2017年04月14日

キヤノン新旅カメラ

■■ 2017年4月14日(金) 午前8時17分
 
 今朝は晴れているが、少しひんやりとする。流石に10度を切っている。10度越えで15度ほどの朝があったが、あれはやはり暖かすぎたのだろう。昨夜は寝るとき、電気毛布を付けたので、夜中寒くなることはなかったが、弱にしていたので、強にする。弱だと最近の電気毛布は触っても熱を感じない。これは、切れているのではないかと思うほど。
 桜は明日あさっての土日も持ちそうだ。散りかけているのだが、まだ、どさっとは散っていない。既に桜川になっているが、まだまだ落ちていない。
 ソメイヨシノの後に咲く濃い色の桜があるが、桜だとは思えなかったりする。ソメイヨシノが桜の定番になっているのだろう。
 そしてまとまって数本咲いていないと、桜らしくない。そういうイメージができてしまっている。
 先日スーパーの露店で、九州うまか祭りがあったので、鹿児島のラーメンを買う。二食分で濃縮スープタイプで、普通のラーメンよりも高い。ご当地ラーメンのようなものだ。長崎カステーラとか、黒パンとか、褌姿の侍の絵の付いたボンタン飴もあった。その箱に入った飴か、餅。近所の人が鹿児島から来た一家なので、よくもらった。鹿児島に帰ったときのお土産だろうか。飴と餅の間ぐらいで硬くない。なめると言うより、噛む。その絵が懐かしかった。昔とそれほど変わっていない。
 カステラは箱なしのタイプが安い。欲しかったのは黒いパンで、黒砂糖のパンだ。しかし、甘いので何ともならないが、黒糖は悪くはない。自然な甘さだと思える。これが安い。
 九州四国中国方面から大阪近郊に来ている人は結構多い。地の人よりも多いだろう。新興住宅とかニュータウンなどはその意味で無国籍の町に近い。この場合の国とは、お国のこと。故郷のこと。お国訛りの。そして二世三世になると、生まれたときから大阪弁なので、関西の人になる。そして地の人より、よりベタベタな大阪人になるようだ。
 昨日は上新に寄ると、キヤノンの新製品デジカメが出るらしく、予約セールの紙があった。ネットよりも速いわけではないが、キヤノンのホームページを見に行かないと、分からないだろう。だから、リアル店での情報の方が早かった。
 コンパクトカメラの新製品なので、あまり話題にならないので、デジカメポータルサイトではまだ記事になっていなかったと言うより、記事のリンクをまだ張っていなかったようだ。このポータルサイト、電書など、色々なのを扱っているのだが、最近情報が遅い。そして殆ど別のサイトからのリンク。
 そのキヤノンの新製品は旅カメラ。そろそろ出る頃だと思っていたが、予想通り、背面液晶を回転式にしてきた。これが目玉だろう。旧機との大きな違いはそこ。ニコンは既に回転式。ソニーも下位機の方が回転式。これは誕生日カメラとして買っている。そのとき、キヤノンかニコンかで迷ったが、結局一番小さいソニーにした。ニコンは少し大きい。
 キヤノンの新製品はズームも900ミリを超えてきて、1000ミリ近い。僅かな差だが、ニコンを越えた。これで同じように液晶回転となるので、ズーム比だけ、僅かにリードだろう。重さは同じだが、キヤノンの方が丸みがあり、コロッとしている。ニコンはがっちりとしたゴツゴツした感じで、カメラっぽい。そして手ぶれ補正はニコンが強いような気がする。望遠では必要だ。ぐらぐらして見にくいので。
 ニコンのは、出てしばらく立つが、まだ新製品を出すには早いだろう。新製品と言うより、更新だ。
 富士を見ると、水中カメラしか、もうコンパクトカメラは出していない。オリンパスは旅カメラ一台を残すだけ。水中カメラもあったのだが、何処へ行ったのだろう。要するにコンパクトカメラからの撤退だろう。あれほど多くあったのに。
 リコーもコンパクトから撤退するような報道があったらしいが、リコーは否定しているようだ。定番の単焦点コンパクトがある。ペンタックスは水中カメラとネオ一眼がまだあるようだが、普通のコンパクトカメラはない。
 コンパクトカメラしかないカシオは、超広角付きコンパクトで頑張っている。それと低価格デジカメ。ここに富士が入っていたのだが、消えている。ソニーやキヤノン、ニコンの安いタイプは、まだ売られている。
 小さな受光素子のコンパクトデジカメのトップ機が旅カメラ。要するに高倍率コンパクトだ。受光素子を大きい目にすると、ズーム比が下がるし、大きくなる。
 そのキヤノンの新製品のコンパクト。同じキヤノンのイオスの7のダブルズームキットと変わらなくなっている。レンズ二本付きの一眼レフと価格が同等に近いというのは、どういうことだろう。ポケットに入る大きさでダブルズームキット以上のことをこなしてしまえるためだろうか。しかし、あれほど言っていた受光素子の大きさの有利性は何処へ行ったのだろう。そんなことよりも、軽くて小さい方が、いいのかもしれない。
 先日、池田市へ行ったときも、持って行ったカメラはソニーの旅カメラだけ。街中なので、じっくりと写すような場所は、観光地化されている場所や寺や神社にでも寄らないとないだろう。人が行き交う場所では目立たないカメラで、コツンと写す方がよい。
 キヤノンのその新製品よりも、少し前に出たグリップが飛び出したミニネオ一眼の方が、撮影が素早かったりする。ポケットには入らないが、構えやすい。重さも似たようなものだ。
 夏場になると、ポケットが小さくなるし、薄いので、ポケットに入れていると痛くなるので、鞄に入れることになる。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

キヤノンミニネオ一眼

■■ 2017年4月13日(木) 午前9時06分
 
 今朝は晴れているが、朝の気温は5度を切った。寝る前はもう少しあったので、電気毛布のスイッチを入れなかったのだが、夜中から朝にかけて寒かったようだ。いつでもスイッチを入れられるのだが、寒いと思いながらも、そこまで手を伸ばさなかった。
 そのためではないだろうが、起きると遅くなっていた。途中で目が開いたとき、時計の針を読み違えていたわけではなく、まだあと少し眠れると思ったのを覚えている。
 寝起き行く喫茶店までの道中では小学校も高校の登校風景もない。代わりに小学校前を通ると、運動場で一クラスが体操をしていた。もう授業が始まっているのだ。
 しかし、喫茶店に入ると、喫煙室には客は一人もいない。そういう時間帯なのかもしれない。朝にさっと来て、さっと帰ったとしか思えないが、その後も、まだ客は来ていたようなのに、今朝は第二波の客がいないようだ。
 久しぶりに晴れ、青空が見える。風も強くないが、北の方は荒れているようだ。雪さえ降っていたりする。まだ北は真冬なのだ。しかし、暖かい日もあるはずで、大阪方面より最高気温が高い日もある。
 今朝は寒いので真冬の服装。首輪を加えている。日差しがあるので、昼間はもう少し上がるだろう。自転車長距離散歩にはちょうど。後は気分次第。そういう日が二三日続いた後に、行くことが多い。
 しかし、今年の桜は雨でさっぱりだ。しかし、まだ咲いている。満開状態に近い。白のボリュームがすごく、パンパンだ。だが、土日には散り出すかもしれない。花見としては悪くないだろう。桜吹雪だ。そのため、次の土日でも、まだ間に合い、やっと晴れたので大阪方面での花見客は多いはず。
 四月半ば頃の花見。これは覚えておくと便利だ。カレンダーには載っていない。桜はいつ咲くのかは毎年違うためだ。一週間か二週間のずれがあったりしそうだ。
 そのため、毎年花見をしている人も、同じ日にするとなると、桜の咲き具合が違ってくるはず。当然桜はまだなのに、桜祭りのイベントなどがあったりする。咲くと思って、その日に決めたのに。
 天気が安定するのは、ゴールデンウイーク頃だろうか。五月になると、季節の変わり目ではなく、春そのものだが、初夏が入ってくる。その前に梅雨が来る。梅雨前までがいい感じで、過ごしやすいかもしれない。
 
 先日久しぶりに持ち出したキャノンのミニネオ一眼だが、最近持ち出している高画素タイプと比べても、分からないほど。キャノンのコンパクトカメラの中でも一番安いタイプ。今はそれほどコンパクトカメラの種類も減っているので、さらに安いのが以前にもあったのだが。
 このミニネオ一眼より高級なのが、キャノンの旅カメラ。しかし実売価格はあまり変わらない。それで調べてみると、海外向けのカメラだったらしい。それの国産タイプも以前あり、そちらは液晶の解像力も高かったが、その下位機が、今の現役機。その上位機をやめて、下位機がメインになっている。小さく軽くなっている程度だが。
 要するに小さなカード型の旅カメラの沈胴をやめて、最初からレンズを出した状態にし、大きなグリップを付けた感じだ。本体は薄くて小さい。むしろ本体はカード型の旅カメラよりも細いほどだ。
 そのため、最初からレンズが出ているので、起動が速い。電源を入れると、少しレンズが出るが、僅かだ。当然レンズバリアーもなく、レンズはむき出し。
 しかし、このカメラ、構えたとき、非常に安定する。特に自転車に乗ったまま写すとき、片手で持った状態でも安定しているので、扱いやすい。
 体をひねった状態では、両手で支えられない。ハイスペックなカメラより、こういうカメラの方が興味深い。
 
posted by 川崎ゆきお at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

キヤノンミニネオ一眼

■■ 2017年4月12日(水) 午前8時34分
 
 今朝は雨はやんでいるが、曇天。薄暗い感じだ。これはまた降り出すかもしれないと思うほどだが、今日から少しは晴れるはず。しかし、雨雲で鬱陶しそうな日だ。
 これで本当に晴れるのだろうかと思えるほどで、桜も、次の土日が最後だが、この日は雨と出ている。だから、今年の桜は二週続けて土日は雨なので、花見客は少なかったはず。雨ならまず行かない。平日、曇っているだけで雨は降っていない日もあったが、人出は少ないだろう。ただ、平日家にいるような人は別だが、団体より個人で散策する程度かもしれない。そしてあまりお金は落とさない。
 開花前は晴れていた。ちらほら咲きの頃、晴れていたのだが、その頃がよかったかもしれない。咲きかけなので、初々しい。
 昨日は雨はそれほど強くはなかったが、風が強く、傘が差せない。手が痛い。それに前が見えない角度になると、危険。それで傘なしで自転車に乗っていた。濡れても大したことはない雨量。普通のダウンジャケットなので多少の防水性はあるが、水をはじくのは最初だけで、じわっと色が変わってくる。中にしみこんでくるのだ。ユニクロのウルトラライトだ。軽いのだが、雨には弱いようだ。しみこまないで、流れ出さないといけない。シワなどを樋にして、ポタポタと下に落ちるような。しかし、それではズボンが濡れてしまうが。
 小雨なら問題はないが、やはりレインコート系が欲しいところだ。化繊でつるっとしていても、防水性がなかったりする。ビニール袋は水を入れても大丈夫なほど機密性がある。しかし、引っ張ると破れるので、強度がないのか、そういう上着はない。それに細工できない。袖を付けられなかったりしそうだ。それならビニール傘風なのはどうかだ。このビニールは分厚い。問題は蒸れることだろう。それと、弱い。
 コンビニでよく見かけるカッパがいいかもしれない。百均にもあるが、着るとき、もう破れてしまう。脱ぐときも、引っかけてバサッと破れたことがある。
 千円の傘を買うのなら、千円ほどのカッパなら、それなりに着られるかもしれない。使い捨てカッパではなく。
 冬場は厚着なので、濡れても奥まで染みるにはかなり時間がかかる。水分で服が重くなるが。わずかな時間なら持つが、春を過ぎると、上着も薄くなるので、その限りではなくなる。
 
 今朝のお供のカメラはキャノンのミニネオ一眼。手の平サイズのグリップやレンズが飛び出したカメラだ。先日買ったペンタックスのダブルズームキットと比べると、興味深い。
 ネオ一眼系なので、ポケットには入らない。薄くないためだが、普通のコンパクトデジカメのズーム比の高い旅カメラ程度の重さ。
 背面の液晶は3インチあるが、解像力は現役機では最低かもしれない。ピントなどはほぼ見えない。そしてコントラスもないので、くっきりとは見えないのだが、液晶ばかりを見ていると、そう思うだけで、実際に風景を写すときは、液晶ではなく、風景の方を見ているので、それほど問題はないが。
 しかし、このカメラ、恐ろしいほど機動力がある。片手だけで電源ボタンが押せる。ポケットに入らないので、鞄の中に入れることになるが、取り出してからの立ち上がりが早い。それほど処理速度が速いわけではなさそうだが、取り出しやすく構えやすい。電源ボタンを押すと、すぐに撮影できる。待ち時間はほぼない。そこからズームをしたとき、ワンクッションあるカメラがある。高い目のカメラでも、そうなることがある。ズームレバーを回しているのに反応しない。少し待たされるタイプだ。このキャノンのミニネオ一眼にはそれがない。これはネオ一眼の特徴かもしれない。他の大きい目のネオ一眼でも、すんなりといくが、カード型の普通のデジカメではすぐにズームしないし、それにズームレバーが堅く感じたりする。また遅い。
 さっと起動し、さっとズームで超望遠域までものすごいスピードで行くのはニコンのカード型コンパクトだ。それよりも、このカメラは遅いが。
 要するにさっと取り出して、さっと写すとき、このカメラは合格点。電源ボタンの押しやすさもあり、ストレスなく撮影状態に入れる。レンズが最初から飛び出しているので、沈胴からの立ち上がりよりも早いのだろう。
 写りは屋内では全くだめ。感度は1600までしかないし、受光素子がCCDなので、暗い室内は得意としないが、店屋などでは問題はない。普通の明るさがあれば。
 そして、写りは結構味わい深い。今、CCDの受光素子のデジカメはほとんどないだろう。屋内や夜景に弱いためだ。感度が上がらない。だから、その改良型の受光素子が今はメインのはず。
 これとペンタックスの一眼レフキットとを比べると、天国のようなカメラに見える。楽なのだ。軽いし小さいし、早い。
 まあ、ファインダーを覗きながら、じっくりと撮影を楽しむタイプではなく、市街地などで、さっと取り出して、さっと写して立ち去るタイプ。カード型の旅カメラでも同じことができるのだが、グリップが効いており、構えやすい。このグリップの杖が効いている。そしてこれは拳銃を構えたような雰囲気になり、攻撃的になる。
 液晶は見えにくいが、結構反応は早いようだ。解像力が低いためだろうか。それよりも、液晶で確認した画像と、パソコンに取り込んだ画像がほぼ同じ。最近のデジカメの液晶はよくなっているので、パソコンで取り込むより、その背面液晶で見ているときの方が明るく鮮明だ。取り込んでみると、結構暗い目だったり、色目もさえなかったりする。それに比べ、このカメラはそのままなので、違和感がない。逆に見えにくいので、部屋でパソコンで見た方がきれいに見える。
 撮影モードはオートとプログラムモード程度しかない。もう一つライブというのがあるが。
 オート時はAFなどの設定はできないが、プログラムにすると、ピンポイントの小さなAFフレームにできる。その切り替えはダイヤルがないので、ボタンだけ。ボタン一つで、オートからプログラムモードへ切り替わる。ピンポイントの被写体を写すときは、このモードボタン一押しで済むので簡単。ここで設定したものは記憶されるので、オートと使い分けられる。しかし、ほとんどはAFフレームの変更程度だが。
 しかし、解像力が低く、コントラすがなく、しかも斜め上から見ると、白っぽくなる悪い液晶なので、ピントを見るのは望遠でも難しい。だから、カメラ任せになる。自動で適当にピントを合わせてくれるのだが、フレームで囲まれたものがそうなのだが、そこまでは見えなかったりする。だから、カメラ任せで、確認なしで写すことが多い。というより、構えた瞬間、もう写していると言うことだ。
 AFは特に早いわけでもなさそうだが、実用範囲内。
 最短撮影距離は0センチ。何も言うことはない。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

交換レンズ

■■ 2017年4月11日(火) 午前8時22分
 
 今朝は雨だが、風が強く、荒れている。幸い小雨なので、傘は差さなくてもいいが、差すと松茸になるだろう。
 この雨が行くと、晴れるはず。結構長く天気が悪かったことになる。今朝は低気圧が二つ固まってきているのだから、仕方がない。これでは花見ところではないだろう。そしてこの強い風で、桜は散るかもしれない。次の土日まで持てばいいのだが。その前に、葉桜になっているかもしれない。咲き始めて二週間、持つか持たないか。だから、満開になった次の土日が一番いいようだ。
 しかし、桜は名所でなくても、市街地でもあちらこちらで咲いている。花見に行かなくても、通り道で見ているので、それですんでしまう。しかし、花見はそういう意味ではないのだろう。見たら終わりでは。
 雨が降っていても桜は見ることができる。しかし、これは行楽としては楽しくない。雨なら中止だろう。春うららの野山などを見たい程度。または行楽地へ行きたいのだろう。そのため、条件がよくなければ行かない。
 しかし、宴付きの花見の場合、予定が決まっていて、外せないこともあるだろう。
 特に野外イベントは天気次第。どんなにいいイベントでも雨には勝てない。そのイベント、絶対に行かなければいけないのなら別だが、楽しむために行くのなら、引くだろう。
 小学校は春休みは終わったが、高校はまだだった。今朝は高校の通学風景と遭遇したので、始まったのだろう。やはり桜が満開の頃だ。入学式のイメージに近い。背景に桜がある。卒業式のときはまだ咲いていないはず。
 今朝は気温は10度を切っていないが、風が強いし雨なので、真冬の服装で出る。首輪も付けるし、中にセーターも着込むし、真冬のダウンジャケットだし、耳まで隠れるニット帽も。風を受け、寒いと言うことはないのは10度以上あるためだろう。
 散るのは桜の花びらだけではなく、神社などにでんと立っている高い神木の葉がかなり落ちてきている。この木は何かよく分からないが、楠だろうか。欅かもしれない。一年中、葉を付けているが、徐々に葉が入れ替わるのではなく、一気に落ちたちりする。全部落ちるわけではないが。交代時期なのだ。
 春にも落ち葉が発生する。その落ち葉を集めて山にしていた。これは捨てるしかないのだろう。ゴミとして出すため、ビニール袋に詰め込んで。
 
 一眼レフ用の高倍率標準ズームを調べているが、あまり評判がよくなかったり、当たり外れがあったりと、怖い世界だ。それ以前に重く大きくなるので、これが一番怖かったりする。ズーム比だけなら、ポケットに入ってしまうコンパクト系が有利なのだが、写す楽しさは、また別のようだ。
 それで分かったのだが、高倍率ズームにもズーム比が異なるものがあるが、重さはそれほど変わらなかったりする。ただ長さが違う程度。重さが似たようなものなら、より望遠の方がいい。しかし400ミリを少し超える程度で、何となく中途半端。
 結局標準ズームだけなら軽い。ここから出ると、重く大きくなり、持ち出すのが大層になる。
 市街地などを自転車でうろうろしているとき、この標準ズームだけでも十分なことがある。28から85ミリほどの三倍ズームだ。
 一眼レフのズームレンズが出始めた頃は35ミリから70ミリ。そのとき、トキナーから28から85ミリが新製品で出たのを記憶している。広角から望遠までこれ一本でできる。今から考えると、大した差はないのだが、35ミリと28ミリとでは断層がある。70ミリと85ミリでは似たようなものだが。
 これ一本だけ付けて写せば快適だろうと思っていた。当時の望遠ズームは85から200ミリあたりまでだろう。その200ミリがものすごく望遠に見えたのだから、不思議な話だ。その後、AFカメラになり、ミノルタのαシリーズが一人勝ちした時代がある。そのとき買ったのが300ミリ。これがものすごい超望遠だったが、手ぶれ補正などはない。ものすごい超望遠だったのだが、今考えると、たったの300ミリ。
 高倍率なネオ一眼の卵のようなのが、パナソニックから出た。400ミリ超えをしている程度だが、一眼レフよりも遙かに小さく手ぶれ補正がついた。当時のデジタル一眼レフは非常に高く、出始めの頃だ。
 それが今ではポケットに入る旅カメラなら、キャノンは900ミリまで行っている。700ミリ超えをしたのはこの前のことだが。
 受光素子が小さいので、そんなことができるのだろう。
 花見のシーズンなので、桜を写している人をたまに見かける。普段は出てこない。何もない市街地など写す人は希。観光地にでも行かなければ、写さないのだろう。
 そういう人が持っている一眼レフは、どれも小さい。正面から見ると、コンパクト系と変わらない。いずれも一番安い一眼レフをキットで買ったのだろうか。標準ズームだけで写している。
 これはスマホのカメラと似たような使い方で、桜が咲いたというのを記録するようなもの。証拠写真として持ち帰るような。いわゆるブログ用に使うような写真と言うことだ。フェースブックとかブログとか、ネット上で公開するため。
 結局プリントアウトしないで、そういうところで出すことが多い。いい発表場所だ。
 ブログなので、そこそこの画質でもいいというわけではなさそうだ。昔のように小さい目のブログ用の写真ではなく、結構大きい目の写真をアップしている。ネットが早くなったので、もう気にしないで大きな画像を上げられるのだろう。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

交換レンズ

■■ 2017年4月10日(月) 午前8時35分
 
 今朝は雨は降っていないが、寒い。気温が下がっている。この前までが暖かすぎたのだろう。これで平年だろう。最低気温が15度以上あるというのは、暖かすぎたのだ。ここで昨日と同じ服装では風邪を引く。それで中に着込むセーターを着て、帽子もニット帽に戻す。さすがに首輪は大げさなので、はめていないが、これがあるとないとではかなり違う。薄い目のジャンパーでも喉元から顎まで隠すことができるが、暖かさが違う。
 雨は降っていないが、晴れるわけでもなさそうで、雨が来るはず。しかし、昨日は天気予報では午後から日差しがあるとなっていたが、なかった。そのため、昼からの花見も、曇ったまま。そして、すぐに次の雨が来るとなっていたが、今朝はその当日なのだが、日差しがあったりする。しかし風が強く肌寒い。昨日よりは明らかに寒いだろう。雨は降っていないが。
 花見の頃、自転車で散歩に出かけたいのだが、今年は天気がよくないのか、晴れない。桜はこの雨でもまだ落ちないで、満開状態だが、ここがピークだろう。次の土日あたりは散り始めている。しつこくまだ咲いているのもあるし、遅い目のソメイヨシノもある。
 すでに葉桜になり、グリーンがかかるので、そちらの方がいい色目になっている。白一面ではなく、グラデーションがあるためだ。色目の層が重なっているので、立体感が出る。何本も咲いている中で、早い目に葉桜になっているのがあり、それが一番目だったりする。
 その葉桜、葉だけではなく、しっかり咲いている。葉が落ちてから葉桜になるはずなのだが、残っている。まだ散っていない枝があるだけのことかもしれないが。
 
 先日買ったペンタックスのダブルズームキットだが、買う前から分かっていたことなのだが、ダブルではなく、一本で済ませたいところ。
 それは以前から考えていたのだが、レンズが大きく重くなる。このタイプには28から200とか28から300とか28から400とかがある。ズーム比が低くなれば軽くなる。400あればいいのだが、それでもこれでは鳥や遠くの猫などはしんどい。結局そこはネオ一眼や旅カメラの方が有利。そうなると、400までなくても、300ミリまででもよい。メーカー純正でよくあるタイプは28から200相当。これはキットレンズとして付けて売られているのもある。標準ズームだが望遠側に少し伸びており、これは85ミリあたりで止まってしまうタイプよりも、融通が利く。アップで抜きやすい。一般的な風景などでは十分かもしれない。
 以前からこのタイプのレンズを調べていたのだが、シグマのレンズが最短撮影距離が短い。レンズの先からなら20センチほどだろうか。フィルム面からの最短撮影距離は40センチを切っている。レンズの長さやボディーの厚みを引くと、レンズ先端から20センチを切る。他のメーカーよりも10センチほど短い。わずかな差だが、ついつい寄ってしまった場合、違いが出る。またテーブルの手前にあるものは近すぎたりする。まあ、一般的な風景ではなく、これはマクロに近いのだが。結構寄らないと写せないものもある。こう言うのはネオ一眼ならレンズ先端から0センチや1センチは普通にあるので、ここはコンパクト系に任せた方がよかったりする。
 キャノンのイオスに最初から28から200を付けたのが上新で展示されているのだが、それを触ると、ズームなどは柔らかく、指先で軽く回ったりする。これは下を向けると、レンズが出てきそうだが、ストッパーなどがついていたりする。逆にものすごく堅いのもあるし、望遠側に入ると、急に堅くなるのもある。
 キャノンだけの比較だが、その高倍率標準ズームよりも、普通の望遠ズームの方が軽かったりする。
 ペンタックスはどうかと、スペックを見ていると、28から200のズーム付きキットがある。そのレンズと望遠ズームとの重さはあまり変わらなかったりする。その上のタイプは28から400まである。こちらはそれほど重くはない。
 まあ、このペンタックスの一眼レフは、光学ファインダーで風景を見たい程度のものなので、教材のようなものだが。
 1インチのコンパクトデジカメの値段の方が、一眼レフダブルズームキットよりも高いというのは、ポケットに入ってしまうためかもしれない。大きく重いカメラは、これはもう趣味の問題。雰囲気の問題になっていたりする。ただ、一眼レフ撮影は確かに楽しいが。
 このカメラを買いに行くとき、ポケットに入れていたのは誕生日に買ったソニーのコンパクトカメラ。これで結構写しながら行ったのだが、よく写っている。町中での実写では一眼レフでは構えにくいが、コンパクト系なら軽減する。特に液晶が回転するので、ウエストレベルにすると目立ちにくい。面と向かってカメラを向けるよりも。それでいて超望遠域までアップで撮れるので、これはやはり実用性が高い。
 一眼レフでの高倍率標準ズーム付きと言えば、パナソニックのG7あたりが一番軽い。ミラーレスなので、電子ファインダーになるが、実用性は高い。これはずっと前から狙っているのだが、ネオ一眼の方が実用性が高いため、今ひとつ踏み込めない。それに高い。
 このカメラ、ヨドバシですべての一眼レフ系を触ったが、一番手に馴染み、操作しやすかったのが、このカメラだ。軽いし、小さい。そして安い方。ライバルのオリンパスは操作部が迷路のように複雑で、メカメカしているのだが、しばらく放置していると、切り替え方法などを忘れてしまうだろう。
 だから、ペンタックスに高倍率標準ズームを付けるという話になると、すぐに思い出したのが、このG7だ。G8になると、違うレンズがキットについている。望遠はやめたらしい。
 しかし、ペンタックスの澄んだファイダーを見ていると、これは確かに値打ちがある。写し取り前の実像を見ているためだろうか。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ASUSノート

■■ 2017年4月9日(日) 午前8時44分
 
 今朝は雨、二日続けてだ。三日目かもしれないが、もう忘れている。昨日の朝は覚えているが、その前の朝は記憶が薄い。何かあった場合は別だが。
 しかし数年前の今頃、雨だったことを覚えている。何かで出かけていたためだ。その用事は覚えており、これはまず忘れないだろう。雨は忘れてもいいが、付加記憶として残っている。あのとき土砂降り雨ん中。という歌があるが、いわゆるあのときのことだ。
 そのときも、いろいろなときがあるので、忘れてしまっているあのときはあるが。
 今朝は運悪く、自転車で出るとパラパラし始め、すぐに強く降り出し、そして喫茶店の手前あたりでやんだ。日曜なので、交通量は少ないのだが、信号によく引っかかった。
 傘がもう破れており、穴が開いているし、骨が少し見えている。布が逆剥けしたように。これは骨の先で止めているものが切れたのだろう。差し込むタイプではない。
 そろそろ寿命だ。自転車に突っ込みぱなしなので、傷みやすい。
 今朝も15度ほどあり、もう寒くはないが、雨で少しひんやりとしている。午後には晴れ間が見えるらしいが、その後またすぐに雨雲が来ているようで、すっきりとしない日が続くようだ。晴れるのは来週の中頃からかもしれない。
 桜は満開だが、大阪方面では、この雨で花見は無理かもしれない。地面が濡れている。普通の公園などでもベンチが濡れているだろう。通り抜けなら行けそうだが。
 桜とは別に、何かの木の葉が盛んに落ちている。それで地面が葉っぱらだらけ。桜よりも目だったりする。この時期、葉を一斉に落とす木があるのだろう。毎日のように通っている場所なので、その木があることは知っているが、あまり目立たない。この時期紅葉しているわけではないが、妙な落ち方だ。枯れ出しているとは思えない。
 下が道路なので、落ち葉を掃除している。それでも次々と落ちてくる。これが普通の森なら、落ちたままだろう。それが肥やしになったり、虫などがそれを当てにしていたりする。森の地面は意外と葉の層が深いのかもしれないが、溶けてしまうのだろう。バクテリアなども多そうだ。
 今朝の気温は温かい目なのだが、喫茶店の暖房も消しているのか、肌寒い。いつもなら真冬の服装で、その暖房が暑苦しいのだが、今朝は逆目に出た。薄い目のジャンパーを着てきたためだ。それで暖房が入っていても、ちょうどぐらい。これなら真冬の服装でちょうどという感じだ。暖房がないのなら。
 それと雨を計算に入れていなかった。気温は高い目でも、雨で冷える。水冷だ。
 どちらにしてもせっかく満開の桜なのに、雨でうろうろできない。雨で盛り下がる。桜はてんこ盛りなのに。
 
 この前買ったASUSの10インチノートは快適だ。一太郎ばかり使っているが、最初の頃は不思議と動きがぎこちなかった。ATOKが何か学習中だったのかもしれない。この日本語変換ソフト、入力中ではなく、すでに打ち込んだテキストからも学習するらしい。そのオプションは触っていないが、使っている人の文章癖というか、変換して確定した言葉遣いなどを学習するらしい。
 不思議と最近はすらすらとタイプできる。これはノートを閉じただけで、休止状態のまま、再開するので、常駐のままに近いためだろうか。そして、不思議とキーも重くならない。
 ASUSのノートパソコンは休止からの復帰が瞬時で、ポメラのように蓋を開ければすぐメモのように、素早い。パスワードの入力画面などがあるが、これは飛ばせる。また、指紋認識も早い。パスワード画面に出る前にも可能だ。指紋認識は蓋側にあるので、蓋を開けるとき、ついでに指を当てたりできそうだ。
 キーボードにもさらに慣れ、軽快で柔らかく、それなりに押したことが分かる。ストロークが長い目なので、底打ちしない。それとやはり10インチなので、キーボードもその幅。それが手に合っているのか、爪を立ててでも押せるので、指や手を伸ばさなくてもいい。やはり10インチノートが合っているのだろう。
 そして、800グラムと軽く、鞄が楽。さらに、自転車の前かごに鞄を入れるとき、11インチのノート入りの鞄だと、斜めにしか入らないが、10インチだとまっすぐに入る。これはファスナーが開けやすいし、カメラも出しやすい。
 衝立式なので、部屋で膝の上に置いてのタイプはしんどいかと思ったのだが、意外とその衝立で何とかなる。衝立を使わなければ首はぐらぐらになるが、液晶を寝かせたままでも、何とかなったりする。問題はキーボード箇所を持つと、首が垂れるので、液晶の方を持つ必要がある。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

コンビニハンバーガー

■■ 2017年4月8日(土) 午前8時11分
 
 今朝も暖かいが、雨が降っている。一日中雨のような感じで、晴れるのは明日の午後からとの予報だが、ずっと雨ではないだろう。ただ、雨は降っていなくても曇っているのだろう。大阪方面は桜が満開で、この土日は花見になるはずだが、明日の午後から晴れるらしいので、日曜に集中するような気がするが、雨上がりでは下は濡れているだろう。
 今朝はさすがに暖かいので、真冬のダウンジャケットから、軽い目のジャンパーに替えるが、そのジャンパーも裏地は毛布。表からは見えないが。
 中のセーターを長袖のチョッキに替えるが、暖かさは似たようなもの。しかし、これで暑苦しくなるわけではない。真冬の格好でもいいのだが、昨日の昼頃は、そんな格好の人はいなかった。
 しかし、自転車やバイクの人は、真冬の服装がまだ残っている。
 次は帽子だ。真冬の耳まで隠れ、ひさしがあるニット帽。これを普通の円盤形の綿に変えたいのだが、夏物しかない。結構高かった帽子は、もうかぶり古して汚くなっているし、破れている。しかし、風で飛んで消えたとか、なくしたとかはなく、無事に残っている。
 意外と500円ほどの帽子の方がかぶりやすかったりする。帽子は消耗品ではないが、日焼けして、色が変わったりする。その分、頭を守ってくれたのだろう。
 すっかり暖かくなってしまったが、これは平年の気温ではないので、来週からは少し温度が下がるはず。油断していると、寒い日がある。
 南からの湿った空気のためか、蒸す。蒸れる。湿気が高いのだろう。真冬は乾燥していたはずなので、この湿気は久しぶりだ。
 季節はここで変わるので、いわゆる季節の変わり目。暖かい側への乗り換え。やがてそれは暑さに変わるのだが。
 四季というのは三ヶ月なので、意外と短い。しかし半年ほどは冬ではないかと思ったりする。それは着ているものがそうなので。一番短いのが夏服。だから、コート類は意外と長い間着てられる。ぺらっとしたコートなど、梅雨が明ける手前まで有効だろう。レインコートなどがそうだ。まあ、作業服などがそうだ。作業をするので、あまり長くはない。だからジャンパー系になる。しかし、短すぎると、雨のとき、やや不利。
 それを見越したわけではないが、数年前の真冬ものバーゲンとのとき、セミコートのようなものと、見た感じ、シンプルそうな冬物ジャンパーを買っている。真冬では寒いが、下に着込めば問題はない。今年の冬は着なかったが、これからが出番。どちらも結構高い品物だが、半額以下で吊されていた。今年はその真冬大物上着のバーゲンはなかったようだ。
 しかし、いつものスーパーでは春物が並んでいる。もう真冬では着られないような薄さだ。あんこが抜けてしまったような。
 それの綿のジャンパーなどが、春らしい。一寸粗めで、がさっとしているタイプだ。そして柔らかく、多少の分厚さのあるタイプ。暑くなるはずなので、だぶっとしたのがいいだろう。脱ぎやすく着やすい。これは袖の幅などがゆったりしているため。
 
 先日展示品特価で買った3万円台のペンタックス一眼レフキット、出かけるときは二本のレンズのうち、どちらかを付けて鞄に入れる。さすがに二本とも持って出るような用事はないのだが、これが一本になれば楽だろうというのは、こういった広角と望遠に分かれるダブルズームキットの宿命だろう。それを一本にした高倍率標準ズームはあるが、結構高いし、重い。また望遠ズームよりも望遠が短くなってしまう。メーカー純正ではなく、シグマとかタムロンで400ミリを超えるタイプもあるが、かなり重い。それと最短撮影距離が広角側で弱くなる。ただ、望遠側ではかなり寄れるので、これでトントンだろうか。40センチを超える最短撮影距離では椅子に座った状態でテーブルの上のものを写すとき、引けなかったりする。テーブルの中程のものならいいが。標準ズームなら、結構寄れるので、コンパクト系ほどではないが、何とか寄れる。
 このペンタックスの一眼レフ、結構小さいので、標準ズーム付きだと軽快だ。それで、ダブルズームで買った人は、望遠ズームはほとんど使わなかったりしそうだ。そうならないように、部屋を出るとき、交互に入れ替えている。今朝は雨なので、標準ズームを付けている。
 写りよりも、ガシャンと言う大きな音がするのが、楽しいのかもしれない。そしてファインダーが澄んでいる。
 
 昨日はご飯が切れているので、コンビニでハンバーガーと焼きそばパンを買う。どちらも温めて食べるようにできている。ハンバーガー屋へは毎日行っているのだが、食べたことがない。喫茶店代わりのため。
 コンビニのフィッシュバーガーを買うが、クリーム状のソースの味で魚の味が分からなくなる。ソースがなかっても、魚のフライが入っているので、これはのり弁の白身魚のフライに近いが、衣は柔らかい。そして、パンも何もかもが柔らかい。
 焼きそばパンは定番だろう。そばしか入っていないが。そば抜きの焼きそばがいい。そうなると焼きそばとはいえないが、いわゆるホットドッグだ。キャベツだけでもいいのだ。
 こういうのばかり食べていると、血圧が上がって仕方がないだろう。夕食と言うより、おやつだ。
 最近のパンはケーキのようになっていたりで、ほとんどお菓子だ。といって食パンを買う気にもなれない。それでコッペパンを買うが、中にジャムなどが仕込まれている。パンが甘いので、甘いコーヒーとは合わない。糖分とカロリーだけが高かったりする。
 運動した後とかなら、甘いものがよかったりするが。
 ご飯が残っていれば、お茶漬けがいい。永谷園のお茶漬けの素程度あればそれでいい。お茶漬けは食べやすい。しかし、地味だ。
 
posted by 川崎ゆきお at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

望遠ズーム

■■ 2017年4月7日(金) 午前8時22分
 
 今朝は雨。昨日の夕方から降り出している雨だが、それほどきつくはない。シトシト降り。
 朝から15度越え。これは冬の日の最高気温でも高い方。夜も暖かく、当然最初から電気毛布は使わず。
 それで朝方寒くなるはずなのだが、15度越えが効いており、寒くはない。寝起き、ストーブを付けるのだが、その必要もないが、ホームゴタツのスイッチは入れた。暖かい空気が流れ込んでいるのだろう。これは始終ではなく、低気圧通過時にできた前線に吹き込んでいるのだろう。南からの風が。
 だから今日からずっと暖かいわけではない。そのため、平年を上回る気温となっているはず。何処かで平年に戻り、そしてそれ以下にもなるはず。平均気温なので、上と下がまばらに出るはず。
 さすがに暖かいので、首輪を外し、軽い目のユニクロウルトライトダウンジャケットを着るが、これでも蒸し暑いほど。しかし、中にまだセーターを着込んでいる。これを脱げばちょうどぐらいだろう。首輪以外は真冬と同じ格好なので。
 道行く人も真冬の防寒着を脱ぎ、ぺらっとしたものに変えている人が多い。しかし、相変わらずのダウンジャケットを膨らませている人も結構いる。雨なので、カッパになるためだろう。多少濡れても平気なので。
 暖かくなってきても、防水性が欲しいところだ。薄くてもいいので、雨と風が問題になる。しかし、つるっとした化繊タイプは肌触りはあまりよくない。綿の方がいいが、結構重かったりする。
 大阪方面の桜は満開で、近所の桜も満開。今が見所だが、この土日は雨のようだ。次の土日は散りかけるはずなので、桜吹雪が見られる。
 近所の名所は、ちらほら咲きだったのだが、一気に満開になっていた。この暖かさのためだろうか。
 先日、池田の五月山の麓まで行ったとき、桜祭りがあると老婆が言っていたが、そのときはまだ満開ではなかったようだ。ほんの数日の差だ。その桜祭り、桜と合わせてではなく、土日にやるはず。だから明日あたりからやるのかもしれない。祭るというより集うことだろう。集まって愛でる。特に花は愛でやすい。
 信仰ではない祭りは結構多い。ここに何か秘密があるようだ。イチゴ祭りとか、血祭りもある。
 小学校の春休みが終わったのか、登校風景と遭遇。昨日は見なかったので、今日からだろう。高校前も通ったのだが、そこはまだ。
 桜が咲く頃、入学式はよくある絵だ。卒業式のときはまだ早いかもしれない。
 入社式などもこの時期だろうか。近所や、近所の駅前などでは確認しにくい。新入社員が団体で歩いていないからだ。しかし、職種や仕事先により、そんなものはなかったりする。
 
 先日3万円台で手に入れたペンタックスの安い一眼レフキットだが、望遠レンズは久しぶりなのでそれを付けることが多い。そのときの重さは1キロ近いのではないかと思える。レンズも長い。しかし、カメラバッグにそのまま入る。鞄の高さほどには長くはないためだろう。この鞄、カメラの仕切りの外枠に長い目のポケットがあり、そこに10インチノートなら入る幅がある。これで、カメラとノートとがぶつからないし、またノートもお辞儀して、鞄の内蓋のようにならない。仕切りが分厚く、狭いため、ノートを締め付ける感じなので、これはビジネスバッグよりもしっかりしている。
 一眼レフの望遠付きと、ノートパソコン。それを入れたときが一番鞄が重くなるが、そこまでだ。標準ズームもあるが、それを入れると、かなり厳しい重さになる。ノートを抜けば問題はないが、写しに行くとき、喫茶店経由が多い。だから、ノートパソコンがなければ喫茶店に入ってもすることがない。ただ、そういう日常コースからではなく、家を出るときから写しに行く気なら、ノートパソコンは必要ではない。
 望遠ズームと標準ズーム。レンズ交換が面倒なので、高倍率標準ズームというのがあるが、これはこれで結構重く、それに高い。
 400ミリ越えの望遠だが、ネオ一眼や旅カメラに比べると、大したことはない。しかし昔は200ミリあたりで十分望遠で、それで満足していた。それ以上だとぶれて写せない。手持ちでは無理。
 400ミリ少しの望遠は、昔のネオ一眼の望遠端に近い。かなりの望遠で、それ以上いらなかったほど。
 まあ、超望遠はコンパクト系が得意とするところなので、そちらに任せればいい。
 一眼レフ系の昔と同じAF一眼レフ式なので、AFフレームが中央部に集まっている。それで写すと、中抜けしないが、手前のものを引っかけてしまうことがある。切り替えるのも面倒なので、真ん中だけで合わせるスポット式にしている。
 しかし、ファインダーを覗いても、何処が真ん中か分からない。実際には黒い線が入っているのだが、見えなかったりする。ただ、シャッター半押しで、赤い点が一瞬出るので、何処に合ったのかが分かる。そこでなければ、ずらせばいい。
 望遠はピントが非常に浅いので、ピンポイントで合わせた方が確実だ。目でも何とか確認できるが、よほど距離差がなければ、分かりにくい。だから、一点を狙撃する感じで狙いを付ける。
 手動式ズームなので、そのままオフしにしても、レンズはそのままの長さ。また、ピントも、前回合わせたところで止まっている。また、いつでもフォーカスリングは動くので、最初から無限に合わせておいてから、電源を入れた方が、遠くを写すときは、AFも楽だし早かったりする。
 望遠だけを使っていると、目が望遠になり、望遠の被写体しか見ていなかったりする。だから、ここで広角が欲しいと言うことがそれほどない。自転車に乗ったまま写すので、望遠だと降りなくてもいい。騎馬の槍。コサック騎兵のようなものだ。
 電車に乗って写しに行くとなると、鞄が重く感じるだろう。それこそ旅カメラをポケットに入れている方が楽。そして写っているものはそれほど変わらなかったりする。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

ペンタックス k-S1

■■ 2017年4月6日(木) 午前8時19分
 
 今朝も暖かく12度ほどある。10度を切っていたのが、10度超えになっているのだが、特に暖かいのだろう。その代わり雨が近付いているようだ。暖かい空気は、その雨の影響だろうか。
 朝が10度超えなら、昼間は20度超え。これは少し季節が進みすぎているが、暖かくても文句はない。ずっと寒かったのだから。
 今朝は曇っており、雨になりそうだ。空は白く、日差しはなく、青空も見えない。いわゆる曇天。雲が白いのではなく、雲の形がない。
 暖かいのだが、道行く人は相変わらずの冬服で、しかも真冬と変わらない重装備。その中でたまに春っぽい薄い目を着ている人もいるが、それは少数。朝はまだ春というわけにはいかない。当然夕方は昼間ほど暖かくはない。温度差10度ほどあるので、朝夕のことを思うと、春服は無理。
 春になったことを知らせてくれるのは、衣料品店。半袖の服を見かけるようになると、春だ。ここで春の安全圏に確実に入っている。冬に春服が出ていても誰も買わない。それでは寒いためだが、まずはお見せすると言うことだ。店屋は見せ屋。まずは見せることだ。
 昨日は晩ご飯のご飯が切れていたので、弁当を買いに行く。他のものでもいいが、安いのり弁にする。いつものほかほか弁当店は満員。入る前から自転車が多く止まっているので分かる。かなり待たされるだろう。それならコンビニで買った方がいいのだが、できたてが欲しい。レンジで温めたものではなく。
 その通りに弁当屋がもう一軒あり、結構モダンなチェーン店だ。こちらはなぜかすいている。得体が知れないためだろうか。なじみがない。
 ここへは以前何度か行っている。日替わり幕の内弁当を二回買った。今回もそれにしようとしたが、のり弁の写真が大きく出ていたので、それにする。今までなかったのかもしれない。結局は白身魚のフライとちくわの天ぷら。これをおかずにして、海苔が乗った下に鰹節か塩昆布が挟まれた白ご飯を食べる。これだけでもおにぎりのようなもので、十分なので、海苔弁。しかし、上に乗っている白身魚がメイン。だから海苔弁ではなく、のり弁だろう。乗っているのがメインなので。特上ののり弁があり、乗っているものが増える。ハンバーグとか唐揚げとか、コロッケのようなものが乗っている写真がある。
 この店は作り置きがある。昨日はなかった。あると早い。
 それを食べた後、シンゴジラを見る。ネットで配信されていた。見放題ではないので、ポイントがいる。そしてレンタルだ。一泊か二泊程度だろうか。ものは二時間もないだろう。
 噂に聞いていたゴジラなので、見終わっても、すでに一度見たような印象。映画はやはり何も分からない状態で見ないと驚きがない。予告編やハイライトシーンなどで、蓋が開いてしまっているのだ。そして解説を超えるほどのものではない。解説や感想の方が素晴らしいのだ。
 このネット配信のサイト、シンゴジラ以外のゴジラものが多くあり、それらは見放題。順番に見ていけるのだが、それらを見た後で、このシンゴジラを見ると、大人の映画に戻っている。子供がしゃしゃり出て、作戦本部には来ない。
 今回のゴジラは、どうやって倒すか、駆除するかの話。そのため、一作目のゴジラに近いかもしれない。大の大人がゴジラがどうのと言い出すあたりが怪獣映画の楽しさ。
 しかし、見る前から話は聞いているので、落ちまで分かっている。だから一度見たことがある映画になっているが、感想文の方が映画よりもすごい。
 物語なので、単に物理攻撃をしただけでは倒れない。それではすぐに終わってしまう。どのパンチも当たっているのに効かない。ここではダウンを奪うことだが、ゴジラは倒れないが、ある特殊な方法でダウンを奪うことが出来る。その方法とは初代ゴジラのときと似たような特殊な何かが効くのだ。それを探しているチームがある。
 ゴジラ映画は、プロレスで決着がつくことが多かった。キングコング対ゴジラや、モスラ対ゴジラなどだ。しかし、今回のゴジラは物理攻撃は効かない。
 このゴジラの強さがこの映画の肝だろう。手に負えないのだ。
 
 先日、池田近くの中古上新から持ち帰ったお骨のような四角い大きなペンタックス一眼レフkーS1の元箱を開けると、バッテリーやコード類は未使用。これは展示の必要がないためだろうか。
 ボディーだけなら非常に小さく軽い。レンズは二本入っており、標準ズームは、以前尼崎中古屋で買ったときのと同じもの。かなり前のレンズだ。望遠も結構古いかもしれないが、滅多に目にするこがない。
 マニュアルは簡単なもので、肝の箇所だけが書かれている。これは見なくても分かるような感じだ。特にこれと言った特別な仕掛けはないようで、シンプルなごく普通の一眼レフ。ここはかなり昔とそれほど変わっていない。
 電子ダイヤルは一つ。ネオ一眼よりも少なかったりする。あっても十字キーがあれば何とかなる。十字キー周囲のリングはないので、一つだけの電子ダイヤルとなる。しかしあまり使わないだろう。その十字キーの周囲に一回り大きなダイヤルが二重についている。これが撮影モードダイヤル。通常なら軍幹部のいいところにあるのだが、それが背面に来ている。しかも堅い。片手では回らないので、勝手に位置が違っていたりはしにくいだろう。オートに合わせておけばそれでいい。なくてもいいほどだ。その代わり軍幹部すっきりとしている。シャッターボタンの他に、露出補正ボタンと、グリーンボタンがあるだけ。
 要するにファンクションボタンとか、そういった瘤だらけのカメラもあるが、シンプルそのもの。だからすっきりとしたカメラだ。
 こういうカメラは電源を入れなくても、ある程度いじれる。光学式のファインダーなので、覗くことが出来るし、電動ズームではないので、ズームも出来るし、ピントも合わせられる。シャッターはさすがに切れないが。
 ファインダーは思っていたよりも明るい。以前のが暗すぎたのだろう。屋外では問題はないはずだが、薄暗い室内では部屋で肉眼で見ているより暗かった。電子ファイダーや液晶に慣れていると、暗い場所でも明るく見えるのだが、生を見るわけなので、生が暗ければファインダー内も暗い。そしてペンタックスの、安いタイプの一眼レフはあまり明るくないらしい。しかし、それほど暗くなかったので一安心。だが、ほとんどは屋外で写すので、ファインダーの暗さはあまり問題ではないのだが。
 液晶も当然ついている。そこは今時のカメラなので、結構細かい。液晶は回転しないし、タッチ式でもない。手かざしでも写せるという程度。これは人通りの多いところでは、面と向かってカメラをあげられないとき、胸のあたりで写すことがある。
 十数年前のカメラから比べると、ものすごく最近のカメラなので、その違いは感度の高さなどで出ている。ズームレンズで暗いので、感度は3200あれば十分だが、その十倍以上もあげられる。いつ使のだろうか。
 安いカメラ、おそらくペンタックス一眼レフシリーズの中で一番低くて安いかえらだが、時代がかさ上げしてくれるのか、昔から比べると、ハイスペックだ。
 視野率100パーセントのファインダーというのは、実際に写し取る四隅まで見えていると言うことだ。液晶で写すのに慣れてしまえば、今なら当たり前の話だが。これが出来るのは、ガラスのプリズムを使っているため。それを一番安いカメラでも使っているのだから、非常にお得だ。ちなみに増倍率は0.95パーセント。1で、等倍なので、ほぼ等倍。
 等倍とは50ミリレンズで見たとき、実像と覗いたものの大きさが同じと言うこと。まあ、広角レンズなら、当然小さく見えるし、望遠レンズなら、大きく見えるが。
 だから、50ミリレンズを付ければ、そうなると言うだけの話で、これが大きいほど、ファインダーも大きいと言うことだが。見慣れると、その意味も分からなくなるだろう。わずかな違いなので。
 このカメラでの50ミリは、85ミリほどだろうか。標準ズームの端にすると等倍になる。
 まあ、そういう、昔からある基本的なものなど、今はもうすっかり忘れているが、こうしてオーソドックスな一眼レフに触れると、勉強になったりするが、写しているときは、そんなことなど思わないだろう。これは買うときの話だ。
 
 バッテリーを充電し、写してみた。バッテリーは最後まで充電した方がいい。ある程度たまると、すぐに抜いて使いたくなるが、それを我慢して、最後まで充電。
 そして、初めて電源を入れると、派手。十字キーあたりに大きなネオンがつき。オーケイボタンが緑に輝いている。やり過ぎだ。
 日付と時間だけ合わせ、オートモードにしただけで、試写。
 一寸暗い目に写っているが、部屋が暗すぎるからではなく、シャッターの下限を越えてまでスローにならないし、感度も3200より上にはオートでは上がらない上限設定になっているためだろう。だから、一段ほど暗い絵になるが、アルバムソフトが勝手に明るくしてくれた。これは受光素子が大きいと、耐性がある。
 当然写りは文句なし。要するに受光素子が大きいと、暗いところでは有利だと言うことだろう。屋外ではあまり変わらないのだが。
 ピントは一瞬で決まる。かなり暗いので、迷うかと思ったのだが、それなりにワイドなので、合いやすいところで合っている。そこではないと思えば、カメラを少し振れば、ここぞというところに赤いポーズが入る。これは一瞬だ。電子ファインダーのように、そこでじっとマークしてくれているわけではないし、暗いので、どこで合っているのかはよく見えない。中央部付近で合うのが、左右上下に少しだけ膨らみがある。それほど広いエリアではないので、中央部だけと思った方がいい。面よりも縁に合いやすい。
 AFはそこそこ早いが、音がうるさい。ガチャンと鳴るし、振動もする。さらにシャッターも馬鹿でかい。これは以前から分かっているペンタックスの特徴だ。超音波モーターなどは使っていないのだろう。レンズが回り、端にぶつかるような音。しかし、今、カメラが何をしているのかがよく分かる。音もなく、すっと合っているより、状態が分かる。
 ちなみに尼崎中古で買った大昔の一眼レフkrだったと思うが、同じものを写しても、ノイズがすごく、粒子がもろに浮いたようなような写真で、コンパクトカメラ以下だった。暗いところに強い受光素子タイプではなかったので仕方がないし、感度も上がらないので、手ぶれもしていたのだろう。
 屋外で写した場合は、味のあるいい写真で、鮮明に写っていたのだが。そして、音だけは昔と同じ。

 次は望遠ズームの方を試す。
 こちらはぶれやすいが300ミリ相当あたりまでなら感度は3200で何となるが、シャッタースピードは8分の1ほど。これは下限がそうなっているのだろう。さすがにそれで400ミリ超えはきつい。それで感度上限を12000あたりまであげるとシャッターも30分の1秒あたりまでなり、何とかクリア。これはプログラムモードに切り替えたので、出来たのだが、オートモードでもその上限が使えると、切り替える必要がないので、楽だろう。しかし、そんな条件は実際にはない。超望遠で夜景を撮るようなものなので。
 しかし、やかましいカメラで、音が結構うるさい。だが、いかにもカメラが懸命に仕事をしているように見えたりする。
 
 3万円台で、これだけ写り、しかも軽快に、しかも景気よくパシャパシャ写せるのだから、大したものだ。大きく重いと言うことがネックなのだが、それでも、このクラスでは軽くて小さい方だ。
 価格以上に値打ちがあるのだが、持ち出す機会は少ないかもしれない。労をいとわなければ、いいだけの話だが。
 
 朝の喫茶店の寄り道散歩で、いつも写しているようなものを写す。明るい場所なので、ファインダーがきれいだ。レンズの暗さから考えれば、昔ならf1.4を付けているほどに明るい。暗いレンズなら、砂目が出たりするのだが、さすがに、これは改善され続けたのだろう。
 確かにリアルな光を生で見て写すと言うことだが、実際にはマット面に写っているのを見ているし、レンズを通しての光だ。だから別のレンズを付けると、見え方が違う。画角だけではなく。本当の光がレンズから入ってきて、いろいろと角度を変えながら、正像で磨りガラスのようなマットにあぶり出されるような仕掛けなのだろう。電子ファインダーを見慣れてしまった目では、これはすがすがしい。マットは全面マットで、ピント合わせが難しいのだが、そこはAFカメラ。勝手に合わせてくれるが、望遠気味だと手動でも合わせられる。何とか山が見える。広角では無理だ。
 AFモードにしていても、強引に手動で回せる。少し重いのは、モーターを動かしているようなもののためだろうか。これは物理的なフォーカシングで、電子式ではない。だから、無限で止まる。ただ、レンズ側にはそれらの表示はない。回しきったところが無限か最短か、どちらか。
 AFで合わないときや、別のものに合ってしまうときは、それを強引に回して合わせ、レバーでAFとMFを切り替えれば、それでロックされる。当然、そうなると、ピントリングは簡単に動くので、せっかくロックしても動きやすいが。このあたり、中級機では、うまくいくのだろう。方法は知らないが。レンズがそれに対応していないとだめかもしれない。AFで追い込んで、微調整はマニュアルで、とか、AFで追い込んで、微調整はAFで、という手もあるのだろうか。まあ、そこまでするようなシーンはなく、たまに一点AFでスポットが欲しいときがある程度。
 さすがに受光素子が大きいのか、暗いレンズでもピントが浅い。それがファインダーでもよく見える。実際にはレンズ開放の深度で見ているので、浅く見えるだけで、昼間だともう少し絞られるだろう。だからもう少し深いはず。ピントの山がつかみやすいので、開放で見るのが正しいのだろう。絞り込みボタンもあるはずだ。
 こういうカメラを触っていると、フィルムがデジタルになっただけで、昔のAF一眼レフ時代に戻される。もうその時代はプログラムモードが一般的だったので、露出などはいじらなかった。
 カメラはコンパクト系よりも当然大きく重いが、写す楽しさは格別。ペンタプリズム式の一眼レフは、レンズを覗いているという感じで写す。決して生ではないが、そのレンズの目になって覗ける。写し方が丁寧になると言うより、被写体をおいしくいただける。これはもう実用性ではなく、好みの問題だろう。
 
 望遠ズームは標準ズームよりも長く、そして重いが、それほどでもない。ただズームが堅く、回すのに力がいる。あらかじめ画角を決めてから写せるのが手動式の良さ。堅いのはずり落ちてくるためだろうか。下を向けたり上を向けたりすると、勝手に動くことがある。しかし、それにしても堅くて、力がいる。標準ズームはそう言うことはなく、非常に軽い。同じタイプのレンズなので、硬い目にしているのだろうか。他社のレンズはもっと軽い。指先だけで回せるほど。
 標準ズームよりも、この望遠ズームが使いたかったのは、かなりぼけるためだ。写りは満足のいくもので、受光素子が大きい上、超望遠域になるので、ピントは非常に浅い。ぼけすぎて、背景が分からなくなるほど。
 たまには一眼レフで、ファイだー撮影もいいものだ。
 

posted by 川崎ゆきお at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

池田城攻防戦」

■■ 2017年4月5日(水) 午前8時14分
 
 今朝は暖かい。10度以上ある。日差しもあり、花見にはちょうどだろう。その季節らしい暖かさ。
 しかし、すっきりとした青空ではなく、少し灰色の雲が出ている。下り坂なのかもしれない。
 まあ今、そこそこ天気がよければそれでいいのだろう。その後、曇ったり雨になってしまうのは仕方がない。列島では永遠の快晴などない。だからずっと雨と言うこともないし、晴れと言うこともない。雨が多い梅雨は、少し多い程度で、梅雨時にも晴れるし、またずっと雨でも、そのうち梅雨も去る。
 この前まで5度を切ると寒いと言っていたのだが、5度以上ある日が続き、そして10度以上の日が来ている。今度は暑さがやってきて、何度を超えると、暑いと言い出すのだろう。
 昨日は暖かかったので、池田方面にある中古上新へペンタックスの一眼レフを見に自転車で行った。昼の喫茶店からの直行だが、カメラを忘れてきた。それで一度部屋に戻り、ソニーの一小さな旅カメラをポケットに入れ、再出発。
 寝起き、いつも通っている道を、朝と昼、二回も通ることになる。今回は川西方面から池田を攻める。実際には旧西国街道をそのまま進めば猪名川を渡って、一度左へ曲がり、そして、右へ曲がり、しばらく行けば中古上新店がある。もうこのあたりは旧西国街道が何処にあるのかは分からない。171号線になるのだが、まっすぐな道ではない。どれが171なのかが分からなくなる。
 昨日はそこではなく、川西へ向かう。そこから池田に出る計画。猪名川沿いに北へ向かえばそのまま川西や池田に行けるのだが、今回は産業道路を北上。これが伊丹方面からなら一番大きな幹線道路。
 171号線をくぐると、ソフマップの中古屋があるので、そこへ寄るが、中古カメラはもう売り切れたのか、一台もない。最初から数台しか置いていなかったので、そんなものだろうか。それにしても回転が速い。
 そして前回と同じように川西駅前近くで枝道に入り、そのまま猪名川越えをする。昔からある橋だが、この端で川西と池田が別れる。池田側の家が見えるが、きれいになっている。
 川沿いに汚そうな家があったのだが、残りわずか。そのまま駅前まで出てしまったので、商店街に入る。あまり覚えていない。こんなところだったのかと思い出そうとするが、出てこない。商店街は買い物客よりも通行人が多い。それらの店はアーケードの下にあるが、一軒一軒の家は古そうだ。商店街は横道の狭いところに入るのがいい。
 しかし、そのまま直進し、アーケードを抜ける寸前で、池田らしい風景。山側に出るのだが、そこは少し古い建物が残っている。酒屋だろう。ここが伊丹と似ている。
 そこでやっと記憶がよみがえってきた。写真を写す前に、見たことのある構図のためだ。伊丹とごっちゃになっているかもしれない。特に観光地化されていないのがいい。当然、人も少ない。駅へ出るために通っている人程度だろうか。その先に商店街もあるので。
 その酒屋の路地から抜けたとき、城を発見。池田に城が出来たことは、聞いていたが、それだった。二層ほどの天守閣があり、高台にあるので、高く見える。天守に人がいる。地名にも城の名がついているので、城があり、城下があったことが分かる。
 しかし、城に近付くにしても、急坂なので、無理だと思い、別の攻め口を探す。
 大きな道を山側へ上る。一般道路なので、それほどきつい坂ではない。その先は五月山だろう。その手前から城を見ていると、老婆が話しかけてきた。階段なので、自転車では無理だと。大きな道から細い道が出ており、ほぼ路地。そこから城へ行けるらしいが、階段が多いとか。
 つまりこの城。五月山の根にあるのだろう。山からそのまま出っ張った感じの瘤。平野部からでは攻めにくい急勾配の丘のようになっている。
 そして、老婆が自転車で城へ行く方法を教えてくれた。五月山公園に出ればいいと言うだけのことだ。
 今なら花が咲いていてきれいとか、桜祭りもあるとか、いろいろ話してくれた。
 しかし、老婆の言う道ではなく、次の枝道で、城へ向かったのだが、そこは渓谷。だから城を超えてしまった。その坂がきつい。普通に歩いていてもきついのに、自転車を押すので、さらにきつい。登り切ると五月山公園なのか、それなりの施設がある。
 しかし、そこからは城は見えない。城ではなく、高いところから池田を見たかったのだが、それほどいい景色ではなかった。もう少し高いところまで行かないと、空港とかが見えない。飛行機を上から、または飛行機と同じ高度で見られるはずだが。この五月山は遠くからでもよく見える。当然大阪市内からでも。だから、ものすごく見晴らしがいい。伊丹より、この池田の方が地形的にはいい場所かもしれない。伊丹には山はないが、ここは山なので、城のある場所からの高さが違う。
 これでほぼ池田を攻略したので、山を下り、中古上新店のある171号線に戻ることにした。城は落とせなかったが、下から上がればいいのだ。自転車を下の道に止めて。それは次回。
 池田駅前近くに出ると、池田銀行を発見。ここが本社だろうか。レトロビルだ。今は池田泉州銀行になっている。小さな駅前にも、池田銀行があったりするので、結構便利。
 そのまま南下すれば、171号線に出るはずなのだが、猪名川を渡る高速道路がビルのように見える。非常に高い。南下ではなく、もっと東側、大阪方面へ向かうべきだったのだが、猪名川沿い出てしまった。そこでも合っている。猪名川を渡る171号線がある。軍行橋だ。
 それで、171に乗り、後は曲がりくねった171を通り、上新にたどり着く。その途中は学校が多い。
 結構疲れていたが、ものすごい寄り道をして上新に来たことになる。先日見た3万円台のペンタックスのダブルズーム付きキットは二箱、まだ残っていた。ここまで来るのは大変なので、迷わずに買う。
 小さなカードを抜いてレジに持って行くと、レジの後ろの棚に元箱が二つ並んでいた。その一つを店員がカウンターに置き、中身の確認。しかしボディーだけで、バッテリーも入っていないのを確認しようがないので、少し手に持っただけで、そのまま買う。
 池田丞攻防戦での手柄ではない。それに城は落としていない。
 そのまま来た道をまた戻る。晴れていて気持ちがいいが結構暑い。夕方前に入る喫茶店の時間には間に合う。
 今回は軍行橋を渡り、少し行くと、川西へ向かったときの産業道路にぶつかる。その手前に多田街道がある。そこに入り込むと伊丹郷町へ抜けられる。伊丹の城下だ。池田の城をうらやましがって、伊丹にも城をという話もあったらしいが、どうだろう。石垣は残っているので、その上に小屋のようなものを立てればいいのだが。謀反の城になる。しかし、リアルで信長軍との攻防戦があったのだから、実際に機能した城郭だ。
 そこを抜け、いつもの夕方前に入る喫茶店へ骨箱のような元箱を持ってドアを開ける。あとはいつもの日常コースにそのまま戻る。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする