2017年09月25日

服とカメラ

■■ 2017年9月25日(月) 午前8時10分
 
 今朝は晴れている。夏の頃から比べると、過ごしやすくなった。少し寒さが入っているが、これは仕方がない。朝夕はひんやりするが、昼間は丁度いい感じで、暑くも寒くもないが、まだ少し暑い側にいるようだ。昼間、陽射しがあるときは長袖のカッターシャツだけでいい。上に羽織る必要はまだないが、そのままだと夕方ひんやりするが。
 上に羽織る軽いものを探しているわけではないが、昨日偶然ユニクロへ寄ったとき、いいのがあった。
 ユニクロのハイテクもので、少し奥の方にそれがある。真冬だとウルトラライトダウンジャケットがある場所で、その変形も多い。襟がないタイプや、チョッキのようなタイプとか。まあ、救命具を付けているようなものだが、その特徴は軽いことだろう。そしてポケットにねじ込めるほど萎む。
 昨日はそれではなく、ウインドブレーカー。秋の初め頃は有効だが、終わり頃はそんなものでは寒く感じるタイプ。しかし梅雨時も着られそうだ。
 防水性のある合羽の上だけのようなもので、レインコートに近い。薄いが水を弾き、蒸れないことがが、コンビニのレインコートとの違いだろうが、500円ではなく6000円。まあ、普通の上着として着られるので、その違いだろう。
 真冬のジャンパー系は水を弾くタイプが殆ど。ツルッとしていれば弾くだろう。完璧でなくても、分厚いので、問題はない。
 風よけだけはあるが、雨よけ付きはあまりない。特にペラッとしたものは少ない。合羽の上だけのはあるが、ゴワゴワしていて滑らかさがない。
 しかし、このユニクロウィンドブレーカー風なもの、アンコが入っていないので、賞味期限が短いが、今なら朝夕着れそうだ。防寒性が何処まであるのかは分からないが、風が入ってこないだけでもいけそうな感じだ。分厚く暖かそうでも、風がスカスカ入ってくるのに比べれば。
 昔なら、薄い目のマウンテンパーカーがそれに相当していたかもしれないが、防水性がなかったりする。そのわりには蒸れたりする。
 昨日見たのは、蒸れ対策もあるようで、中に籠もらないようだ。しかし、籠もるから暖かいのではないか。しかし、普通の合羽だといやというほど蒸れて、雨で濡れないで汗で濡れたりする。
 ペラッとした一枚物だが、それなりにしなやかで、いい感じだった。喫茶店の冷房の風よけには丁度だが、暖房が入る頃なので、意味はないが。それに夏場、流石にレインコートのようなものを着てウロウロできないし、暑苦しくて着ないだろう。
 秋の終わり頃までの品だが、中に着込めば何とかなるかもしれないが、欲しいのは防水性で薄いタイプ。つまりレインコートだったりするが、デザインが大袈裟になりすぎる。
 昨日はそのついでで上新にも寄り、デジカメを見る。パナソニックとキャノンの旅カメラの値段が同じになっていた。ズーム比が高いのはキヤノン。パナソニックはファインダーが付くので、これで互角になるのだろうか。キヤノンの方が丸っこくて小さく軽い。900ミリ超えの超望遠を付けているとは思えない。パナソニックはズーム比は昔のままで700ミリ超え。実際には望遠のこのあたりは似たようなもので、望遠端が少しでも明るい方がいいだろう。それと最短撮影距離が短い方が。
 キヤノンは色々とスペックを数値で分かるように変えてきているが、パナソニックは数世代前とほぼ同じ。ただエンジン部は違うので、これが最新のビーナスエンジンだろう。
 展示品をよく触っているのだが、誰が設定したのか、フルオートでもAFでピントが合ったとき、縁取りしてくれる。AFの合焦フレームで位置を示すだけではなく、被写体を縁取りする。実際には色目の違いで囲んでいるのだが、これは何処にピントが来ているのかが分かりやすい。これはマニュアルフォーカスのときに使えたようだが、フルオートでもそのオプションがあったのだろうか。キヤノンはピントが合った部分を拡大する。しかし、拡大してもピントはよく分からない。合っているところと、合っていないところがあってこそ分かる。
 ファインダーや液晶モニターは一眼レフのようなものなので、目で確認できる。ボケているか、ボケていないかを目で直接見ることができる。だから、一眼レフカメラの良さがあり、距離計連動式の二重像合致式よりも有利だったのだが、このピントのエッジ付けは二重像合致式のカメラに近い。ぼけ具合を見るのではなく、距離を見る感じだ。
 特にパナソニックの旅カメラのファインダーは小さい。望遠側にすればピントの合い具合は分かるが、広角へ行くほど全部合っているように見える。これは受光素子が小さいのでピントの幅が広いため、合いやすいのだ。二重像合致式は広角でもピタリと合わせることができる。ただのマーキングのようなものなので。
 だから、この小さなファインダーのパナソニックは、一眼レフ式のファインダーというよりは、構図を見る程度のもの。それが被写体を囲む機能が付くことで、レンジファインダー式のファイダーに近くなる。レンズはライカだし、少し分厚くなったボディーの流線型もライカそのもの。
 パナソニックの旅カメラはずっと買い続けているが、今、持っているのは三世代前。当時新製品が出ていたのだが、それよりも古いタイプにした。画素数を抑えたタイプで、評判がよかったのだが、それほどのものではなかった。
 今回はボディーそのものの大きさを変えてきて大きく重くなっているが、持ったときの感触は官能的。カード型のペラッとしたタイプに比べ、手に馴染む。液晶回転式になっただけでは、こんなに大きくならないはずだ。キヤノンはそのままに近い。
 この液晶が薄くて軽い。クニャクニャしているが、指で軽く上げることができる。壊れそうなほど薄い。しかし、指に力を加えなくても上がるので、これは使いやすいだろう。
 先日買った1インチタイプのネオ一眼との組み合わせだと、丁度いいかもしれない。小型カメラ的写し方があり、さっさと写したいときは、こういう旅カメラの方が重宝する。ただ、ファインダーがある方がいい。昼間、見えないことが多いためだ。
 ただ、写りは抜きんでていいというわけではなく、被写体に頼ることが多い。
 

posted by 川崎ゆきお at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

ソニーデジカメ

■■ 2017年9月24日(日) 午前8時25分
 
 今朝は晴れている。すっかり秋になってきたのか、日差しがあっても暑くならない。空気が違ってきたのかどうかは分からない。この空気、湿気ているときと乾燥しているときの違いではないかと思える。風は年中吹いているが、風向きが季節によって違うのかもしれない。この風で空気が違うように感じるのだろうか。季節風というのがある。
 空気の変化ではなく、風向き変わってきたという方が多いが、このときの風は気候の風ではない。風の力で走る船に乗っている人なら、そのまま使っているだろうが。また、追い風では正式な記録として認められないという微妙な走りのスポーツもある。
 空気が入れ替わるというのも、実際の空気ではなく、言うことがある。具体性が見えにくいが。
 同じ人しか来ない個人喫茶は風通しが悪いだろう。初めての顔の人がドアを開けると、全員驚いたりする。
 個人喫茶ではないファスト系の喫茶店でも、常連客が多い店もある。ファスト系の店は人通りがそれなりにある場所にある。はやらなくなると、すぐに消えてしまうが。
 当然個人喫茶は値段が高い。それだけの理由で行かなくなったりする。
 
 今朝のお供のカメラはソニーの世界最小最軽量の旅カメラ。超望遠入りでも軽く小さいのだが、百グラム台の安いコンパクト系もあるので、それよりは重い。
 このカメラは今年の誕生日に買っている。ほとんどの撮影はこれで用を足してしまえる。
 重い目のノートパソコンを鞄に入れていると、そこに重い目のカメラを一緒に入れると、鞄が重い。それで、今朝はカメラを抜いて、小さい目のカメラにし、ポケットに入れる。
 ソニーから百グラム台の単焦点デジカメが出るようなので、少し気になる。24ミリ固定。レンズの明るさまでは見ていないが、広角だとものすごく明るくなくても、何とかなる。どちらかというと、動画カメラ風なのだが、防水性がある。防水性のあるカメラはシャッターボタンが堅いことがある。だから片手でさっと写しにくい。カメラが小さい上、堅いとぶれやすい。押すとき力むためだ。意外とラフに扱えなかったりする。
 このソニーの24ミリ単焦点カメラ、今はもう消えたカードタイプの復活かもしれない。防水性があった。半カプセルで、レンズがついている上だけ戸板があり、それを開くと電源が入るのだが、滑って戸が開かなかったり、力を入れすぎて、建て付けが悪くなったりした。最後にこのタイプを買ったのは、屋台。鉄道忘れ物市で数千円であった。
 新製品はレンズが飛び出さないフラットタイプで、戸板やバリアはないようだ。レンズは保護ガラスで水が入らないようにしているのだろう。戸板ではなく、レンズにつけた窓ガラスのようなもの。
 このカメラ、正方形に近い。小さめのカメラはズームするのが面倒なことが多いので、ズームを使わない人なら、単焦点でもいいのかもしれない。それに大したズーム比がなければ、あまり役に立たない。
 しかし、このカメラ、1インチサイズ。だからそれなりにぼけたりする。24ミリでも近距離にピントを持ってくると、それなりにぼける。
 落としても踏んでも大丈夫なカメラのようだが、そのため、液晶は回転しない。ここが残念なところ。
 こういうカメラは中古で値段が落ちてからなら買ってもいい。中古屋で見つけたときに。だからわざわざ買いに行くようなものではない。広角だけの単焦点では、用をなさないことが多いので。
 ソニーのコンパクト系は明るくすっきりとよく写る。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

コンビニ丼

■■ 2017年9月23日(土) 午前8時14分
 
 今朝は曇っている。秋分の日らしいが、土曜なので、学校などは休みなので、いつもの土曜に近いが、学校の近くの家の門に日の丸が出ていた。この家はありがたい。祭日や祝日であることを知らせてくれるいい目印なので。
 平日なのに登校風景がないときは、この日の丸を見れば納得できたりする。しかし気に入らない祝日や祭日は日の丸を出さなかったりするかもしれないが。または忘れたり。また、朝が早すぎると、まだだろう。
 秋分の日、これは太陽と関係する。日と。だから日の丸が似合っている。
 空に丸い大きな物が二つある。太陽と月だ。これは当たり前のようにしてあるので、そういうものだと思っているが、決まった場所に出ているようでも、見えたり見えなかったりする。
 春分の日、お彼岸だ。ここからが本格的な秋。というより冬に向かっているだけのことかもしれないが。
 昨日は昼から雨で何ともならなかった。今朝も曇っているので、雨かもしれない。出かけるにはいい日和ではない。秋晴れというのがあるが、秋は晴れが多いのかどうかは分からない。ただ空が澄んでいたりする。雲が高いところにあるので、天高く、となる。しかし真冬の晴れた日の空も澄んでいる。夏は雲が多いので、青空の印象は少ない。雲の印象が多い。
 秋の散歩日和というのはかなり珍しかったりする。これは自転車散歩に出る日を狙ったものだが、そういう日が意外と少ない。そして、あまり遠出したくないような日に限って晴れていたりする。
 今朝もひんやりとするので、ペラペラでつるつるのジャンパーを羽織って朝の喫茶店へ向かう。これで防水性があればいいのだが、それはない。傘を差せばすむ話なので、ウインドブレーカーでいい。風がなくても、着ているだけで防寒性があるが、まだ寒いというほどでもないので、薄いのがいい。これがあるとないのとでは結構違う。それにジャンパーなので、ポケットが脇にあり、これが便利だ。コンパクト系のカメラなら入る。ただ生地が薄いので、カメラの角が当たって痛かったりする。ズボンのポケットの方が安定している。
 この薄いウインドブレーカー、定番のフードはついていない。その代わり襟が立つ。この襟がいい。裏に網が重なっている。蒸れないようにするためだろ。くっつかないように。寒いときは、この網が温かく感じたりしそうだが。蚊帳を着ているようなものだ。
 秋物のちょっとした上着が欲しいのだが、着る期間が短い。寒くなり出すと役立たずになる。しかし、デザイン的には春秋ものが好ましかったりする。真冬の上着は高いこともある。
 昨日はご飯が切れたので、コンビニで久しぶりに中華丼、八宝菜丼を買う。しかし八宝菜とはなっていない。ものが変わったのだろうか。その横にスタミナ云々と似たようなものがある。
 いつもの八宝菜丼だと思い、食べていたのだが、豚肉が堅い。よく見ると焼き豚。そしてエビとウズラの卵がない。そしてやけにタケノコが多い。ここはシナチクだろう。ということは、八宝菜丼が消えたのかもしれない。コンビニの弁当類は結構入れ替わり、変化が多い。いつも好きだったかき揚げうどんがない。かき揚げそばはあるが、アルミ鍋に入って煮込むタイプのかき揚げうどんがおいしかったのだ。そしてアルミ鍋物が消えていたりする。温めれば汁が出てくるようなタイプで、放置すれば、戻ってしまうタイプ。やはり水を入れて煮た方がいい。濃縮出汁でもいいから。
 まあ煮るタイプのうどん類より、その場で温めれば食べられるタイプの方がいいのだろう。持ち帰らなくても、その場で食べられる。車などで来ている人は、駐車場で食べていたりする。
 新しくできた店では、食べるコーナーがある。コーヒーを飲むだけでもいい。コンビニ前で立って食べるよりはいいだろう。
 しかし、コンビニの弁当類。常食には合わない。たまたま作るのが面倒で、とりあえず何か食べるとき用だろうか。それと、値段が結構高い。スーパーの天ぷらうどんなら百円だ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

暑さ寒さも彼岸まで

■■ 2017年9月22日(金) 午前8時15分
 
 今朝は曇っている。少しひんやりとするのか、上に羽織っている人が増えた。冬服のような上着を着て登校する小学生がいた。これは目立つ。多いのは軽いタイプで、カーデガンのようなもの。ニット系のパーカーとか。
 高校の登校風景では、カーデガンを羽織っている子が多くなっている。
 若い高校生がカーデガン。だから本当にひんやりとした朝。当然同じ高校生でも小学生でも半袖の子も結構いる。
 気温的には夜中からの気温は17度か8度で、急激に落ちたわけではないが、曇っていることの影響があるのだろう。湿気も少しある。これが曲者だ。寒いと思い羽織ると、蒸し暑かったりする。
 今朝の空模様では雨になってもおかしくない日だが、朝だけ曇っている日が結構ある。だから朝、起きて見た空がその日の天気とは限らない。
 何か上に羽織るのは、もう十月が近いので、衣替えの季節に達しているのだ。
 23日あたりがお彼岸のようだが、お盆のように一日ではない。秋分の日前後三日。都合七日ほどだろうか。彼岸の入りというのはよく聞く。お彼岸は七日間ある。秋分の日は確か昼間と夜の時間が同じだったように記憶している。春分の日もそうだ。
 日が一番長い夏頃から、この秋に逆転する。そして最も夜が長い日が冬に来るのだが、12月あたりだろうか。しかしここが真冬ではなく、気温とは関係なく、日が長くなり始める。だから秋の夜長は確かにある。秋の終わり頃、冬の寒さが既に来ている頃だ。
 お彼岸になると、彼岸花が咲く。これはものすごく正確だ。昼と夜の時間が同じと言うことをこの花は知っているのだろうか。しかし春には咲かない。秋だけ。センサー的には分かりやすいかもしれない。気温ではなく、昼夜時間の変化は安定した変化なので。
 地球が傾いて自転しているためだろうか。
 今年の夏はそれほど暑くなかったのではないかと思える。九月いっぱいは夏のように暑い日が続いていた年もあるので、今年は弱々しい。ということは今年の冬は寒いかもしれない。去年の冬、といっても今年の冬だが、冬が年に二回来る。正月で分けるからだ。
 さあ、そろそろ本格的な冬になるぞという正月あたりで切り替わってしまう。だから本当に寒いのは今年、既に体験しているので、次に来る今年の冬と、既に去った今年の冬とがごっちゃになる。
 冬が来たときは、今冬といえるが、今はまだ秋になったばかりなので、それは使えない。では来年の冬と言えばいいのだろうか。しかし、今年の12月は冬だ。来年ではなく、今年来るのだ。
 それで、次の冬だが、寒くなるかもしれない。これは夏や秋の気温が参考になったりする。秋がそれほど深まっていないのに、ひんやりとする日が続けば、寒い秋となり、そして寒い冬になるという単純な感覚だ。夏がそれほど暑くなければ、冬はその延長で、例年より寒いのではないかと。
 さて、「暑さ寒さも彼岸まで」が来ている。だから秋の彼岸は暑さは終わりましたと言うことだろう。よく考えると、ものすごく安定したデータと言うより、太陽からの割り出しなので、しっかりしている。ここから半々を通過し、夜の方が長くなる切り替え点を通過中となるので。
 彼岸までは昼の方が長かったという程度だが、これはものすごく具体性がある。
 季節は日々変わっていくので、季節の変わり目は年中あることになる。しかし、服装を変えないといけないほどの変化は分かりやすい。
 また季節の変わり目、体調を崩しやすいと言うが、一年中変化しているので、年中崩れるチャンスがある。いいチャンスではないが。
 一日の中にも季節がある。朝と昼とではひと季節ほど違っていたりする。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

天麩羅盛り合わせ

■■ 2017年9月21日(木) 午前8時12分
 
 今朝は晴れている。気温は低い目か、夜中17度までに落ちている。20度を切ると寒く感じるのだが、17度はこの秋一番だろう。寝る前、それを予想してか窓を閉めて寝た。もう窓を閉めて寝る季節で、昼間はまだ暑いので、開けるが、夕方頃閉めることもある。ひんやりとしてくるためだ。
 そのためか、昼間でも外に出ると暑苦しいと言うことはなくなり、出やすくなる。いつも通っていた夏の道ではなく、どの道筋を通っても暑くない。しかし日陰のある夏の道に慣れたのか、その癖が残っており、その道筋ばかり通っているが。
 春先でも暑い日があり、日陰を選ぶこともある。しかし、真夏の炎天下のことを思うと、楽。
 そこを脱し、しばらくすると、この涼しさが当たり前になり、ありがたさが薄れる。日常になってしまうためだろう。
 今朝はいつもの時間に起きたので、いつもよりも早く感じる。最近寝過ごすことが多い。今朝も目を覚ましたとき、もう少し寝てもいい時間帯だったので、また寝たが、すぐに目が覚めた。それを何度か繰り返す。五分間隔だろうか。これなら、寝過ごすことはない。二度寝が五分なら大丈夫。これが五分だと思っていたら一時間だったことがある。最近はそれが多いが、今朝は二度寝五分程度で済んだが、何度もそれをやると、本当に一時間ほど寝てしまうかもしれない。こればかりはコントロールできない。誰にも分からない。
 昨日の夕食を鍋焼きうどんと決めて、よく行く和風ファミレスへ行ったのだが、まだらしい。おそらく十月からだろう。まだ半袖の人がいるのだから。鍋焼きうどんなどは暑苦しくて、食べないだろうが、このファミレス、冷房が強いので、真夏でも食べられる。むしろ冷房で体が冷やされるので、丁度かもしれない。そして冬場暖房が効きすぎて、鍋焼きうどんなど暑苦しくて食べてられなかったりしそうだが。
 それで松茸ご飯と天ぷらの盛り合わせを食べる。それと、しつこいので大根おろしの皿も取る。この大根おろし、二つあり、大と小。小でも結構量が多い。結局一番おいしかったのはおろしただけの大根だった。それなら大根をかじればいいのだが、下ろしてこそ食べられる。生は堅いだろう。
 天ぷら盛り合わせの中に妙なボールが入っていた。玉だ。形からすればカシワだ。しかし白さが違うし、柔らかさが違う。何かの魚だろうか。それが二つ入っていた。エビの天ぷらは小さく、ほとんど食べた感じはしなかったが、この分からない魚の塊は食べ心地があった。レンコンが二つも入っている。ここはなすびとか、別のものがいい。二つは何だろう。レンコンしかなかったのだろうか。この店の天ぷら盛り合わせは行く度に違う。レンコンは堅すぎたので、一つは残した。
 松茸ご飯は確かに松茸が入っている。しかも結構多い。だがものすごく薄い。スライス力だろう。こんなに薄くできるものかと感心するが、歯ごたえのある干し椎茸などは逆に食べにくいことがある。薄くすれば食べやすくなる。この松茸ご飯は200円台。松茸は結構安いのかもしれない。これが春に出る豆ご飯と値段は同じ。牡蠣ご飯もそうだ。そういう何か入ったご飯をこの店にはある。それらのご飯は注文すると、その場でよせてくれる。だからおばさんが電気釜の前に常時いる。味噌汁などもその場で入れて渡してくれる。ここは大衆食堂風ではなく、学食風だ。
 昼間でも自転車散歩に出やすくなっているが、晴れていないと出ないことにしている。背景が青い方がいいためだ。雲の形などもよく分かる。曇っており、真っ白だと、空を入れないように写したりする。しかしフラットな光線の方が建物などにはいい。逆光で日陰になっている建物でも、写しやすい。逆光になっているのは偶然で、太陽に向かって進んでいると、そうなる。横とか後ろの建物ならいい。しかし、前と横は見るが、後ろを見ることはまずない。そのため、初めて通る道などは、前方風景しか見ていないことになる。同じ道を引き返せば後ろも見ることができるが、それは滅多にない。同じ道だと飽きるからだ。ただ、良さそうな枝道がいくつかあった場合、まだ食べるところが残っているはずなので、その限りではない。まあ、近所ではそんな通りはなくなってしまった。何度も通っているためだろう。もう少し寝かせておけば、鮮度が戻るのだが。
 今朝は涼しいので長袖のカッターシャツの上にジャージ風のパーカーを羽織る。これは部屋を出るときに決める。暑くなれば脱げばいい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

下旬

■■ 2017年9月20日(水) 午前9時14分
 
 今朝は曇っている。気温はまずまずで、この季節のものだろう。昨夜は夜中寒くなると思い、窓を閉めて寝たが、それほど気温は下がらなかったようだ。十度台を予想していたのだが、20度台をキープしていた。もう熱帯夜はないのだが、蒸し暑い夜はあるだろう。
 今朝はいい時間帯に起きたのだが、そのまままた寝てしまったようで、結局遅い時間に起きてきてしまった。夏場と違い、秋になると、もう少し寝ていたいという気持ちが強いのだろう。だから起きることができたのだが、意識的に、起きなかったようだ。
 九月も下旬にさしかかっている。一ヶ月を二等分ではなく、三等分。これはどういう分け方になるのだろう。中旬というのは、中なので、中間。その中間と言うより中程。前半でもなく後半でもない。その期間が十日ある。帯で分けているのだ。15日が真ん中だとすれば、14日はまだ真ん中ではない。16日はもう後半になってしまう。しかし、中旬という分け方だと、その幅の間中のまま。だから中が長い。実際には上旬も下旬も同じ十日間だ。
 本当は前半か後半に属しているのだが、三分割だと長い。上旬も、九日まである。月明けの一日目だけではなく、長い。
 刻一刻と時間が過ぎているのだが、それを長い目に括って分けている。これはいいかもしれない。天気予報では、この上旬、中旬、下旬はよく出てくる。それぐらいの季節だと。たとえば9月と言っても長いので、その中の初めの頃か、中頃か、終わり頃かで指し示す。これがズバリ日まで言う精度はないし、まあ三分割内の気温はそれほど変わらないので、そんなものだろう。本当は違うのだが、平均すれば、十日分程度なら、ほぼ同じだ。
 どちらにしても中旬というのが長いのがいい。そして、これがメインだろうか。一番その月らしい気温と言うことで。上旬だとまだ前の月の影響があり、下旬だと次の月の気温が入り込む感じだ。
 二十歳半ばとは25歳前後のことだろうが、これを三分割すると、24から26が半ばになる。広い目に見れば23から27.しかし、23ではやはり二十歳過ぎだろうし、27では三十前の印象がある。だから二十歳半ばとは24から26と、狭い。この印象は三分割から来ているのかもしれない。24では二十歳前半では老けすぎているし、26で三十前ではまだ早い。点で分けないところがいい。
 それで九月の下旬に入ったのだが、これは月末ではない。明日から十月になる月末でも、まだ下旬なのだ。
 このとき、気にしていないが、月がある。本物の月だ。昔は月が暦だったので、カレンダーのように見ていたはずだが、今はそういう見方はしないが。
 あまり必要ではなければ見なくなるし、また別のジャンルとして、別の見方に変わったりしそうだ。
 これは一人の人の意識が変わるのではなく、全体の意識が変わるのだろう。あまり必要ではなくなってしまったものは、別のものになったりする。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

彼岸花

■■ 2017年9月19日(火) 午前8時41分
 
 今朝は晴れている。気温も気候も言うことはない。普通ということで、記すようなことはない。部屋にいるときの服装と外に出るときの服装が同じでいい。しかし、今朝の喫茶店は冷房が入っているようなので、少し気温が高いのだろう。
 台風が来ていたときは蒸し暑かったが、それが取れた。湿気が抜けたのか、爽やかだ。これだけで朝の気分がずいぶんと違う。気分は天気で変わったりするのだから、いい加減なものだ。気分には具体性がない。気温には具体性がある。だからそちらの方が強かったりするが、大変な問題が発生しているときなどは、その限りではないのだろう。ただ、ずっと気分が悪かったり、機嫌が悪かったりし続けられるものではない。どこかで休むだろう。ずっと気分が悪い場合、それはどこかが悪いのだ。具体的に。
 ただ、精神を病んでしまうと、これは具体的だ。気持ちの問題ではなく、器官に来ているのだろう。
 昨日は敬老の日で休みだったようだ。連休がどうのと目にしたことがある。耳ではなく目だ。
 朝の伊丹モスのドア前のメッセージボードで目にしたのだろうか。このボードは、板だ。掲示板のようなものだが、店によっては匿名になっている。書いた人が店の名前となっている。別の店ではバイトの誰それとか、パートの誰それとか名前付き。誰がその人なのかは書いた内容で年齢が分かるので、あの人が、あの名前の人なのかと想像するが、店の人の名前までは分からない。
 そろそろ彼岸花が咲き出す頃。いきなりにょきっと出て、いきなり咲いているので、びっくりするが、普段から野草などを見ていると、これが彼岸花の咲く前だと分かる。茎が伸びており、細いつぼみが出ている。茎の枝かと思ったら、そうではなく、この細いのがつぼみなのだ。これがぱっと開く。開いても花びらは線状だ。曼珠沙華ともいうが、その言葉が出てこないので、彼岸花で変換したとき、その意味を見ると、岩波国語辞典では、別名曼珠沙華とは出ないが、広辞苑では出る。しかもイラスト入りで。もう一つ日本国語大辞典という、大きな国語辞典があるのだが、そのファイルは古い方の一太郎の中に入っている。どのファイルなのかが分からないので、今使っているノートには入れていない。おまけだ。
 広辞苑は独立したアプリケーションで入っているので、探しやすい。探す場所はダウンロードしたファイルが入っているパソコンの中だが。
 マンジュシャゲをマンゲシャゲと間違ってタイプしたので、出てこない。これは音で記憶しているためで、漢字で記憶しておればマンゲではなくマンジュとタイプできたかもしれない。
 この彼岸花が咲き出すと、確実に秋のスタート。これを合図に、秋をスタートさせなければいけないが、自分がスタートを切らなくても、季節が勝手に切ってくれる。
 秋を感じさせるのはそれだけではなく、夜中、寝ているとき、トイレに立つ回数が増えた。冷えるのだろう。そのため、夜が長く感じる。一度か二度起きるためだ。目を開けるだけではなく、歩いてトイレまで行く必要があるので。
 この夜中の目覚め、夜中に家の中を歩くだけのことだが、ここは妙な世界だ。これが二階屋で階段を降りないとたどり着けないとなると、大変だろう。最近は小さな家でも部屋数を多くとるため、三階建て、四階建てに近い家もある。トイレは一階だろう。そして普通の家の階段は傾斜がきついはず。ここで転べば一発だ。
 平屋の家でも、昔の家のトイレ、これは厠と呼ばれていた時代だが、座敷から結構遠い。それに寝所はかなり奥まったところにある。トイレは裏庭に面したところにあり、縁側とか廊下の端にある。かなり離しているのだ。母屋の外側にあったりもする。客などが来たとき、トイレを借りるときなど、その方がこの距離感が好ましかったのだろう。冬の夜など寒いだろうが。そして、暗いので、トイレへ行くだけでもローソクとかが必要だったかもしれない。
 ただ、慣れた間取りなので、夜中でも暗闇ということではないはずで、月明かりや星明かりがあるので、無灯でも歩けたかもしれない。意外と室内の方が暗いはず。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ゲートウェイパソコンの続き

■■ 2017年9月17日(日) 午前8時21分
 
 台風が近づいているのか、風が強い。まだ遠いと思うのだが、九州に上陸したのだろうか。それならすぐにでも大阪方面に来る。上陸してからはスピードが上がるようなので、今朝の風は台風の風だろう。いつもの風ではなく。
 昨日は雨だったが、台風本体の雨ではない。そのため、風は弱め。傘がとられるほどでもない。台風よりもビル風の方が厳しかったりする。そこを通ればいきなり来るので、不意を突かれるためだ。
 昨日の昼間は気温が下がり、明け方の一番低くなる頃より下がっていたのだから、もう寒いほど。それでホームゴタツのスイッチを入れた。真夏でも布を垂らしているので、ホームゴタツとしてすぐに使える。室温が20度を切るとホームゴタツをつけることが多いが、昨日は23度ほどあった。大阪方面のその頃の気温は19度。これは外だ。室内の方が暖かいのだが、それでも昨日は冷えた。雨が降っていたためだろう。水冷だ。
 今朝は昨日ほどには寒くはないが、カッターシャツの代わりに暖かい目のパーカーではなく、カッターシャツの上からパーカーを着た。これで丁度ぐらいだ。パーカーはニット系だが、意外と風を通さない。真冬の冷たい風とは違うためだろう。
 幸い雨は降っていない。こういうときは防水性のあるレインコート系がいいのだが、この時期、まだ大げさだ。その形が冬物に見えるためだろう。
 日曜のためか、寝起き行く朝のモスは客がいない。一番客が来る時間より少しだけ遅い目に来たのだが、誰もいないので自分が一番客。いつも来ているような人は仕事前に入っているのだろう。だからその人たちが来なくなるので、すいているはずだが、逆に日曜とか休みの日に来る人がいる。これもどこかへ遊びに行くまでに入るのだろうか。モスだけを目的に来ている人とは思えないので。つまり朝モスを食べに来る。朝食を取りに来るのだ。だから食堂だ。しかし、それで正しい。ハンバーガー屋なので。お食事処なのだ。喫茶店の朝もそんなものだろう。昼も。だから昼を過ぎた喫茶店などがら空きだ。
 今朝は暖かい服装で来たのだが、皮肉にも冷房をしていない。この冷房防御のために着込んでいるのに。厚着してきた甲斐がない。
 しかし、道行く人の中にTシャツに短パンの人がいる。これは十月に入ってからも見かける。女性で多いのはニット系の長いコートのようなものだ。これはぼろ隠しにいいのかもしれない。薄い目の毛布をまとっているようなものだろう。長いと布の垂れ具合が綺麗に出る。
 問題はこの台風が去った後の気温だ。ぐっと寒くなるか、またはまだ夏を思い出し、結構暑い日が続くかだ。しかし、朝夕の温度は台風が来る前から下がりつつある。それで普通だ。台風で少しペースが狂うかもしれない。
 涼しすぎるほど気温が下がることがあるので、電気ストーブを出してこないといけない。そこに今は扇風機が置いてある。この前までそれをつけっぱなしにして寝ていたし、部屋にいるときはずっと回していた。扇風機ではなく、プロペラを。
 結局夏と冬しかないような感じになる。そう言うのを見ていると。掛け布団もそうだ。
 間物というのがある。夏と冬の間に着るものだ。だから秋春物のことだが、これをアイといい。季節名をいわない。春と夏と二つ言わなくても、一言ですむ。ただし着るものに限られるだろう。また、夏でも冬でも着られるようなものもある。
 
 先日買ったゲートウェイの3万円台の11インチノートパソコンのキーボードにも慣れてきて、昔から使っているほどになる。最初から手に馴染んだキーボードだったのかもしれない。同じ11インチでもなかなか慣れないのがある。違和感が常にあり、キーを意識してしまう。キーボードを意識しないキーボードが一番いい。鍵盤のようなものだ。弾きやすいと言葉も弾むし、文章も変わってしまったりする。楽器なのだ。タイピングは言葉を叩き出すためだろう。
 その他の特徴として、非反射液晶がいい。本当に反射しない。映り込みがない。これは見事なものだ。光沢タイプは場所により、モニターの角度を変えないと、電球とか、窓とかで画面がうるさくなる。それが全くない。地味だが、こう言うのはすごい。また、ブルーライトカットがされているらしいが、これも見た目には分からない。ノートパソコンは部屋のデスクトップパソコンに比べ、モニターと目の位置が近くなる。
 薄いが文字の大きなマニュアルが入っていた。結構大きなマニュアルだが、薄い。これはパソコンの使い方などが一応書かれている。全く初めてパソコンを使う人向けに。ここは親切だ。
 そのマニュアルにハードの説明図解の中に妙な穴がある。底だ。底にはスピーカーが仕込まれているのだが、中央部あたりに穴がある。バッテリーリセットとかの穴だ。交換できるのだろうか。しかし蓋がない。これは電源ボタンを押しても何ともならないとき、一時的にバッテリー接続を切るためのものだろうか。
 それよりも、二つの穴がある。小さなものだ。排水穴。排気口ではない。表のキーボードに水をこぼしたとき、裏側の、この穴からその水を出すというものだ。防水性があるといっても、キーボードには隙間がある。そこに入り込んだ水が内部に入り込まないように逃がし道を作っているのだ。これも地味だが、値段の割には他機にはない良さがある。あまりお金がかからない箇所での使いやすい工夫がなされている。
 中身はエイサーとはいえ、その設計や工夫はゲートウェイのものだろう。ほとんど上新電機のショップもの近いが、安くてもこれだけのものができるということだろう。
 今、部屋で使っているデスクトップ機も実はゲートウェイ。その繋がりで買った節もある。二年ほどになるが、調子がいい。DVDドライブの動きが妙になっている程度。ほとんど使っていないためだろう。
 そのシリーズの最新機が上新でも飾ってある。一台だけ残ったデスクトップ機だ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

ゲートウェイの続き

■■ 2017/09/16 8:45
 
 今朝は小雨。台風の影響にしてはまだ遠い。しかしこのところ風が強いので、これは台風からではと考えてしまう。台風が来ていることを知らなければ、風と台風を関連付けない。風が吹いているのはいつものことで、少し強い目でも何とも思わないだろう。ただ向かい風だと自転車のペダルが重いが、おつりとして帰りは楽だ。
 台風の風なら息をしている。一本調子ではなく、呼吸でもしているように吹く。これは圏内に入ったときだろう。
 今朝は小雨だが、傘を差すほどでもないが、最近朝夕は涼しいし、また風があるので、上に一枚ぺらっとしたものを羽織る必要がある。昨夜の徒歩散歩ではあまりにも涼しいので、ペラものを羽織った。これはゴルフのマークがついており、そういう場所で羽織るものだろうか。Mサイズの割には大きくコートのようになる。これは防水性がないが、風は防げる。ゴルフのときに着るのだから、運動しているときのものだから、それなりに軽快だが、薄い。
 これは昔、イズミヤのバーゲンで買っている。半額の半額になっていた。思っているよりも高級品だが、イズミヤでの高級品なので、たかがしれているが。しかし、こういう単純な服が意外と長持ちするというか、丈夫というのではなく、よく着ることになる。癖のないシンプルなものの方が着やすいのだろう。これは身体ではなく、気持ちの問題もある。
 朝のモスの客の服装を見ていると、ニット系の長袖の人がいる。長袖のTシャツのようなものだが、半袖の季節が遠のいた感じだ。もう一人は柔らかそうなパーカー。このパーカーはジャージ系で、スタンダードなもの。ものすごくよく見かける。普通のTシャツより分厚く、フードと前ポケットがつく。これも定番で、普段着や部屋着、出かけるときでも気楽に着られる。綿で、裏地はタオル地だったりするので、バスタオルを着ているようなもの。そのため、洗濯のとき、水をかなり含むのか、ものすごく重くなるし、また乾きが遅い。このパーカーのようなもの、バリエーションが豊かで、思っていた着心地ではなかったりする。それだけ変形も多い。いやにスリムで細いとか、伸びないとか。ファスナーを上げても首が隠れないとか。当然生地的に寝間着にもなる。着る範囲が広い。
 今朝は小雨で肌寒いためか、喫茶店の冷房が緩いというより冷房に入っていないのかもしれない。この季節いらない。こういう日でも冷房が入っていると、ものすごく寒いので、それを警戒していたのだが、寒くないので、よかった。
 夏の疲れはとれたようだが、長距離自転車散歩に出るタイミングがない。晴れていて調子のいいときでないと、行っても楽しくないし、疲労度も高い。しかし、出れば出たで何とかなるもので、それなりの探索ができる。単にうろうろしているだけのことだが、散歩にも文節があり、調子のいいときはうまく綴れる。
 朝の喫茶店からの戻り道大回り散歩は行ったり行かなかったりだ。小雨だと当然行かないし、一番多いパターンは遅い目に起きてきたとき。寄り道をやめると、時間的にいつもの時間帯に戻せるので。
 しかし、この寄り道散歩も、さらに遠回りをすると戻ってくるのが遅くなり、早く起きたのに、時間が押してしまうことがある。約束の時間とかスケジュールとかはなくても、時間がずれると様子も違う。たとえばいつも道ですれ違うような人は登場しなくなる。その人は登場しているのだが、見ることはできない。見ても何と言うことはないのだが、それが日常風景のようになっている。日々というのは、同じような日の繰り返しかもしれない。本当はそれなりに変化があり、いつものとは少し違うのだが。
 
 先日買った11インチの三万円台のゲートウェイパソコンの続き。
 11インチは思ったより打ちにくくはないが、テーブルが高いとか、椅子が高いとか低いとかで位置が違う。だから打ちにくい喫茶店がある。昼に入る喫茶店だ。いつも行くモスなどはサイズが同じなので、高さも同じ。ここでは打ちやすい。10インチとの違いは、この高さに敏感な程度。モニターサイズが11インチでも、もっと小さなタイプがある。そちらはキーボードの幅も少し狭くなるので、それに比べると、11インチフルサイズのキーボードなので、大きい目と言うことだろうか。これを心配していたのだが、クリック感あり、押しごたえがあるためか、ミスは少ない。ただ、届いているはずのところに指が来ていないこともある。それで広さを感じる。
 今のところ特に特徴は発見できないが、フルサイズの普通の大きさのSDカードが使えることがうれしい。最近のノートパソコンは軽く小さく作るためか、小さいサイズのSDカードだ。これはあまり持っていない。スマホやタブレットはこの小さなサイズが多いはずなので、持っている人も多いためだろうか。それと使い回しができる。
 こちらが使い回すのはデジカメと部屋のパソコン程度なので、フルサイズのSDカードは歓迎だ。
 内部記憶領域は安いので64ギガ。すでに半分近くウインドウズが使っている。32ギガタイプもあるので、それにすると苦しいことになるのだが、64ギガらならアプリを大量に入れない限り、問題はない。
 ファイルやデータはネット上に置く時代のためだろう。このゲートウェイのノートも、エイサーのネット倉庫が用意されている。
 SDカードが使えるので、そこを保存領域として使う手もあるが、外でいじっているファイルは限られており、保存領域はそれほど必要ではない。写真や動画や絵などがかさばるのだろうが、ノートパソコンではそれらは扱わないことにしている。外でやるような用事がないためだ。
 変わったところではコントロールキーが二つあり、右側にもある。コントロールキーを押しながら他のキーを押すというやつだが、片手で押せるように、左右にあるのだろう。コントロールキーは普通左下の角にある。それでは右端近くにあるキーとの同時押しは難しい。それで右側にもつけたのだろう。通常は右クリックに当たるキーがついているところだ。これもあるのだが、一発キーではなく、他のキーを押しながらになる。扱いが低くなっている。まあ右クリックは手前の大きなタッチパッドの端を押せばできるので、問題はない。
 USBは二穴。それと何かに繋ぐ穴がもう一つあるが、使わないだろう。それとイヤホンの丸い穴程度で、有線ランの穴などは当然ない。これも時代だろう。USBの穴と、SDカードスロットルがあれば問題はない。至ってシンプルだ。どちらも喫茶店で使うようなことはまずない。
 買ったばかりのデスクトップはゴミ箱しかない。ノートンが入っているが、インストールしていない。これはしつこいほど催促してくるのだが、まだ削除していない。ノートンがなくてもウインドウズでできるのだ。無料お試し版だが、二ヶ月分だろうか。だから買ってからの日数が分かる程度。医者が一番のウィルスだったりすることがある。
 ATOKの入力での重さは不思議とない。これよりもかなり早いタイプのノートを持っているのだが、そちらの方がもたつくので不思議だ。CPUの早さと比例しないどころか、逆に遅かったりする。故障しているのかもしれない。メーカーものでもばらつきがあるのだろう。
 三万円のノートだが、結構使いやすい。1.2キロと少し重く感じてしまうのが欠点程度。ウインドウズの起動も速く、アプリの起動も速い。CPUの低さや高さは何だったのかと思うほど。これはものすごく安いコンパクトカメラと一眼レフの違いのようなもので、本当の差はわずかしかない。そしてその差を気づかなかったりする。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

ゲートウェイノートパソコン

■■ 2017/09/15 8:43
 
 昨夜は十度台になっていた。寝る前から涼しかったので、窓を閉め、布団をかぶって寝た。この前まで25度以下にはならない熱帯夜だったことを思うと、季節の移り変わりは早い。
 そういう涼しい日は夏の終わりがけにもあったので、いきなりではないが。
 つまり前触れのようなものはそれなりにある。しかしそれは早すぎるので、無視したりする。昨夜のような涼しさは前触れではなく、本番だろう。秋本番、本格的な秋となるが、季節は行きつ戻りつで、その中でも、また暑いような日がある。まだ九月なので秋の中頃にならないと夏は消えない。朝夕は秋でも昼間夏になることが多い。
 台風が来ているようだが、大阪方面は晴れている。台風の雲が直接かかるにはまだまだ距離がある。昔なら、そんな遠いところにいる台風など分からなかっただろう。来る直前まで分からず、妙に空気が違うとか、風の吹きがきついとか、それでやっと分かったのだろう。しかし、いきなりといっても、少しは間がある。急激に降るようなにわか雨ではないためだ。にわか雨も降りそうな空になるので、これもいきなりではない。晴れていれば降らないだろう。それらしい雲が出ていて分かったりするものだ。
 台風の接近がいきなりすぎて分からなかったので大きな被害が昔は出たとされているが、そうだろうか。逆に今は正確な予報があっても、何もしない人が多い。それだけ住宅が丈夫になり、風程度では壊れない。
 木造の緩そうで古い建物が、昔は多かったのだろう。それよりも、倒れてもよかったのかもしれない。始終建て替えていたような気がする。燃えたり、倒れてもいいような簡単な家が多かったのかもしれない。それと、逃げ出すとき、大八車程度で家財を運べたりするほど、所帯道具も少なかったはず。こればかりは普通の民家の中が昔どうなっていたのかは見たわけではないので、分からないが。大きく立派な家なら残っていたりするが。普通の人はそんな家には住んでいなかったはず。
 ただ、生まれ在所の根の生えたようにそこに住んでいる人たちの家は頑丈だったかもしれない。今でも立派な屋敷といえるような家は農村部には残っていたりする。仮の宿でも、借家でもないので、家も根が生えるのだろう。
 先日マンションの取り壊しがあり、更地になっていたのだが、何かが建ち始めた。基礎工事を見ていると、普通の一戸建ての家が二軒建つようだ。マンションの頃に比べて人口密度がガタンと減るだろう。たった二件分の敷地しかなかったのだ。少し大きい目で庭の広い家のようだが。それを見ていると、マンションとはいえ、昔でいえば長屋だったのだ。そして我が家の土地があるようでいてない。
 
 先日から気になって仕方のないゲートウェイの3万円台の11インチのノートパソコンを買ってしまった。こういうのは値段もさることながら、実際に使ってみないわからない。失敗しても三万円台なら、何とかなる。
 ゲートウェイのパソコンは上新のショップもののようなブランドで、実際にはエイサーだ。だからエイサーのパソコンだと思えばいいのだが、その味付けはゲートウェイか上新かは分からない。上新での店売りで安くてベーシックなものを作ったのだろうか。
 早速在庫を聞くとあるというので、買うことにした。限定3000台。これは全国の上新の店売りで売るのだろうが、そんなに売れるものだろうか。しかし、上新で一番安いのがゲートウェイで、とりあえず買うのなら、一番安いタイプとなるかもしれない。
 レジ袋に入れてもらい、それを持つと、手にずしりとくる。1.2キロが効いているのだろうか。それにしてはやけに重い。
 箱を開けてみると、コードが旧式で、丸穴に突っ込むL字タイプ。これが重い。三接点で間にもう一つかます。ものすごく古いタイプだ。部品が余っていたのだろうか。今はUSBで繋ぐのが多い。携帯充電器にもその方が対応するし、ものそのものが軽い。
 分厚いマニュアルが入っているわけでもないので、この重さは何だろうかと思った。本体を取り出し、持ち上げるとそれほどでもない。不思議な話だ。
 11インチノートは古いタイプを持っており、これもエイサーだが1キロ半ある。それに比べると、軽くなったのだろう。このタイプでは普通だったということだが、もっと軽く小さな11インチタイプのノートパソコンもあるので、それから比べると重く感じたりする。
 液晶は蝶番式なので、しっかりとしている。分離はできないというより液晶はタッチパネルではないので、分離できても何ともならないが。
 その代わりしっかりとしている。キーボードも分厚い。だから端を片手で持つと折れそうな感じはない。
 このキーボード、多少水に濡れてもいいようだ。また液晶にはブルーライトカット云々の処理がされているとか。液晶は非光沢なので、映り込みがない。
 解像力は低い。今の液晶は解像力が高すぎて、実際に使っているのは縮小しての画面だ。このゲートウェイのは100パーセントのまま。だから11インチちょうどの解像力。
 バッテリーは十時間持つ。もっと長く持つタイプもあるので、長いとはいえないが、短い方ではない。普通だろう。
 値段的なこともあって、抜き出たところはないのだが、非常に分かりやすいノートパソコンで、慣れを必要としない。
 ただ、独立したページアップ、ページダウンキーがある。これは前画面、次画面ともいう。これがついているノートパソコンは非常に珍しい。現役機で知っているのはNECの10インチ機がある。その他のノートパソコンも気をつけて見ているが、見つからない。ここだけはどのノートパソコンよりも優れているのではないかと思える。意外だ。その代わり、矢印キーなどが小さくなっている。
 また明るさ調整と音のボリュームの短縮キーが矢印キーに仕込まれている。これはよく使う。そのためか、何もないファンクションキーがあったりする。ファンクションキーに仕込まれている短縮キーだ。余っているのだから、何か仕込めばいいのに。
 キーで悪いところは電源ボタン。これがボタンではなくキーになっており、右肩にある。ここは削除キーだろう。間違って電源を落としてしまいそうなるはずだ。バックスペースキーは大きく、削除キーは小さい目。キーは分離型で、これは今の流行というより、これに定着した。キーとキーとが離れている方がミスが少ないのだ。キートップの大きさではなく。
 しかし11インチタイプなので、キーは比較的大きい目だ。間隔は十分ある。つまりキーの粒が大きい目だが、隙間も十分あるということだろう。ストロークもあり、ぺこんと沈む。質感はよくなく、紙のようにざらっとしているが、こちらの方が汚れにくい。
 色は中は黒で外側が白。だから使っているときは白さは感じられないので、ブラックボディーのように見えてしまう。取り出すときは蓋と底が白いので、白だと分かるが。
 要するに少しだけ他機とは違う良さがあるが、際だった特徴ではない。特にお金がかかるような仕掛けはない。ストレートな感じで、単純なノートパソコンで、堅実だ。
 今朝はこのノートを寝起きの喫茶店に持ち込んで打ち込んでいるが、特に違和感はなく、すんなりと打てる。慣れが必要するほど打ちにくいキーボードもあるので、ここは救われる。これは店で確認してもよく分からないことで、立った姿勢で台の上に乗っているノートでは角度が違うためだろうか。キーのへこみ具合程度、ストローク程度は分かるが。
 だから実際にいつも使っている喫茶店のテーブルの上に乗せ、いつもの高さの椅子に座って打たないと、違いが分からなかったりする。
 その結果、このキーボードなら11インチの間延びのしたようなタイピングではなく、丁度いい感じになる。10インチに比べ、少し指を伸ばす程度で、これは射程内だ。
 三万円台の、こういうノートの方が気楽に使える。高いノートを買った場合、途中で別のを買ったとき、これはかなり苦しい選択になる。安いと、気楽に違うのが使える。3万円台はコンパクトデジカメに近い。
 スピード的には値段が値段なので、それなりのもののはずだが、テキスト打ちには問題はない。ただいつも使う一太郎は結構重い。それとATOKも重いのだが、何とか動いている。遅くてイライラするようなことはない。いわゆるワープロ程度なら問題はないということだが、それはワードのことだろう。一太郎やATOKはワープロだが重いのだ。
 一番安いタイプだが、スピード的な問題はない。ただ鞄が重くなったのが問題だ。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする