2020年09月03日

敷き布団カバー替え

■■ 2020年9月3日 木曜日 午前11時12分
 
 今朝は曇っており風が強い。朝、出るとき雨が降っていたが、すぐにやんだ。風が強いのは台風の影響だろうか。空気も生温かそうだが、気温はそれほど高くない。結構適温。ただ、生温かく湿気が強いようだ。
 昨夜も気温は高くないのだが、暑い。蒸し暑い。雨が降っていたのだから、当然だろう。そして湿気が強いのも。折角の雨だが台風絡みの空気ではないかと思われる。真夏の頃の雨は、去れば涼しい風が吹くのだが、昨夜は生温かいまま。そのため、扇風機を付けっぱなしで寝る。最近はそうだ。しかし、寝ているとき、寒く感じたのか、掛け布団を掛けた。これは最近ない。その掛け布団、夏布団だが、まだセットしていない。だからタオルケット。これは探すと出てきた。幸いだ。このタオルケットだけでいいのではないかと思われるが、一枚しかない。
 夏布団はカバーなし。そういう製品だったようだ。それで一夏使っているとすっかり汚れた。口とかが当たる箇所だ。ここはタオルを縫い付ける場合が多いところ。
 それで、掛け布団カバーを付けていた。別物だ。このカバーがいい。柔らかい。それをやっと洗濯し、乾かしていたのを、夏布団本体に取り付ける。しかし、暑いので、タオルケットだけでいい。夏場はほとんど使わない。扇風機の付けっぱなしで、夜中寒く感じるときだけ。
 今朝は起きてみると、そのタオルケットを掛けたまま。朝なので暑いはずだが、蹴飛ばしていない。扇風機は回っている。
 まあ、陽射しがない朝は、それほど室温も上がらないので、そんなものだが。
 台風がどうなったのかは適当にしか情報を見ていない、こちらへは来ないことが分かっているためだろう。ただ、遠くにあってもその影響は受ける。普通の季節的な天気の移り変わりとは別物。秋の台風でも、涼しくなっているのに、生暖かい風が吹いていたりする。
 朝の雨は瞬間で、傘を差したのは自転車に乗るときだけだったかもしれない。そのまま傘を差していたが、やんでいるようで、差している人がいない。つまり傘を見かけない。これは幸いだ。風が強い上に雨。最悪状態。それを避けられた。
 今朝はいつものファスト系の喫茶店へ普通に行く。平常コースだ。たまに煙草の吸える個人喫茶に行くが、特に何もなければ、いつもの店に行く。何かがあるので個人喫茶へ行くというわけではない。非常に暑い日とかは、個人喫茶の方がおしぼりも出るし、で、行くスイッチになる。
 昨日は敷き布団カバー、つまりシーツのことだが、ペラッとした一枚物ではなく、袋状になったもの。これが面倒。ファスナーが蒲団の長い方の端から端まで走っていない。だから入口が狭い。短い。抜くときはいいが、入れるときが大変。
 シーツの上に敷きパットを乗せているが、これはコーナーで止めるタイプなので、楽。これでいいのではないかと思われるが、敷き布団の横や底が汚れやすい。取り付けは簡単だが。
 敷き布団を汚さないようにするためにはフルカバータイプの敷布が必要だろう。しかしその交換が面倒。
 敷きパットの替えはあるが、毛布ものの冬物。この敷きパット、よく見かけるので、買っておくべきだった。そして買おうと思っていた。
 さて、敷布かけだが、とりあえず四隅を先に取ることだ。オセロと同じ。四隅を押さえれば、あとは蒲団を持ち上げて振ればいい。中の具を波打たせるように。
 それで敷き蒲団関係も掛け布団関係も終了。電気毛布も終了。その前にやった普通の冬の毛布も終了。結構体力を使う。
 敷き布団をカバーに入れるのは格闘で、汗をかいた。これはコツがあるのだろう。ほとんど力を使わないでやる方法が。
 今日は空が荒れているのか、妙な流れ。これで天気が今後変わるかもしれない。ずっと続いていた夏が途切れて。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

電気毛布払い

■■ 2020年9月2日 水曜日 午前11時13分
 
 今朝は晴れているが雲が多いようだ。気温はそこそこあり、相変わらず夏が続いている。台風の影響か、風が強いのかもしれない。雲がバラバラになって流れている。大きな入道雲がどかっと湧き出ているような空ではない。また、湧き出すかもしれないが。
 雲があるので、陽射しが遮られることがあり、これは助かる。部屋の中では分からないが、外に出て移動中は陰ってくれる方がいい。当然暑いときだ。
 台風の影響からか十日間予報に晴れマークがない。曇りか傘マークだ。十日後なら、もう台風は通過しているはずだが。
 台風がすぐそこに来ていても、まだよく晴れ、天気がよいときもあるし、かなり遠い場所なのに、その影響が出る場合もある。
 今朝はいつもファスト系の喫茶店。昨日は定休日だった。そしてコーヒーチケットが切れていたので、買う。最近は機械で買う。だから釣り銭が出ないようにとか、万札が出しにくいとかがない。両替機として使えたりする。万札しかないとき、食券機で買う店などは助かる。気にしなくてもいい。
 夏がまだ続いている。暦とは関係なく、昨日と比べての話だが、相変わらず暑いというのがリアル。一度涼しい日があったのだが、あれは何だったか。そういうのは続かないと、季節の変わり目とは言えない。
 最近も扇風機を付けっぱなしで寝ているが、真夏の頃は途中で切ったり、寒く感じて蒲団を被ったりしたが、最近はそれはがない。まだ暑いほど。
 寝る前、少し涼しく感じるときがあるが、まあ、真夏でもそんなものだろう。
 ただ、夜は少しだけ過ごしやすくなっている。部屋に熱気が籠もり、厳しい夜があった。最近もそれは残っているが、ましになっている。
 朝、喫茶店へ行く道中の暑さ、夜、部屋にいるときの暑さ、このあたりに変化がないと、季節はまだ夏のまま。
 ただ、こういった膠着状態を崩してくれるのが台風。一気に変化するかもしれない。
 
 昨日は電気毛布を仕舞う。少し濡らして吹いたりしたので、一日おいてそれを畳む。その前にそれを持って手で振ったりすると、大きな埃とかが落ちた。まあ蒲団叩きのようなものだが、振ったり払ったりするのが効果的だったようだ。ただ、腕が怠くなるし、下に埃や綿クズのようなものが落ちる。こちらの方が、ブラシを使ったりするより早かったりする。
 これで電気毛布を仕舞うことができる。冬にまたお世話になるが、秋の中頃から活躍しそうだ。
 こういうのは夏になる前にやることだが、遅れた。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

ペンタックス高倍率標準ズーム

■■ 2020年9月1日 火曜日 午前11時11分
 
 九月に入ったが今朝も暑い。空気が暑い。台風が来ているようだが、まだ遠い。しかし、この台風が暖かい空気を運んでくる可能性がある。
 通常の天気の中に台風が入ってきて乱す。気温もそうだ。そして台風が去ると、戻るのだが、そのとき秋風が吹いていたりしそうだ。そして大きな入道雲も消えていたりとか。
 今朝も暑そうだったので、洗濯していたいつものペラッとした夏ジャンパーのようなのを羽織る。もっと着ないと、夏が去る。七分袖で、今が旬。まだ賞味期限がある。まだまだ暑いと感じるはずなので。
 それをずっと着ていたのだが、禿げてきた。日焼けだ。禿げて薄くなったのではなく、色が変わっている。部分的に。日が一番多く当たっているところ。これは他の衣料品でも同じだ。背中だけ色が違っていたりする。違う色目が浮かび上がってきている。
 その涼しいはずの上着だが、着てみると、昨日まで着ていた普通の薄いカッターシャツの方が涼しい。すると、真夏の間暑苦しいのを羽織っていたことになる。まあ、ジャンパースタイルなので、脇ポケットがあり、これが大きくて便利。そして襟がない。丸首のようなものだ。だから汚れやすい襟がないのでいい。
 ただ、襟がないということで涼しいわけでもなかったようだ。
 洗濯といえば、二枚目の電気毛布を拭いている。こちらはホームゴタツの中に入れており、膝掛けのようなものだが、敷き布団ほどの大きさがある。かなり大きい。先日拭いたのは小さい。
 こちらの方が汚れている。表に出しているためだろう。水を含んだスポンジで拭いたり、ブラシで擦ったりしている。これを水の中に入れれば、しばらくすると汁が出てきて、汚れが外に出たという実感があるのだが、拭くだけではスポンジの汚れ具合だけ。しかし、あまり効果はないようだ。ただ、毛布はそれなりに濡れるので、乾かす必要がある。
 これをやっていると汗をかく。いい運動になっていいのだが。
 今朝はいつもの喫茶店が定休日なので、その近くの個人喫茶へ。今朝は先客がおり、自転車が止まっていた。一台しか止められないので、いつものようにパチンコ屋に止める。
 九月に入ったので、季節の変わり目。まだ真夏が続いているが、暑さ疲れなどが出やすい。それが何処に出るかは個人によって違うだろう。
 今年の夏は、お盆を過ぎてから勢いが増した。そこからが本調子。本来ならお盆あたりで、衰え始めるのだが、今年は例外の年。そして、この暑さ、いつまで続くのかは分からない。予報では気温は下がっているのだが、その日になってみると、結構高い。または妙に暑い。
 十日間予報も、台風の動きで、違ってくる。そこまでは予測できないだろう。まあ、台風が進むコースは大方分かっているようなので、それなりの精度があるが、台風は気まぐれなので、予測は難しいだろう。また台風の影響で、違う動きがあったりする。
 昨日は朝の喫茶店からの戻り道散歩は暑くて行けなかったが、スーパーには行けた。こちらは涼しいので、行きやすいだろう。いつものスーパーではなく、大きい方のスーパー。この前をよく通る。
 卵と豆腐が切れていたので、それだけを買うつもりだったが、豆腐は冷や奴がいいと思い、それには刻みネギが必要。まずはそれを買う。
 しかし、朝のおかずがない。野菜の煮付けがあるのだが、それで何とかなるが、卵焼きか冷や奴があるほうがいい。そして店内を移動していると、惣菜コーナーがあり、そこに柔らかいヒレカツと書かれたコロッケよりも小さい目のを詰めたパックを見付けた。ミンチカツではない。数が多いので日持ちが心配だったが、揚げたてのようでまだ温かい。これは立派なおかずだ。
 夏が過ぎ、ウロウロしやすくなるはずなのだが、まだまだ暑くて、真夏が続いている。何ともならない。
 
 ペンタックスの一眼レフに付けるレンズをまだ思案中。一応中古での値段だけは見る。結構安い。28から400ミリあたりの高倍率標準レンズ。キットレンズとして付いていたのは200ミリまでなので、望遠に強くなるが、少しだけ重くなる。そして描写はどうだろうか。
 それを考えると、80あたりから400ミリ越えの望遠ズームの方が好ましいのだが、広角がない。だから一本でカバーできない。写すのはほとんどが望遠側なのだが、広角端で広く写すことも多い。
 望遠ズームの最短撮影距離よりも、高倍率ズームの方が短い。テレマクロに強いが、広角マクロには弱い。
 まあ、そんなことを考えながら、今朝はパナソニックのネオ一眼。こちらの方が融通が利く。広角マクロもテレマクロも効く。しかし、写すときの感じは一眼レフの方がいい。やはり光学ファインダーで見た風景が自然。すんなりと被写体を捕らえやすい。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

一口高野豆腐キット

■■ 2020年8月31日 月曜日 午前11時01分
 
 八月も今日で終わる31日。まだまだ暑いが、それほど高温ではない。最高気温が高い目の予報が今日だが、朝はそれほどでもない。昼に近いが、この程度ならなんとかなる。予報気温が高すぎるのだ。しかし、ほどほどの気温で予報し、もの凄く高かったとき、困るだろう。予測できなかったと。
 それほど気温が上がらないことは予測できなかっても、あまり困らない。暑くなくて良かったとなる。暑さを期待している人は希だろう。晴れを期待している人は多いが。
 昨日は雨が降った。これが効いているのかもしれない。昼間に降っている。その後も、雷が鳴っていた。
 今朝はまずまずの目覚め。やはり少し暑いのか、寝てられないほどではないが、二度寝までで三度寝が苦しかった。最初に目が覚めたときは少し早い目。その時間に起きてもかまわないのだが。
 夜は夜更かしと言うほどではなく、まずまずの時間に寝た。だからまずまずの時間に起きてきた感じ。非常に妥当な時間。納得できる時間。
 今朝も寝起きすぐに行く喫茶編へ向かうが、影の長さと方角がやや違ってきている。太陽の高さが当然低くなっていくので、横からの光線になる。極端に言えば日の出頃と日が沈む頃の角度だ。真横からに近い。
 それと太陽の位置が違う。高さではなく。これは日の出や日の入りを見ていると分かるはず。手前にあるものが違ってきているはず。毎日見ていると分からないが。
 お盆あたりからそれが出始めているのだが、9月になると、さらに明確になる。
 昼間の時間が長い夏至から一番短い冬至。その中間あたりに、近付いている。昼と夜の時間が同じになるのがお彼岸、秋分の日だ。反対側は春分。
 夜の長さ昼の長さだけで四つのコーナーがある。
 秋分は字面からだと、秋に分け入るとなる。9月の末だ。確かに秋入りしている。九月から秋だが、まだまだ夏だ。九月の下旬まで行けば、夏は遠くなり、秋らしくなる。
 昨夜は過ごしにくい夜だったのは湿気が高いためだろう。気温はそれほどでもない。だが熱帯夜だ。
 しかし深夜時間帯から過ごしやすくなる。
 
 昨日は先日買った一口高野豆腐を作る。石鹸のような大きさではなく、最初から切ってある。一口サイズに。
 レンジでできるようだが、鍋で煮る。
 この高野豆腐、水とかに入れて戻す必要はないらしい。直接入れてもいい。
 スープが付いている。粉末だ。それが三袋もある。中に入っている賽子状の高野豆腐の数を数えながら三等分し、鍋に入れる。
 当然鍋には水が入っている。まあ、味噌汁一杯分ぐらいの量でいいだろう。どの程度煮こめばいいのかが分からないので、多い目に水を鍋に入れ、出しを入れる。これは最後でも良いような気がするが。
 鍋物ではないので、煮汁が少なくなってきたあたりが完成。高野豆腐なので、汁をスポンジのように吸い込んでいるので、空焚き寸前でもいいかもしれない。しかしスーパーで売っている高野豆腐のパックには出汁が少し残っている。
 これで、簡単にできる。味噌汁程度の時間で。実際には同じ鍋で煮たのだが。
 高野豆腐と普通の豆腐との違いは、味覚で言えば、味が付きやすいのが高野豆腐。中まで染みこんでいる。まさにスポンジ。それと食感、柔らかいが、ギザッとしている。
 普通の豆腐よりも栄養価が高いかもしれない。乾燥させると、生豆腐にはないものが加わったりしそうだ。しかし減るものもあるだろう。
 これで、高野豆腐一品ものがいつでもできることになる。ただあと二回分だ。いずれも乾物なので、常温でいい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

蒲団洗い

■■ 2020年8月30日 日曜日 午前11時32分
 
 今朝は暑い。明日はさらに暑くなるような予報。夏の最後のあがきのようなものだろうか。夜中も暑かったのは気温よりも湿気だろうか。湿度計では雨が降っているときの数値に近い。
 今朝もカンカン照りの中、大きな夏の雲が湧いている下を喫茶店へ向かう。明日も暑いとなると、これは厳しい。八月のどん詰まり、夏休みが終わる31日。こう暑いと、夏休み延長だろう。
 昨夜は早い目に寝たのだが、寝苦しいのか、途中で何度か目が覚めた。暑いのだろう。
 しかし、暑いのに、遅起き。時計を見ないで、無視して寝ていた。早寝したのに遅起き。まあ、そこそこ睡眠時間は取れたはずなので、そちらの方は満足なはず。最近あまりない時間帯に起きてきている。もっと遅い時間に起きることもあるが、最近は少ない。
 今朝は暑苦しいので、個人喫茶へ。いつものファスト系喫茶店を見ると、自転車が一台も止まっていない。まだ昼ではないので、そんなものだろう。昼になると、客が多いはず。
 結局個人喫茶へは週に二度行くことになる。一度目はファスト系が定休日の日。二度目はそれ以外の日。
 その個人喫茶、少し遅い目に行ったので、自転車が止まっていなかった。一台だけ止められる。この時間帯止める人は二人ほどいるようだ。
 最近巨大な夏の雲が湧き出ている。それが数日続いている。今朝もそうだ。しかし、薄い雲もあり、それが秋の雲だと思われるが、夏雲の張り出しが大きい。これは雷雨になりそうな雰囲気で、この時期なら夕立。それが来そうで、来ない。だから、昨夜の蒸し暑さは、その湿気の溜だろうか。溜まっている。
 今朝は暑いが、ジリジリと焼かれるような暑さではない。空気が暑苦しいが。
 
 昨日は電気毛布の拭き洗い。これは小さいので、普通の毛布より楽。そのままバケツに入れて浸け洗いも可能だが、中に電線が入っていたり、差し込み口には金属製の接点があるので、これは、その部品を抜かないと駄目だろう。
 洗濯可能となっているが、それほど汚れていない。敷き布団や敷きパットの間に挟まれているので、汚れが付きにくい。
 水を含んだスポンジで、軽く表面を擦る。これで、水洗いではないが、それなりに濡れる。しかし、寝小便を連想した。小さな子供用に小便蒲団というのが昔あった。寝小便してもかまわない蒲団で、上等な蒲団ではないし、サイズも小さい。
 電気毛布はホームゴタツの中に、もう一枚ある。こちらはかなり汚れている。ホームゴタツが故障したので、電気毛布を入れていたのだが、汚れやすいところにある。これも洗わないといけない。こちらは汚れているので、それを拭き取ることになる。
 昨日は大きなバケツの中に浸けていた夏蒲団を引っ張り出す。やはり拭いただけでは汚れが落ちないのか、一日ほど浸けていると、凄い色が出ていた。全部汚れだろう。洗濯洗剤の粉タイプが余っているので、それを入れただけ。
 バケツに入れたまま、それを傾けて、汚れた水を抜いたり、蒲団を押さえつけたりして、水洗い。汚い色が抜けると、完成。
 そのままバケツを傾けておけば、さらに水が抜ける。これは塗れたものから滴が落ちるようなもの。
 高いところに置いて、バケツで、水滴を受けてもいい。水滴が出なくなれば、適当なところで広げて乾かせる。室内でも可能。
 その夏の掛け布団は綿が入っていない。違うものが入っている。そのカバーも洗うが、これも浸け置き。このカバーが一番汚れている。これは軽いので、扱いが楽。シーツと同等。
 まあ、蒲団を丸洗いできるのは夏布団の薄いタイプまで。それ以上だとバケツに入らない。その場合は、半分だけ浸し、たまにもう半分を浸す。バケツの中で、回転させる。交代だ。
 拭くよりも、水に浸けた方が、充実する。拭くだけだと表面だけなので。
 
 昨夜は夜にお腹がすいたので、食べるものを探していたのだが、お菓子類やパン類は切れている。それで、冷凍室に豚まんがあるのを思い出す。高い豚まんだ。その分、大きい。買ったとき一つだけ食べた。昼ご飯にするつもりだったが、暑苦しいので、そのまま冷凍にしてしまった。三つ入りで、二つ残っている。食べていないのだ。
 それしか食べるものが残っていないので、蒸し器で蒸す。
 夏場、野菜の煮物が苦しいとき、蒸した方がよい。ポン酢か醤油に少しだけ酢を入れて、それに浸けて食べると、あっさりしていていい。キャベツやピーマンや椎茸、人参、大根などもいけるが、蒸し時間が少し違ったりする。この場合は時間差攻撃。
 葉物は湯がいてお浸しにするのがいいのだろう。ホウレン草がその代表だが、嵩が数分の一になる。
 ジャガイモを蒸して食べると食べやすい。まあ冬場サツマイモを蒸すのと同じことだが。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

広島牡蠣クリームコロッケ

■■ 2020年8月29日 土曜日 午前10時07分
 
 今朝は晴れているので、寝起き行く喫茶店までの道は暑い。昨日は涼しかったのだが、陽射しがなかったためだろう。今朝はしっかりとあり、夏の名残の巨大な入道雲がいくつもできている。よく見ておかないと、もうすぐ湧かなくなる。
 今朝は珍しく暑くて寝てられないのか、早い目に目が覚めた。早朝ではないので、起きやすい時間。しかし、この時間だと個人喫茶がまだ開いていない。だがいつも行くのはファスト系なので、問題はないが、選択肢がなくなることは確か。行かなくて、気が変われば行けるような時間帯の方がいい。すると早起きできなくなるので、こちらの方が問題。
 昨夜は少しだけ夜更かししたので、今朝の早さは説明が付かない。いや、先ほど付けた。暑いので、危険なので、目が覚めたのだろう。目覚めは悪くない。夏の暑い日の朝の目覚めというのは年間を通じて一番好きだ。特に晴れている日。
 八月もそろそろ終わり。八月の終わりは夏の終わりでもある。そして夏休みの終わり。だからあまり嬉しい月末ではなかったのは学校へ行っていた頃だろう。夏休み明けの学校は地獄の釜が待っていたりする。この釜、お盆は火を落とすようだ。地獄もお盆で休みなのだ。
 昨日はスーパーで食材や惣菜を買ったのだが、おかずを買いすぎた。
 いつものアジの南蛮漬け小パックが出ていたので、それを買う。いつものサイズでは余るのだ。小パックなら大丈夫。それと広島牡蠣クリームコロッケというのがあった。コロッケに牡蠣を入れているのか。姿が残っているのだろうか。牡蠣フライの方がいいが、クリームのジューシーさが牡蠣フライに近い。そしてコロッケの形が牡蠣に似ていた。牡蠣よりも、クリームコロッケが好きなので、それを買う。これだけでも、十分おかずとして二回分ほどはある。コロッケは小さいが、数が多い。
 高野豆腐を小さく賽子状に切ったものがあったので、使いやすいのでそれを買う。しかし開けてみると出汁が入っている。しかも三袋も。普通の高野豆腐の大きいタイプでも、出汁入りが多い。スーパーで売っている汁の多い高野豆腐と同じようなものを作るには、この出汁入りがいい。しかし、一寸煮物の中に高野豆腐を入れたいだけ。
 それで、セットものなので、これはこれで独立した一品。三回分ある。さらに卵を入れれば、立派なおかず。青いものを添えればもう満点だろう。
 葉物は水菜の値段が落ちていたので、それを買う。しかし、まだ百円台にまでは落ちない。
 パンなども買うが、他に何か買ったかもしれないが、忘れている。レジで払うとき、高かった。だから、もっと買っているはず。
 一度に食べるのではなく、また食べられるわけではないので、数日分のおかず。だから日持ちのするおかずがいい。
 何もないときは野菜の煮たものが残っているので、それだけでも十分だ。イカ天を入れている。これも昨日買ったものだ。それを忘れていた。そのイカ天だけでも十分おかずになる。
 
 今朝は久しぶりにパナソニックのネオ一眼。しかし前日も持ち出したのだが、バッテリーが切れかかっていた。USB充電ができないのが残念。パソコンに取り込むとき、ついでに充電されるので。
 このFZ300を使っていると、FZ2000だったと思うが、その1インチ版が気になる。FZ1000は持っている。その後継機だ。望遠が600ミリから400ミリまで落ち、レンズの明るさも少しだけ落ちるが、十分明るい。
 そのFZ2000がUSB充電タイプ。パナソニックのコンパクト系は全部そうだが、ネオ一眼は、まだ対応していなかった。
 ペンタックのレンズを買うよりも、FZ2000の方がパフォーマンスは高い。
 FZ2000はファインダーがよくなった程度の後継機。しかし、写りのタッチのようなものは違うだろう。最近のパナソニックの写りはしっとりとしており、カリカリさがやわらいでいる。
 今年はお盆カメラをパスしているが、暑くて撮影どころではないため。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

蒲団

■■ 2020年8月28日 金曜日 午前10時23分
 
 今朝は曇っている。そのためか、涼しいと感じる。これは暑くないという程度だが、寝起き行く喫茶店までの道中が一ヶ月ほどぶりに暑くない。梅雨が明ける前のまだ雨が降っていた頃だ。梅雨が明けてから連日暑かったが、それが今朝、消えた。暑さが抜けると、こんなに快適なのかと思うほど。
 先日雨が降ったあと、涼しくてよかったのだが、それ以来。その日は一日で終わったが、今回は八月末と言うこともあり、雨が降らなくても暑さの勢いは衰える頃。
 しかし、今朝は暗い。空が。これは雨が降りそうだ。通常雨の降る前は蒸し暑いのだが、それがない。
 昨夜は寝る前それほど暑くはなかったが扇風機は必要。しかし、すぐに涼しすぎると感じ、上下首振りを加えた。これと左右とを合わせると、風が来る率が減る。たまに風が来ている程度。
 寝ている最中、それでも寒いのか、掛け布団を使ったようだ。
 そして起きたとき、これは暑くて寝てられないことが多いのだが、それがない。寝汗もない。扇風機は回っているがトロいので問題はない。
 そして、不思議と爽やか。雨が降る前なので、湿気が強いはずなのだが、それを感じなかった。湿気よりも自分の汗の湿りの方がきつかったりする。それがないので快適。湿気が多くても。
 同じ地上かと思うほど、昨日とは気温が違う。今朝は別世界。暑さを感じないで、自転車に乗れる。これは自転車散歩ができる気候。しかし雨が降りそうだ。そして空が暗い。
 昨日は喫茶店の戻り道散歩をした。それほど涼しいわけではなかったが、陽射しが弱かったので、ましだったためだろう。
 予測最高気温なども大した数値ではなくなっているので、真夏にウロウロするような感じではない。
 その散歩を、朝加えたので、戻るのが少しだけ遅くなった。そして夕方前の喫茶店へ行くのが遅れ、戻り道はもう暗くなりかけていた。だから、朝の散歩を加えると、ずれ込む。早起きしたときならいいが。
 昨夜は少しだけ夜更かしとなったが、朝は平常通り起きてこられた。特に問題になるような早起きでも遅起きでもなく、平均的。目覚めたときは爽やか。やはり気温だろう。涼しいためだ。
 涼しくなると、動きやすくなるが、暑くて動けない状態の方がよかったりする。暑いという理由が立つので。
 毛布のスポンジ拭き洗い後、毛布も乾いたので、仕舞うことにした。
 蒲団カバーなどがあり、夏布団に付けているのだが、その生地がいい。ガーゼのように柔らかい。しかし汚れてきたので、洗わないといけない。
 また敷きパットをもう一枚欲しいところだ。夏用のペラッとしたタイプなので、シワが寄りやすい。もう少し、がっちりしたものがいい。今なら夏向けの売れ残りがあるだろう。冬用の敷き毛布パットのようなものもあるが、あれも値段相当。高いほど分厚く、平面性が高くがっちりしている。このタイプは敷き布団にコーナーに引っかけるだけなので、楽。
 まだまだ交換したいものがあるのだが、布団類は取り回しが悪いので、暑いときは汗をかく。蒲団と格闘だ。シーツがけとか。
 夏に買おうとしていたタオルケットをまだ買っていない。夏蒲団ではなく、タオルケットでよかったのだ。実際には夏は掛け布団はいらない。
 こういうのは一ヶ月ほど前にやることで、もう夏は終わり、涼しくなってきているので、今から夏の準備はおかしいが、まだ冬ではないので、まだまだ間に合う。
 
 
  
posted by 川崎ゆきお at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

毛布スポンジ拭き洗い

■■ 2020年8月27日 木曜日 午前11時19分
 
 今朝も暑いが、雲が多く、陽射しがないときは過ごしやすい。楽だ。しかし、陽射しが出ると、真夏そのもの。涼しくはなっていない。秋は昼間は遠い。朝だが、昼に近いので、これは昼だろう。このあとさらに気温は上がるコース。
 雲は大きく背も高い。立派な夏の雲で、ここにも秋の気配はない。夕方になると、秋の雲が出てくるかもしれないが。
 暑くて怠いので、今朝は個人喫茶へ。いつものファスト系よりも居心地がいい。値段だけのことはある。
 座れば注文品がさっとくるというのがいい。買いに行かなくてもいい。暑いところを自転車で来たので、おしぼりで顔を拭くのが気持ちいい。この差が大きい。以前は普通のサービスで、普通の喫茶店では普通にやっていたのだが、それを続けるには値段を上げないといけなかったのだろう。だから、個人喫茶は高い。ファスト系は省略している。
 ファスト系でも煙草が吸える店はいいが、その席が空いていなかったりする。しかし、値段は安い。個人喫茶の半額。
 昨夜はよくある時間に寝る。寝付きはいい。朝は早い目に目が覚める。最近、よくあるが、早すぎる。時計を見るまでもなく、早いと思い、二度寝する。
 それで、起きてきたのだが、寝た時間から計算すると妥当な起床時間。少し遅いが、その程度は寝ていないと、暑いときなどで、HPが続かないだろう。昼寝すればいいし、夕寝すればいいのだが、暑いので昼寝は厳しかったりする。
 朝の喫茶店からの戻り道散歩ができそうな最高気温になっている。それほど最高気温は高くない。雲が多くて陰っているときなら行けそうだ。炎天下では流石に厳しい。ただ日影の多いところなら、晴れているときほど涼しい。曇っていると日影の恩恵がない。何処にいても暑い。
 この夏ももうしばらくの間。明日あたりから厳しさが衰えたりしそうだ。それがいつ来るかは分からない。明日か明後日か、またはまだまだ暑さは続き一週間後とかになるかもしれない。
 昨夜は普通に扇風機をかけて寝た。寒くはなかった。しかし目覚めたとき、寝汗がない。汗ばんでいない。ここが少し違う。
 夏もあと僅か。少し惜しむ気が出てくる。
 
 毛布拭きの二日目。裏面か表面かは忘れたが片面を拭いたので、昨日はもう片面。一日おいたのは乾かさないといけないので。
 濡れたスポンジで拭くため、洗っているようなもの。毛布はかなり濡れる。スポンジはしっかりと絞っているのだが。しかし毛布もスポンジのようなもの。よく吸い込むのだろう。
 大きい目の埃のようなものや付着しているものはブラシを使う。それでブラシにゴミが絡むので、始終ブラシそのもののゴミ取りもしないといけない。まあ衣服のブラシと同じだ。歯ブラシでもいい。ゴミが絡むタイプがいい。
 毛布洗いではなく、毛布拭きだったが、毛布もしっかり濡れたし、汚れも拭き取ったので、洗ったのと同等。これは冬まで使わない。
 この前も毛布洗いをしたが、嵩の低い安い毛布なので、バケツの中に入る。少し水に浸けただけだが、汚れが滲み出たのではないかと思われる。実際には分からないが。これで、冬の毛布二枚を処理したことになる。
 しかし、この労力、クリーニング屋に持って行った方が安く付いたりしそうだ。まあ、ほとんどが人件費。だから毛布拭きをして賃金を稼いだようなもの。
 
 夕方前なら散歩に出られそうな時期になっているが、相変わらず夕方前に行く喫茶店往復程度の移動。楽になったが、日が落ちるのが早いので、すぐに暗くなる。
 昼の喫茶店。よく武庫之荘まで行っていたが、夏場は一度も行っていない。遠いし、昼の暑いときは無理。昆陽の喫茶店にも行っていない。これは夕方前なら行ける気候になっている。しかし、昆陽の喫茶店も禁煙になった。個人喫茶だ。ここはまだ伊丹市なのかもしれない。尼崎市内の喫茶店は喫煙できて普通という感じだ。
 伊丹の老舗の喫茶店も喫煙になって、潰れた。まあ、閉店してもいいと思ったのだろう。それほど流行っていなかったのだが、バイトを使っていた。
 もう一軒あったその近くの喫茶店は煙草が吸えたが、目の玉が飛び出すほど高いモーニングサービスだった。朝からハンバーグ定食を食べられるほどの。その店は潰れた。もう一店その通りに喫茶店があるが、入っていない。狭いためだ。そこは吸えるかもしれないが。その二店、いずれも新しい。
 今朝、入った個人喫茶は十代の頃からあった。だから何十年も続いている。しかし、店内は古くはない。元々すっきりとした内装のためだろう。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

毛布拭き

■■ 2020年8月26日 水曜日 午前11時26分
 
 今朝もまた暑い。昨日よりも暑いのではないかと思われる。ドロッとした暑さで、これは疲れそうだ。
 昨夜は少しだけ気温は下がったが、また盛り返してきたのか、扇風機を切って寝たのだが、やはり回した。しかし、途中で目を覚ました。何かよく分からないが、寒かったのだろう。蒲団を被る。しかし、朝、起きてみると、掛け布団はどこかへ行っている。やはり暑いのだろう。起きるときは既に日が昇りきっているので。それに遅起きだったのか、昼前に近い。その時間寝るのは危険。暑いのだ。昼寝をするときは扇風機を近くで回さないと危険なほどなので。
 寝起き行く喫茶店の道中も、まだまだ暑い。暑さ疲れというのはこういうときに出のかもしれない。暑い日が続きすぎると、熱だれする感じだ。暑さの疲れも溜まる。
 今朝はいつものようにファスト系の喫茶店に行く。昨日は休みだった。今朝はがら空きだが、昼になるとどっと客が来る。今はまだその手前。だから、かなりの遅起きのときはレジに列ができるので、面倒。今朝ぐらいの遅起きが限界だろう。ギリギリ間に合う。
 
 昨日は冬物の分厚い毛布を仕舞おうと、水洗いしようかと思ったが、拭くことにした。ブラシとかで。
 それとスポンジがいい。水を含ませた台所用の安いスカスカのスポンジで拭けば、さっと洗ったような感じになる。毛布なので、水を吸収しやすい。目立って汚れているところはブラシ。
 付着しているゴミとか埃のような細かいものは箒が意外といい。普通の座敷箒。掃除機で吸い込めないようなものでも、払うと動く。また指で取った方が早かったりする。
 仕上げは水を含んだスポンジで全体を拭く。これで毛布は濡れる。これで片面。乾かさないといけないので、もう片面は今日。片面といっても裏と表が明快なので、どちらかだ。
 毛布を毎年買っている人がいる。洗濯が面倒だし、洗濯代も高い。買った方が早いらしい。当然安い毛布だろうが。
 昨日洗った毛布は結構高い。そして分厚い。冬場活躍するだろう。毛が立っている。寝ていない。
 
 昨日は久しぶりに朝の喫茶店からの戻り道散歩を少しだけする。僅かな距離だ。炎天下なので、そんなものだ。日影が一切ない道とかは、流石に厳しいが、猛暑と言うほどの気温ではないので、何とか散歩できた。距離的には短い。今朝は昨日よりも暑いので、無理だろう。それに遅起きなので、行けないが。
 お供のカメラはカシオのプロ機。カシオで一番高かったカメラだ。しかしコンパクトデジカメだが。
 これが結構使いやすいというか、あまり写す気がないとき、とりあえずカメラを持ち出すとき用。道端で偶然いい被写体に出合ったとき、カメラがないと淋しい。とりあえず何でも写せるスペックがあればいい。
 このカメラは28ミリから300ミリなので、ギリギリ。広角はいいとしても望遠が足りないが、デジタルズームで少しは伸びる。
 あとは面倒なことを考えなくてもいい。AFの被写体自動認識も単純なタイプで、手前のものに合いやすい。これはいいことだ。
 ただ、最短撮影距離は10センチと、コンパクト系にしては長い。これはオリンパスのレンズのためだ。
 ただし中望遠での最短撮影距離は短い。
 背面液晶を起こすと電源が入り、閉じると電源も落ちる。この操作が気に入っている。パカッと蓋を開けて写し、蓋を閉じて終わり。電源ボタンやレバーを押さなくてもいい。
 写し方はファインダーがないので、液晶で適当に写す程度。よく見ないで写しているが、写す前に被写体はしっかりと見ている。液晶パネルをじっくり見ないだけ。
 ただ、この液晶は3.5インチもあり。大きい。流石プロ機だ。レンズは全域でF2.8と明るい。動きが速く、次々に写せる。タイミラグが少ない。いずれもカシオ機の特徴だ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

地蔵盆

■■ 2020年8月25日 火曜日 午前11時05分
 
 今朝も暑い日が続いている。雨で涼しくなるのかと思ったのだが、降ったのは一日だけ。そしてその夜だけは涼しかった。その後は、また暑い夏に戻っており、夜は熱帯夜。
 結構今年の夏は粘っているが、こういうのは台風がきっかけで、流れが変わったりする。しかし、まだ八月。涼しさを期待するのは無理かもしれない。
 しかし、夜は少しだけましになったのか、熱気の籠もり方が減っているのは確か。
 今朝は遅起きだったが、電話で一度起きてしまった。それがもの凄く早い時間。セールスにしては早すぎる。
 そのあと、当然寝たのだが、これは二度寝ではない。本寝の続き。これが長かったようだ。陽射しもあり、暑いので、寝てられないようだった。暑さで起きてきた感じ。
 九月に入ってからも暑い日が続いていた年もあるが、今年はどうだろう。例年だと九月に入ると、もう強い暑さはない。ただ昼間、気温が上がることはある。これは問題ない。夜はそれほど上がらないので。
 結局じっとしている夜の部屋ということだろうか。暑さの問題はここに集まる。ただ、今年はびっくりするような暑さではない。夕方に外に出たとき、空気が生温かいという年があった。日は沈んでいるのに、ムッとした空気。この状態は、何処にいても何ともならない。風も熱風。
 昨夜は少しだけ夜更かしをしたが、最近は寝る時間が早くなっているので、まだ余裕がある。深夜になると、気温は少し下がり、暑さはましになる。
 今朝は寝起きすぐに行くファスト系の喫茶店が定休日なので、個人喫茶へ。自転車が一台しか止められない。そこに一台止まっていた。それで、近くのパチンコ屋に止める。これはよくある。その確率は半々より低い。だから30パーセントほどの確率だろうか。三回に一度ほど。
 暑さ疲れが今頃出やすいようだが、もう少し涼しくなってからだろう。季節の変わり目のような。
 
 昨日は地蔵盆だったようだが、暑いので、ウロウロしていない。ただ、夕方あたりなら多少は散歩に出られる気温になっている。
 昨日はその時間にいつも行く喫茶店へ行く道筋で地蔵盆の飾り付けを見た。偶然だ。まあ、通っている細い道沿いにそれがあるので、偶然ではない。毎日見ていたりする。
 それとは別に、準備中の祠があり、それを見に行くのを忘れていた。こちらは昼の喫茶店からの戻り道にあるが、コースを変えることがあるので、毎日通っているわけではない。
 この祠は個人のものだろう。そして普段は柵がしてあり、近付けない。地蔵盆の日だけ長い沈黙を破って開く。何が祭ってあるのか、その日だけ、分かる。しかし地蔵盆なので、地蔵だろう。ただ、ただの石饅頭で、人型ではなかったりするのもある。
 もう一つ、通り道近くで、たまに通る道沿いに祠があるので、昨日はちらっと覗いてみたが、飾り付けがない。祠前の道に椅子があり、上には提灯がぶら下がっているのだが、今年はない。沈黙の祠になったのだろうか。
 この一帯の他の祠は全部地蔵盆の飾り付けをしている。その前日から。しかし、その一つだけは沈黙。
 一つの村に数カ所、地蔵盆をやる祠がある。まあ、こういうのは筋ごととか、角ごとに一つあったりするので、町内と言うより、隣近所の人だけ、という感じになる。
 また、一つにまとめて、村単位でやる地蔵盆の祠もある。
 地蔵盆。お菓子をもらえる。
 供え物を見ると、菓子箱が多い。だから高いお菓子で、駄菓子ではない。
 このお菓子の供え物があれば地蔵盆をやっていることが分かる。昼間、誰もいない祠に菓子箱が積まれている。
 
 ペンタックスの高倍率ズームが欲しいのだが、手を出していない。キットレンズは28から200まで。高倍率レンズは400ミリを超える。しかし200ミリでも間に合っていたりするので、今一つ弱い。それで、長く買わないでいた。少しだけ太くて、少しだけ長くて、少しだけ重くなる。
 ペンタックス一眼レフはカメラそのもので、非常に写しやすい。また写した気がする。
 そのレンズ、何とかしたいのだが、考えているだけ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする