度なら、ウィンドブレーカーで充分だろう。それほど長い間自転車に乗っているわけではないので。まあ、雨の日はコンビニの500円のレインコートを引っかければそれでいいのかもしれない。上下組は倍の値段がしているが、着ると蒸し暑い。蒸れる。この蒸れを何とかしたタイプなので、ユニクロのは高いのだろう。まあ、ゴミ袋でも雨は防げる。これなら十円ぐらいかもしれない。
 ガタンと気温が五度ほど下がり、寒くなると、何処かで聞いたのだが、当たらなかったようだ。しかし、あることだ。
 昨夜の気温は22度ほどあり、少し高い目。それが17度になることは考えられる。平年並の気温は忘れたが、20度前後だろう。昼間は30度近くある。これが28度だとしても五度落ちだと23度。昼間23度というのは今秋に入ってからあったような気がする。一日ぐらいで、長くは続かない。まだその時期ではないため。
 昼間23度は夜中の暖かい目の気温なので、それほど寒くはない。より過ごしやすいかもしれない。まだまだ昼間の気温は夏を引っ張っているのか、暑いときがある。
 雨の日はポケットに入るデジカメでないと取り出すのが面倒になる。そんな日は写すようなものはないし、また傘を差した状態で自転車の上から写すので、カメラは軽く小さい方がいい。それ以前に写すものなどないが、濡れた路面とかはいつもとは違う。花なども雨で濡れ、みずみずしい。
 それで今朝はソニーのコンパクトな旅カメラをポケットに入れる。小さいのでズボンのポケットでも余裕で入る。これで700ミリ超えの望遠が効くのだから、凄い話だ。しかも液晶が回転する。この回転が柔らかいので、液晶を持ち上げやすい。街中では手かざしよりも目立たない。液晶回転式は小さなカメラの方が有効で、大きく重いカメラになると、取り回しが悪くなる。
 ただ、このカメラ、小さいため、両手でしっかり構えないと、シャッターを切るときブレる。卵を抱くように持つのがいい。グリップも何もないので、片手で撮影は難しい。液晶を回転させ、ウェストレベルで写すときは親指シャッターになるため、非常に安定する。
 受光素子が小さく、レンズも暗いので、ピントも深いので、あまり神経を使わず写せる。何処にピントを持ってきても、あまり変わらない。ただ700ミリ超えの望遠のときは、流石にピントは浅い。それと至近距離での接写だ。この接写も、花の一部にしかピントが来ないほどではないので、花びら全体にピントが来るので、絞らなくてもいい。逆にボケ味を楽しむとか、背景をぼかして際立たせるということは苦手とする。しかし、全体にピントが合っているように見えるので、鮮明に写っているように見える。
 今朝は雨で何ともならないので、喫茶店からの戻り道大回り散歩もできない。これをすると、帰る時間に影響するので、遅く起きたときは省略している。
 九月もそろそろ終わりだ。九月は30日までで、31日がない。西向く侍で覚えている。2469だ11月が侍になる。侍は武士の士と書けば、士が十一となるためだろう。
 31日ある月の呼び方は知らない。これは数字で覚えていたこともあったが、記憶に残りにくい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

のり弁

■■ 2017年9月27日(水) 午前8時21分
 
 今朝は晴れているが、たまに日差しが途切れる。上空にうろこ雲がかかっているようで、これは一枚物の雲として見た場合、破れているようなもの。その破れ目から日が来ていたりする。雲が動けば、照ったり曇ったりする。また太陽が全部見えないで、一部分だけ見える。これは肉眼で見るのはつらいが。
 太陽がレンズだとすれば、絞り羽根で加減される感じだろう。太陽の光が全部届かないので、影も弱くなり、当然明るさも減る。それでも陽射しが出ていることに変わりはない。曇っているとはいえない。影ができるのだから。
 今朝の気温は高い目かもしれない。夜中の気温も20度を切っていない。夕方は涼しいが、少し暑いこともあった。扇風機はまだ必要だろう。少しだけ風を受ける程度で、すぐに切るが。
 9月10月11月が秋だとすると、もうすぐ10月なので、秋の中頃に差し掛かることになる。9月は夏が残っているが、10月だと夏が抜け、秋らしくなるだろう。11月に入ると、冬が入り込む。だから10月が一番秋らしいかもしれない。秋の中頃、ど真ん中だ。
 それらは徐々に来るのではなく、行きつ戻りつで、ある日ガタンと寒くなったり、暖かくなることもある。決して滑らかなカーブを描いているわけではない。
 寝起きに行く喫茶店までの服装は、今日はパーカー類はなしだが、行くとき羽織り、戻るとき脱ぐパターンが多い。今朝は最初から脱いでいると言うより、最初から着ていない。少し暖かいためだ。
 朝、羽織り、戻りも脱がなければ、それだけ季節が移り変わっていくことが分かる。もの凄く具体的だ。それを決めるのは本人で、暑く感じたり、寒く感じるので、具体的になる。本人の感度はもの凄く大きいのだが、人はどんな服装かと見ることも多い。少しひんやりとする程度ではダウンジャケットは着ないだろう。着られない。その反対もある。暑く感じ、Tシャツ一枚で十分だと思っていても、誰もそんな薄着などしていなければ、人目がブレーキになったりする。
 この人目、世間の目、というのはただの目で、それは他人の目と言うより、自分自身の中にある世間の目だろう。ある共通する何かだ。
 昨日はご飯が切れ、適当なものを買って食べる日になっていたが、これは夕食に限られる。
 それで、久しぶりに弁当屋でのり弁を買う。これは夕食前の時間帯に行くと並ぶ必要がある。すぐには持ち帰れない。待たされる。コンピ二が近くにあり、そちらで買えば早いのだが、ご飯が違う。弁当屋のご飯を美味しい。貼り紙に新米入荷となっていた。このご飯が美味しい。違いがあるとすれば、それだけかもしれない。スーパーのご飯はばらつきがあり、店により違う。美味しいご飯の弁当のあるスーパーもある。美味しくないのは硬くてパサパサのご飯。粘りがない。時間も経過しているので、そんなものかもしれない。
 さて、久しぶりののり弁だが、食べたあと眠くなってきた。胸焼けのように。のり弁は白身魚のフライがメイン。この白身魚は何かは分からない。おそらくタラだろう。まあ、フライものを食べると、胸焼けしやすいので、ものが悪いわけではない。
 こういうとき、野菜の煮物などが残っていればいいのだが、それだけでは頼りないので、メインが欲しいところ。
 加工品ではなく、焼き魚などがいいのだろう。しかし魚は肉よりあっさりしているようで、結構油っこいのもある。この季節は秋刀魚だろうが、油っこいので食べる。
 秋刀魚や鯖は缶詰で安く手に入るのだが、味が全部同じになる。つけ汁のせいだろう。だからまずい魚でも同じ美味しさがあるので、いいのかもしれない。そのものに味が付いていないものもある。かすかに味はあるが、そのまま食べる人は少ないだろう。たとえば豆腐だ。
 そして醤油の発明が大きいらしい。これで水臭いものでも食べやすくなったためだ。味噌もそうだ。どちらも大豆だ。
 この季節、味覚の秋とも言う。夏場よりも食欲が戻るためだろうか。そして常温で食べることができる気温。熱いものでも汗をかかないで食べることができるが、まあ、汗は冬でも出る。熱いものを食べているときは。しかし、鍋物が食べやすくなる。温かい汁物を欲しがる季節でもある。夏や冬に比べ、食べ物の種類が多くなる。熱くて避けていたもの、寒くて避けていたものが加わる。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

しろ菜

■■ 2017年9月26日(火) 午前9時01分
 
 今朝も晴れている。最近晴れが続いている。気温は少し高い目か、昨日の昼間は30度ほどあった。これは夏だ。朝夕は流石に涼しいが、昼間は暑いときがある。
 朝の喫茶店までは上にパーカー類を羽織っているが、戻り道は脱ぐ。今朝は寝過ごしたので、遅い目のため、日は昇りきっているので、パーカー類は羽織らなかった。起きたとき、妙に暑苦しかった。いつもなら、少し肌寒く感じるのだが。これは体調にもよるのだろう。今朝の寝起きはいい機嫌ではなかった。機嫌良く起きてこれる日と、そうでない日がある。気候も変われば気分も変わり、体調も変わる。
 日々、変化していくのだが、気付かないことも多い。一日では分からないためだろう。
 遅く起きてきたので、小学校の登校風景もなく、その後の幼稚園の登園もない。しかし、どちらも同じ場所だ。同じ小学校内にある。ただ、幼稚園の方は専門の門を持っている。
 今朝はもう授業が始まっているのか、音楽が聞こえてくる。運動場で何かしている。運動会の練習だろうか。それならクラス単位の授業ではなく、学年単位だろう。小さい子がいない。
 今朝は暑いのか、喫茶店の冷房が入っている。冷房なしの日も最近あるので、今朝はやはり暑いのだろう。そうなると、その冷房で寒くなるのだが。そして喫茶店の滞在時間が短くなる。夏場はそんな感じで、長く座ってられない。快適にするはずのエアコンが逆に向かっているので、不思議だ。こういう現象は結構多い。上手くマッチすれば快適なのだが。
 快適を目指すあまり不適になる。ふさわしくないどころか反対側へ行ってしまう。
 
 昨日はしろ菜の値が落ちていたので、それを買い、煮る。安いと思っていたら半分だった。半分でも結構量が多い。野菜は百円台中程以上になると買わない。別の似たような野菜にするが、それでもないときがある。
 それと練り物も入れる。天麩羅だ。海老と玉葱が入っているはずなのだが、その姿は確認できなかった。玉葱らしいものはあったが、海老などまったく感知できず。値段を見れば分かりそうなものだが。まあ、海老もすったのだろう。潰して入れたのだろう。この天麩羅、本当は魚のすり身のはずだが、中身の殆どは小麦だろう。値段を見れば、これも分かりそうなものだ。
 しろ菜には油揚げが似合う。少し油っぽいものが入っていると、美味しくなる。このしろ菜、一時間近く煮込むことで、ポテポテになり、いい出汁が出る。野菜出汁だ。調味料がいらないほど。
 子供の頃からこのしろ菜はよく食べた。近所の畑にいくらでもあったのだろう。しろ菜はしろ菜だけを煮るのがいい。そんな規則はないが、家ではいつもそうだった。油揚げが入る程度。それと煎り雑魚も入っていた。卵を入れることもある。
 これはしろ菜でないと、そのポテポテの軟らかさは出ない。しろ菜は、菜っ葉だ。ある季節だけは安いが、それを過ぎると、高い野菜となる。
 スーパーにあるしろ菜は、遠いところから来たもの。ぐんと安くなるのは、その近くの畑からきたときだ。それは滅多にない。
 肉やフライものではなく、こういうあっさりとしたもの食べるのがいいのだろう。煮ないといけないので、面倒だが。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする